※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二回定時放送 ◆F.EmGSxYug


(登録タグ) 定時放送SS



様々な建設物が破壊され、殺し合いは続く。太陽は天頂に昇り、雲は流れていく。
だが、左上はその一切に興味を覚えない。
放送席の前に座り込み、機材を操作。そして、機械のごとく自分の仕事を開始した。

「第二回放送の時間です。
 禁止エリアは十四時からC-1、十六時からD-3。
 脱落者は以下の十五名。

 僧侶。
 伯方の塩。
 スプー。
 重音テト。
 糸色望。
 新堂誠。
 七夜志貴。
 夜神月。
 バルバトス・ゲーティア。
 秋山森乃進。
 城之内克也。
 ルガール・バーンシュタイン。
 剣崎一真。
 弱音ハク。
 初音ミク。

 以上です。第三回放送は六時間後となります」

それで、左上はマイクを切った。
右上ならば「もっと面白いことを言えよな」などと言うのだろうが、ここにいない。
上から呼び出されて退室している。
そして、その理由について左上が興味を覚えることはない。
彼女はただ、自分の使命を無駄なく果たすのみである。
まるで、機械のように。


sm144:呂布綺想曲 ~Double Yukkuri 時系列順 sm147:賀斉神の巻き込まれてエリアワープ
sm145:『キャーブロントサーン』 投下順 sm147:賀斉神の巻き込まれてエリアワープ
sm138:矛と盾の話――PRIDE―― 左上 sm187:第三放送






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー