メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「さてっと、そろそろ時間か…おい、お前等行くぞ」
「「「「はい!」」」」

俺の掛け声と同時に皆が俺の両肩に座る。
この定位置がもうお決まりだな。
煙草を吸殻に入れ部屋をあとにした。
…。
……。
………。
オフィシャルバトル室に行くと都達は俺より早くオフィシャルバトル室に居た。
来るの早いなぁ~。

「全員揃いましたね。それでは筐体を挟んで方向で天薙チームは左側、七瀬姉妹&八谷チームは右側に行ってください」

姉貴が説明した通りに歩き筐体の方に行く。
う~ん、デカイ。
間近で見ると普通の筐体よりも迫力がある。

「それでは最終説明に入ります」

っんだよ。
まだ説明あんのかよ。

「一番最初に4VS4といいましたが、これはリアルタイムでバトルを行ってもらいます。だから天薙チームのオーナーは四人の神姫をサポートしなければなりません。逆に七瀬姉妹&八谷チームは三人のオーナーがいるので天薙チームの方が不利になります。それでも構いませんか?」
「別に構わいやしないよ。ただたんにこっちがオーナー三人分頑張ればいい事。早く始めようぜ」

ニタリと笑みを浮べる俺。
あ、七瀬の妹が『なに、この人』てな感じに引いた。
う~ん、この笑い方は止めた方がいいな。

「分かりました。それではフィールド状の説明をします。各オーナーさんは筐体に付いてるコンソールとディスプレイを見てください」

姉貴の言う通りに筐体の方に向く。
すると筐体に電気が送り困れ、ヒュィーと静かに機械が動く音が耳に入る。
ホント、凄いプログラムで動いてやがる。
姉貴の会社はいったい何の目的でこの筐体を作ったんだ?
まあ、それは後で探りをいれてみるか。
今探りを入れれば七瀬達を巻き込む可能性があるからな。
そう思った瞬間、ディスプレイに一つの表示が出た。



「今、ディスプレイに写し出されてるのはこのフィールドの地形を示します。見ればわ分かると思いますが『海』『街』『草原』『砂漠』があります海の場合は常に飛行してないと海に沈没してしまうので注意してください。尚、神姫達はランダムでこの四つの場所に強制的に決められ、各フィールド状に一人ずつに配置されます。後は筐体から発せられる命令通りに動いてください。説明は以上です。質問はありますか?」
「はい」
「はい、タッちゃん」
「隣のフィールドの移動し神姫の2VS1・3VS1・4VS1はありか?」
「ありです。が、そのやり方はあまりお勧め出来ません」
「何故?」
「移動する距離が半端なく長いんですこの筐体事態から見るとそんなに広く感じられませんが神姫達から見ればかなりの距離があります」
「だいたいどのくらい?」
「そうですね…東京から大阪までぐらいの距離ですね」
「…あっそう」

ベラボウに広いじゃないか!
馬鹿げてやがる!
これじゃあ他の神姫達の援護にいけない訳か。
実際に4VS4って言ってるけど各フィールドに飛ばされるのなら1VS1がデフォルトだな。

「質問です」
「はい、なんでしょうか?」

うん?
都が左手を上げて質問した。

「アイテムはありですか?」
「ありです。アイテムの制限はありません」
「分かりました」

アイテム?
アイツ、なにか使うのか。
まぁこっちも人の事を言えた義理じゃないがな。
何せ違法改造武器を持たせているんだ。
試作型でも大抵の物なら完全破壊を免れない。

「他に質問はありますか?…無いようですね。それでは各オーナーたちは神姫を筐体の中に入れてください」

プシュー

姉貴の言葉と同時に筐体についてる四つドアが自動で開く。
おそらく、あっちのチームも四つドアが開いてる頃だろ。
こった作りをしやがって。
でもまぁ、臨場感を出すならこれもまたいいだろうよ。
俺は一人ずつ一つのドアに神姫達を入れる。

「気を引き締めろよ。相手は何かアイテムを使って来る。だから違法改造武器を使ってアイテムを破壊しろ、後は敵を好みの時間で料理してやれ」
「料理って…ご主人様、なんか邪悪ですよ」
「はははっ。冗談だ。悪役ぽいのを少しやってみたかったんだ」
「アニキは悪役だぜ!」
「そうストレートに言うなよ、クリナーレ」

ちょっと気が引ける。
悪役はやっぱり苦手かもしれないなぁ、俺は。
さて…気持ち入れ替えてやるか!

「さぁ!BATTLE START!OPEN COMBAT!!」


「(c) 2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。」




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー