メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

星に、願いを──あるいは七夕の夜




本日最後の客も帰り、どっと疲れが沸く。私・槇野晶の一日が終了、
となる所なのだが……今日はこれからが本番だ。何故なら七月七日。
そう、七夕である。昼の内に、我が“妹”たる三人の神姫には準備を
お願いしてあるがどうなっているだろうか。居住スペースに向かう。

「ふぅ。待たせたなお前達、準備は……おお。しっかり出来ているな」
「がんばりましたの~♪飾り付けもばっちり完成してますのっ……♪」
「……千羽鶴まで。有無、無駄に豪勢だな……再生紙故問題はないが」
「竹じゃなくて中古の釣竿なのは勘弁してほしいんだよ、マイスター」
「しょうがないですよ。環境問題もありますし、この辺から……ね?」

テーブルの上にあったのは、リールの付いていない古い釣竿1セットに
釣り糸に結ばれた紐。更にそこに繋がった無数の短冊や折り紙などだ。
……更に、まだ何も書かれていない短冊が、別個に一枚。隣にはペン。
ふむ、どうも私に『願い事を書け』という事らしいな。可愛い娘らだ。

「後は私だけ、という事だな……と、見るんじゃないぞ?まだ内緒だ」
「はい。そのかわりあたし達のも、屋上に出るまでは内緒ですからね」
「……まあ、仕方ないか。と言う事は、お前達は既に書いたのだな?」
「この通り、パンチで縛る穴も開けてあるんだよ……見せないけどね」

アルマが意地悪そうに微笑むと、クララとロッテが小さく折り畳まれた
紙片を取り出してきた。小さく……と言っても、神姫である彼女らには
座布団サイズだがな。そして、皆が互いを気にしている事から察するに
多分彼女ら自身も、姉妹が書いた願い事はまだ知らんのだろう。有無。

「皆、どんな願い事書いたんですの~?ちょっと気になりますのっ」
「まあそれは今から分かるだろう。さてと、私も書けた……往くぞ」
「分かったんだよ。じゃあ肩に乗って……マイスター、物をお願い」
「分かっている、ほら。私の肩に乗ってくれ。ビルの屋上に出るぞ」
「は、はいっ!んしょ……っと、手が自由にならないと不安定です」

私は、釣竿と飾りに己の短冊を。三姉妹は、折り畳んだ自分達の短冊を。
ついでにエレベーターのマスターキーを棚から持ちだして、店外に出る。
そして近くにあるドアを潜って、コンソールの下にある鍵穴を操作する。
普段は勝手に屋上へ出られない様、“Rボタン”をロックしてあるのだ。
だがこれにより、集光タワーやアンテナの乱立する会館の屋上に行ける。

「随分と久しぶりだな、屋上に出るのは……あまり綺麗とは思えぬが」
「それでも、使っていないフロアへと忍び込むよりは余程いいんだよ」
「えっと……鳥の巣とかは作れる場所がないんでしたよね?構造的に」
「そうですの、アルマお姉ちゃん♪出口付近はちょっとアレですけど」

雨水などが浸水しない様に、エレベーターが設置してある構造物付近は
階段にして数段分高く設計してある。“鳥の落とし物”があるならば、
その周りにしかないだろう、という話だ。食事中の諸兄には詫びよう。
む、着いた様だ。ドアが開き、眼前に鉄格子付きの分厚い扉が現れる。

「よし、開くぞ。ビル風に吹き飛ばされない様、しっかり掴まれ!」
「はいですの……う、うわわっ!ちょっと風が強すぎますの~!?」
「ボクはポケットだから、実害無いんだよ。アルマお姉ちゃんは?」
「う、うぐ。どうにか……踏ん張ってますけど、きついですね……」

そう言えばそうだ。小柄とは言え人間の私には十分耐えられる風でも、
圧を受ける面積が小さいとは言えど、軽い神姫にこの突風は堪えよう。
慌てて両肩のロッテとアルマを、クララのいる胸ポケットに押し込む。
万一転げ落ちてしまえば、どんな物理的ダメージを被るか計り知れん。

「すまんな。手伝い用の飛行ユニットでも持ってくればよかったか」
「気にしなくていいんだよ、マイスター。その心だけで嬉しいもん」
「それに、皆で肌を寄せ合って初夏の夜を過ごすのもいいですの♪」
「ちょ、な……何言ってるんですかロッテちゃんっ!?もうっ……」
「変な事を言うなッ!さ、そこのポールに竿を立てようではないか」

そうして騒ぎつつも、私は釣り竿を伸ばして屋上の一角に用意している
ポールに突き刺す。ちなみに隣では、他の入居者向けに用意した稲荷が
小さな祠を風に晒している。これも掃除してやらんとバチが当たるな。
後で、ふき掃除でもしてやるとするか……ともあれ次は、飾り付けだ。

「よし。ではまずこっちの飾りを、しっかりと結びつけて……OKだ」
「篠の葉さらさら、野際……じゃなくてビル際に揺れる~、ですの♪」
「いっぱい紙製の飾りを作った甲斐がありますね、クララちゃんっ!」
「情緒があるのかは分からないけど、気分の問題なら上出来なんだよ」
「さて、後は皆の願い事を書いた短冊か……まずは、私から出そうか」

そして私は、別のポケットに忍ばせていた短冊を余剰スペースに付ける。
その途端、神姫たる三姉妹達がくすくすと笑い出す。その事情を知るのに
さほど時間は掛からなかった。全く、恥ずかしいが嬉しい限りだな……。

「ん?……さ、次はクララのだな。貸してくれ……なるほど、そうか」
「そう言う事なんだよ、マイスター。次はロッテお姉ちゃんの分だね」
「ふふっ……わたしのも見て驚いてくださいですの、マイスターッ♪」
「これは……全くお前達と来たら。アルマもひょっとしてそうだな?」
「は、はいっ!……みんな同じだなんて、滑稽だけど嬉しいですね♪」

──────『みんな、ずっといっしょにいられますように』。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー