フランドール・スカーレット


ステータス


Lv1 成長率 消費SP
HP 124 16
SP 102 16
TP 7
攻撃 113 22
防御 26 5
魔力 72 14
精神 6 1
敏捷 100 11
回避 2 0
状態異常耐性
猛毒 20
麻痺 20
沈黙 0
即死 20
パラ低下 0
属性相性
熱属性 342
冷属性 28
風属性 61
然属性 54
魔属性 90
霊属性 46

SP回復率:10%
レベルアップ難度:128

加入条件:
数回あるフランとの遭遇イベントを順にこなしていくと、
15Fにあるカトレアの魔方陣の奥で戦闘になり勝利することで仲間に。

大雑把なフランの居場所は下記の通り。
上から順にこなしていかないと次のイベントが出現しないので注意。

(1回目) 11Fで緑のスイッチをON、青をON、赤をOFFで行ける場所。
(2回目) 12Fの中継地点の北。全てのスイッチをONにした後、緑のみOFFにすることで到達可能。
(3回目) 13Fの仕掛けの数値を120(4・5・6・7の水晶をON)にしてワープしたエリア右下。
(4回目) 14Fの左下辺り。
(5回目) 15F左下のカトレアの魔方陣がワープ可能になっているので、そこを進むとフランとの会話。
     霊夢、魔理沙、レミリア、咲夜、パチュリー、美鈴の合計戦闘ポイント3000以上で戦闘になり、勝利後仲間に。

スペル


名前 消費SP 対象 属性 倍率 攻撃力 防御力 効果 使用後
ゲージ量
備考
スターボウブレイク 66 敵単体 225% 攻200% 防50% 命中+25
自分に無属性反動ダメージ
50% ※反動ダメージ量
物理反映率40 防御反映率50 ダメージ倍率40
このダメージではHP0以下にはならない
フォービドゥンフルーツ 100 敵全体 150% 攻200%
魔200%
防50%
精50%
命中+80 50% 複合スペル
使用すると味方全員のアクティブゲージが半分になる(0未満にはならない)
レーヴァテイン 166 敵全体 150% 攻300%
魔300%
防50%
精50%
命中+100 50%(Ver.1.13)
20%(Ver.2.04)
複合スペル
高威力・高命中だが使用すると自分以外のアクティブゲージが0になる


備考


雑魚戦からボス戦まで常に活躍できる優秀なアタッカー。
燃費は悪いが圧倒的に高い攻撃力を持ち、敏捷もかなり高い。
中でもレーヴァテインは性能が良く、更にフラン本人のステータスも高いので熱耐性の無い相手ならばまず間違いなく十分なダメージが取れる。
だが、技のどれもがデメリット持ちで自分や味方に被害を与えるので気軽には使えない。
技の特性上殲滅役としての適性が非常に高いが、倒せなかったら全滅の危機に直結するロマン系一発屋。

HPは鬼二人に匹敵する高い伸びを見せるが装甲面はその攻撃とHPに反比例して圧倒的な紙、前に出ると適当な全体攻撃一発でも簡単に死ねる。
特に精神は絶望的、更に耐性も極端で、熱属性耐性は非常に高いが魔属性耐性以外は穴だらけもいいところ。
耐久面は敵の攻撃を受けないことを前提に切り捨て、殺られる前に殺れの覚悟で火力のみを追求した方がいい。

スペルのデメリットを考慮すると、ボス相手には必然的にスターボウブレイクがメインになる。
しかし耐久面が紙なのに加えてスターボウブレイクの反動で瀕死になりがちなので、呼び出すタイミングには気を付けたい。
またボス戦で撃ち逃げ要員として使うには、初期のTPでは非常に心許ない。
安定して運用するためにも、TPは適度に補強しておきたい。

ステータス振りについて


防御・精神は振るだけ無駄なので、フランの攻撃で確殺できるよう素直に攻撃特化で育てるのがオススメ。
スキルポイントは、攻撃2魔力1程度の割合で振っていくといいだろう。
ボス戦運用のみで、レヴァ剣を使用しないのであれば魔力は振らなくても構わないが、その活躍具合からすれば少々勿体無い。
敏捷は振らずとも十分な伸びを見せるので、スペルのデメリットを出来るだけ減らす為にも
行動順がPT内で最後になるように極力敏捷に振るのは抑えた方が汎用性は広がる。

30階到達後は使用率がスターボウブレイク>>>>>レーヴァテインとなり、
敏捷が高くて困ることはなくなる為敏捷に振るのも非常に有効。
鈍速の敵では向こうの遅延が大きい技の後に交代し、ブレイク一発当ててから自力で退場などもできるようになり攻防共に隙が減る。

あえて耐久を求めるのであれば、非常に高い伸びを見せるHP、効率の良い属性耐性に振ろう。
属性の穴を塞ぎきってしまえば、一発くらいなら耐えてくれる壁にもなりうる。