メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ご主人様を信用してCYCLONE LASERを撃つ!

「サイクロンレーザー!」
<CYCLONE LASER>

ありったけの声で叫ぶ。
動かない右手に力を無理矢理入れる。
すると。

ビィーーーー!!!!

グラディウスは敵がいる方向と全然違う方向に向かってCYCLONE LASERを撃った。
螺旋模様線状レーザーのCYCLONE LASERはとても綺麗な青色。
でも全然違う方向に向かっていきました。
…やっぱり駄目でしたか。
このまま私は殺されちゃうのかな?
けど、ご主人様の命令を聞きながら死ねるのなら悔いは無いです。
私は覚悟し瞼を閉じた。
いつソード・オブ・ガルガンテュアで攻撃されてもおかしくない状態で待った。
…。
でも、いつにまで待っても攻撃されなかった。
私は恐る恐る瞼を開くと。

「あれ?敵が…いない??」

さっきまで私の事を踏みつけながらソード・オブ・ガルガンテュアでトドメを刺そうとしていたのに。
両腕に力を入れ上半身だけ起こす事が出来た。
キョロキョロと見渡しても敵のハウリンはやっぱりいなかった。
いったいどうしたのでしょうか?

「おいアンジェラス。何ボー、としてんだ?」
「え?ご主人様??あの、敵がいません」
「敵?何言ってんだ、お前??敵のハウリンならお前がCYCLONE LASERで破壊しただろうが」
「エッ!?そうなんですか!?!?」
「そうなんだよ。はぁ~、にしても冷や冷やしたぜ。お前が殺される寸前でOPTIONが撃ったCYCLONE LASERが間に合って良かった」

OPTIONが撃ったCYCLONE LASER!?

「いったい、どいう事ですか?」
「OPTIONはGRADIUSと連動してるから同じ攻撃をする、それはよく解ってるよな?」
「はい」
「あの時、お前が敵のハウリンに足で踏みつけられてる時に丁度OPTIONが敵の方向に向いて訳よ。敵さんは四つのOPTIONのCYCLONE LASER攻撃によって命中し九割は蒸発と貫通、後の壱割は燃えながら残骸化してる。これで解ったか?」
「…なるほどですね!分かりました!!」
「そんじゃあ早く戻って来い。急いでオヤッさんの店に行かないといけないからな」
「あ、はい!」

バトルが終了したので私は筐体から発せられる指示に従い筐体から抜け出した。
筐体から出るとご主人様が右手の手の平に私を乗らせてニヤリ顔で迎えてくれた。
そしてペンダント…グラディウスをご主人様に返す。

「よっと、疲れてるだろ。頭の上で休か?」
「わ-い!ご主人様の頭の上だ!!」

もしかしてご褒美なのかな?
ご主人様の頭の上は気持ち良くて眠気を誘うんですよね。
私をご主人様がご主人様の頭の上に置いた瞬間、私はすぐに仰向けになった。
この髪の毛が気持ちいいです。
匂いも好きです。

「さて、行くか」
「はい!…あの、ご主人様」
「なんだ?」
「なんであの人達は寝転んでいるんですか?」

さっきまで元気があった悪い男の子達がピクリとも動いていません。
私は左手で示した方向を見たご主人様はニヤリと笑いました。

「あいつ等は罪を犯した」
「罪ですか?」
「俺のアンジェラスを破壊しようとした罪、マイの修理代金を俺に払わせた罪、由香里の心を傷つけた罪、そして壱番大きな罪が」
「罪が?」
「俺を怒らせた罪だ。よって、お前が勝った事が決定した後すぐに有無言わさずリアルファイトを持ち込んだ訳よ」

…あ、あは、あははは。
これはまた凄い理由ですね。

「でも、ご主人様。喧嘩はいけませんよ。ましては年下の人に手をあげるなんて」
「喧嘩?年下??お前等は殺し合いしてるくせにか。全然説得力がねぇ~よ。それに」
「それに?」
「俺はプレゼントをあげたんだよ。暴力という名のプレゼントをな。更に壱月間病院で寝泊り出来る有料招待券をプレゼントをあげた。ダーヒャヒャヒャヒャヒャーーーー!!!!」
「…うわ~。ご主人様が考えそうな事ですね」
「褒めてくれて有り難う、アンジェラス!ダーヒャヒャヒャヒャヒャーーーー!!!!」

…はぁ~、転んでも普通に転ばないご主人様。
でも…。

「うん?なんだ、アンジェラス??」
「いいえ、何でもありません。ご主人様!」

私はご主人様の事が大好きです。
この後、私とご主人様は★BLACK・STAR★に行ったら由香里ちゃんと完全に治ったマオチャオのマイが嬉し泣きながら抱き合っていました。
丁度、私達が着いた頃に通称、オヤッさんが直し終わってマイが目を覚ましたらしいです。
良かったですね、由香里ちゃん。
因みにマイの修理代金は。

「全額合わせて…はい、五十万と百円ね」
「フザケンナーーーー!?!?」

と、まぁーかなりの請求額に文句をブツブツと言いながらご主人様は金を払っていました。
その後は夜遅いから由香里ちゃんをご主人様が直々に由香里ちゃんの家まで送りました。
なんで由香里ちゃんがアンダーグラウンドにいたのかと、ご主人様が聞いたら。
由香里ちゃんは塾帰りで近道しようとしたらあの悪い男の子達によって無理矢理連れていかれた、という理由らしい。
ご主人様、溜息をついた後に由香里ちゃんを少し注意しました。
ただでさえ、女の子にとっては危ない場所なんだから近道をせずいつも通ってる道で帰りなさい、とまぁこんな感じで言ってました。
ご主人様はなんだかかんだいって子供には優しいのですね…あの悪い子達には暴力をふるいましたが。
でも将来、ご主人様は良きパパさんになれると思いますよ。
で、そうこうしてるうちに由香里ちゃんの家の前までやってきましたが…すぐに近寄れませんでした。
家の外では由香里ちゃんの両親と姉妹と警察官やパトカーが多くいたのです。
多分、家族がいつになっても由香里ちゃんが家に帰って来ないので警察に捜索願いを出したのでしょう。
近寄りがたかったけど、ご主人様は由香里ちゃんを車から出して一緒に徒歩で行こうとしたら。

「貴様、誘拐犯だな!逮捕してやる!!」
「フザンケナーーーー!?!?」

ご主人様は手錠まで掛けられてしまいましたが、なんとか由香里ちゃんの説得があって解放されました。
災難ですね、ご主人様。
でも私もちょっと災難がありました。

「お兄ちゃん、ありがとう!マイを助けてくれて!!」
「おう。次からはあんな所にいくなよ」
「ねぇ、お兄ちゃん…ちょっと腰を低くして」
「ん?こうか??」
「チュッ」
「!?」
「お休み!お兄ちゃん!!」
「お、お休み…」

そう。
私のご主人様にキスをしやがったのです。
しかも唇に。
私だってまだなのに~!
しかも大勢のギャラリーが居る最中で!
これが私の災難です。
それからの私は当分、ご主人様の頭の上で過ごしました。
嫉妬も男の勲章と、ご主人様が持ってるDVDアニメのキャラクターが言ってましたし。
あと、最後にご主人様が自分の家に帰宅途中に。

「ごめんな、アンジェラス。次から楽勝に勝てる装備を渡す。でも無理はするなよ」

この言葉を聴いた私を少し胸キュンしてしまいました。
因みにこの日からアンダーグラウンド用の二つ名ができました。
名は『タナトス』…。
そして新たにもう一つの私とご主人様のバトルロンドの幕開けです!






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー