メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウサギのナミダ

ACT 0-5



 神姫も、夢を見る。
 スリープモードで、クレイドルで充電とデータのバックアップを行っているとき。
 それは神姫にとって「睡眠」にあたる。
 マスターによれば、睡眠中に脳が蓄積された情報を整理し、その時に漏れでた情報を認識すると、夢になる、のだそうだ。
 だから、データのバックアップ中に、わたしたちが認識するものも、やはり夢なのだ。


 わたしは、夢を見る。
 いつも同じ夢、恐い夢。
 わたしの前には男の人。
 顔は影になっていてよくわからないけれど、目だけが異様な輝きを放って、笑っている。
 彼は、わたしに手を伸ばす。
 わたしは身をすくめる。これから、自分の身に起こる出来事を予想しながらも、あらがうことはできない。

「や……っ」

 男の人がわたしを掴み、顔の高さまで持ち上げる。
 大きな顔が、わたしの視界いっぱいに広がる。
 わたしは、恐くて、身体を震わせる。
 でも、ここは彼の手のひらの上だ。
 逃げ場なんてない。
 彼は、わたしを両手でつまみ上げながら、さらに顔を近づけてきた。
 息がかかる。臭い。
 顔の下の方にかかった影が、横に一筋裂けた。
 裂け目が広がると、ぬらり、とした軟体動物のようなものが出てくる。
 舌だった。

「あっ……や、あ……っ」

 男の人の舌は、わたしの身体をなぞる。
 脚の先から、ふともも、ヒップからウェストのライン。
 股間と胸は、特に念入りに舐められる。
 太い舌先は巧みに動き、わたしの弱い部分を的確に責め立てる。
 いやなのに。いやなのに。
 いやらしい舌の動きを、わたしの身体は性的快感と認識する。
 いやだという気持ちと、なぶられる快感が、相乗してさらに気持ちを高めていく。

「あ、あ、はあぁ……あぁ……」

 頭がぼうっとする。
 何も考えられなくなってくる。
 わたしの身体は男の人の唾液にまみれ、いやな臭いを放っている。
 その臭いすらも快感を助長する芳香に変わる。
 わたしは快感に身を委ね、なすがままにされていた。
 ふわふわとたゆたうような感覚に、わたしはどっぷりと浸っている。

 と、突然。

 ぼきり、という鈍い音。

「ーーーーーーーーーーーーーーっ!!!」

 ふわふわとした感覚は、爆発した激痛に吹き飛ばされる。
 声が出ない。声にならない悲鳴。
 さらにまた。
 わたしの身体から鈍い音が響く。
 わたしは身を焼くような激痛の出所を、左腕と右脚であることを、かろうじて突き止める。
 だからといって、何もできない。
 わたしはただ、大きく目を見開いて、堪えきれない痛みにぱくぱくとあえぎながら、涙を流すだけだ。
 さらに、残りの四肢も折られた。
 わたしは身動きもとれず、ただ激痛に悲鳴を上げる。
 目の前の人を見る。
 その男の人の顔は、相変わらず影になっていたが、その二つの目と裂け目のような口だけがはっきりと見える。
 笑っている。喜んでいる。
 わたしがのたうち回る姿を見て、嬉しがっている。
 彼の方から、何かが飛んできた。
 べちゃり、と粘液のようなものがわたしに降りかかる。
 白く、べたべたの粘液は、何かすえた臭いがする。
 いやだと思っても、いまのわたしには、この粘液を払うことさえできない。

 男の人の光る両目が、さらにゆがんだ。
 わたしを掴み上げると、わたしの背に指を当てたまま、親指でわたしの胸を押す。
 わたしは恐怖した。
 身体を折る気だ。

「や、めて……ください……やめて……」

 やめて。死んじゃう。
 わたしがどんなに懇願しても、そんな様子すら楽しんでいる。
 わたしの背が限界を超えて曲がっていく。
 折れてしまう。
 死んでしまう。
 たすけて、だれか、たすけて……だれか……。

 ごきん。

「あああぁぁっ!!」


 わたしは悲鳴を上げて、飛び起きた。
 暗い。
 あたりは静かだった。
 時計の音が妙に大きく聞こえる。
 それからわたしの荒い息。

「はあ、はあ、はあ……」

 わたしは自分の身体を確認する。 
 どこも、折れてなどいない。
 感じていたはずの激痛も今はない。
 手は、白い布……お布団代わりの、マスターのハンカチを握りしめている。 

「夢……」

 わたしはやっと安堵して、深く息をついた。
 怖い夢。どうしても見てしまう、かつての現実。
 まだあの店を出て何日も経っていない。
 過去の記録……思い出にしてしまうには、あまりにも最近の出来事すぎる。
 白い布を握りしめる手元に、黒い染みが広がった。
 瞳から涙がこぼれ落ちる。
 夢は過ぎ去ったというのに、怖くてたまらない。
 怖くて、怖くて、それでもわたしには為す術がなくて。
 ただ一人、すすり泣くことしかできない。

 突然。
 あたりが明るくなった。
 真っ暗だった部屋の明かりが灯ったのだ。
 スイッチのところに立っている人影は、マスター。
 マスターは、寝間着姿で、髪は乱れ、目は半眼のまま、こちらを向いている。
 とてつもなく不機嫌そうな表情。
 起こしてしまった。
 わたしが、悪夢に悲鳴を上げたせいで、マスターのお休みを邪魔してしまったのだ!
 わたしは、マスターに睨まれて、目を見開いたまま硬直してしまった。
 まるで蛇に睨まれた蛙だ。
 わたしは身動きをすることもできず、絶望的な気持ちでマスターを見つめる。
 これから、どんなひどい仕打ちが待っているだろう。
 マスターは大股に歩いて近寄ってきた。
 思わず、身を縮めてしまう。

 ……ところが、マスターはPCに近寄ると、立ち上がっていたアプリケーションを次々に閉じて、PC本体も電源を落とした。
 縮こまっているわたしを、もう一度見る。
 非常に不機嫌そうな表情は変わらない。
 わたしはクレイドルの上でさらに縮こまる。
 すると、マスターはクレイドルごと、ベッドのサイドボードに持ってきた。
 ケーブルをPCからコンセント供給用アダプタにつなぎ直す。
 クレイドルの充電ランプが灯った。
 データのバックアップはできないが、充電はできる。
 わたしが何もできずに硬直していると、マスターはさっさとベッドにあがり、布団をかぶった。
 首だけがこちらを向いて、また睨まれる。

「明日、延長ケーブルを買ってくる。寝る」

 マスターはそれだけ言うと、枕に頭を沈ませ、そしていくらもしないうちに規則正しい寝息を立てはじめた。
 わたしはあっけに取られていた。
 これはどういうことなんだろう。
 わたしは、つまり……マスターのそばで眠ることを許された、ということなんだろうか。
 なぜ?
 お休みのマスターを邪魔したのに?
 あんなに不機嫌そうな顔をしていたのに?
 ……期待なんて、してはだめだ。
 わたしは本来、この人の武装神姫になんてなる資格がないのだ、初めから。
 でも、ベッドのサイドボードから見下ろすマスターの顔は、見たこともない安らかな表情で。
 いつも冷静沈着、無表情で少し冷たい印象の男性ではなく、無邪気な少年のように見えた。
 そんなマスターの顔を見つめていると、不思議と穏やかな気持ちになっていく。
 おかげで、さっきまでの怖かった気持ちは、だいぶ薄らいでいた。
 わたしはクレイドルの上で丸くなると、布団代わりのハンカチを引き寄せた。



 朝、目が覚めると、PCの電源が落ちていた。
 クレイドルも、その上にいたはずの俺の神姫もない。
 焦って、辺りを見回すと、俺の枕元にクレイドルは移動しており、その上でティアは眠っていた。
 ほっとする。一瞬焦ってしまった。
 そういえば、夜中にティアの叫び声を聞いて、一度起きたのだったか。
 何が原因かはよくわからなかったが、ともかく心配だったので、枕元に持ってきた……のだと思う。
 半分寝ぼけていたらしく、記憶は曖昧だ。
 でも、なにやら心配だったのは、やはりまた、ティアが泣いていたからだ。
 いま俺にティアの涙を止めてやることができなくても、せめてそばにいてやることぐらいはできる、と思う。
 ……ただの自己満足だったとしても。
 クレイドルの上で丸くなって眠るティアを覗くと、安らかな寝顔が愛らしかった。
 小さく安堵のため息をつく。
 まもなくして、ティアの瞼が瞬いた。

「あ……」

 俺を見て、眠気を一気に吹き飛ばすように起き上がり、あわてて居住まいを正す。

「お、おはようございますっ……」

 そんなにあわてなくてもいいのに。
 しかし俺は素っ気なく、

「おはよう」

 と返事した。
 俺は、ティアの前ではできるだけ無表情を通すと、決めていた。
 ティアが俺のことを信じ、自分から俺の神姫と認めてくれる時まで。
 まずは、俺が無害な人間であることを信じてもらわなくてはならない。
 そう思っていた。



 その日から、わたしの、武装神姫としての訓練が始まった。
 主にトレーニングマシンを使ったバーチャルトレーニングだ。
 まず、一通りの武器を使ってみるところから始まった。
 片手で持てる銃火器を中心に、両手持ちでも軽量な銃、ナイフなどの刀剣類や、トンファーといった近接武器まで。
 使い方は、素体交換時にプリセットされた戦闘プログラムと基礎データでだいたい分かっている。
 出現する的を撃ち落としたり、ダミーの敵を攻撃する、といった単純な内容を黙々とこなす。
 マスターはPCでわたしのデータを取り、どの武器がわたしと相性がいいのか検証する、ということだった。
 マスターは課題を出すだけ出して、大学に行く。
 わたしは、マスター不在の間、ずっとマスターの課題を消化していく。
 大学から帰宅したマスターは、毎日作業スペースに向かい、何かを作っているようだった。

 こんな日が数日続いた。
 マスターが不在の昼間、私は一人、黙々とトレーニングに励む。
 その間にいろいろなことを考えた。
 だけど、結局、何も分からないままだった。
 一つだけ分かっていることは、進むべき道はマスターだけが知っているということだった。
 だからわたしは、マスターに言われるがまま、ついていくしかない。
 マスターはわたしを使って夢を叶えたい、と言った。
 だから、たとえ嫌がられようとも、マスターの夢を実現していると示し続けることが、わたしの存在意義なのだ。
 そう結論したわたしは、またトレーニングを消化していく。


 ある夜。
 わたしはまた夢を見る。
 薄気味悪い男の人の影。瞳だけが異様な輝きを放っている。
 黒い手が、わたしに手を伸ばしてくる。
 これから起こる仕打ちを想像して、わたしは身を縮める。

 ……ところが、その手がわたしを掴む寸前、別の手が伸びてきて、わたしが乗っているクレイドルを掴んだ。
 そのままするり、と視線が移動する。
 わたしはクレイドルごと、別の手によって運ばれていく。
 薄暗く寒々とした部屋は、柔らかな光に包まれた部屋に変わっていた。
 その手は、クレイドルを自分の枕元に運んできた。
 手の主はマスター。
 マスターは非常に不機嫌そうな顔をしており、口をへの字に曲げている。
 マスターは、わたしを睨みつけるように見る。
 わたしが視線の鋭さに、びくり、と身を震わせると、

「明日は公園に行くぞ」

 と言って、そのまま枕に頭を沈めた。
 まもなく、規則正しい寝息が聞こえてきた。
 なんだかちぐはぐな成り行きに、わたしは首を傾げた。


 そして、不意に目を覚ます。
 暗い部屋。
 PCのディスプレイだけが、部屋を青白く照らしていた。
 まだ真夜中だ。
 あたりは静まり返っている。
 規則正しい寝息が聞こえてくる。
 そちらに視線を向けると、マスターの寝顔があった。
 日頃の緊張を解いたような、少年のような寝顔。
 夢の中で見たマスターの寝顔と同じ。
 マスターのその顔を見るたびに、わたしは優しい気持ちになれる。
 マスターの役に立ちたいと思う。まだなんの役にも立っていないけれど。
 マスターの気持ちに応えることができるようになれば、いつものような無表情ではなく、この寝顔のように優しい顔を向けてくれるだろうか。
 そうだったらいい、と思いながら、わたしはまた眠りにつく。
 マスターになった、この人の存在が、わたしの中で意外にも大きくなっていることを感じていた。








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー