メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 宇宙に流れる赤い羽衣を、晶は満足そうに見つめている。
「あの布が、マイスターの……?」
「有無」
 それこそが、晶の創り上げた静香の秘密兵器。
「布のしなかやさと鋼の強度を持つフレキシブルフレームが欲しいなど、相当な無茶を言われたがな……」
 静香が思い描いたのは、自由自在に動く強固な薄布。それを羽衣のようにまとい、戦う、ココの姿。
 そのイメージの実現に、静香の実力は今一歩及ばなかった。静香以上に鋼と布を使いこなす晶だからこそ形に出来た、二つのマテリアルの完璧な融合物。
「でも、それを何とかするのがマイスターですの!」
 ロッテの言葉に、晶は悠然と頷いてみせる。
「引き受けた以上、形にしてみせるのが……私の務めだからな」
 しかし、完璧な姿で生み出された鋼鉄の羽衣も、静香のイメージの三分の一しか形に出来ていないという。
「見せてみろ、戸田静香。私の作品さえ構想の一部と言い切った、『フェザー』の完全な力をな」
 晶はディスプレイから視線を逸らさない。
 『フェザー』と銘打たれた、その武器の真の姿を見届けるために。


魔女っ子神姫ドキドキハウリン

その19 後編



 右コンテナの爆発に吹き飛ばされながら、私は右手を伸ばし、羽衣を大きく展開させた。大気を孕んだ羽衣で回転の勢いを殺し、体勢を整える。
 既に両手の光刃はない。今のフェザーは、純粋にスタビライザーの役割だけを果たしている。
「ココ。獣王の調子はどう?」
 静香の問いに、フェザーの中頃からぶら下がるストラップがワンとひと吠え。今の獣王はフェザーの制御ユニットとして、私の意志をサポートしてくれている。
「ファーストギア、順調だそうです。いつでも行けますよ」
 ミカエルは防御フィールドに続き、左右のコンテナも失っていた。後はメガビーム砲だけ何とかすれば、勝利への道は自ずと見えてくる。
「OK。なら、セカンドに上げるわよ」
「了解です。フェザー、ヴォワチュール・リュミエール」
 たなびくフェザーは私の声に反応し、円状に変形。光を帯び始めたサークルは推力を吐き出し、新たな私の翼となる。
「ココ、左下方。ミカエル、いまだ健在」
 静香のナビゲートに、私はそちらの方向を確かめようとして。
「は……」
 そのまま、絶句した。


 それを、何と形容すればいいのだろうか。
 先程までのミカエル……巨大宇宙戦闘機型神姫の面影は、もはやどこにもなかった。
 宇宙に咲いた巨大な華。
 そう、華だ。
 神姫よりも大きな八本の超々巨大アームと、それをサポートする八本のサブアーム。ミサイルや光学兵器がびっしりと敷き詰められた、八枚の鋼の花弁。
 その中心部、全ての超巨大武装の接続基部に身を埋めるのは、バイザーで表情を隠したミカエルの姿。
 バトリング用のATやガブリエルでさえ、その前には子供同然に見えるはずだ。
「……あのサイズのラビアンローズなんて、どうやってサイドボードに入れたのよ」
 そのあまりの巨大さに、流石の静香も呆れ顔。私はもちろん、呆れ果てて声も出ない。
「アウリエルは兄貴を倒すための最終兵器だったのに……。くそ、叩き潰せ!」
 大紀の言葉と共に超弩級巨大武装……アウリエルというらしい……はゆっくりと動き出す。十六本の巨大アームがこちらを指差して。
「食らえ! 神の火を!」
 放たれた粒子砲は、一発がガブリエルのメガビームの数倍の太さを持っていた。
「ココ、回避!」
 言われたときには既にフェザーの出力を全開にして回避してる。相手は小回りが利かないのがせめてもの救いだけど……。
「逃がさん!」
 次に来たのは、八枚の花弁に備えられた小型砲とミサイルの豪雨。小型と言ったって、私の吠莱と同じくらいの口径はあるはずだ。どちらが当たっても、無事では済みそうにない。
「フェザー! ツインバスター!」
 私の声に赤い羽衣はサークル状態を解除し、両腕に絡み付く。細く長い筒状になった一対のそれを構え。
「ファイア!」
 放たれた二条の閃光は、迫り来る無数のミサイルを片っ端から薙ぎ払う。
 誘爆する弾幕を見届けながら、砲撃形態のフェザーを解除。
「フェザー、エクステンドブースター」
 その言葉と共に筒状の羽衣は形を緩め、太さを増した。起動の命令と共に砲口から放たれたのは、ビームではなく推進器の炎だ。
「ココ」
 リュミエールに数倍する加速で小型砲の弾幕をかいくぐっていると、静香の声が聞こえてきた。
「何です?」
 アウリエルの攻撃は止む気配がない。そのうえ本体の周りにはお馴染みの反発フィールドまで張っているらしく、さっきのツインバスターも弾かれたようだった。
「埒があかないわ。オーバートップで一気に畳みかけたいんだけど……行ける?」
「了解です!」
 そして、私はブースターの出力を全開。
 一気にアウリエルへと接敵する。



 高速で近付いてくるハウリンに、大紀は驚くより先に呆れていた。
 あの奇妙な布は様々な武器に変形するらしいが、掛け声は丸聞こえ、発動にも一瞬のタイムラグがある。あれでは防御や回避には使えても、攻撃の役には立たないはずだ。
「撃ち落とせ! アウリエル!」
 それに比べてこちらの火力は圧倒的。仮に弾幕をかいくぐって来たとしても、武器を切り替える間に撃ち落とす自信があった。こちらが攻撃していない間であれば、反発フィールドで弾き飛ばしても良い。
 その思惑を知ってか知らずか、小さなハウリンはブースターを全開にして迫り来る。反発フィールドに正面から来るなど、無謀の極み。
「無駄……ッ!」
 だ、とまでは言えなかった。
 構え、前へと伸ばされた右の腕。何の言葉も、予備動作もなく、そこから放たれるのは、無数の鋼弾だ。
 ガトリング。
 毎分千発を超える鋼弾がフィールドの反発力を手数で圧倒し、本体に牙を剥く。その根本にあるのは、反発フィールドのジェネレーターだ。
「バカな……撃て、撃ち落とせっ!」
 叫んだときにはもう遅い。
 ブースターの急機動でココはその場をすぐに離脱。花弁から放たれた光の弾幕は空しく空を切るのみだ。
 今度はアウリエル再外縁にある大型サブアームに近付くと、後ろに向けていたブースターの右腕を大きく振りかぶって。
「今……ッ!」
 やはり、だ、とは言えなかった。
 ハウリンは一瞬の遅滞もなく、右腕を振り抜いていたのだ。振り抜かれた右腕の先、絡み付いた布から伸びるのは、赤く輝く光の刃。
 サブアームの一本が中程からずれ、爆発した頃には、ブースター形態に戻した両腕でハウリンは一気にその場を離れている。
「くそっ! まだ一本落とされただ……!」
 大紀の言葉は最後まで続かない。
 先程までブースターだったはずの羽衣は、二門のバスターライフルへと姿を変え、断たれたサブアームの左右に伸びる二本のアームを撃ち抜いている。
 また、離脱。
 掛け声も、予備動作も一切無い。
 自在に動く両手から放たれるのは、時に光刃、特に粒子砲。ガトリングかと思って迎撃に動けば、ブースターで逃げられる。
 斬っては翔び、舞っては落とす。
 レーザーブレード、ガトリング、バスターライフル、ブースター。光のリングで撹乱したかと思いきや、その内からミサイルさえ放ってみせる。
「くそ……くそ……ッ!」
 予測不能な攻撃に、鶴畑大紀は追い付くことさえ出来なかった。
 無敵のはずのアウリエルは、赤い羽衣が閃く度に無敵の力を削ぎ落とされて。
「チェック・メイトです」
 システムに直結させられたミカエルの正面。
 かざされた右腕。
 目の前の敵を迎撃する術さえ、アウリエルには残されていない。
「くそォォォォォォォォォッ!」
 右腕を覆う筒状の羽衣。
 叩き付けられた最後の一撃は。
「ドキドキ☆ストラーーーーーーーイクッ!」
 容赦ない、パイル・バンカーの一撃だった。



 叩き付けられた最後の一撃に、ジルはやれやれと呟いた。
「……あれ、魔法じゃねえよな」
「いつも通りだけどね」
 勝者、ココ。
 オーロラビジョンに映し出された判定に、ほっと一安心。
 ボク達の感想はそれだけだったけど、隣にいた二人の感想は少し違っているらしい。
「……ミラー。あの技、使いこなせそうですか?」
 穏やかそうな男の人と、隣に座る銀髪のアーンヴァル。
 第六会場第三試合、第二戦に挑むプレイヤーと、その神姫だ。
「仕掛け自体は大したことないが……パターンを覚えるのが大変そうだな」
「でしょうねぇ」
 最近よくエルゴに顔を出す彼らとは顔見知り。その繋がりもあって、一緒に静姉の戦いを見てたんだけど……。
「……あの仕掛け、分かったんですか? 御影さん」
 戦術の解析が二人の得意分野とはいえ、静姉の仕掛けをたった一戦で見抜くなんて思わなかった。
「あの布は手元を隠して攻撃タイミングを悟らせないためのダミー。コールの度に内側に武装を転送して、変幻自在に見せているだけ……違いますか?」
「です」
 全くその通り。
 特殊な動きをする羽衣に気を取られがちだけど、あれはココの手持ち装備を隠すための役割しかない。そのうえ、無数の武器に切り替わる仕掛けのほうは、タネが分かれば本当に大したことがなかった。
 あの羽衣があれば、フェザーを再現することは誰にでも出来るだろう。御影さんとミラーほどの技量も必要ない。もちろん、ボクとジルでも出来ていたりする。
 ……再現するだけなら。
「ただ、装備変更のタイミングが分からない。途中までは掛け声でタイミングを合わせていたようだが……。恭二、最後のラッシュのパターン、いくつあると思う?」
「うーん。十五、いや二十は越えているように思いましたが……」
「三十は多すぎるか」
 二人とも、ボク達と同じ所で詰まってる。
 普通、そう思うよねぇ……。
「最後のラッシュは、打ち合わせなしのアドリブらしいですよ。多分、ココも静姉が何を出してくるか分かんなかったんじゃないかな」
 起動状態のファースト。
 口頭で武装選択をするセカンド。
 武装選択をマスターに一任し、短い掛け声で転送タイミングだけを合わせるトップ。
 そして最終段階、オーバートップ状態のフェザーは、武装選択もタイミング合わせも行わない。ココの動きを先読みした静姉が最適なタイミングで武装を選択・転送し、ココは送られた装備を使って戦う。
 もちろん、ココの予想に反した武器が送られることだって普通にある。その時は、それに応じた戦術を即座に組み直し、何とかして使う……んだそうだ。
 ココに言わせれば「静香の行動が予想できないのはいつものこと」らしいけど、それに合わせられるココも相当なものだと思う。
「…………正気ですか」
 ボクとジルもフェザーを借りて試してみたけど、戦闘中に使えるのはセカンドが精一杯。もちろんセカンド状態じゃこっちの装備は筒抜けだから、フェザーの有効性は激減する。
 だからこそ、静姉はその大したことない仕掛けを、最後の切り札に選んだんだろう。
 万能のハウリンの。そしてココの望んだ戦い方の、ひとつの完成型として。
「何というか……あれだけの装備とフォーメーションが出来るなら、もうちょっと効率的な戦い方があるんじゃないでしょうか?」
「……ボクもそう思います」
 そんな事を話していると、フィールドから御影さんとミラーの名前を呼ぶ声がする。
「さて。それでは、次はぼくの番ですね」
 対するは、ツガルタイプ・シルヴィア。
「楽しそうですね、御影さん」
「それはもう。ではミラー、行きますよ」
 御影さんの声に、ツガル装備のマスターミラーもふわりと舞い上がる。彼女も御影さんと同じく、どこかしら楽しそうだ。
 二人の勝利を祈っておいて、ボクもその席を立ち上がる。
「じゃ、ジル。ボク達も行こう!」
「おう!」
 今日のジルが背負うのは、アーンヴァルの白い翼。ボク達の本当の役割を果たすため、彼女もふわりと舞い上がる。



 会場の裏。ゴミ捨て場に近いベンチで、ボクとジルは静姉達が来るのを待っていた。
 ようやく遠くに見えた、小さな姿。携帯に呼び掛けながら、その姿に向かってボクは大きく手を振ってみせる。
「静姉! こっちこっち!」
 ボク達を見つけた静姉が慌てて駆け寄ってきた。その手には、通話状態の携帯がしっかりと握りしめられている。
 静姉が駆け寄ったのはボク達じゃない。
 ベンチの上。二つ折りのハンカチの上に横たえられた、ボロボロの小さな体。
「姫っ!」
 鶴畑大紀に捨てられた、『今回の』ミカエル。
 かつてボク達に花姫と呼ばれていた、神姫の姿だ。
「これ……あの人が?」
「……多分ね」
 ボクの肩に乗り移ってきたココの問いに、ため息を一つ。
 静姉に負けた腹いせでされたんだろう。白い素体の腕は折れ、足は片方潰されていて、お腹にも大きな亀裂が走っている。
 機械といえど人間に近い性格を持った女の子だ。……正直、こんな事が出来る人の正気を疑ってしまう。
「十貴子……」
 流石のジルも堪えたらしい。彼女にしては珍しく、ボクの頬にそっと身を寄せてくる。
「大丈夫。ボク達は……」
 絶対にしない。
 言いかけたその時。
「するわけないでしょうっ!」
 ボクに倍する静姉の声が、ボク達三人の体をしたたかに打ち据えた。
「絶対に……するもんですか……」
 震える声でハンカチを持ち上げ、神姫保管用のケースに花姫の体をそっと横たえる。
「……静香。どうなんですか? 姉さんは」
 トートバッグに納め、ほぅとひと息。
「何とかなりそう。十貴、工具、貸してくれる?」
「うん。好きに使って」
 その言葉に、緊張の糸がふっと緩む。
「……良かったぁ」
 静姉も、ようやく穏やかに笑ってくれる。
「……ありがとう。ココ」
 ココを抱き上げて、その右頬に唇を触れさせた。
「ありがとう、ジル」
 ふわふわと浮かぶジルを招き寄せ、左頬にそっとキス。
「ありがとう……」
 そして、ボクを抱き寄せて。
「十貴」
 ボクの唇に、柔らかな唇が重なり合う。



 抱かれた静香の胸元からは、二人のキスがよく見えた。
 ジルはニヤニヤしながら見てるだけだけど、何というか、居心地悪いことこの上ない。かといって、二人の邪魔をするのも何だし……。
 永劫に続くかとも思われた、そんな時間。
「……ぷは」
 唇を離した静香は、とろんとした瞳の十貴を抱いたまま、私に向けて視線を寄越す。
「それと、ココ……」
「ええ。ミラーとはちょっと戦ってみたかったですけど、早く姉さんを治してあげてください」
 私達は第一戦が終わった後、すぐに花姫を捜しに出たから……ミラーとシルヴィアの戦いを見ていなかった。まさか、あんな結末を迎えているなどと予想できようはずもない。
 けど、それは大会が終わってから知った話。
 今の私にとって大切な事は、ミラーの戦いの結末を知ることでも、次の試合に臨むことでもなかった。
「ありがと。大好きよ、ココ」
 静香のこの笑顔を、守ること。
「やれやれ。冬だってのに暑いねぇ、十貴子ぉ」
 相変わらずのジルと、顔を真っ赤にしている十貴子。
 みんなの笑顔を、守ることだ。
「……じゃ、帰ろっか」
「はい!」
 そして、私達は家へと向かう。
 新しい……いや、帰ってきた、家族を連れて。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー