メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

              ……あの子に、なりたい……

           同じパーツをつければあの子になれる?

          …同じワザを使えばあの子になれる…?

          ……あの子を殺せばあのこになれる……?

          ……私は…わたしは……ワタシは……

          ………  ワ  タ  シ  は  …………


           ねここの飼い方・光と影 ~序章~



「今回は妙に展開が速いですね、静香」
『そうね、開始からまだあまり経過してないのにもう半分以下よ』
そう呟く神姫の足元には、デッドポイントにドキドキ☆ロッドの直撃(撲殺)を受け、既に戦闘不能になった別の神姫が倒れていた。
市街地エリアの一角。廃ビルの屋上から戦況を確認する、ドキドキ☆ハウリンことココと、そのマスター・戸田静香。
彼女たちは何時もの様にバトルロイヤルに参加したのだが、今日のバトルロイヤルは少し違っていた。
『しかもこの動き……どうも1人とっても強いのがいるみたい。レーダーの反応を見る限り、その娘だけが動き回ってるように見えるわね』
「そうなのですか。……しかし、開始時点ではお互いの位置は比較的離れているはずでは?」
開始直後から全ての神姫が接敵状態では、所謂『しょっぱい試合』になりやすい。そのためバトルロイヤル初期配置は、ある程度離れた位置に配置されるのが常である。
『その通りよココ。その娘は猛スピードで相手に接近、一撃に倒しているの。
 でも参加者の名前の中に、この戦法をする娘はいなかったわね」
ん~、と頬に指を当てて考え込む静香。
彼女の記憶力は神姫=機械のココも唸るほどだ。だとすれば
「新戦法を試しているのではないですか? いずれにしても相手を一撃で倒しているようです。油断は禁物ですね」
『全くね。……また1つ反応が消えたわ。残っているのは私たちとその娘と……十兵衛ちゃんみたいね。
 ……その娘は十兵衛ちゃんの方へ向かうみたい。とりあえず、お手並み拝見と行きましょうか』


『来るぞ十兵衛……いや今は銃姉だったな』
「そうよ。全くいい加減にレディの名前くらい、キチンと言える様になったら如何?」
『そう言うなよ。自覚はしてるんだからさ……』
「お喋りは其処まで。黙って……」
廃ビルの屋上に陣取り、周囲を警戒する神姫、銃兵衛。
センサーの感度を上げ狙撃体制に入る。
周囲にピリピリと緊張感があふれ出す。集中力と感覚を限界まで研ぎ澄ましその一瞬を待ち構える。
射線内に入った瞬間、哀れな敵は何が起こったか判らないまま、虚しくリングアウトになるだろう。
そしてその瞬間がやってくる。冷静に、正確にトリガーを引く銃兵衛。
相手へ向け一筋の輝きが贈られる、それは死を贈るモノ。

そのはずだった。

「外した!?」
『銃兵衛、ソイツは予測より圧倒的に疾い! 一旦ビルに逃げ……』
だが、マスターの言葉はそこまで。銃兵衛の姿は、既にその場所から、手品のように消え失せていた。

「な……!?」
何か棒状の物体に腹部装甲を貫かれ、驚愕の声……いや、言葉もなく呻く銃兵衛。
加速状態で突撃してきた相手に体当たりされ、そのまま身体ごと『持ってかれた』のだ。
「貴方は……の……友……な……」
銃兵衛を拉致した相手は、ごく小さな声で何か呟く。
だがか細い声は高速飛行のノイズに紛れ、銃兵衛のセンサーには届かない
尚も高加速を続ける敵神姫。
空力抵抗により、腹部の物体は更にメリメリと深く抉りこまれてゆく。
「こ…れ……は……ねこ…………ちゃ……」
「……長い砲身には…こういう使い方も、あります…」
相手の神姫が無感動に、しかしはっきりと……だが、3流役者が台本を棒読みするように……言葉を紡いだ瞬間、銃姉の腹部に強烈な光の渦が生まれる。
腹部に巨大な風穴が生まれ、急激に構造材を大量に失った腹部は次の瞬間空気抵抗に耐え切れなくなり、真っ二つに分断されてしまう。
銃兵衛はそのまま地表へと……抵抗することも出来ず落下してゆく。
銃姉が最後に認識したものは、それがLC3レーザーライフルであったこと。そして、狂おしい鮮血の紅に彩られた、闇夜よりもなお暗い、漆黒の翼。


『……ココ』
「わかってます……」
二人の間には苦い沈黙が訪れていた。
『あの十兵衛ちゃんまであっさりと倒されるなんて、一体何者かしら……あとで調べてみましょうか』
「そんな事より、今は対策を考えましょう静香。移動速度を見る限り飛行型と見るのが妥当でしょう。
 ……とりあえずはビルの中に隠れます。あの加速ならば小回りは余り効かないでしょうから、こちらにもチャンスはあります」
『そうね、とりあえずそうして相手を見極めた後、対処法を考えましょう。』
「はい」
静香は回線を一度切って、ポツリと憂鬱な表情で呟く。

『……尤も、見極める時間が与えられればだけどね……』


「此処なら直接狙われる心配はありません。それと屋上及び周囲にマスィーンズを配置し索敵も行わせています」
ビルの1Fの一室に陣取るココ。
部屋には窓も存在はするが、其処から見えるのは反対側のビルと路地のみ。
間違ってもそのまま突っ込んでくるようなことはありえない。
『上出来よココ、マスィーンズのお陰でレーダーも順調。……来るわ、カウント3,2,1…今っ!』
「……来ません……ねっ!?」
屋上に配置したぷちマシィーンズからの反応が途絶えた瞬間、室内に2本の巨大な光の柱が出現する!
「上からブチ抜いたのですか!? なんて出力!」
マスィーンズが身を挺して最後に送ってくれた情報、そして自らの経験に基く勘に従い、慌てて通路に飛び退き、何とか一命を取り留めたココが思わず叫ぶ。
「あの出力なら、第2射までにチャージタイムがあるはず!」
チャンスとばかり、ココはレーザーにより斬り開かれた縦穴を駆け昇る。
だが、それは
『ココ、それじゃダメっ!』
静香の悲鳴に近い命令が飛ぶ。だけど少し遅かった。
「え……しまった、こっちが罠!?」
屋上は飛行型にとっては上空という広大な得意空間が存在する。ソレに対して飛行能力を持たないココでは圧倒的に不利で……
「くっ、上空確認!……いない……?でも反応が……まさかっ!」
ココの足元から破壊の渦が巻き上がる!
斜め下から建物ごと、レーザーで撃ち抜いたのだ。
「何て乱暴な……静香の服が……焦げたじゃないですか……!」
瞬間的に表情が曇り、やがて憤怒の表情へと移り変わる。
回避しつつもその手にしたドキドキ☆ロッド=長距離砲をビル破壊後の煙が立ち込め……相手が存在しているであろうポイントへと連射!
更に突進! 一気に白兵戦に持ち込もうとするココ。
「見えたっ!」
白煙の中、影を見出した瞬間ドキドキ☆ロッドが捻じ曲がる程のパワーで、その相手を撲殺せんと叩き付ける!
グシャリと相手の機体が圧し折れる音が響く。だがそれは
「本人が…いない!? しかもこれって……!」

「こっちです」

「え…ぐぁっ!」
背中から強烈な蹴りを喰らい、地面に叩き付けられるココ。
落下の勢いと相まって、嫌悪感を露骨に感じる耳障りな音と共に、アスファルトの地面に巨大なヒビが入る。
やがて蹴りを行った相手もスタリと着地。
直後、煙の中からサポートユニットらしき物体が飛び出し、彼女の背中へとドッキング。
「くっ……まだ、いけます。…………え!?」
何とか体制を立て直し気丈に相手を睨み付けたココだったが、相手の姿、そして装備を見た途端驚愕の表情へと変化を余儀なくされる。
「貴方も……そうなのですよね」
その神姫……天使型と呼ばれるアーンヴァルの少女が呟く。だがその姿は一見アーンヴァルとは思えない姿をしていた。
アーンヴァルの特徴でもある美しい純白のボディ、それとは正反対に、光を吸い込む漆黒で構成されている。そして、腹部はまるで、自らの胸を突き、死した雛鳥を蘇らせる聖餐の鳥のように、鮮血の紅に染め抜かれていた。
そして腕や翼には、返り血のような赤の縁取りが鈍く煌めく。
その黒と赤のコントラストは見るものに恐怖と攻撃性、そして混沌の美を感じさせるモノと言えるかも知れない。
だがココが驚いたのはそれだけではない。
彼女が背負っているユニット、ソレは確かに全て天使型のパーツではある。
しかし構成は通常のアーンヴァルの構成とは全く異なっている。
そしてそれは彼女の知るモノに似ている、いやそれは似ていると言うレベルではなく、記憶するモノと構成がほぼ完全に同一なのだ。
それはただの模造、それとも……?
「それは、性質の悪い冗談のつもりですか?」
思考と共に、思わず言葉が飛び出す。
その名詞を省略した質問の意図をアーンヴァルの少女は完全に把握したらしい。
ごく浅くだが憂鬱な表情を浮かべつつ

「このコは……そう、このコは“エトワール・ファントム” ソレ以上でもソレ以下でも、ない」

其れだけ答えると、後は沈黙の殻に閉じこもってしまう。
やがて風が二人の間を吹き抜け、漆黒の少女の髪が優雅になびく。
但しアーンヴァル特有の長く繊細な金髪は後頭部で束ねられ、所謂ポニーテールと呼ばれる髪型になっている。
それは通常のアーンヴァルと比して、精悍な印象を相手に与える事になっている。
通常アーンヴァルが髪を結う例は多くない。女性として自らの髪に誇りと愛着を持っているため、あまりそういう事を好まないのだ。
そしてその無表情と相まって何処か女性らしさ、或いは自らを捨てたような、儚げな雰囲気も作り出しているといえるかもしれない。
「……わかりました。貴方を倒して、伺う事にしましょう」
「倒せたならば、自由に」
相変わらず無感動のまま、少女は言葉を返す。ただ逆にソレが挑発を煽った格好になり……
「行きますっ!」
左右に揺さぶる様に素早く跳躍を繰り返しながら、尚高速で接近するココ。
(同じモノなら小回りは効かない。ならばかく乱して、一気に相手のコアを打ち抜いてしまえば……)
「………」
ブースターを全開に、逆にココ目掛けて突っ込んでくる漆黒の少女。
レーザーライフルの砲口からは巨大なレーザーブレードが形成され、ココをそのエネルギーの暴風で薙ぎ払わんとする。
「やはり……ならばっ!」
激突の寸前、ココは大きく上空へジャンプ!
そして空中から、ありったけの砲弾と手榴弾の雨を降らせる。
街中の路地を直線機動で飛行していては回避できず、瞬間的にスクラップへと其の姿を直行変化してゆくエトワール・ファントム。
そしてココの眼前で大爆発を起こす。
今だ空中に居ては回避行動を取る事も叶わず、爆風と破片を直接浴びる羽目になる。
だがココの能力の限界近くまでジャンプした事と、静香の作った衣服の防弾性の高さにより、然程のダメージにはならずに済んだ。
そして、やむを得ず爆煙の中へと着地を試みる。地面が間近に迫り、出来るだけ衝撃の少ない着地をしようとした。
「甘いですね」
「え!?……ぁ……そん……な……」
だが、結局ココの足は地面に着く事はなかった。
そして代わりのように、腹部には漆黒の少女の手刀、いや前腕部に装着されていた≪“シェルブレイク”パイルバンカー≫が深く抉りこんでいた。
本体と同様漆黒に塗装されていたため、ある程度欺瞞効果もあったらしく、その存在に気づいたのは最後の瞬間になってからであった。
ココは気がつかなかったが、このシェルブレイクは肘の辺りに追加ユニットが装着されており……
そして次の瞬間、バイルバンカーの根元よりバチバチと激しい放電現象が巻き起こる。

「ファン・エタンセル!!!」

漆黒の少女が初めて感情を剥き出しにして叫ぶ!
同時にココの全身を激痛を感じるより早く高圧電流が駆け抜け、戦闘不能……いや、動作不能へと追い込まれる。
「静……香……」
それだけ呟くと、ココの意識は完全な闇の中へと堕ちていった。


「……終わりました。アキラ」
呆っと、ほんの少しだが柔らかい表情をはじめて見せる漆黒の少女。
『そうね。……でも……足りない。まだ、同じじゃ……ない』
だがそれに帰ってきた言葉は冷たく、何処か突き放したような……いや、勝敗すら関心の外にあるような声。
「…………そうですね」
少女は深くバイザーを被り直すと、近くに倒れているココを振り返ることなくフィールドを後にする。


 『試合終了。Winner,ネメシス』


誰にも望まれなかった勝利を、ジャッジAIの機械音声のみが得々と繰り返し知らせている。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー