メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ネコのマスターのクリスマス・買い物編


家を出た俺と礼奈は近所にある大きなデパートを目指して歩いていた。
「んで、何で俺だけお前の買い物に付き合わなきゃならんのだ?」
「だって、クリスマスプレゼント買いに行くんだもん。タマちゃんの好みは兄さんに聞くのが一番でしょ?」
あぁ、そういう事か。そういえばもうそんな時期だったなぁ。12月は誕生日だのクリスマスだの大晦日だのイベントが多いからなぁ。
なんて個人的な事を思いつつ、俺はサイフの危機をどう乗り切ろうか悩んでいた。
そんなこんなでデパートに到着。ここら辺では一番大きいデパートだしクリスマス間近という事もあって、店内は人で埋め尽くされている。
「うわぁ、凄い人!ケーキとか残ってるかな?かな?」
一瞬礼奈が別の世界の礼奈に見えた気がするが、気のせいだろう。
それより本当にこれではケーキはもちろん普通のプレゼントだって相応しい物が見つかるか不安だ。俺達はまず一番心配なケーキを見に行った。
タマと俺が好きなチョコレートケーキと礼奈が好きな生クリームケーキはあったが、キルケが好きなフルーツケーキは既に予約がいっぱいだった。
仕方なくキルケの分も生クリームケーキにする事にして、予約をする。
次にプレゼントだ。礼奈はキルケに服を買ってやるつもりらしい。タマには何が良いか聞かれたが去年何を渡したか思い出せない。
仕方なくタマも服で良いんじゃないか?と言っておいた。
「そういえば兄さんはプレゼントどうするの?」
「ふっふっふ。実はもう買うものを決めてある」
「本当?楽しみだなぁ♪」
そうは言ったがさて困った。本音を言えばまだ誰の分も決めていない。
礼奈に鉈なんて送ったら怒られるか?あ、いやもちろん冗談だが。
自然に目が刃物のコーナーに行きそうになるのを押さえ、真面目にプレゼントを考える。
デパートは広いのでとりあえず別行動する事にした。
そして一人になった和章を遠くから見つめる影がひとつ。
「ターゲットを捕捉。ターゲットは妹と別れ一人で行動を開始した模様。」
影の主は武装神姫、タイプはヴァッフェバニー。手に持つ無線を介して誰かと会話をしている。
「了解。引き続き追跡、監視せよ。」
無線機からの声の指示を受け、その神姫は影へと姿を消した。

そのころの山田家。
「~♪」
私がマスターの帰りを待ちながら鼻歌を歌っていると、タマがこっちに来て
「ねぇ、ますたーとレナちゃんはなんでわたしたち置いてっちゃったのかな?」
と聞いてきました。タマはわかっていなかったんですか。
「それはですね、二人がクリスマスプレゼントを買いに行ったからなんです」
「くりすます・・・あ、そっか!そういえばもうすぐくりすますだったね!」
クリスマスすら忘れかけていたようです。そう言えば前和章様からタマは物忘れが多いと聞きました。何でも誕生日すら忘れられていたとか。
マスターはきっと和章様にとても凄いプレゼントをあげるでしょうね。あんな顔でしたから。
「ぷれぜんと、たのしみだな~♪」
タマがニコニコしながらそう言ってます。確かに楽しみですね。私はクリスマスプレゼントを貰うのは初めてなので、尚更楽しみです。
そう言えばマスターのお母様の神姫のペルシスらしき神姫が二人の後をつけていたようでしたが・・・何だったのでしょうか?

何者かの視線を感じ、俺は周囲を見回す。しかし俺を見ているのはレジ打ちをしている店員だけだ。
「・・・気のせいか?家を出てからずっと誰かに見られてる気がするんだが・・・」
「お会計21894円になりまーす」
「うぅ高い・・・家族持ちニートにこの季節は辛いぜ・・・」
そんな事を呟きながら俺は会計を済ませ、今買ったみんなへのプレゼントを袋に詰める。
すると同じく買い物を済ませたであろう礼奈が俺の所に来た。
「さ、あいつらが待ってるだろうし、帰るか」
「うん!」
タマ達の喜ぶ顔が目に浮かぶ。そのせいで一度電柱にぶつかったが、そんな痛みも気にせず俺は礼奈と一緒に家に帰った。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー