メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{セーラー服っていいよね~}

「おぉ~い、全員集合ー」

俺が元気よく号令をかけると机の上で遊んでるアンジェラス達がトコトコと歩いて来た。

「なんですかご主人様?」
「アニキが遊んでくれるの?」
「んっふっふっふ~。遊ぶ?確かに遊ぶなぁ~」

不適な笑みを浮べながら俺はアンジェラス達の体を舐めるように見る。
グヘヘー、いい体ツキしてるじゃねかぁ~。

「お兄ちゃん…なんだかイヤラシイ目をしてない?」
「そうですね~。まぁアタシ的にはなんの問題はありませんけど」

ルーナが何だか怯えてるけど気にしないでいこう。
俺は椅子に座り紙袋からある物を取り出した。

「じゃんじゃじゃー!セーラー服ー&プリーツスカート!!(青色バージョン&桃色バージョン)」

効果音を自分で言いながら両手でセーラー服見をせる。
勿論、リボン付きのやつ。

「わぁー。ご主人様、もしかして私達にプレゼントですか!?」
「勿論だとも!ささ、早く着て見せてよ!!」

青色のセーラー服とプリーツスカートをアンジェラスとクリナーレに渡し、ピンク色のセーラー服とプリーツスカートを渡す。
アンジェラスとクリナーレは最初にセーラー服を着て、次にプリーツスカートを着ようとした。

「はい!そこでストープ!!」
「えっ?なんででしょうか??」
「なになに?」

アンジェラスとクリナーレは丁度、両手で掴んでいるプリーツスカートを腿の下あたりで止めている。
この瞬間を狙ったのだよ!

「そのまま動くなよ~」

俺はアンジェラスとクリナーレを色々な角度からその姿を見る。
ハァハァ、う~ん素晴らしい。
この履きかけのプリーツスカートがまたいい~味を出している。
たまらんわ~。

「あの、ご主人様?」
「アニキーどうしたの?ハァハァなんか言っちゃって」

アンジェラスは少し顔を赤らめ俯いてしまい、クリナーレは『どこか身体でも大丈夫?』と心配してくれる。
んっふっふっふ~。
どうやらアンジェラスは俺がやってる行為が恥ずかしい事を知っているみたいだな。
…クリナーレは解ってなさそうだけど。
まぁいいや。

「はい、次イってみよう!まず体育座りして」
「こっこうですか?」
「はい、したよー」

膝を曲げ体育座りするアンジェラスとクリナーレ。
この格好もいいなぁ~。
特に股の部分が見えるのがまたいい~(けしてギャグ言ってるつもりじゃない)。
プリーツスカートが履きかけだからなぁ。

「よし、股はプリーツスカートが破れるといけないからギリギリまで開き、足も開け」
「えー!?そんな恥ずかしいです!」
「どうしんだよアニキ!なんかオカシイよ!!」
「五月蝿い!ツベコベ言わず、やれ!!」

俺は怒鳴ると嫌々ながらもアンジェラスとクリナーレの股を開いた。
ウホーこれもまたいい~!
完全に股が見れる。
そして履きかけのプリーツスカートから覗けば、周りの景色が見えず見えると言えば股である。
さらにアンジェラスとクリナーレの表情がさらにいい!
アンジェラスは顔を赤く涙目に恥じらいなりながらも、俺の命令を従う忠実な女の子に見える。
クリナーレは困惑しながらも俺の事をジッと見つめる順序な女の子。
もう最高な勃起もんだぜ!

「ううぅぅ~恥ずかしいよ~」
「アニキの奴…いったいどうしてこんな事を…」
「Σd(゚∀゚d)ォゥィェ!!!」

俺はGJをして、アンジェラスとクリナーレに休んでいいと言った。

「そんじゃあ次はルーナとパルカだな」

視線をルーナとパルカに移すと彼女達は既に服もスカートも完全に着ていた。
ちょっと残念だが、まだ他のネタがある。
そのネタと言うのは…。

「( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!!」

シーン

「( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!!」

シーン

部屋の中は物凄く静かになった。
少し時間が経った後、ルーナが一歩前に出て可哀想な人を見る目でこう言った。

「ダーリン、確か隣町に脳外科があったはずです。一緒に行ってあげますから怖がらないで」

そんな事を言われた。

「わ、私も一緒に行ってあげます。だからお兄ちゃん、こんな事をするのはヤメテ」

同じくパルカにも言われた。
なんなだこの扱いは。
非常に腹が立つ!
こうなったらアンジェラス達よりも恥ずかしいメにあわせてやる!

「ルーナ、パルカ!テメェ等はその場でジャンプし続けろ!!俺が『ストップ!』と言うまで止まるなよ!!!」

ピョンピョンとジャンプするルーナとパルカ。
すると、彼女達のポニーテールとツインテールが上下に動き、巨乳もプルンプルンと上下に揺れる。
ウホ!
これまたいい揺れ方だぜ。
生でプルンプルンするのもいいけど、あえて服を着てその服がたわわなオッパイによって服ごと揺れる光景がまた違う味を出すのがたまらん。
そしてルーナとパルカの表情がまたいい。
ルーナはちょっと頬を赤く染まっていて、尚且つイヤラシイ目つきで俺を見る。
誘ってる、あきらかに俺を誘ってやがる!
パルカは顔を林檎のように赤くして、恥ずかし過ぎるのか目頑なに閉じてしまっている。
だがそれがいいんだよな~。
恥じらいがあってこそ、この行為は素晴らしいと思うのだ。
あぁ~幸せだー。

「ダーリン~、ど~お?アタシ達のおっぱい、揺れてるでしょ~。触ってもいいよ」
「あ、あん!…む、胸がセーラー服に擦れて痛いです~」
「よし!ジャンプは終わりだ」
「もう終わりなの?」
「あう~、胸がヒリヒリします~」
「ルーナ!パルカとレズビアンショーをヤレー!」
「え~、いいの?」
「えっ!?レズって!?!?まさか、そんな冗談でしょー、お兄ちゃん!」
「ルーナ、やれ」
「はーい」
「イヤァァァァーーーー!?」

ガバッとルーナがパルカに覆いかぶさるように押し倒した。

グニュ

「あう!」
「うふふふ。パルカちゃん、意外と敏感なのね。これから気持ち良くし・て・あ・げ・る」
「ヤめてー!ああん!!」

グニュグニュとパルカのセーラー服のごしから胸を揉みしだく。
おおぉ、これは想像してよりいい光景だ。

「あらあら、ここでこんなに感じやすいなら、お股たのほうどうなんでしょうか?」
「いや!イヤ!!ルーナさんヤメテー!!!」
「もしかしてもうアソコは大洪水かなぁ~」
「イヤーーーー!!!!」

ハァハァ!
もう辛抱堪らん!
このエロエロ空間には理性が耐えられない。
もう限界だ!
俺はパンツ一丁になりルーナとパルカを襲うとした。

「俺も仲間に入れろー!」

両手でルーナとパルカを捕まえようとした。

と、そこへ。

「ご主人様、正気に戻ってー!」

俺が違法改造したリアウイングAAU7(エクステンドブースター、二個装着つき)を装着したアンジェラスが俺に向かって飛んできた。
勿論、俺が見よう物マネで作った武器だから性能が馬鹿げてる程の高い能力なのだ。
って、うおい!
その両手に持っている武器は!

「エーイ!」

ブン!

「(°口°;)!!モアイ像ーーーー!?!?」

ゴン!

「)`ν°)・;'.、パプア!?」

そのまま俺はモアイ像に命中しそのまま気を失った。
…。
……。
………。
アンジェラス視点

「ごめんなさい、ご主人様」

パンツ一丁で大の字になって倒れてる、ご主人様に謝る。
多分、ご主人様はルーナちゃんとパルカちゃんとで私の口から言えないエッチな行為をしている夢を見てるに違いない。
ちょっと焼もちをやいちゃうかも。
けど、今回のご主人様は変態でした。
いったいどうしてこんな事になってしまったんでしょう。
腕組をしながらパンツ一丁のご主人様を見る。

「…考えてもしょうがないですね」

私はリアウイングAAU7を使い、ご主人様に毛布をかけた。
さすがにパンツ一丁だと風邪を引いてしまいますので。
私はご主人様が好きです。
九年前からずっと…。

「…でも、あの変態なご主人様はちょっと嫌い…かなぁ」

終わり







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー