メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

回の03「朔が咲いたその日」


 話は少しだけ前後する。
 後に『朔』と名付けられる白いストラーフは、結城邸に持ち込まれたその日のうちに初起動された。
 これはその時の話。


「実はね、アタシじゃ神姫をまともに育てんの、無理だってわかってさ」
 ティーカップを持ちながら、朔良は少し寂しそうに言う。
「そうなのですか?」
 正座をすることが出来ない焔はそれでも行儀良く座って、ご主人と呼称しているセツナとその友人の朔良との会話に加わっている。
「朔良さんも神姫の事を大切にしてくれると思うのですが」
 焔の言葉に朔良は小さく笑った。
「いや、ね。なんて言うか…… 多分アタシは神姫の事を幸せに出来ないんだよ」
「……なにか、あったの?」
 心配そうにセツナは訊ねる。
「いやいや。別に心配されるような事じゃ無いんだよね。……黙っておく事でも、無いんだけど」
 朔良は思案顔になる。
 自分で言うほどには簡単な話ではない。そして全てを話すわけにもいかない。
「かいつまんで、この夏にあった事を説明するよ」
 当たり障りの無い事しか朔良には言うことが出来ない。
あの痛みは――あの傷は朔良だけの物。辛くても尊い想い出なのだから。
だからそんな朔良が語ったのは、
今年の夏は南房総で過ごしたこと。
 とある神姫とそのオーナーとの出会い。
 そのオーナーや神姫との他愛も無い会話。
 そして今日持参した、白いストラーフのこと。
「ゴメン。やっぱり全部は話せないや」
 大事な事は一切話す事が出来ず、朔良はセツナに頭を下げた。
「ううん。話せない事があるのは仕方ないわよ」
「セツナ……」
「それに正直に秘密があるって言ってるんだもん。それをちゃんと言ってくれたんだから、それで十分」
 そう言ってセツナは朔良の頭を撫でる。
「なんだかいつもと立場が逆転してますね」
 焔の言葉に、セツナと朔良は目を見合わせる。
 そして二人同時に笑い出した。
 そうして二人笑いあい、朔良が気を取り直したのを感じ取ったセツナは、再び白のストラーフへ目を向ける。
「ねえ、朔良。この娘が起きるの、一緒に見届けない?」
 親友の態度を見て、セツナは朔良にも初起動を見てもらいたいと強く思った。
「え……?」
 戸惑いの表情を浮かべる朔良。
 交流が始まってから短くない時間を一緒にすごしてきたが、朔良のそんな表情をセツナは見たことが無かった。
「なんとなくだけど、この娘が起きるときに朔良が居ないといけない気がするの」
 確信に近いほどにそう感じる。
「……うん」
 神妙な顔つきで、朔良は静かに頷いた。



 一切のトラブルも無く、滞りなくその白いストラーフは静かに目を開ける。
 その様子を見て、朔良は感動を覚えていた。
 純粋に、初めて目にする神姫の目覚めに。
 そして、再び目を開ける事が出来たその神姫に。
 不覚にも目から一筋涙が零れる。
 セツナはその親友の涙にあえて理由を聞かず、その神姫の起動を見守っていた。
 焔もセツナ同様、朔良がなぜ涙を流したのか気にはなったが、マスターと同じくそれに対して口を噤む
「オーナーの登録、個体名の登録、オーナー呼称の登録をしてください」
 目を覚ました神姫はそう告げた。はっきりとしながらも感情の篭らないその口調。
 PCと接続しながら初起動を行えば、最初の段階でPCを通してそういったデーターを入力する事も出来るのだが、セツナは直に神姫に伝える方法を好んでいる。
 しかし今回はそれだけが理由ではない。
「……朔良、今ならまだ間に合うわよ?」
 セツナは小声で朔良に問う。
 今ならまだ、朔良がオーナーになる事が出来ると、そう言っているのだ。
 それに対して朔良は微苦笑を浮かべ、首を左右に振った。
「……オーナー名、結城セツナ」
 そこでセツナは一拍入れる。
「?」
 朔良は首をかしげた。そしてすぐに気が付く。セツナは自分を待っているのだと。
 そしてそれに対しても朔良は首を振った。
「そう」
 セツナは短くそう言うと、ニッ、と口角を上げた。
「個体名、朔」
「ちょっ、ちょっとぉ!?」
「貴方の名前は朔。ここに居る朔良から一文字戴いたの。大切な名前よ」
 朔良の声を見事なまでにスルーして、淀みなく言葉を続けた。
 皮肉めいた名前。
 朔良はそう思わずにはいられなかった。親友と同じ響きの名前持つ神姫の、持ち主であったあの人から貰った神姫に自分の名前から新たな名前がつけられる。
 しかしそのねじれに不快感を覚えるかと問われれば、そんな事はまったく無かった。
 うれしい。
 素直にそう思えた。
 そしてその偶然に、あの出会いが必然だったのだと強く思う事が出来るのだから。
 そのお礼に、と朔良は一寸した悪巧みを想い巡らす。
「そしてオーナー呼称は――」
「せっちゃん」
「確認します。オーナー名・結城セツナ。個体名・朔。オーナー呼称・せっちゃん。でよろしいですか?」
「OK~♪」
「ちょ……ちょっと待って!?」
 セツナが改めて朔良に振り返ると、そこには見慣れた悪戯めいた笑顔があった。
「だってセツナがアタシの名前からもじって名前付けたんだから、朔がセツナをどう呼ぶかはアタシが決めてもいいよねえ? だってアタシの分身なんだし」
「了解。登録しました…………初めまして『せっちゃん』。今後ともよろしくお願いするよ」
 呆けた様な表情にセツナに、朔が律儀に挨拶をする。
 親友の珍しい表情に、朔良は腹を抱えて笑った。



トップ / 前回 / 次回




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー