メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 弟が生まれたのは1年前。その「変なヤツ」が来たのも、だいたい1年前。



  陽光。音、音、音、食卓。
「・・・よしっと。お弁当はこんなもんか。後は・・・」
  開音、足音、千鳥足。
「カンナちゃんたっだいまぁ~♪」
「おかえり、母さん」
 玄関から上機嫌で上がってくる母さん。ちょっと顔が赤いしふらついてる。また店のお酒を朝まで飲んでたのかな。
「今日定休日でしょ? 朝ご飯、要らないよね?」
「ううん食べる食べる! 昨日週末でもないのに繁盛しちゃって、お店の食べ物全部出しちゃったの。だからお腹が減っちゃって減っちゃって、仕方なくお酒でその場を凌いでね~」
「・・っていつもの事でしょそれって。大体お腹が減ったらコンビニ行けばいいのに」
「だってカンナちゃんのご飯の方が美味しいし~」
  開音、足音、早足。
「たっだいま~! って母さんもいるんか?」
「あ、こーちゃん♪」
 続いて帰ってきたのは父さん。徹夜してたらしく無精ヒゲが伸びっぱなし、でも無駄に元気(それは母さんもか)
「父さんも、また徹夜? 着替えだけしてくの?」
「う~ん、でも神無のご飯も食べたいしな~。という訳で食べてく!」
「はいはい、予想通りだね。すぐ出来るから」
 こんな感じで、わが豊嶋家は朝が一番賑やか。母さんはバーを経営していて、父さんはいつも残業なので2人とも夜家に居ない。アタシだって中学校行かなきゃいけないので、みんな集まるのは朝くらいしかない訳。まあ2人とも賑やかすぎるからこのくらいで十分なんだけど。あ、まだ一番喧しいのが・・・

  快音、快音、快音、快音。跳躍、急制動、着地。
 突然、視界を横切る小さい影と大きな影。大きい方は宙を飛ぶ乳母車。小さい方は・・・
「カ~ンナっ!! あさめしあさめし!!」
「ろー、ろー♪」
 小さい方が、うちで一番喧しいヤツ、ロウ。神姫ってやつだ。
「ロウっ!! またそーいう危ない事してっ!! 蒼を落としたらどうすんの!」
「ソウがよろこんでんだからいいじゃん。それにおとさないよ。おれはちからもちだから」
  緩、降。跳躍、着地、食卓。
 言いながら【背中の大きな腕】が乳母車をゆっくり下ろす。ロウは空手になったので、4つんばいから2本足に立ちなおしてテーブルの上に飛び乗ってくる。
「いっただきま~・・」
  鳴音、叩。
「コラっ! その大きい手、ばっちいんだからハシ!」
「いったぁ~。ううぅ~」
 アタシに叩かれて、ロウは渋々ハシを握る。でもその【大きな手】は、あまり上手くハシを握れない。
「まあまあ、ろーちゃんって犬なんだから、箸持てなくってもいいんじゃない?」
 ベーコンが掴めなくてだんだんイライラしてるロウを尻目に、母さんが話しかけてくる。でも、ちゃんとしつけ(?)はしておかなくちゃいけないし、これも昨日の今日じゃないんだからいい加減覚えて欲しいんだけど。それに・・・
「犬って言うか、神姫じゃない」
「え~、犬が欲しいって最初言ったのは神無だろ? まあちょっと本物の犬とは違うけども、ちゃんと犬型だし、ご飯食べるし、留守番してくれるし蒼の面倒も見てくれるし、ついでに蒼とセットで倍可愛いし。な? 大目に見てやってよ」
 今度が父さんがロウを庇う。どうも2人ってばロウに甘い。ロウは元々父さんの会社の実験用だかなんだかで、その実験がお終いになっちゃった時捨てられるはずだったのを貰ってきたっていう捨て犬みたいな境遇だから、同情しているのかも。そりゃまあ、アタシだってロウが嫌いなわけじゃないんだけど・・・。

「・・・仕方ないな、もう」
 懇願する3人の眼に勝てなくて、仕方なく、アタシはキッチンの端っこにあった使い捨てのゴム手袋をロウの大きな手にかぶせた。
「それで犬食いしてもいいよ。後で、ちゃんとしたご飯用手袋作ってあげるから」
「うんっ!! カンナ、ありがとっ!!」
 満面の、太陽みたいに笑いかけてくるロウ。アタシは顔が赤くなりそうなのを隠したくって、そっぽを向いてしまう。
「はっ早く、食べちゃいなさいよ」
「うんっ! いただきます!!」
「うーん、カンナちゃん可愛い♪」
「いい子に育ったよな、母さん」
「母さん達も!」
「「はぁ~い」」

 ロウは嫌いじゃない。真っ直ぐで可愛くてかっこよくて。でも、どうしてもちょっと上手く素直になれない。人形だからじゃない。機械だからじゃない。犬が欲しかったのに犬じゃなかったからでもない。そんなの、一緒に暮らしていればどうでもよくなったもの。でも、ロウは・・・
「ロウは、“男”じゃない・・・」
「? カンナ、なにかいった?」
「何でもない!!」


「「「「ごちそうさまでした」」」」
『・・・昨夜の被害も、一連の事件と同様の手口から、同一犯による連続盗難事件と見られ・・・』
「うわっ! この強盗まだ捕まってないの? しかも昨日のはこの近くじゃない?」
「結構物騒だよな。まあ、その犯人ちょっとづつしか盗まないみたいだけど」
「父さん、そういう問題じゃないと思う」
「あ、きのう、なんかあやしいのみつけてぶったおしたよ!」
「へ? ろーちゃん、それってどんなの?」
「う~んと、ちいさいやつ! おれとおなじくらい!」
「ネズミか、何かかな? 何処で?」
「にわだよ」
「・・・別に、庭にはなんにもないよ。ロウの見間違いじゃないの?」
「カンナ! ホントなんだよ!!」
「はいはい・・・」
「しんじろ~!」
 なんとなく、体いっぱいで抗議するロウを見つめる。ロウを見ていると、色々、わからなくなるカンジがする。どれもおかしいようで、どれもおかしくないみたいで。


「じゃあ母さん、神無に蒼にロウ、行ってきます」
「は~いこーちゃん、行ってらっしゃい。はわぁ、お腹いっぱいになったら酒も抜けたし眠くなったわ。おやすみ~」
「はいはい。母さんもちゃんと部屋で寝てね。アタシも、学校行かないと」
 鞄を背負って、父さんの後に続く。玄関を開けた所で、ロウが、ゴム手袋を付けたままの手を振る。
「いってらっしゃ~い!!!」
「はいはい、行ってきます」


 いつもの朝。ちょっと寒い朝。普通の朝。普通じゃないような普通の朝。1人で歩く通学路で、そんな事を考える。
  歩、歩。接近、共歩。
「おはよう、相変わらず、朝は気の抜けた顔ね」
 いつもの場所で合流した友達の法善寺秋子に、いきなりそんな事を言われる。
「え? いつも? そりゃあ、うちは毎朝騒がしいし忙しいけれど、そんなに?」
「ええ、それはもう主婦業に明け暮れてる姿が目に浮かびます」
「もうっ!」
「嘘嘘。毎日朝からご苦労様です」
 こんな事も言われるけれど、秋子はいい友達。勉強が出来て冷静な秋子は、いざという時(だいたい宿題忘れた時なんだけど)とても頼りになる。
「でも・・・その顔って家事に疲れたと言うより・・・」
「え? 何?」
「・・いや、気付くまで言わないでおく」
「何それ?」
 でも・・と、アタシはまた物思いにふける。何だか、引っかかっているような引っかからないような、はっきりしなくてぱっとしない疑問、不安。いつからか、よくそんなものを考え込むようになっていた。
「あ、またぼけてる。もしかして、宿題でもまた忘れたの?」
「いや、そういう訳じゃないんだけど・・・」
 でも、何かを忘れている気がしている。忘れようとしている気がする。


  持上、跳、浮、飛。
「ろー、ろー♪」
「ほれほれ! たかいたか~い♪ ? あれ、カンナ、べんとーわすれてる・・」







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー