メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水辺に泳ぐ女神達──あるいは入水(後半)




人が大幅に減っているとはいえ、まだまだ気温は泳ぐにふさわしい。
しかも閑散と言う程でもない程々の喧噪は、のんびり皆で水辺遊びを
楽しむには、最適な環境と言えた。早速、造波プールの側を陣取る!

「海だぁッ!……いや、気分だけだがそれでいいのだ!どうだ、皆?」
「きゃははっ♪湯船以外で大きな水辺は、わたし久しぶりですの~♪」
「あたしとクララちゃんは初めてです……本当、海みたいですよねぇ」
「……以前に水上バスから見たけど、こうして触れるのは初めてだよ」

パレオを腰に纏ったロッテ達は、心地よい音を奏でている水辺に立ち、
その感触を確かめている。そう、離れた所で見たりヴァーチャル空間で
感じた事はあっても、リアルに泳ぐ為の水辺は初めてなのだ……まぁ、
アルマはよく湯船で泳いだりするのだが。それはそれ、これはこれだ。

「あまり沖に往くなよ?奥の方にある排水口に巻き込まれたら事だぞ」
「……分かったんだよ、マイスター。じゃ、皆……コレで遊ぼうよっ」
「あ、それはスーパーボール!クララちゃん、持ってきたんですか?」
「うん。この間買ったけど家じゃ遊べないからね、アルマお姉ちゃん」
「じゃあそれで、ビーチバレーしますの~♪クララちゃん、ぱーす♪」

『そぉれっ♪』という黄色い声が、耳に届く。黄色のスーパーボールを
ビーチボール代わりに、三人が水を蹴りつつトスの応酬を繰り広げる。
弾性に富むボールでビーチバレーが出来る“妹”達の能力も驚きだが、
純粋に考えて、実に眩しい光景だ……。あの笑顔、あの水着、あの躯。
側にいてくれる彼女らの楽しそうな姿が、堪らなく愛らしいのだッ!!
浮き輪を膨らませながら、そんな事を思い……つい頬が緩んでしまう。

「んっ……アルマお姉ちゃん、パスなんだよっ……とと、んしょっ」
「はい、もう一回クララちゃん~♪……あ、大丈夫です?よっと!」
「“ゲヒルン”の副作用もあるから、辛いかな……けど楽しいもん」
「とと……なら、もう一回クララちゃんですの。今度は“深く”ッ」
「きゃっ……!?あ、あぷ……波に引きずり込まれるんだよ……!」

そう言って、何度かのリレーをしていた時だった。大きな波に蹌踉めいた
クララが倒れ込み、そのまま“引き”の汐に吸い込まれてしまったのだ!
無機物で出来ている神姫の容積比重量は、当然だが人間よりも若干重い。
ヒレ等の適切な用具が無ければ、立ち泳ぎだけで相当なパワーを要する!
しかもクララの身体能力は生来の不調もあって、決して高いとは言えぬ。

「あぶ、おぷ……ま、マイスター!助けて、たす……っ、ごぼぼ……」
「クララちゃん!マイスター、クララちゃんが!クララちゃんがッ!」
「このままじゃ沖の造波装置や排水口に巻き込まれちゃいますの!!」
「ッ──────!クララぁッ!!?……がぼ!ごぼ……ごぼぼ?!」

慌てて引き返し叫ぶロッテとアルマの姿を見て、私は既に動いていた。
己でも信じられぬ速度で波へと飛び込み、流され沈み往くクララの躯を
掴む!そしてそのまま潜水する姿勢で泳いで岸を目指し、水死体の如く
打ち上げられたのだ。正直物凄く苦しかったが、無事に助かった様だ。

「ぷ、ぷはぁ……けほけほけほっ、だ……大丈夫かクララやッ!?」
「うん、計算通り……マイスターはちゃんと助けに来てくれたもん」
「こほこほッ!?ちょ、ちょっと待て!“計算通り”?……まさか」

クララの無事を確認した後、慌てて眼鏡……普通の品だ……を掛け直し
陣地の方を見てみる。そこには、潜水用具を完全装備したアルマの顔と
舌を出して照れくさそうに笑うロッテの顔があった……嵌められたか?

「お前達、よもや私が飛び込んで助けに行くと踏んで……芝居を?」
「はいですの。ごめんなさい、マイスター……でも“苦手意識”は」
「この際、無くしてほしかったんです。一緒に遊びたいですからね」
「……だから、ボクが囮になってみたんだよ。怒られる覚悟の上で」
「ば、ば……馬鹿者!決まってるだろう!……本当に何かあったら」

水に濡れたクララを、そっと胸元に抱いて震える……ひょっとしたら、
この時私は泣いていたかもしれんな。私の為にそこまでする健気さと、
その為に無謀を働いた彼女らに対する、僅かな怒り……そして喜びに。

「私なぞの為にお前達を失うなんて事になったら、どうすればいい!?」
「……ごめんなさいなんだよ。でも、マイスターは泳いでくれたもんね」
「あの時は綺麗でしたの、人魚みたいで……でも、ごめんなさいですの」
「すみません……お詫びはどんな事でもしますから、怒らないで下さい」

アルマの言葉を受けて、皆が哀願する様な瞳で私の方を見上げている。
水に濡れた髪を掻き上げ、私は告げる。一つ、勝手な無謀はしない事。
そして……私を泳がせる為に、そこまでした彼女らに対する褒美をな!

「……無謀をせぬと誓うなら、今から流れるプールでたゆたうか?」
「は……はい!有り難うございます、マイスター!ロッテちゃんッ」
「はいですの♪泳ぐ様になったマイスターと、一緒に泳ぎますの!」
「人魚姫みたいなマイスターと一緒なら、ボクらも大丈夫なんだよ」

──────悪戯っ子達の夏、最後まで楽しもうね。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー