※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コレッタの一日


コレッタは体育の時間じゅう、何か忘れているような気がしていた。

(なんだったかニャ~…うーん…)

──ボコン!

「フギャッ!」
油断が祟ってか、飛んで来たバスケットボールを受け損ねる。モロ腹に入った。

「ふぐうぅ~…」
蹲ったコレッタをよそに、敵が零れ玉を拾い、見事にスリーポイントを決めた。

「ボッとしてんじゃないニャ!この残念美人!」

パスを受け損ねたコレッタに三毛が声をあげた。
じゃんけんポンで決めたチームは、何の因果か三毛と同じチームだった。

「うぐぐ…三毛のバカ!パスするなら言ってくれなきゃ取れないニャ!」
「アホかニャ!?声かけたら敵にバレるニャ!」
三毛が正論。

試合が再開した。

「んむ~、バスケなんて嫌ニャ。ボールは猫パンチして転がして遊ぶものニャ」
シュッシュッ、とコレッタがシャドーボクシング。

「コレッタ!パス!」
また三毛からパス。

「へ?うニャ?!」
一瞬反応が遅れたが、猫の俊敏さゆえか、コレッタの視線がボールを捉えた。

──ボコン!

コレッタが見事にボールを受けた。右ストレートで。

「コレッタのアホー!」
三毛の罵声。
ボールは凄い勢いで休憩中のチームの人込みに飛び込んだ。

「フギャッ!」
誰かに当たった。

「……ボール、投げたの、誰、ニャ」
よりにもよって黒だった。

───────

大乱闘の次の時間は算数。
ちっちゃいけど声が全校一でかい算数の先生が、窓ガラスを震わせるほどの怒声を響かせる。

「宿題忘れただとぉぉぉぉぉ!!夏休み明けて何日経ったと思っとるんだぁ!!
弛んどるわぁ!!忘れたもの全員たっとれぇぇぇぇ!!!」

黒、三毛、コレッタの三人が仲良く立たされましたとさ。