メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武装神姫のリン
番外編 「勇者特急!?」

今日は休日。
ということで皆で出かけようと思っていたのだが……あいにくの雨。

結果家でごろごろすることになった。

でリンと茉莉は昼食を作っている。
俺とティアはヒマなのでネットを(エルゴ特製の通信ユニットで訓練機の機能を使ってカメラアイに直接ページが表示されるように改造されている)していた。
するとティアが俺のPCにあるページを表示した。
「さあ、これで君もGとjになろう!! ガオガイガー&キングジェイダーセット!」
……目が点になった。
「なあ、ティア、これ欲しいのか?」
「もちろんです。最近ネットを騒がせているGと突然現れた彼女の仲間。Jになりきれるセットですのよ。これをお姉さまといっしょに着るのです。」
まあたしかに、リンとティアはちょうど黒と白だけどな……値段は……6万!!!
「却下!!」
「そんな、愛するお姉さまへのプレゼントですよ。ソレぐらい出してください」
「あーーーリンは欲しいなんて言ってないだろ。」

……なんだか背にいやな空気が……

「マスター、ダメですか?」
目に涙を浮かべたリンがいた。
ダメだ、そんな顔されると勝手に身体がマウスを操作していく。
カゴに入れるボタンをクリック……する前になんとか自らの意思で腕を動かすことに成功。
6万の出費からなんとか逃れた。
その代わり。
「こっちならどうだ、勇者特急マイトガイン+マイトカイザーセットでグレートにも合体可能!!」
値段は2万。こっちなら何とか出せる値段だ。
「え~ちょっと古いのではなくて?」
「今から考えるとガオガイガーも十分古いわ。Tv放送されたのがたった数年の違いだぞ。それに俺はこっちの方が好きだ」
「マスター、私はこっちのほうが好きかもしれません」
「お、さすが俺のパートナーだ。」
そういうわけで即注文。
で1週間後、届いたわけだが……

「マスター……大きいです。」
「大きいですわね、ご主人様。」
「ああ、予想以上にデカイな…」
ウチに届いたのは注文したセットに加えて同スケールの基地、および残りの勇者達のセット。
なんでもメーカー通販で10000人に1人当たる豪華なセットが当たったらしい。
「亮輔……これはどういうことなの」
さすがにこんな大荷物が届くとは思っていなかった茉莉が怒っている。
「いや、なんか抽選で1万人に一人当たるものが当たったらしい…」
「これの置き場所は亮輔の作業室ね。ソコ以外は認めません」
「ちょっと待て、こんなの置いたら基地だけで埋まってしまう!!」
そんな抵抗もむなしく、俺の部屋は勇者特急の基地になってしまった……




「チェーーーーーンジィ、マイトカイザー!!!!」
ティアが叫ぶとドリル特急に繋がれたコンテナから小さなマシンが5機飛び出し、ドリル特急本体がティアの身体を包む。
そして5機のマシンが次々と合体。最後にコンテナ後部のウィングが背に装着され、右手でドリルを掴んでマイトカイザーが完成した。
「お姉さま、グレート合体ですわ」

「ぐ、…グレート、ダァーーーーッシュ!!!」
最初は少し恥ずかしそうにしていたが、それを振り切ってリンが叫ぶ。
するとマイトカイザーが瞬時に分離。
ティアの身体からドリル特急の本体が離れてリンが合体しているマイトガインの胸部に取り付く。
そしてマイトガインの元の手足にマシンが合体。
足は下駄をはくように合体するのがグレート合体の醍醐味だ。
そして最後にドリル部分が胸部に接続され、ドリルが3つに分かれて開く。
ソコにはMGの2文字。
そうしてグレートマイトガインが完成した。
グレート動輪剣を持って構える。

「…輪じゃなくてリン。かっこいいぞ!!」
俺は柄にもなくデジカメでGマイトガインとなったリンの写真を撮りまくる。
最後に必殺技の『真っ向唐竹割り』をしてくれ!!とたのんだ。

グレート動輪剣の中心にある車輪状のパーツが唸りをあげてビームの刃が展開……展開??
「ちょっと、ストーーーープ!!」
制止も間に合わず、リンはおもいっきり動輪剣を振り下ろしていた。
その結果俺の部屋はフローリングを真っ二つに切断し、コンクリートの下地にまで傷をつけていた。
そうして俺の作業部屋は開かずの間となり、マイトガインの基地セットはめでたくエルゴに寄付されることになりました。

ちなみにリンがGマイトガインを気に入ったのは…
「えっと、「だからドリルは取れと言ったのだ…」ていうセリフが好きだったんです」
どこでそれを聞いたんだ、しかもそのドリルは轟龍のものだし……orz


おわり。
オチがなくてすみません(泣)
TOPへ




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー