※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

OP1 ◆BDYHtT3Bi.


 どことも知れない暗闇の中。そこに彼らはいた。
 明かりひとつない空間ではなにも見えはしない。けれど、音と声。そして人の気配は分かった。
 十――いやその何倍もの数の人々が闇の中でざわめいている。
 ここはどこか。
 彼らが共通して考えていることはそれだった。
 各々が先まで見ていた景色と照らし合わせても、誰もがこの闇に立っていた覚えはなかった。

 暗闇に眩しい光が飛び込んできた。




 明かりが灯されると、この場が一体どういったところなのか、少しはわかるようになった。
 まず、前方に見えたのは舞台だった。楽団の演奏、またはオペラを公演するには十分な広さを持った、
 大規模なものである。
 そして彼らが居た場所は客席にあたる場所だった。
 もっとも、腰を下ろす椅子さえないのは、設計ミスの一言で済まされるものではないが。
 劇場。
 少しは自分達がどういった場所にいたか分かり、人々は少し安堵を覚えたようだった。
 だが、幾何人かはいまだ表情を崩さずにいた――ここに、なぜいるのか。そして、
 誰か来させたかも、まだなにもわかってはいない。
 しかし、それもすぐにわかりそうなものだった。舞台の中心にふたつの影が見えたからだ。

 ひとりは白粉を顔に塗ったピエロのような男。
 髪は真っ赤なアフロヘアーで、黄色を基調とした服を着た目立つ容姿は忘れられそうにもない。
 もうひとつの影はそもそも人間ですらない――少なくとも外観は。
 灰色の包帯と言えばいいだろうか。それを全身に巻きつけた体。顔には赤い眼がひとつだけ輝いている。
 被りものかとも思ったが、動きを見る限りは、そういったものではないように見えた。
 片方のピエロの様な男が前へと出る。舞台の端あたりまで来て、そこでピタリと足を止めた。

「こんにちは、ドナルドです」

 にこやかな笑顔を作り、片手をヒラヒラと振りながら、ピエロはまず自分の名を名乗った。
 そして次に――ドナルドと名乗った男はこう続けた。

「ここに集まってもらった皆には、これからバトルロワイアル。つまり、殺し合いをしてもらうんだ」

 突拍子もない言葉に、劇場が一斉に波紋が広がった。
 ただ、思わず叫んだだけの者達。突然のことが理解できない者達。
 そして、騒然とした空気に包まれるなか、冷静にピエロの語ることを呑み込む者達。
 動揺が広がる群衆――それをドナルドの後ろから見ていた一つ目が、前へと出た。

「お前らにはこれから必要最低限の道具と、
 各自への特別支給品が入ったデイバッグを持って、会場に出てもらう。
 最後の一人になった時点で殺し合いは終了。
 残った奴だけが生きて、元々いた場所へと帰ることが出来る」

 いったん言葉を切り、こちらを見回してくる。
 そして、少しは落ち着いたと見たのだろう。言葉を続ける。

「それから、お前たちには――」
「ふざけるんじゃない!」

 言葉の続きは叫びに止められた――群衆の一部を突き飛ばし、
 ホッケーマスクのような物をかぶった巨漢が前に出る。

「この俺をわけの分からぬところに連れ出しといて殺し合いをしろ? 死ぬことになる?
 ふざけたことを言っているんじゃないぞ、この北斗神拳伝承者ジャギ様に!」

 ジャギと名乗った男が舞台へと距離を詰めてゆく。

「それにどうやって俺達の生き死にを管理するつもりだ? どこに連れていくつもりか知れんが、
 その気になれば今この場でお前達まとめて」
「……ルー」

 一つ目が喋り出してから、黙っていたドナルドが声をあげる。
 どこか残念そうな顔でドナルドが男へと顔を向けた。

「君はジャギ君だったよね? 君のようにそういったことを言う人もいることは、
 もちろん考えたさぁ。
 だけど、本当にそう言われると、ドナルドは悲しくなっちゃうんだぁ」

 そう告げるとピエロは一つ目の方へと顔を向けた。

「タケモトくん、続きを話してくれないかな」

 一つ目――タケモトという名前らしいが、ドナルドに促され再び言葉を続ける。

「……それからお前たちには、こいつのようなことを考えないように、これをつけてもらう」
「ドナルド☆マジック♪」

 ドナルドが軽く動かした指先から、光が放たれる。
 光は空中で拡散しジャギ、そして客席に居る者達全員の首へと降り注いていった。
 やがて、光が消えて。
 舞台上の二人以外の者全員に、黒光りする首輪がつけられていた。
 タケモトの声が響く。

「今、お前らにつけられたのは強力な爆弾の仕込まれた特製の首輪だ。
 爆発する条件はみっつ。
 ひとつは無理やり外そうとした場合。
 ふたつ目は、殺し合いの最中に死者の発表と、一定のエリアを禁止区域に指定する放送を行う。
 区分けされたエリアはデイバッグの中にある、地図に書いておいた。その中に入ったらアウト。
 みっつ目は24時間以内にひとりも死者が出なかった場合……
 つまるところ、お前らが殺し合いを放棄したと判断し場合に爆発する」

 そして、どこか同情するような目でジャギの方を見つめる。

「もっとも言葉だけじゃ実感が沸かない奴もいるだろうからな……一度、爆発するところを見てもらおう」

 すっ、と。
 ドナルドが舞台を降りて、ジャギの目前へと身を寄せる。静かに笑顔を浮かべながら。
 状況を理解して、ジャギは青ざめた表情で声を出した。

「ま、待ってくれ――」
「ドナルドは悲しくなると」

 ドナルドがジャギの首輪を指さす。そして。

「つい、やっちゃうんだ☆」

 閃光と爆音が辺り一帯を蝕んだ。


「んー、ここまでで、なにか質問はあるかな?」

 返答はない。
 首から上を失った男を、ジャギを見やりながら誰もが静まり返っている。
 ここにいる者達、全員がこの場で彼に口を出すの恐れている――いや。
 何人かは違った。道化師に対して怒りを見せる者。挑戦的な態度を見せる者。
 あらわとなった明確な闘志が、沈黙の中で確かに感じられた。
 それらを一身に受けながら、道化師は悪魔で無邪気に笑っている。

「ルー、そんな怖い顔をしないでさぁ。
 ドナルドだってなんのご褒美も用意してないわかじゃないんだ。皆がだぁい好きなんだから。
 最後に残ることのできた人の願いはどんなことでも、ドナルドマジックで叶えてあげるさぁ☆」

 そして、群衆をぐるりと見回して。

「もう一度。質問はあるかい?」

 返事はない。
 それにドナルドは満足げにうなずいた。

「大丈夫なら、始めるよ? さあ――」

 ドナルドが一歩、後ろに下がる。
 そして指先を静かにこちらへと向けた。

「ドナルド☆マジック♪」

 光が全てを包み込む。
 目を覆うような輝き――それも消えて。
 劇場には誰もがいなくなり、ただ静寂だけに支配された。



 殺し合いが始まり。

 そして、誰もいなくなるのか。

 それとも――








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー