メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

デモンストレーション




「なんだ!一体何が起こっている?」
マスターが狼狽した声を上げる
オンラインでフリーのバトルロイヤルに参加した私、騎士型MMSフランとそのマスター
一体だけメーカー登録の神姫があったので、新装備のテストでもするのかと思い、興味本位で参加してみたのだ
開始から一分、20体いた神姫は既に半分になっていた
その全てを倒したのが例のメーカー神姫であった
その一分も殆ど移動時間でしかなく、出会った相手は瞬殺されている
「一体どんな神姫なんでしょう?」
「さあな。とりあえず見てみるか。どんな化け物が出てくるやら」
こうしている間も、どんどん光点が消え、神姫が倒されている事が解る
私はマスターの指示を受け、その神姫の行く先へと向かった

「…なんだこれは…」
その神姫はハウリン型だった
標準らしいバイザーとレッグパーツを付け、手には長剣を一本持っている
それだけならどこにでもいるハウリン型である
しかしその背中から生えているモノが…
「触手、だな…」
「触手、ですね…」
背中から太い触手が二本、細いのが無数に生えていた
細い触手のうち四本にはビームガンとレーザーカッターが二つづつ装備されているようだ
そしてその神姫は今、ストラーフ型を捕らえていた
無数の触手に絡め取られ、身動きが取れないようだ
ストラーフ型の特徴ともいえるサブアームとレッグパーツは既に失われている
「はうっ!ぐうぅ…」
締め上げられて苦悶の表情を浮かべているストラーフ
既に勝敗は決しているのに、なぜトドメを刺さないのか…?
…いや、ハウリンの注意は既に別に向いている
バシュバシュッ
触手が持っているビームガンがあらぬ方向へとビームを放つ
「ぐあっ!」
「きゃっ!」
コッソリと近づいていた神姫が倒れる
「…あとは貴方だけ」
私の方を向き、ボソッと呟くハウリン
「まだ貴方が抱えてるストラーフも居ますよ」
彼女に締め上げられ、息も絶え絶えだがまだデッド判定が出ていないストラーフを指す
「…忘れてた」
ザシュ!
「ぐふっ!」
レーザーカッターでトドメを刺す
「…ごめんなさい、忘れてて」
消えゆくストラーフへと謝罪する彼女
そして、全ての触手がこちらへと向けられる
それを見て、剣を構える
お互いに睨み合ったまま動かない
…いや、動けない私を彼女はただ見ている
攻める隙を見つけられず動けない私と、どこを攻めるか考えている彼女
シュル…
触手が不気味に蠢く
「ひっ…」
その動きに嫌悪感を抱き、一瞬怯む
タン!
彼女が地を蹴り迫る
上段に構えた剣を振り下ろす
ガキィン!
コヌルで弾き返す
ヒュン!
触手がレーザーカッターで斬りかかってくる
キィン!キィン!
これも弾く
マスターがコヌルにビームコーティングを施してくれたおかげで難無く防げる
とはいえ、手数が3対1では防ぐのがやっとだ
何かいい手は無いものか…と考えていると
シュルリ…
「しまった!」
太い触手の一本が私の足へと絡みつく
ぐんと引っ張られる
「うわっ!」
さっきの細いのとは桁違いな力で私を空中へと持ち上げる
なんてパワーだ。フル装備の私を軽々と持ち上げるなんて
そしてさらに細い触手も絡みついてきて、手足の自由を奪う
「くそっ…はなせっ…」
身動きの取れない私にレーザーカッターとビームガンが迫る
さっきのストラーフの様に武装を奪うつもりか…
剣は…まだ握ってる
こうなったら一か八かアレしかないか
私の右腕を切り落とそうとレーザーカッターが迫る
今だ!
「キャストオフ!」
装備していた青い鎧をパージする
それは爆散しながら触手を引きちぎり、彼女へと降り注ぐ
自由になった私は剣を構え、彼女へと斬りかかる
しかしこの奇襲に対し、彼女は極めて冷静だった
致命傷と成り得る破片だけを確実に弾き、私の攻撃に備え既に迎え撃つ体勢を取っていた
ガキッ!
私の渾身の一撃は止められた
ザシュッ!
「ぐふっ…」
そして腹部に生き残った触手が構えたレーザーカッターが刺さる
「…奇策だけでは、駄目」
彼女が投げかけた言葉を聞きながら私は消えていった




「何なんだ、あの化け物は!」
バトル終了後、マスターが叫ぶ
バトルロイヤルを全ての神姫を倒してクリアした事はまさに化け物といったところか
触手の強さもさることながら、神姫自身の強さも半端じゃなかった
もしテストじゃ無かったなら、私も瞬殺されていただろう
「しかし、あの触手が今回の実験なのでしょうか?」
「だろうな。カッターとビームガンは既に発売されている物だしな。しかし、イロモノかと思った触手があんなに強いとはな」
思い出しただけでもゾっとする
「もし私の鎧にキャストオフ機能が無かったら…」
「最後の一人だったからな。もしかしたら中継が切られるような事になったかもしれないぞ」
「ちょ…マスター!何を考えているのですか!」
「うわっ…冗談だ冗談!」
「ホントですか?」
「ホントホント。まぁ掴まってるお前を見てちょっぴり興奮したが」
かあぁっ!
「マスター!忘れて下さい!」
ごすっ!
恥ずかしさのあまり、私はうっかりマスターの頭をコヌルの鞘で殴打してしまった






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー