※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】 コンバット越前(越前康介)
【出展】 デスクリムゾン(デスビスノスを倒した後、クリムゾンをグレッグに送る前)
【性別】 男
【外見】 軍服らしき服
【性格】 冒険心旺盛で正義感と勇気も平均以上、女性の扱いは苦手、行き当たりばったりな人生を送るタイプ
     好物は焼きビーフン(ただし、カレーはだめで、中華味が良いらしい)
【能力】 傭兵と医者をやっていたので戦闘経験と医療経験がある
     100万人に1人の確立のクリムゾンの適合者である
【一人称、特徴的な口調など】 一人称は俺、時々私、たまに発音や日本語がおかしくなる
【把握用参考動画】 ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm14969
          ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm7486
【解説】 デスクリムゾンの主人公にて、デスクリムゾン2の重要キャラクター。
     ニコニコでは「上から来るぞ、気をつけろ」「なんだこの階段は」「せっかくだから俺は赤の扉を選ぶぜ」等の台詞が有名。
     赤の扉の先でルビーを見つけ、エメラルドを見つけたダニー、サファイアを見つけたグレッグと共にメラニートと出会う。
     メラニートは実の父の裏切りでその身が怪物となってしまった古代の王女で、クリムゾンを守ってきた適合者だったが、
     自らを敵視しなかった越前に希望を感じ、世界の危機についての情報とクリムゾンを託した。
     その後、メラニートの言葉どおり封印が解けたデスビスノスとデスゾルトスが、世界にKOT症候群という病気をばら撒く。
     KOT症候群は感染すると15分ほどで狂い死にしてしまう恐ろしい病気で、越前はこれを研究し、ムササビから血清が作れることを発見した。
     だが、医者としてKOT症候群として戦ってた越前は、標的はクリムゾンと自分だということに気づき、単身でデスビスノスを倒す。
     しかし、クリムゾンは怒りや悲しみに満ちた人間からは、それらの感情を吸収して癒す代わりに、それらの感情が無い人間に対して、
     逆に放出する性質を持っていたため、メラニートから吸収した怒りや悲しみが越前の精神を破壊しかけていた。
     限界を感じた越前はクリムゾンをグレッグに送り、自らは消息をたってしまった。


以下、本ロワでの動向(ネタバレ)


+ 開示する






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー