メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「にゃー♪」
「ちょっとねここ。そんな勢いよくやったら、壊れちゃうってば~」
福引のガラガラのレバーにぶら下がって、何故か大車輪しながら派手に箱を回すねここ。
そして、ジャラジャラと煩い音を立てていた箱から、コロリと落ちた一つの玉。
それはもうすっかり見慣れた赤い玉とは、明らかに違う色で。
「……出た」
「……出たの?」
「……出てます」
同じ言葉を口にする私たち。静まり返る周囲。
誰かがゴクリと息を呑む音まで、はっきりと聞こえてきそうで。

「おめでとうございまーす!1等、豪華2泊3日、ペア温泉旅行……出ましたぁ!」

直後、チリンチリンと鳴り響く鈴の音と、商店街の担当者の人のハイテンションな叫びが木霊するのでありました。


 ねここの飼い方・温泉でGO! そのいち


「うふふ、なんか招き猫ならぬ招きねここね。ねここ偉いわよ」
「えへへ。みさにゃんに喜んで貰えて、ねここ、と~っても嬉しいの♪」
珍しく私の肩に座っているねここ。その身体には大きめな目録を抱えて、にぱーっと満面の笑みを浮かべてる。
私も釣られるように顔から笑みが零れちゃうのが自覚できるし。
「夏休みは結局ドタバタしちゃって、あんまり羽休め出来なかったし、今度連休があるから、丁度いい機会よね」
「みさにゃんとおんせん~♪、楽しみなの☆」
「全くね~。帰ったら早速準備しましょうかっ」
「うん☆ …・・・ところで、みさにゃん」
と、急に真面目な顔になって私の顔をじっと見つめてくるねここ。
「なぁに?」

「『おんせん』って、なぁに?」

「・・・へ?」
「ひゃっ!?」
むぅ、そんなこと言うなんて、壮大にズッコケそうになっちゃったじゃない。
「ねここ……わかってないで喜んでたんだ」
「だって、みさにゃんも周りの人たちもすっごく驚いてたから、良い事なんだなーって思ったの……」
まるでちょっと悪いことをした後みたいに、身を竦めてしゅんとなってしまう。
「そっか。でも私はねここが私の為に喜んでくれた事が、とっても嬉しいかな」
「……えへー」
お互い柔らかな微笑が自然と零れる。まるでぽわぁっとその場の雰囲気が春になったみたい。
「それで、温泉って何なの~?」
「えぇとね…それは」

「我輩が説明しよう!
 温泉とは、人類に残された最後の楽園! 地獄から天国への階段!! 快楽と悦楽に溢れたワンダフルすてぇーじなのだぁ!!!」

「平たく言うとお風呂、銭湯の凄い版かな。健康効果の高い成分が一杯入ったお湯なんだよ。大きな湯船のとこも多いし、山とかにある場合が多いから景色もいい場所が多いんだから」
「なるほどなの~♪ ねここお風呂大好きだから、すっごい楽しみなのっ」
「……ぉーぃ」
後ろに何かいるようだけど、気にしないでおこう。
「そうだ、折角ペアなんだから誰か誘いましょうか。ねここと2人だけでもいいけれど、ワイワイ行っても楽しいよ、きっと」
「HAHAHA,そこは婚約者である、この我輩、いや僕の・・・!」
「う~ん……ねここは二人っきりでもいいのにぃ……」
「ふふ、それはまた今度ね♪」
「にゅぅ……はぁぃなの」
ねここはちょっと拗ねて、ぷぅっとほっぺを膨らませてる。それを指先でぷにぷにさせながらあやすみたいに言ってあげると、ねここもちょっと気分を直してくれたみたい、かな。
「それじゃ誰を誘おうかしら……う~ん」
「ねここも一緒に考えるの~♪」
「あの……ぉーぃ……。ちょっとー……?」
「完全に2人の世界ですマスター。諦めた方が無難」
「何だとぉ!この程度で諦めては変態が……いや漢が廃るってもんじゃないか!?」
「……負け犬発言、ミットモナイ」
ゴキャ。
「ぶるわぁーっ!?」
「大変だーッ!誰か倒れてるぞー!」
「………!? ………!」
そんなこんなで、今日という1日は過ぎてゆくのでありました。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇  ◇

『残念ですが、お断りしますわ』

あっさりと、NGが出ました。
色々とお世話になっている鈴乃さんに電話してみたのだけれど、
『今現在、少々立て込んでおりまして、遠出できる状況ではありませんの。なのでごめんなさいね、他の方を誘ってさしあげて』
「そうですか……お騒がせしました。……って、それと」
『なにかしら?』
「雪乃ちゃん一体何時になったら帰ってくるんですか。もう結構経つんですが……」
帰省すると言った日から既に結構な日数が経過していて、一体何時戻ってくるのだろうと少し不安にも思うわけで。
『嗚呼、それがですね……』
急に鈴乃さんの声が遠くなる。どうやら電話を離したみたいだけれど……
『……ぁの、おじいさまぁ。そんなにくっつかれたらおヒゲがちょっとあの……』
『……よいではないか。偶の帰省、もっとワシに其の可愛い顔を見せておくれ』
『……ぁーれー……』
……なんというか、放置していいのかなぁコレ……
『……という訳でして、おじいさまが離してくれませんの。もう暫くしたら無理やりにでも引っぺがして其方へ参上しますので、暫しお待ちになって』
「はぁ……まぁ、お任せします」
余り人の家の事に口出しするのも悪いしね。
『それでは、ごきげんよう……そうそう、私よりも適任者がおるのではなくて?その温泉、傷や火傷、神経痛などにもよく効くのでしょう。うふふ』
「そうみたいですね……って、もしもーし?」
目録と一緒に貰ったパンフレットをパラパラと開きながら相槌を打ってたら、電話は既に切れてしまっていた。

「適任者、ね……そうね。誘ってみましょうか」

「……ぇ。ぁ、あの……わ、私で良いんですかっ!?」
そう顔を真っ赤にして、あたふたと答えるのはアキラちゃん。
学校のお昼休み、一緒にお弁当を食べている中、その温泉の話を切り出してみたのだけれど。
今日の自信作の出汁巻き玉子をはむはむと摘みつつ、話を続ける。
「えぇ。9月は色々あったし、アキラちゃんも大変で疲れてるかな思って。お詫び……というのも変だけど、良ければと思って。
 でも体調もあるだろうし、無理だったらいいのだけれど……」
「そ、そんなことありません! お姉さまと一緒の温泉……例え死んでも絶対に一緒に行かせて頂きますっ!」
アキラちゃんはずずぃとお弁当箱の置かれた机から身を乗り出すように、顔を思いっきり接近させて力説してくる。
喜んでくれるのは嬉しいけれど、何もそこまで力を入れなくても……
あとお姉さまと呼ばれるのがすっかりデフォルトになってしまったようで、ずーっとそう言われつづけるものだから、最初は好奇の眼差しだったのが、今やクラスメイトどころか先生までも全く何も言わなくなるように。
確かに可愛い娘はぷにっとしちゃいたくなるけど、ここまで大っぴらになるのも、ね……。
「それじゃ、OKってことで良いわね。日程は来週だから、それまでに荷造りしておいて。」
でも実害はないし、ま、いっかと思いつつ。
「わかりました。……あ、所でネメシスも一緒に行って平気ですか?
 あの子には1人で悲しい想いをさせた分、今度は2人で一緒に想い出を作っていきたいな、って思うので……」
ほんの少しの苦みを含んだ、ほんのりとはにかむような笑顔でそう付け加えるアキラちゃん。
勿論、断る理由もなく。
「えぇ、構わないわよ。というか、ねここも元々連れて行く予定だったしね」
「本当ですか、ありがとうございますっ! あぅっ、ぁたた」
嬉しかったようで、勢いよくおもいっきり頭を下げて、思わず机にごっつんこしてしまう。天然さんだねぇ……
「いえいえ。でも今回の旅行で、あの2人ももうちょっと仲良くなってくれると良いのだけれどね」
「あはは……そうですね。でもネメシスって、何でねここちゃんを嫌うんでしょうね?」
気づいてないんだ……。まぁ、私からわざわざ言うことでもないし、他人の恋路を邪魔するのは馬に蹴られてなんとやらだしね。
「さてね。だけど今まで長時間一緒に居る事はあまりなかったし、温泉のほのぼの出来る環境ならきっと仲良くなれるんじゃないかな」
それに、ねここの100万ドルの笑顔にやられない子なんていないだろうしっ。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇  ◇

秋の爽やかな風が薄い桃色のカーテンを優しく揺らし、柔らかにその姿を変えていく。
私は窓の淵に腰を落ち着け、その風と陽射しを身体一杯に浴びながら、主の帰りを穏やかな気持ちで待ち続ける。
そんな中、カチャリと、穏やかにドアノブを捻る音が室内に響く。
「……ただいま、ネメシス」
それは今の私にとって、祝福の鐘の音のようにすら聞こえる。
「お帰りなさい、アキラ」
ドアの向こうから姿を現したのは、誰よりも愛おしい、私の主。アキラと一緒に過ごす、一度は諦めた……穏やかな時間。
「今日のおやつはアキラの好きなレアチーズケーキですよ。母上から託っていますので……その、一緒に、食べましょう」
「えぇ、一緒に」
弾むような声で返してくれるアキラ。
ここ最近は前よりもずっと明るく元気になり……私も、優しくして貰えるようになった。
大変喜ばしい事だし、事実私も嬉しいのだけれど、私だけの功績ではないのを、ほんの少しだけ残念に思う。
「それでね……」
にこやかな笑顔と共に、今日学校であった出来事を、私に嬉しそうに話してくれるアキラ。
同時に私が準備して置き、アキラが淹れてくれた紅茶の芳醇な香りが、部屋に充満してゆく。
「それにしても、今日は特にご機嫌なようですね。アキラ」
……その一言が、今思えば、余計だった。
とっておきのプレゼントを見せるような、喜びが溢れ出す笑顔と共に。
「えぇ。お姉さまに、来週泊り掛けの温泉旅行に誘われたの♪ ねここちゃんも一緒よ」
……あの2人には、アキラだけではなく、私自身も恩義がある。でも、私のCSCが最大ボリュームで訴えている。

敵だ、と。

「そうですか……でも来週は確か予定が……」
「ないわよ? 昨日貴女と一緒に予定組んだじゃないの」
「傷の事もありますし、遠出は……」
「傷によく効く温泉だからって、お姉さまが誘ってくれたのよ♪ それに比較的近場で穴場らしいの」
「私錆びちゃいます……」
「毎日一緒にお風呂入ってるじゃない? 変なネメシス」
「うぅ……ねここと一緒に温泉なんて行っちゃいやですーっ!」
「心配しないで。貴女も一緒だから、ね?」
アキラは不思議そうな、でも笑顔で此方を見つめてくる。こういう所は鈍いんですよね……

でも、そんな所も全て含めて……私は、貴方を……






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー