メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{2VS2!さぁ、バトル開始だ!!}

「わーい!先輩とラブラブデート!!」
「それは絶対にありえねー」

隣に女の子らしい服とミニスカ姿で座っている婪がウキウキ気分で浮いた話しをしていて、俺はというと愛車を運転しながらツッコミを入れる役になっちまってる。
今日は婪と神姫バトルする日だ。
昨日の夜、俺とアンジェラス達が晩飯を食ってる時に家の電話機が鳴って俺は飯を食う事を中断させられた。
渋々電話を取ると『先輩ー♪明日は日曜日だし、バトルしましょー!』という感じに言われた。
言うまでもないが、声の主は婪だ。
怠いので『嫌だ。じゃあな』と言ったら今にも泣きそうな声で『お願いです~!バトルしてください~!!じゃないとあたし死んじゃいますー…』とか返事された。
婪に泣かれると後々面倒なので、仕方なく俺は了解しちまった訳で今の状況にある。

「ネェネェ、先輩♪」
「なんだ?」
「このまま愛の逃避行しよ!そして二人で人気ない山奥でひっそり暮らしましょう!!」
「それなんてエロゲー?つーかぁ、せめて普通に暮らそうぜ。山奥とかだったら生活するのに苦労しそうだし」
「じゃあ、逃避行してくれるの!?」
「んな訳あるかよ、バーカ!」
「ブー!先輩の意気地無し…」
「今ここで下ろされたいか?」
「冗談、冗談!冗談だって先輩!!」

冗談に聞こえないんだよ、お前が言うと。
ため息をつき、後ろの席をチラッと見る。
そこには嫉妬に燃え上がるような目で俺と婪を見る俺の神姫達。
…なんかちょっと怖いなぁ。
そんなに睨む必要ないじゃないよ。
相手は男の婪だぜ。
嫉妬する理由が見つからん。
はぁ~、なんかバトルする前に疲れそうだなぁ。

「あ、そういえば。婪は確かハウリンとマオチャオを持っていたよな。あの文化祭で見た奴」
「藍と錬の事ね。ちゃんとここに居るよ」

婪がそう言うとヒョッコリと胸ポケットから顔を出す藍と錬。
藍の奴はなんだか俺に向ける視線が敵視してる目だった。
そうだ、あいつは文化祭の時に俺の右頬に蹴りを決めて奴だ。
ただちょっとつまみ上げたぐらいで普通やらるかな。
おっと。
神姫センターが見えてきたな。
車を駐車場に入って、とっととバトルを済ましちまおう。
そして俺は車を駐車場に止めて外に出た。
俺の神姫達は両肩に二人づつ座る。
もうこのスタイルが定着してるみたいだ。

「ほら行くぞ」
「はーい、先輩♪」

婪はルンルン気分で俺の右腕に抱き着く。
…ヒッジョ~に歩きづらいんですけど。

「婪、早くはな」
「離しませんよ。あたしは先輩の事が大好きなんですから」

俺が言い切る前に言われた。

「…はぁ~。もう勝手にしろ」
「はーい♪」

ったく、しょうがない奴だ。
まぁ、周りからはバカップルが入って来た、と思うぐらいで終わるだろうからあんまり目立たないだろう。
婪の奴は確かに男だが、容姿は美人で可愛い女の子だ。
オタクの俺が『萌え』という単語を使いたいぐらいの容姿なのだ。
だから、ホモだと思われる事はまず無いだろう。
俺はそう思いながら神姫センターに入った。
だが、ここで俺は大きな間違いをしていたに気づかなかったのだ。
神姫センターに入った途端に他の奴等から注目の目線を浴びる。
しかも見てる奴等の表情が驚きや羨ましいそうな表情だった。
何故だ!?
そんなにバカップルが珍しいのか!?

「先輩、先輩♪」
「ん?」
「先輩のランキングは?」
「ランキング?」
「先輩…もしかして知らないですか?」
「知らん。ていうか、神姫にもランキングがあるんだぁ」
「ありますよ」

ヘェー、初めて知ったぜ。
やっぱり勝った順位なんだろなぁ。
少し気になる。

「それは何処で解るんだ?」
「受け付け近くにある電光掲示板で分かりますよ。ほら、あそこにある大きなディスプレイです」

婪が教えてくれた場所には確かに天井に吊されている大きなディスプレイがあった。
…なんで気付かなかったんだろう。
所詮、武装神姫のオーナーでも俺はバイト感覚だから最終的に勝てばいいと思っていたからなぁ。
どうでもいいと思ったものは興味しめさないからなぁー俺は。
まぁ、今は気になるから見て行こうか。
俺は婪を連れてディスプレイが見える位置に移動した。
そしてディスプレイに映る画像を見る。
そこには色々なオーナーの名前と所持している神姫の型と名前が書いてあった。
ふーん、成る程ねぇ~。
これで確認して順位を競う訳かぁ。

「先輩のオーナーの名前は?」
「…天薙」
「『天薙』先輩、そのままですね」
「別にいいだろ、順位なんてどうでもいい、て思ってたんだから」

ちょっと後悔したなぁ。
どうせならもっとカッコイイ名前にすれば良かったぜ。

「天薙はぁ~…。あっ!ありましたよ先輩!!」
「何処だ?」
「ほら、あそこです。左上にあります」

婪が人差し指で教えてくれた。
そこには確かに『天薙』と書かれていた。
順位は18位。
う~ん、18位って凄いのか凄くないのか解らん。

「凄いです先輩!18位じゃないですか!!」
「凄いのか?」
「だってここの神姫センターでも数百人以上いるんですよ。凄いに決まってるじゃないですか!」
「ヘェー、そうなんだ。因みにお前は何位?」
「あたしですか?一番左上です」
「一番左上…ナッ!?一位じゃんかよ!」
「エヘヘ、もっと褒めてくださーい。これでもファーストランカーなんですよ」

マジかよ。
こんなまじかに凄腕が居たとはなぁ。
あーなる程、解ったよ、どうしてこんなにも俺等が注目される理由がさぁ。
原因は婪が武装神姫で凄腕有名人だからこんなに注目されるんだ。
しかも姿が女の子で可愛いから更に男を引き付ける。

「早く闘いましょー」
「あ、おう。そうだな」

婪の奴は早くバトルしたくて待ち遠しいみたいだ。
待たすの可哀相だし早めににバトルしてやるか。
俺と婪はバトルする筐体に行きお互い筐体を挟んで向かい合う。

「今日のバトルは2VS2です。先輩の神姫は四人いるので、そのうちの二人を選んでください」
「へいへい」

2VS2かぁ。
チーム戦はやった事ないから経験者の婪の方が経験値が高い。
今回は結構辛い闘いになるかもしれない。
俺は自分の神姫達を見る。
するとアンジェラスは右耳にコソコソ言った。

「ご主人様、今回のチーム戦で本当にグラディウスを使ってもいいのでしょうか?」
「あーその事ね。大丈夫、思う存分に使え。昨日の夜に言った通りだから」
「はい!」
「それとクリナーレ、ルーナ、パルカ。お前等に渡す物がある」

そう言って俺は首に掛けてるネックレスを外し更にネックレスについてるペンダントを外し、外したペンダントをクリナーレ、ルーナ、パルカに渡す。
『これはいったい何?』てな感じで見てくるクリナーレ達。
アンジェラスの場合、前の闘いで渡して使用してもらってるから別に驚いた表情はなかった。

「こいつはお前等を守ってくれる武器だ。バトルに入れば使い方が自然と解るようにシステムされてるから安心しろ」
「ヘェー、こいう武器も作れるとい事はアニキってやっぱり頭良いんだ」

何、そのいままで俺は馬鹿だって言いたいのか?
まぁここで怒ってもしょうがない。
バトルチームを考えないと。

「チーム編成は…双子編隊でいくか」
「双子変態!?お兄ちゃん、私達は変態じゃありません!」
「馬鹿!漢字が違う!!」

パルカの奴、酷い勘違いもいい所だぞ…まったく。

「アンジェラスとルーナの天使型チーム。クリナーレとパルカの悪魔型チーム、てな感じで双子編隊と言ったんだ」
「うわ、なんにも捻りもないチーム編成ですわね」
「ストレートに言ってくれるじゃんかよ、ル~ナ~」
「「「「アハハハッ!」」」」

まったく、ルーナは俺をからかうのが好きでどうしようもない奴だ。
でもまぁこうやって緊張感をほぐしてもらうのもいい事だ。

「さて、それじゃあ先発はどっちのチームでいこうか?」

腕組みしながら考える。
チラッと両肩をこうごに見ると、俺の神姫達は『私のチームを選んで!』オーラが見える。
これは慎重に決めないとなぁ。
アンジェラスは万能型でルーナは中距離型。
アンジェラスはどんな状況でもルーナのバックアップが出来るし、一番のバトル経験者だ。
ルーナの奴もヒット&ウェイを得意とするから案外良いコンビネーションが出来そうだ。
そしてクリナーレは近距離型でパルカは遠距離型。
クリナーレの場合、近距離の打撃、斬激、貫通を得意とするから高いダメージを敵にあたえる事が出来るが隙が多いから反撃をクラウ事もあるかもしれない。
でもそこでパルカの遠距離型が役に立つ。
もしクリナーレがしくじってもパルカがバックアップすれば相手の攻撃を阻止出来る。
運がよければ相手にダメージを与える事もできるかもしれない、バランスがとれてるチームだ。
…さーと、どっちのチームを先発にするか。








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー