メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武装神姫のリン

第21話「想像…そして行動」


…ここは?

私は何も無い…どこなのか
分からない場所に一人。
ふと視線を自分の身体に移すと…全裸、一糸まとわぬ姿に驚きつつも私は懸命にそこを抜け出そうと歩き出そうとします。

「リン」

突然マスターの声が聞こえました、私は振り向こうと…後ろからマスターに抱きしめられました。
そこで私の中に疑問が生まれます。
私は武装神姫。人間とは身体の大きさが根本的に違うのでこの様な事象は起こりえません。
なのに、ここでは私とマスターが同じ大きさの身体を持っている。でも今はそんなことを気にしている暇はありません。
私は状況を聞こうとするのですが、その前に唇を奪われていました。

マスターとの初めての大人のキス。唇の触れあいだけでなく舌をからめてきて、吸われました。
思わず私も自ら舌を絡からめて、ねぶり、吸ってマスターの舌を味わいます。マスターとのキスに必死で他のことなど考えられません。
やっと名残惜しそうに2人の唇が離れます、その間には銀色の糸が…

「マスター」
「リン、愛しているよ。」

そうしてマスターは私の首筋にキスを、そしてその舌で私の素肌をすこしづつ愛撫していきます。
首筋から肩へ、肩から腕へ。マスターの舌が移動するたびに今まで感じたことの無いような快感が私の中を駆けめぐります。

「う…ん、ぁん。マスタ、そこはぁ。」
「ここか?」

とても気持ちいい場所をさらにねっとりとなめられ、私の頭中はマスターでいっぱいになっていきます。
ついにマスターの舌が私の乳房に、そして先端にたどり着きました。
ゆっくりと全体をなめられてちょっと先端を唇で包まれたと思えば、上下左右に弱く引っ張られます。

「マス…たあぁん、ダメですぅ」
「まだまだリンの全部どころか半分も味わってないんだ。先は長いぞ?」
「で、でも、刺激が…つよすぎてぇ!!」
「気持ちいいなら、イっていいんだぞ?我慢は身体に悪い」
「そんな、マスターの目の前で…」
「いつもそうだろ?」

その言葉をきいた瞬間。私の膣から愛液が関を切った様に流れ出て股間を瞬く間に濡らしていきます、そしてそれは私の太股を伝って落ちていきました。
そしてマスターの脚に付きます。そこでやっと、ちゅぽんという音を立ててマスターの唇が私に乳首から離れました。

「一気に出たな、それで良いんだ。俺で感じてくれてるって一番よく分かる。」
「でも、ちょっとは加減というものを」
「しかたないだろ?俺はリンが大好きなんだから。」
「でも、でも!優しくしてくれないのは、嫌です。」
「…すまない。これからは優しくするから、な?」
「約束ですよ、破ったらアレをこうして、ああしてでも止めますからね」
「…分かった。」

さすがに私のジェスチャーに、マスターの血の気が少々引いみたいですが問題は無いでしょう。
ちょうどいいインターバルになると思ったのですが、マスターはすぐに私に覆い被さってきました。

「え?マスター?」
「優しくするけど、いつもとは違うことをするからな。」
「ぁん」
そう言って、マスターはあろうことか私の…秘部から流れる愛液を指ですくい、その指でおしりの穴の周りをなでるように動かしてきたのです。

「そんな、おしりだなんて…」
「リンは嫌?こういうの」
「嫌いとかそういうわけではありませんが、でもやっぱり好んでするというわけでも…ぇ?」
「やっと分かったか? そんなこと言ってても身体はちゃんと反応してるんだよな~」

見ると私の股間はさらに大量の愛液が溢れ、おしりの方にも流れています、それが潤滑剤の役割を果たして、ついにマスターの指が私のおしりの穴に…ずっぷりと根本まで埋まってしまいました。
「そんな、全部入ってる」
「まさかこんなにすんなり行くとはなぁあ、そっか神姫は排泄しないから内部まで内側がつるつるなんだ」
「ま、マスタァー!! そんなにいじらないで…」
たしかにするするとマスターの指が動くのを見て、私自身ももしかしたらマスターのも大丈夫かも…と思ってしまいました。
そこでにやけるマスターの顔。

「? リンはおしりに欲しいのか?」
「そ、そんなこと無いデスよ」
私は必死に表情を悟られまいと顔を背けますがマスターにはお見通しだったらしいです。
「じゃあまずはリンにおしりで…いや、口でしてもらっていい?」
「口…ですか」
私もそろそろ受けるばかりは嫌だと思っていたと所だったので良い機会だと思いました。
「じゃあ、失礼します」

そうして私はいつもより小さな(ちょっと失礼?)マスターのモノを口に含み…いつもは舐めることしか出来なかったために、先端がのどの奥まで到達してしまい、むせてしまいました。
なんとかマスターのモノを口から出して、それでもせきが止まりません。

「リン!大丈夫か?」
「げふぉ、ごほ、マスターすみません。慣れなくて…」
「いや、俺が悪いんだ。すまない。」
「ええいえ、やらせてください」

マスターの返答を待たずにわたしはもう一度マスターのモノを口にくわえ、茉莉がしていたのを思い出してそれを見よう見まねで実践してみました。先端を舌で円を描くように舐め、吸っていきます。

「リン、それすごすぎっ」

マスターの反応は良好の様でした、さらにいちど口から出したモノを根本から先端まで舐め上げていく同時にマスターのふくろを右手で優しく揉んでいきます。
そしてもう一度先端から根本に戻り、揉んでいたふくろをでいるだけ口に含んで、優しく甘噛みしたり舐めたり。そうしているうちに限界に近づいたらしいので、ふくろを攻めるのをやめ、再びモノを口に含んで先ほどと同じく吸ってあげました。
ついにマスターは絶頂を迎え、私の口内にはマスターの精液が大量に流し込まれます。
やっぱり精液の味はおいしいと言えるモノではありませんが、不思議と幸せを感じるのです…私って変なのでしょうか?

「う~さっきはかなりやられたってかんじだった。リン、上手いな?」
「いえ、マスターのことを思って一生懸命にさせていただいただけですし。」
「でも精液を全部飲み干すなんてな…このエロラーフが」
「…なんですか!その"エロラーフ"って」
「あ~某サイトとかでエロぃ格好(露出の度合いが基準というわけではない)したストラーフの写真掲載されてて、そういうストラーフのことをそう呼ぶらしい。で当然ながらリンもそこでエロラーフ認定を受けてるんだ」
「は?そんなぁ」
「まあリンは衣装とかじゃなくて別の方向でも十分エロぃしなw」
「もう! この後させてあげませんよ?」
「あ~すまんすまん。そろそろ挿れていい?」
「…あの、分かってて言ってますよね?」
「一回でいいからリンのおねだりを聞いてみたいんだが…隠語満載の」
「……言わないとだめですか?」
「言って欲しいな。」

もう私の顔が真っ赤になってるのは分かってるんだと思います。
でもマスターは優しい人だから…その優しさがにじみ出るような笑顔には勝てないんです…

「マスター…」
「うん?」
「わ、私のおま○こをマスターのおち○ちんでぐちゃぐちゃにしてください…」
「……」

マスターの顔がうつむき、表情が見えなくなりました。

「マス…きゃぁあ」

マスターは急に私の身体を抱き上げ、犬のようなポーズにさせて、私の膣へそそり立ったモノを挿入してきました…その大きさと感触(?)に私は嬌声を上げずにはいられません。

「ふぁあ、あぁん、そんなに突いちゃ…だめれすぅ」
「まさかあれだけ過激に言ってくれるとは思わなくて、それで我慢できなくなった」
「こんなにぃ…激しくされたらぁ!」

その間もマスターのモノは私の腔内を出たり入ったり。しかもバック体制なので感じる部分が違う…おしりに近い側の壁がカリの上部につっかかる、そこが気持ちよくて…
「マスタ…もっと突いてぇ!」
「っ、もっと?」
「もっと、ください。」
「こうか?」
「!!そうですぅ」

ピストン運動は次第にモノを上下左右に揺さぶる様にして突いて来るようになり、それも私には未経験の刺激であったのでマスターが上り詰めるまでの間に2回も達してしまっていたのです。
そして3度目の絶頂が来るかと思われた瞬間。私はこう叫んでいたのです。

「私はマスターを愛しています、だからマスターのためになら、おしりだって捧げますぅ!だから。次はおしりにぃ!」
「ああ、とりあえず出すっ」
「マスたぁ…おもいっきり、出して…くださぃ」
私の膣内に勢いよく精液が溢れ、結合部から流れ出ます。
今までの2回とは比べものにならない気持ちよさでした。その快感は久しぶりだった私の意識をそのまま闇の中へ誘って行きました…



















…ここは?

私は何も無い…何処なのか分からない場所…などではなく。
いつものベッドにさっきの犬のような体制が崩れたポーズでうなだれるように横たわっています。
右手には…オーダーメイドでマスターのモノを1/10サイズで形、感触その他諸々を再現したディルドー。
そして左手は…なぜかティアの手を握っているのです。
そしてティアの顔はと言うと私の胸の前、そしてティアの唇からはみ出ているよだれ…全てを理解してしまいました…
私ったら、マスターのモノを同じ形のモノを手に入れてティアと試していたはずなのに。
気持ちよくてイってしまって、その感触とかを知らず知らずの間にAI内部での妄想と同調させて夢に見ていたのです。
もちろん感触などのデータは本物の訳で、寝る前に履いていたショーツをべたべたに濡らしていました。

「これはマスターを思う気持ちからすれば必然なのでしょうか…?」

現実に帰ってみれば、マスターと私の身体の大きさが同じになるなんてあり得ないと解っていたのに、それでも想像してしまわずにはいられなかった自分が情けなく、またくやしくなります。
そして無意識かもしれませんが、そんなことがあり得ないと解っていてもそれを望んでいることに、自分のAIが異常をきたしているのではないか…そんな不安を抱えずには居られないのです。

そういえば今夜はマスターは会社に泊まり込みの仕事だと聞きました。
だから今すぐにあの笑顔を見て安心することさえも出来ません。
とたんに不安が私を支配しようとします。
でも、こんなことに負けるわけには行きません。
だって私はリン。いつだって逆境に意志の力で打ち勝ってきた神姫なのだから。

私はシャワーを浴び、お出かけ用の服(シックな色合いのものを選んだつもりです)に着替え、
静まりかえった部屋のPCを起動させてデータを同期。マスターの会社への道筋を記憶しました。
幸いにも、現在の交通機関はコンピューターによる自動制御で24時間の利用が可能になっており。神姫用のサービスも無いわけでは有りません。

あとは、マスターの下へ。最初に目指すのは最寄り駅の「星ヶ丘駅」そこからは交通機関を利用すればすぐにマスターのつとめる会社にたどり着けます。
ただ、駅までは己の力で行かなくてはなりませんが距離にして1Km弱。たどり着けないわけはありません。

私は夏が終わりすこし涼しくなった夜空を見上げ、背に背負ったリアウィングAAU7とエクステンドブースターに全てを預け、夜空に飛び立ったのです。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー