メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦うことを忘れた武装神姫 その34




  <<その33から。。。<<


「うにぁ~~~! くやしいのだー!!!」
わんわんと泣きじゃくるエルガと、困惑した表情を浮かべ猫じゃらしで必死にあやそうとするコリン。
「まぁ、装備の差もあるかr・・・い、いででっ!! 腕毛をむしるなって!」
「うにゃぁ~! やだやだ、にゃーも負けたくないのだー!!! にゃああぁぁ~~~!!!」
いつになくじたばたと暴れるエルガに、さすがの久遠も困り果てた。 右の腕毛をむしらせつつ、久遠は財布をとりだしてまだ装備状態のままのイオにお札を渡し一言二言。 イオはいつもの笑顔で頷くと、ふよふよと店の外へと出ていった。

「もう泣くなって。 今、イオが下にたい焼き買いに行ってくれたから。」
頭をなでながら久遠が言う。
「にゃうぅ・・・? たいやき・・・?」
「今日は特別に一匹食べていいぞ。」
その言葉に、ぱっと明るい顔に切り替わり、まだ涙の残る目で久遠を見つめた。
「いっぴき、たべてもいいの?」
「一匹ぜ~んぶ食べて、いっしょに厄も食べちゃおう。な。」
「ふぇ・・・うにゃぁん。 ありがとなの、にゃーさん!!」
「泣いた子猫が、もう笑った。 ったく、もう。」
笑顔でエルガを突付く久遠の指に、エルガもじゃれ付く。

まもなく、入り口からイオが戻ってきた。手にはコンビニの袋、中には・・・特大のたいやき。
「ふぅ、もどりました~。 はい、エルガ。」
がさがさと袋からたいやきを取り出し、渡そうとしたが・・・エルガに届かなかった。
「なんだ、やっぱり久遠たちだったんか。 どこかで見た事あるアーンヴァルだと思ったよ。」
上階の東杜田アンテナショップのエプロンをつけたCTaが間に割って入り、たいやきを取り上げていた。
今にも泣き出しそうなエルガに気づいた久遠は、ひったくるようにCTaから取り返した。
「これはエルガの。 ・・・なんだお前、こっちの勤務になったのか?」
「違うわ! 新製品の取り扱い説明に来ただけだ。 ・・・昼飯抜きで仕事してたから腹減って。 悪いけど、それ半分もらうわ。エルガなら半分で十分だろ?」
CTaはそう言うが否や、久遠が手にしたたい焼きの頭側ほぼ2/3をちぎって、あっという間に食べてしまった。
「もっふもっふ・・・ コンビニたい焼きだけど、やっぱうめー! 」
呆然とする久遠の手に、涙目のエルガがよじ登った。 残されたたい焼きはしっぽ側1/3、しかも餡少なめ。

「にゃーの・・・ にゃーのたいやき・・・ にゃーさんが買ってくれた、イオが持ってきてくれた・・・ にゃーのたいやきが・・・」
我に返った久遠、腕に乗るエルガにようやく気づいた。
「お・・・おい、エルガ・・・」
声をかけるも、うなだれたまま返事をすることもなく、小さく震えるエルガ。
「・・・ゆるさにゃい。」
ぴくり。 エルガの尻尾が小さく動いた。
「ぜったいに、ゆるさにゃい!!」
顔を上げると同時に、久遠の腕から飛び降りて傍の卓上にちらばる自らの装備を瞬時に装着し、
「ゆるさにゃいんだからぁあぁっ!!!」
普段の姿からは想像もできない大きな叫びを上げると、ありったけの跳躍力で筐体よりも高く飛び上がり、びくりと驚いたCTaに向かってヤンチャオを振りかざした。
「きゃっ!!!」
なんとか身を引いてかわすCTaだったが、髪の毛が数本、鮮やかに斬られ宙を舞う。
「もう、いくらCTaのねーさまとはいえ、やっていいことと悪いことがあるの! 今日は、絶対に許してあげにゃいんだからぁっ!」
着地したエルガは止めようとする久遠を巧みにかわし、再び大きく跳躍して逃げるCTaに斬りかかる。
「ちょっと! エルガ、やめてっ・・・痛っ!!!!」
CTaが思わず顔の前に出した腕に3本の爪痕が走り、血がにじみ出た。 慌てたコリンが、緊急用神姫捕獲ネット射出機を持ち出してイオと共にエルガを狙い数発打ち出すも、エルガはCTaを追いかけつつ鮮やかにかわし、切り刻んで回避してしまった。 むしろエルガを追う久遠が、電撃ネットを被ってしまい頭がチリチリに。

そして、CTaがフロアの出入口まで来たとき。
「ふーっ!ふーっ!!!」
しっぽの毛を逆立てて怒るエルガは、受付カウンターを足場にCTaを大きく飛び越すとCTaの前に立ちはだかった。
「わ、悪かった! あたしが悪かったよぉ!!!」
久遠にも滅多に見せる事のない、今にも泣き出しそうな顔のCTa。しかしエルガは、
「謝ってももう遅いのだ! にゃーの怒りの一撃を受けるのっ!」
CTaの顔に狙いを定めて飛びかかった。 エルガのあまりの様子に硬直したCTa・・・

  ざく。

 ・・・ヤンチャオは、腕に・・・
     間に入った久遠の左腕に、深々と刺さっていた。

「いい加減にしろ、エルガ!!!」
すぐさまがっちりと右手でエルガを捕獲。
「はーなーせー!! はなすのだーー!! はなせーーー!!」
久遠の手の中で暴れに暴れる。 なんとか抑える久遠だったが。
「うにぁ~!!!」

  がぶっ!!

そんな久遠の手に、エルガは容赦なく噛みついた。
「ふーっ!  ぐるるる・・・!!」
久遠の右手に噛み付くエルガの眼は、普段とはまったく異なる鋭く深い翠色に。
「うるるぅぅぅ・・・ ぐるるる・・・」
噛みついている部分からたらりと血が流れるも、久遠は払いのけもせずにそのまま噛み付かせている。 CTaは手を出すことができず、彼らを冷や汗混じりで見つめるだけ。 騒ぎを聞きつけ他のフロアから集まった野次馬たちの視線も彼らに集まる。 

数分の後。
「・・・エルガ・・・。」
久遠が噛み付いたままのエルガの頭をそっとなでた。
「・・・うみぃ?」
はっと我に返ったエルガ。 目の前には血だらけの久遠の手。
「落ち着いたか? ・・・今日は本当に厄日だな、おまえ。。。」
叱ることもなく、そっと血の付いたエルガの頬をぬぐう久遠。 ようやく我に返り、目の前の惨状に自分が何をしたのか理解したエルガは、瞬時に泣き顔になった。
「ふぇ・・・」
「泣くんじゃない。ちょっと野生が顔を出しただけだろ?」

 ・・・「野生の力」。
猫爪型の持ち味でもあり欠点でもある「野生」。

普段バトルをする猫爪であれば、バトルにて「野性」を発散させることもできようが、久遠のところでは発散させる機会も少ない。加えて、今日のように色々と積み重なってしまうと・・・マイナス方向に爆発してしまうことも。

しかし付き合いも長く、猫爪・・・いや、エルガをよく理解している久遠はむやみに叱る事をしない。

  -なぜなら、猫爪としての「エルガ」を否定してしまうから- 。

「イオに聞いたよ、朝から大変だったみたいだね。」
エルガが今、何を求めているのか- 。理解している久遠だからこそ、痛いほどによくわかっていた。
血が付かないように気遣いつつ、久遠はエルガを手で包み込むように抱き上げた。
「野生」に流され、孤独を覗き込んでしまったエルガを、大きなココロで包み込んであげたい- 。

「ごめんな、気がついてあげられなくて。」
「ううん、にゃーさん。 ・・・にゃーさん、ありがとなの。」
エルガは久遠の指にぎゅっと抱きついた。
「でもね。女の子の肌に、まして顔に傷つけようとするのはいけないよ。」
穏やかに語りかける久遠の手の中で、涙目で頷くエルガ。
「うみぃ、ごめんにゃさい・・・。」
「はは、俺は大丈夫だから。 それよりも、CTaに謝ろうか。」
「うにゃん。。。」
エルガを左手に乗せて振り返ると、先にCTaが口を開いた。
「ごめんな・・・。 エルガ、イオ・・・久遠。。。」
素直に頭を下げるCTa。 エルガもまた、久遠の手の上で頭を下げる。
「にゃーこそ、ごめんなさいなの。 飛びかかって、怪我させて、ホントごめんにゃさいなのっ!」

その光景に、周囲の人だかりから何故か拍手が沸き起こる。CTaの肩に座ったドゥルシラがぼそりと呟いた。
「ここの週末アトラクションと勘違いされてしまったみたいっすよ・・・?」
一瞬どうしていいか迷う久遠の足元でイオが目で合図を送っている。
「とりあえず・・・場に合わせればいいのかな?」
久遠はエルガを手にしたまま、血だらけの手を振って野次馬改めギャラリーにこたえる。 CTaもとりあえず手を振ってみる。
より大きな拍手が沸き起こった。 

 ・・・この出来事は、後に神姫とマスターの深い絆を示した、東杜田技研のアトラクションとして随所で取り上げられたと言う。



  >>久遠の怪我は・・・?(その34.5へ)>>













| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー