メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  ……なんというか、強烈な人達だったなぁ。
  ベッドの上で、私はつい数時間前の出会いを振り返る。修也さんは研究所に泊まるって言ってたし、今、この家にいるのは私と慎一君、ミナツキとネロ、リュミエだけ。
「……う、ん」
  暑い。七月も終わりに近づいて、ここ数日は熱帯夜が連続だと、天気予報は言っていた。正直ウンザリする。
  ……寝付けない理由は、それだけではないのだけれど。
「エアコン、もう一度かけようかな……」
  ベッドに入る前に設定したタイマーの時間は、とっくに過ぎ去っていた。
「……やめよ」
  こんな汗かいた状態で、急に冷やして風邪でもひいたら割に合わない。
  とりあえず、暑いと思わないことだ。心頭滅却すれば……。
「あれ? 心頭滅却すれば……、なんだっけ」
「火もまた涼し、です」
  机の上から、聞きなれた声がした。
「……ミナツキ、起きてた?」
「……メンテナンスモードにマスターがしてくれないからです」
  あー。
  帰ってきてお風呂用意して、いろいろやってたら忘れちゃったのかな。
「マスターも、最近はお疲れなのではないですか?」
  ミナツキの性格は、修也さんいわく「猫型にはめずらしい」らしい。確かに、私がセンターで見る他のマオチャオは、もうちょっと、何と言うかこう、「猫」しているというか。
  ……んー。
  ふと思いついて、ミナツキをベッドの上に持ってくる。
「あ、あの、マスター?」
  ちょっと……、そう、ちょっとだけ。
「マス……、ひゃあ!?」
  つい、と、ミナツキのお尻を撫でる。
「ちょ、あ、あの、やあっ!」
  同時に、ふにふにと胸を触る。
「……なに? ミナツキ」
「なにって、や、やめ、ひあっ!!」
「……それじゃわからないよ。どうしてほしいの?」
  ぽっこりしたおなかを撫でたり、背中をさすったり、脇腹をくすぐったり。
「マスタぁ……! やめ、やめてくださっ……!」
「うーん……、やだ」
  ちょっとだけ、のつもり、だったんだけど。
「可愛いよ……、ミナツキ」
「ふぁ、か、わい、い……?」
「うん、とっても可愛い」
  羞恥に身を捩って、嬌声を上げるミナツキは、ホントにとても可愛くて。
「私、可愛い、です、か……?」
  そんなふうに覗き込んでくるミナツキは、とてもとても可愛くて。
「うん、とっても。すごく。可愛い」
「ひあ・・・…!」
  だから……。
「……もっと、見せて?」
  する、と、ミナツキの股間を小指で撫でる。
「ふあ、あ、あああああぁぁっ!!」
  ひときわ高い声を上げて、ミナツキはゆっくりとベッドに倒れこんだ。
  触覚センサーのオーバーフロー……。一時的に、機能を停止させたのだろう。人間でいえば、「達した」ということらしい。
  私はミナツキをクレイドルに戻して、そのまま部屋を出た。

「なにやってんだろ、私……」
  パジャマのままベランダに出た私は、軽く自己嫌悪に陥っていた。まさか、ミナツキにあんな感情を抱くとは思ってもみなかったし、その感情のまま、ミナツキを弄んでしまうとも。
「……はあ」
  ミナツキに申し訳ないのか、抑制がきかなかったのが情けないのか。何だかもう、暑さで頭がやられでもしたのかな。
「……正直になれればいいのにね」
  わかってはいる。わかってはいるけど、後ろめたくて。
  慎一君の事情も知らずに、ネロのマスターを探そうなどと言い出して。
  もしそれで、ネロのマスターが見つかったら?
  ネロは、喜ぶかもしれない。ネロのマスターも、多分、喜ぶと思う。
  でも、慎一君は?
  また、寂しい思いをすることになるんじゃないか?
  そうなった時、私はどうするんだろう?
  慎一君を、励ますだろうか。
  それとも……。寂しさに付け込んで、揺さぶるだろうか。私を見てほしい、と。
「だったら私、ホントにホントに、最悪だよ……!」
  でも正直なところ、そうなった時、自制する自信がまったくなくなっていた。
  ……すごく自分勝手だ、私。
  勝手に慎一君のこと好きになって。勝手にネロに嫉妬して。その感情の行き場がないからって、勝手にミナツキを弄んで。
  泣きたくなった。というか、泣いてた。
  私は、これからどうすればいいんだろう……?







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー