※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

牡丹雪


雪だ。
彼女が呟いた。読んでいた本から顔を上げると、窓際にいた彼女と目が合った。
その後ろで、街灯の明かりを帯びて、淡くおぼろに光りながら牡丹雪が舞っていた。
もう一度雪だよ、と今度は私に言う。
こっちに来てと笑いながら、手招きをする。
その様が、猫である彼女に映えていた。

「初雪だな。今年は暖冬だったからか、ずいぶんと遅い初雪になってしまったな」
「ねぇ、積もったら明日雪合戦しよう」
「ぬう、牡丹雪だからつもりはせんだろう。それにせっかくの休暇を徒労に終わらせたくはない」
「なによ、けちんぼ。妻のお願いを聞いてあげるのが夫の役目でしょ」
「お前は猫なのだから、炬燵で丸くなっていれば万事解決だのに」

雪がすべての音を吸い取ってしまったのだろうか。
殆ど何の音もしない。ただ、時計の音だけが部屋の中に染み込んでいく。
ふと、もう寝ただろうかと思い横を見やると、こちらを見つめる彼女と目が合った。

「ねぇ、そっち行っていい?」
「ん」

もぞもぞと芋虫のように動きながら、腕の中に納まる。

「へへ、あったかい。」

そう言いながら喉をゴロゴロと鳴らし、両手を揉むように動かす。
そしてそのまま眠りに落ちてしまった。ろくに体を動かすこともできない。
幸せそうな彼女の寝顔を見つめながら、私はふうとため息をついた。
今夜も眠れない、長い夜になりそうだ。