メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

疲れた時は、玉を磨いて(後半)




極力、意識を反らす。普段からやっている事と言え、凝視すると彼女らも
私も……どうにも気恥ずかしくて堪らぬ。シチュエーションの魔力だな。
『何をしてるか』?見ての通り……否、見るな!今すぐ目を潰すぞッ!?

「んん……♪はぁ。気持ちいいです、マイスター。本当、優しい手」
「……アルマお姉ちゃんは、とっても気持ちよさそうなんだよ……」
「そうですねぇ、こんなに惚けた評定しちゃってますの……えい♪」
「ふにゃん!?へ、へんな所突っつかないで下さいロッテちゃん!」
「……お、お前達ッ……頼むから、もう少し大人しくしてくれんか」

……何を想像している?神姫素体と人工毛髪を洗っているだけだッ!!
だが、その。彼女らは“服を着る”神姫である。故に、服のデザインを
邪魔しない様、素体のペイントは私が考案した特殊なパターンなのだ。

「はぁぁ……あ、有り難うございましたマイスター……はふぅ……」
「……すっかり腰砕けなんだよ。マイスター、次はボクのをお願い」
「あう?あ、ああ……よし、目を瞑っていろ。洗浄液をかけるぞ?」
「んっ……し、染みるんだよ……じゃあ、お願い……んぅ、っ……」
「なぁ。なんでお前達は躯を洗う度、それ程悩ましげな声を出す?」
「気持ちいいから、じゃダメですの?センサーはないですけど……」

従って全くの裸ではないのだが、何というか……かなり、際どくてな?
ジルダリアタイプよりは幾分マシなレベル、と言えば分かるだろうか。
そんな“神の姫”達が、私の手洗いで気持ちよくなってくれている……
正直自分でもどうかと思うが、直視は出来ないッ!丹念に洗う事だけを
考えて、一生懸命彼女らを磨くのが精一杯。だがそれは、逆効果……。

「い、いや……悪くはないんだがな?こう、なんだ。私の胸がな?」
「……あ、そう言えばまたマイスターの胸、膨らんできましたねっ」
「わ゛ひゃぁぁっ!?あ、アルマ!いきなり突くな、手元が狂うッ」
「ご、ごめんなさいっ!でも……最近“成長期”だったりします?」
「お前な、誰を掴まえて言っているんだッ!……全く、恥ずかしい」
「……はぁっ、マイスター……そこ撫でちゃくすぐったいんだよっ」

丹念に洗おうとすればする程、彼女らの“声”を引き出す結果となるッ!
無論の事、いかがわしい改造は現時点に至るまで施していないのだが……
CSCとコアが産み出す“心”とも言うべき物が、作用すると思われる。
それが、温度センサーや痛覚センサーのバランスを“心地よい”と解釈し
結果として、彼女らは“気持ちよさ”を覚える……それが、私の推論だ。

「……ん、クララも一丁上がり。最後はロッテだ、ほら。こっちへ来い」
「はいですの~♪……んふぁ、あっ……ん~……♪気持ちいいですの~」
「姉妹のシンパシーと言うべきか……こんな所ばかり似てしまってるな」
「はぁぁ……そこ、丹念に洗ってくださいですの~……んん~っ……♪」
「むぅ……鼻歌まで歌いおって、そんなに気持ちいいのか。このこのっ」
「ふゃぁあっ♪ま、マイスターってばそんな乱暴しちゃだめですの~♪」

浴槽の縁に腰掛けたクララと、既に一っ風呂浴びた……というよりは、
湯船に潜水等をしているアルマが、こちらを楽しそうに見つめている。
正直気恥ずかしい……ではなく!そ、そうそう。神姫の躯というのは、
案外防水性に優れている。第五弾が軒並み対水戦闘に長けているのも、
MMSが元来持つ耐水性故である。きちんと各部ハッチを密閉すれば、
アルマの様に気持ちよく風呂で泳ぐ事も出来るのだ……って、待てッ!

「こらアルマや、あまり風呂で大っぴらに泳ぐなと言ってあるだろう」
「あ、すみません。でもフロートに掴まってないと沈んじゃいますし」
「マイスターに来てもらわないと、ちゃんとお風呂に入れないもんね」
「まあ待て。今ロッテを洗い終わった、私の躯を洗ったらすぐ往こう」
「はぁ~……気持ちよかったですの♪じゃあ、マイスターも早くっ♪」

はぁ、と一息ついてから洗浄剤のキット一式を片付け、私は自らを磨く。
家より丹念に髪を洗い、汗の汚れや金属粉を残さず落として……次は肌。
あの娘達が、いつも気に入ってくれている“綺麗な私”に戻りたくて……
丁寧にボディソープで腕を、胸を……腹・脚を……全身をくまなく洗う。
“妹”らに見られていると思うと、全身がむず痒くなるが……我慢我慢!

「ん~……っと、よし。泡も一通り流した。今行くぞロッテ達……って」
「随分流されちゃいましたの~♪マイスター、助けて下さいですの~♪」
「馬鹿を言うな、何故給湯口の方に流れるかっ!全く、仕方ない娘らだ」
「あう……皆で縁の壁を蹴ったってばれちゃいましたね、クララちゃん」
「普通、すぐにわかりそうなものなんだよ。でも……あ、来てくれたね」

悪戯のつもりか、三姉妹は揃ってフロートに乗り“沖”に出ていたのだ。
しょうがない娘……でも、そんな挙動も堪らなく愛らしい。何せ、元々は
構ってやれんという事でここへ来たのだからな。可愛らしいじゃないか。
そっとフロートを引き寄せて、つやつやになった“妹”達を抱き寄せる。
有無。微細な傷も汚れも、埃さえも一切ない綺麗なボディになっている。

「全く……私の肩や手に乗れ。この高さなら、丁度漬かれるだろう?」
「はいっ……んしょ、暖かくて気持ちいいですね~……極楽極楽っ♪」
「普段だとマイスターも狭そうですし、家のお風呂とは違いますの~」
「だな。あのユニットバスでは、私としても若干狭い……はぁ~……」
「あ、マイスターも気持ちよさそう……じゃあ、ボクらもくつろぐ?」

皆で肯いて、私達は黙って躯を温める。夏と言えども露天風呂も良い。
穴蔵暮らしは、空調が生命線になってしまう。そうなると躯も冷えて、
この娘らにも体表面に、汚れ等の悪い影響が出かねない。偶にこうして
躯の穢れを洗い流すのは、実利も兼ねた私達の娯楽であり儀式なのだ。
ちなみに、私達はそろって長風呂である。もう一時間は出ないだろう。

「はぁぁ~……躯中の疲れが溶け出していく様だな……気持ちいいか?」
「とっても気持ちいいんだよ……思わず、湯船に落っこちそうだもんね」
「だから、こうして……マイスターに寄り添えば大丈夫ですの~……♪」
「えへへ……マイスターのお肌は、やっぱり綺麗なのが一番ですね……」

──────“飾り気”のない付き合いは、やっぱりいいものだね。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー