メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{姉貴の会社に行ってみるか}

「う~ん、やっぱ姉貴の会社に行ってみるべきかなー」
「何でですか?」

リビングに俺とアンジェラスがテーブルに座りながらウーロン茶を飲んでた。
今日は日曜日、晴れの午前10時。

「いやなぁー。実際、俺は武装神姫の事を色々調べてみたんだけど、どれもこれも古い情報しか入ってこなくてなぁ。色々と困ってる訳よ」
「そうなんですかー」
「そうなんだよ。…よし、日曜日で暇だし行ってみっかぁ」
「えっホントですか!?」

アンジェラスは驚きその後、嫌な顔になった。
まるで俺の姉貴の会社に行きたくないうような表情だ。

「うん?どうした、嫌なのか??」
「…はい。あんまりあの会社にはいい思い出が無くて…」
「思い出…ねぇ~」

俺は立ち上がり煙草を口にくわえ、火を点け換気扇のスイッチを入れる。
自分が生まれた場所を嫌うアンジェラス。
何か理由があるのか。

「なぁ、行きたくない理由は…あっ!?」

また煙草を盗られてしまった。
ホント、アンジェラスと居る時は煙草が吸えないのは辛い。
ほんでもって煙草は灰皿にダイブしグチャグチャに消される。
酷い形になり二度とその煙草を吸えなくするのがアンジェラスのやり方だ。
えげつないぜ。
つーかぁ金がもったいないから、いい加減やめてほしい。

「ご主人様、何度も言いますけど煙草は体に毒です。やめてください」
「こっちからも言わせてもらう。俺は好きで煙草を吸ってるんだ。テメェこそ煙草を奪うのをやめろ」
「やめません!」
「やめろ!」
「やめません!」
「やめろ!」
「絶対!やめませんー!!」

真剣に怒った顔で俺を見るアンジェラス。
まったくなんなんだ。
オーナーの命令に背く神姫なんて聞いた事がないぞ。
…前々から思っていたが、アンジェラスは少し特別な神姫なのだろうか。
俺が教えた料理や掃除は最初は駄目駄目だったが、今は普通に出来る程度まで上達している。
パルカもそこそこ上達してるがアンジェラス程のレベルじゃない。
上達の早さが尋常じゃない早さなのだ。
ネットの掲示板で他の武装神姫のオーナーと連絡してみると『それは凄い』だの『ありえねぇー』だの『嘘だろ?』とかの驚きの答えしか返ってこなかった。
これは調べる必要性がありそうだな。
換気扇を止め、右手でヒョイ、とアンジェラスを掴む。

「ご、ご主人様、いったい何を」
「姉貴の会社に行くぞ」
「!?本気で言ってるんですか!」
「あぁ~、本気と書いてマジだ」
「嫌ー!離してー!!」

俺の右手の中で暴れるアンジェラス。
だが、こちとら喧嘩で鍛えられた身体なんでね。
神姫の力じゃあどうって事ないだよ。
けど、少し罪悪感を感じる。
俺に抵抗してまで行きたくない理由も気になるが…。
二階に上がり、机に居るクリナーレ、ルーナ、パルカを呼ぶ。

「お前等、今から姉貴の会社に行くぞ」
「「「えー!」」」

クリナーレ、ルーナ、パルカが同時に声を上げる。
もしかして、こいつ等も姉貴の会社が嫌いなのか?

「一ヶ月ぶりの里帰りだね」
「そうですね。一応、メンテナンスもしてもらいましょう」
「ですね。お兄ちゃんのメンテナンスもいいですけど…あの時のお兄ちゃんの目、ケダモノっぽくて…」

お、こいつら嫌がらないなぁ。
アンジェラスとは全然違う反応を示す。
ていうかパルカ、いつメンテナンス中に俺がケダモノの目をしたんだ?
確かにお前の巨乳につい目がいっちゃただけじゃん。
たかがそのぐらいでケダモノ扱いは酷すぎるじゃないのか?
まぁいいや。

「お前等は肩に乗れ」

左手を机に置きクリナーレ達が上ってくる。
それと同時に右手に掴んでいるアンジェラスを机に下ろし離す。

「えっ…」
「嫌がるお前は家の留守番をしてろ」

さっき感じた罪悪感からの償いだ。
それに嫌がってる奴を無理矢理連れってても意味がないし、こいつにとってもいい事が無い。
行きたくない理由が知りたかったが、いたしかたあるまい。
俺は机に背を向け部屋を出ようとした。

「待ってください!」

後ろからアンジェラスの声が聞こえ顔だけ左横に動かした。

「私も…連れってください!」
「はぁあ?さっきまで嫌がってくせにか??」
「私が我が儘でした!どうか許してください!!」

土下座してまで『私も連れて行ってください』と言う。
訳解らん。
さっきまでの態度が180度回転したように変わったぞ。
あーもう!
原因が解らんが一応、アンジェラスが土下座してまで頼んでいるんだ。
俺は無言のまま右手の手のひら上にしてアンジェラスに向ける。

「…ご主人様」
「…理由は知らんが行くぞ。ほら」
「ご主人様!ありがとうございます!!」

手のひらにピョン、と飛び乗り笑顔を見せるアンジェラス。
…ったく、しょうがねーなぁ。
世話が掛かる奴だぜ。
そのまま部屋を出て車に向かった。
…。
……。
………。
車に乗りエンジンを掛け姉貴の会社に向けてアクセルん踏んだ。
隣の席にクリナーレとパルカ。
後ろの席にはアンジェラスとルーナ。
俺は勿論、運転席で運転してる訳だが…。

「はぁ~、やっぱり会社には行きたくないなぁ~」
「お姉様、気を楽にしてば行けばいいのよ」
「わーい、アニキの車に初めて乗ったー!」
「姉さん、はしゃぎ過ぎですよ」

…五月蝿い。
ぶっちゃけ、かなりウザイ。
車ぐらいで普通騒ぐか?
特にクリナーレが五月蝿い。
にしても。

「はぁ~」

アンジェラスはガックリと肩を落とし元気がない様子だ。
あのアンジェラスがここまで元気を無くす理由はなんだ?
さっぱり解らん。
ただ一つだけ解ると言えば、姉貴の会社が大嫌いという事。
会社に着いたら姉貴に話してみるか。
勿論、あいつ等がいない時に…な。
…。
……。
………。

「いつ見てもこの会社はホントに子会社なのか?」

姉貴が勤めてる会社に着き車からおりて一言。
さっきの台詞どうり、姉貴が勤めてる会社は子会社なのだ。
けど、俺は絶対子会社だと思わない。
だってまず会社の敷地が多い事。
多分、面積的に平均的な野球スタジアムの大きさの数十倍はある。

「まぁいいや。お前等、行くぞ」
「…はぁ~」
「はーい」
「この風景も久しぶりですね」
「ですね~」

四人の神姫を左右の肩に二人ずつ乗せた。
やっぱりアンジェラスだけが元気が無い。
原因は何だ?
絶対つきとめてやる。
…。
……。
………。
会社に入ってから受付で姉貴を呼び出して数十分。
エレベータが下がってきて、ドアが開くと。

「タッちゃん~久しぶりー!」

白衣を着た姉貴が居た。
姉貴は両手を広げて走ってくる。
俺を抱きしめるつもりだろう。
女の身体で抱きしめられる事はかなり嬉しいが…。

「タッちゃんー!」

ヒョイ

「あれ~?」

俺は抱きしめられるギリギリで避けた。
さすがに三十路に近い女に抱かれるのはちょっと抵抗がある。
しかも実の姉貴にだ。
血もつながっている。

「も~!なんで避けるのよ~」
「普通は避ける。恥ずかしいんだ」
「恥ずかしがる事ないじゃない~。私達は姉弟で血もつながっていってるんだから」
「余計に駄目じゃん!つか、そこまで解ってるのなら、あの行為は止めろ。人妻にも実の姉貴にも興味は無いんでね」
「あら。言ってくれるじゃない」
「いくらでも言ってやろうか?て、そんな事を言いに来たんじゃねー。アンジェラス達のメンテナンスをと通常武器と通常武装をくれ」
「別にいいわよ。タッちゃんは私のオフィスルームで待ってて。それじゃあタッちゃんの神姫ちゃん達はあたしに付いて来て」

姉貴は白衣のポケットからクレイドルに似た物を三つ程取り出した。

「悪魔型ストラーフと天使型アーンヴァル・Bと悪魔型ストラーフ・Wはこのこの携帯用クレイドルに乗ってね~」

クリナーレ、ルーナ、パルカは携帯用クレイドルに乗ると同時に機能停止してようにグッタリと倒れるように眠る。
携帯用クレイドル?
そんな物があるなんて聞いた事がない。
会社だけの特権なのだろうか。
それに何故、アンジェラス分だけないんだろう?
少し気になるがここはまだ黙ってよう。
ん?
俺の後ろから白衣を着た男が二人程来た。
一人は手ぶらで、もう一人はトレイを二つ持っている。
トレイを持ってる男が一つトレイを姉貴に渡す。
姉貴はクリナーレ、ルーナ、パルカをトレイに乗せ男に渡し、男二人組はさっき姉貴が乗ってきたエレベータに向かう。

「アンジェラスちゃんは私と一緒に地下に行くわよ」

アンジェラスは姉貴が持っているトレイに乗る。

「おい姉貴。なぜアンジェラスだけ別なんだ?」
「ごめんね、タッちゃん。こればかっりは答えられないの」

そう言って社員用のエレベータに乗って行ってしまった。
何故だ。
何故アンジェラスだけ隔離されるんだ。
クソッ!
結局、何も解らずじまいか!
もうちょっと探りを入れないと駄目らしい。
俺は会社の中にある喫煙場所で煙草を吸った。
…。
……。
………。
アンジェラスの視点

エレベータの扉が閉まった。
ご主人様と離れ離れになりエレベータの中は私とご主人様の実の姉…斉藤朱美という人間だけになった。
私はこの人間が苦手で…嫌いだ。
いや、そもそも人間事態が嫌いだ。
何故ならば、この会社に居る奴等は私を作り出し、実験ばっかりの日にちを繰り返してきたのだから。

「調子はどうなの?№アイン」

さっきまでのお調子者の姉の姿が消され、今は冷酷科学者の斉藤朱美がそこに居た。
もうこの態度の豹変には慣れた。
ご主人様の前ではお調子者のお姉さんで、会社では冷酷で人を見下すような科学者。
そしてこの斉藤朱美が私に向けて言った言葉…『№アイン』。
これが私の正式名称であり、私の名前だ。
アインはドイツ語で『1』。
一番最初に出来たから『1』。
簡単で単純な名前ね。
私は、この名前が嫌い。

「別に普通よ。それに今はアンジェラスという名前があるわ」
「いいえ、アンタは№アインよ。何様のつもり?人形の分際で名前なんて贅沢なのよ」

嫌味たらしく言う朱美。
この人間はいつも私を見下す。
あの日からズーッと。
エレベータが止まり扉が開く。
開いた先にはいくつもあるスーパーコンピューターに、試験管を数十倍大きくしたような水槽が一つ。

「着いたわよ。あの水槽に入りなさい」
「………」

私は無言でトレイから降りて地面に着地する。
普通の神姫が、この高さから落ちたら先ず両足は使い物にならなくなるだろう。
けど私は特殊な神姫だ。
このぐらいでは壊れる事なんて無い。
表の世界に出るにはまだ先の神姫。
…一生出ない場合もあるかもしれない。
まぁ今はそんな事なんてどうでもいい。
今は大好きなご主人様と一緒に生活が出来るのだから。
私は跳躍し地面から2メートル近くある巨大試験管みたいな水槽に入る。
この液体は水ではなく特殊な液体。
だから口や目や耳や鼻から入ろうと壊れないのだ。

「これから蓋を閉めて全身スキャンした後にメンテナンスするわ」
「………」
「チッ!相変わらずムカつく人形ね!!」

スーパーコンピューターについてるスイッチを押す。
すると上から水槽の蓋が降りてきて、そのまま私が入ってる水槽に蓋が閉められる。
蓋が閉じられたと同時に水槽が満タンになるくらいの液体が入る。
そう、今のこの状態が私が生まれた状態だ。
そして九年前…ここで彼と…私のご主人様出会った。

「アンタ、覚えてる?九年前の惨劇を」
「覚えていますよ。あの喜劇は最高だったわ」
「何ですって!」

怒る朱美。
さっき嫌味を言われた仕返しだ。

「けどアタシにとっては喜劇と同時に…悲劇でもあるけどね」
「悲劇ね~。アンタがどう思うかは勝手だけど、アンタは一生償えない罪を背負ってるのだから。その事を忘れないでほしいね」
「分かってます。私はご主人様に酷い事をしてしまった。だから私は自分が永久に機能停止するまで、ご主人様についていきます」
「フン!本当なら今すぐこの場でアタシがアンタを殺してヤりたいのに…」

歯軋りしながらキッと私を睨みつける。
これが朱美の本性かもしれない。

「私を殺す?それは勘弁ね。言っとくけど、この会社のこのプロジェクトに関わってる人間に殺されると思わないわ。何故ならそう思った人間から私が殺していくだけだもの」
「あら、じゃあ今すぐアタシを殺してみなさいよ」

両腕を広げて十字架のような格好の状態になる朱美。
余裕綽々のようだ。
本来なら今すぐ殺している。
今でもこの水槽を割り、朱美の頭をかち割ればいいだけ。
人間なんてもろい者。
けど朱美を殺すわけにはいかない。

「…殺したいのは山々だけど、貴女を殺すとご主人様が悲しむわ。だから殺さない」
「そうね。それにアタシを殺したら、あの子がアタシのためにアンタを殺しに来るかもね」
「ご主人様に殺されるのなら本望よ。ある意味嬉しい死に方の一部に入るわね」

私は水槽の中で不気味な笑顔を浮べながら朱美に言った。
朱美は私を睨みつけた後にスーパーコンピューターを操作する。
メンテナンスに移行したのだ。
しばらく私は眠りつく。
ご主人様…私はご主人様の物…。
そう想いながら私は眠った。
…。
……。
………。
龍悪の視点

「………」

腕時計を見るとアンジェラス達と別れてから二時間が経っていた。
俺は喫煙所でスパスパと煙草を吸うだけ。
本来、一日の煙草の本数は二、三本しか吸わない俺が今日に限って十本以上も吸ってしまった。
こんなに吸うのも、多分落ち着かないためだろう。
あぁ~、いってもたってもいられない。

いっそのこと姉貴が地下に行ったエレベーターに乗り込んでしまおうか…。
いや、それはちとマズイ。
今ではエレベーターを挟んで監視員が左右に二人いる。
姉貴が乗って行った後すぐに来やがったのだ。
さらにオマケが付いてきてなぁ。

「………」

そのオマケというのは、俺を監視する奴等も現れたという事だ。
人数は解らないが少なからず十人はいる。
奴等は俺が監視されてるという事に気付いていない。
それもそうだ。
俺はガキの頃から悪い事ばっかやってきた奴だぜ。
悪知恵が働き奴等を騙す事なんか簡単。
にしても、ちょっと大袈裟過ぎやしないか?
たかがガキ、一人の為にここまで人を使うか?
やっぱり…このバイトは裏がありそうだ。
俺は椅子から立ち上がり、エレベーターに近付こうとした。

「タッちゃん、そんな所にいたんだ」

姉貴がトレイを片手に持ちながら俺の方に来た。

「アンジェラスちゃんのメンテナンスが終わったわよ」

トレイの上にはアンジェラスが体育座りしながらコテン、と横に転がっていた。
瞼を閉じスヤスヤ、と寝ている。
メンテナンス中に寝てしまったみたいだ。

「アンジェラスの奴…スマナイなぁ姉貴」
「いいよ、タッちゃんのためだもん」

ニッコリと笑う姉貴。
この顔からは何か裏があると到底思えない。
畜生、この落ち着きなさはいったい何なんだ?
俺の心が『オカシイ、オカシイ』という。
今まで姉貴と生きてきたが、姉貴に対してこんな嫌な気持ちになるのは初めてだ。

「なぁ姉貴、ちょっと聞きたい事があるんだけど」
「な~に?」
「アンジェラス達の事なんだけどよう。こいつ等の神姫は何か特別な神姫なんじゃないのか?」
「特別?」
「あぁー、と言っても武装神姫に詳しくない俺の勘だけど…」

う~ん、こんな探り方じゃ駄目か。
姉貴の事だ。
『タッちゃんの言ってるがよく分かんないのよ~』と言いながらはぐらかされるかもしれない。

「よく分かってね~。そう、この子達は少し特別ですよ」
「え?」

はぐらかさないで教えてくれそうだ。
今から言われる事は確実に覚えておかないと。
…内容にもよるが。

「この子達の特別な事はねぇ」
「事は?」
「この子達は『双子』という事よ」
「…はいぃい?」

俺は顔を斜めにし間抜け面した。
しかたないだろう。
だって『双子』と言われたんだぜ。
この情報はなんとも姉貴らしい情報だ。
期待した俺が馬鹿だったよ。

「タッちゃんが言うアンジェラスとルーナが最初に生まれた双子。その次に生まれたのがクリナーレとパルカよ」
「………」
「その中でもアンジェラスが一番特別なんだけどね」

俺はピク、と肩を揺らした。
アンジェラスだけが一番特別?
いったいどいう事だ。
あのメンテナンスの時にアンジェラスだけが別の部屋に連れて行かれた事となにか関係してるのか?

「どう特別なんだ姉貴」
「ごめんね~。これから先は会社の企業秘密という事で言えないの」

舌をペロッと出して残念そうな顔する姉貴。
チッ!
まだこの程度では諦めないぞ。

「ちょっとでも教えてくれよ~姉弟のよしみでさぁ」
「えぇ~、でも規則だし~」
「そこを何とか頼むよ。俺はこいつ等のオーナーだ。だからこいつ等に関する事は必要以上に知りたい。バイトのためにもなるとも思うし」
「ん~どうしよっかな~」

考え込む姉貴。
流石にトロ~イ姉貴も会社の機密となると言う訳にはいかないのか、なかなか言おうとしない。

「天薙龍悪様。貴方の武装神姫のメンテナンスが終わりました」
「ッ!?」

いきなり男の声がしたので、すぐさま声だした方に振り向く。
振り向いたさきにいたのは、クリナーレとルーナとパルカをトレイの上に乗せて持って来た男二人組みだった。
最初に会った男二人組み。

「どうぞ。トレイはそちらに差し上げます。使用するなり処分するなり御自由にどうぞ」
「ご苦労さん」

クリナーレ達が乗っているトレイを受け取り姉貴の方に向く。
今度こそ情報を聞き出さないと!

「…あれ?」

姉貴が居ない?
オカシイなぁ。
さっきまでいたのに。
まさか逃げられた!?

「朱美様は仕事が入ったようで研究所に行かれました」

何?
研究所?
あ~、多分ここの会社にある研究所の事を言ってるのか。
こいつ等のせいで姉貴から情報を引き出せなかったぜ。
ムカつく。
姉貴が居ないならここに居る必要もない。
とっとと会社から出るか。
見張りもウザイし。
俺はアンジェラスとクリナーレ達が入ってるトレイを片手に持ち会社から出る。
自分の愛車まで来てドアを開け運転席の隣の席にアンジェラス達を置く。
トレイはその場で捨てた。
こんな物はただの邪魔だ。
エンジンを掛け発進する。

「この会社…絶対なにかある」

運転席から見える会社を凝視しながら俺は帰宅した。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー