メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  唐突に「来た」攻撃。
「……行くヨッ!!」
  ランが手にした銃を放つ。先陣を切っていた一体の鳥型神姫が、弾丸から放たれた電撃に、その機能を停止させ、落下。
「マスター!」
「まだだ! あっちはあっちに任せろ!」
  襲撃に気付き声を上げたリュミエを、修也が制する。
「こっちも……、来る!」
  修也の腕が、空手でいう正拳を繰り出す。それをカタパルト代わりに、リュミエが飛び出した。
  弾丸装備は、直線的な機動しか出来ないように見えて、その実そうではない。サブスラスターとして機能するランディングギア、
主推力ではあるが動きの自由度が高い主翼スラスターを偏向させることで、少なくとも通常の天使型と同程度の機動力は確保している。
  すれ違いざま、左手のハンドガンで鳥型の頭部を撃ち抜く。
「……っ」
  リアルバトル用の制限プログラムは、今回は外してきた。もちろん、敵も外しているだろう。
  つまり、純粋な壊しあい。いや、殺し合い。
「わかってるけどっ……」
  右腕のチーグルが、別の鳥型の胴体を貫いた。ただぶつけただけ。しかし「弾丸神姫」という二つ名を持つ彼女のスピードは、ただぶつけただけで一体の神姫を軽々真っ二つにする。
「だけど……!」
  また一体、神姫が堕ちる。

「トシロー! キリがない!!」
  ショックダガーで砲台型を昏倒させ、ランが叫ぶ。
「ああ、予想してたよりも、戦力が多い……。しかも、正面突破を狙ってくるとは、な」
  敏郎が、アタッシュケースで飛び回る神姫を叩き落す。落とした神姫を、ランが仕留める。
(にしても妙だ。これだけの戦力があるなら、正面突破などしなくても、やりようは幾らでもあるはず) 
  敏郎は、過去の経験から、この状況のおかしさに気付く。
(……まさか)
  その可能性に考えが至った瞬間。
  「それ」が、飛び出した。

  かすみと虎太郎がいる地点の地面を砕いて。
「……!?」
  背中に二つのドリルとブースターを背負った神姫が、突如として飛び出した。
「なっ!?」
  その手が握るライフル――恐らく、当てどころによっては人間さえも殺せるであろう武器。
  そのレーザーサイトから発せられた光点。
  それは違わず、かすみの額に当たって。
  その引き鉄が、引かれる瞬間、
「――やらせねえぇっ!!」
  激昂とともに、アリスの握ったヴズルイフから放たれた弾丸が、引き鉄が引かれるより「速く」、敵の神姫の胸部を貫いた。
「コタローはやらせない!!」
  後ろでも似たような状況になっていたのだろう、虎太郎の神姫ミアの叫びが聞こえる。
「かすみっ! 大丈夫!?」
「コタロー、ケガ無い!?」
  それぞれの神姫がそれぞれの主に、心配気な声をかける。
「え、ええ」
「大丈夫、みたいだ」
  かすみと虎太郎が、それぞれ返す。
(それより……)
  虎太郎は、かすみのそばにいるアリスを見た。
(アレはいったい……?)
  アリスの体が、放電現象を起こしていることを。

「何だ……?」
「トシロー! ヤツら逃げてくヨ!」
  さっきまで、イヤというほど群がっていた神姫が退いてゆく。
(さっきの本命への襲撃が失敗した段階で、あきらめたのか?)
  そう考えるのが妥当だろう。幸い、何体かの神姫は電撃で麻痺させ、そのまま確保することが出来た。
  敏郎が、ほんのわずか気を抜いた瞬間、
  ドサッ、と、
「……!?」
  一つの物体が落下してきた。
  敏郎はその正体に気付き、戦慄し、一瞬遅れて叫んだ。
「まずい!! 急いでここから離れろ! 奴ら、この公園ごと吹っ飛ばすつもりだ!!」
  落下した物体、小型クラスター爆弾。
  サイズは手榴弾より少し大きい程度だが、高性能の火薬によって、この公園の一区画くらいは軽く吹き飛ばせる、立派な軍用兵器。
  敵は証拠隠滅を狙って、全てを爆破する作戦に出た。
  時限信管が作動、爆発する寸前に、
「アビス展開! 間に合えぇーっ!!」
  ミアの両手から、青白い光が発せられた。
  その光が爆弾を包み込み、この一帯を吹き飛ばすはずだった爆風は、青白い光とともに、上空へと抜けた。
「……ま、間に合ったぁ~」
  ミアが、ぺたりと座り込む。
  窃盗団との戦闘は、こうして終わった。

「聞きたい事は、いろいろとあるんですが」
  実験を切り上げ、一行は研究所へと戻っていた。
「……どうやらそちらも、のようですね」
  その一室にいるのは、敏郎とラン、虎太郎とミア、そしてかすみとアリス。
  机を挟み、さながら取り調べのような形で、敏郎はかすみに質問していた。
「……ええ」
「危険な事態の直後で申し訳ないとは思います。しかし」
「……やめろこのバカ刑事!!」
  その敏郎の言葉をさえぎり、アリスが声を張り上げた。
「かすみは悪くねえんだっ! 行き場のなかったあたしを引き取ってくれただけなんだ!! あたしはどうなってもいいから、これ以上かすみを責めるなよぉ……!!」
  最後はほとんど、泣いているのに等しかった。
  そのアリスの頭を人差し指で撫でながら、かすみが言う。
「……たしかにアリスは、おそらくは違法改造神姫です。経緯はどうあれ、それを私が所有していることに、代わりはありません」
「かすみっ!!」
  アリスが弾かれたように、かすみに顔を向ける。しかしかすみは、敏郎を真っ向から見つめ返して、
「……でも、あなたはそれを咎めようとはしないでしょう?」
  敏郎にそう言った。
「なぜ、そう思うのですか?」
「あなたは違法改造神姫そのものが問題だと思っているわけではなく、その使われ方が問題だと思っている。でなければ、あなたの神姫があんな素体を持つはずがないと思うんです」
  今は通常の素体に戻ったランを見て、かすみは言う。
「……アレも違法改造、だと?」
  敏郎がかすみを見る。恐ろしいほど冷たい目で。
「少なくとも、私にはそう見えます」
  かすみも敏郎を見る。負けないほど冷たい目で。
  そうして睨み合うこと数秒、
「……プっ」
「……く、くくっ」
  どちらからともなく吹き出し、小さく笑いあった。
「……いいんじゃないですか? 今回はどっちもどっち、ということで」
「いいんですか? 警察官がそんないいかげんで」
  言い合う二人の目は、穏やかなものに戻っていた。
「……あの素体、どこで入手したものなんですか?」
  はぐらかされるのを覚悟で、かすみは聞いた。
「あれ、俺が作ったんです」
  しかし予想に反して、答えが返ってきた。それも意外なところから。
「高槻さんが? そういえば、ミアちゃんのあの青白い光って」
「ああ、アレは……」
  技術屋二人、技術談義に入ったのを見て、
「アリスちゃん、っていったね」
「……ああ」
  いまだ警戒を解かないアリスに、敏郎は声をかける。
「さっきのは、君自身の気持ちを確かめるためでもあったんだ」
「あたし、自身の……?」
「君には力がある。そしてさっき、大切な人を守ろうとする気持ちがあるのもわかった。君は決して、間違わないだろうってこともね」
  敏郎は続ける。
「実は昨日も、君みたいに主を守ろうとする神姫と出会ってね。彼女に言ったんだ。大切なのは『心の在処』だってね」
「トシロー、それボクの受け売りじゃないカ!」
「ぐっ、い、いいじゃないかたまには俺が格好良く決めても!」
  言い合う敏郎とランを見て、アリスは思う。
  自分の力は、忌むべきモノかもしれない。でも、その力で大切な人を守ることが出来るのなら。
「……捨てたもんじゃ、ないかもな」


  解説・アリスの能力
  体内で電気を発生、周囲の金属に帯電させる。
  これを応用し、ヴズルイフの銃身と銃弾に帯電、帯磁させ、電磁力で銃弾を加速させることができる。








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー