※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボクの意気地なし…


462 名前: 創る名無しに見る名無し [sage] 投稿日: 2008/12/06(土) 18:44:40 ID:q920AVQe
――ボクは本気っス。
そう自分に言い聞かせながら部屋の前に立つこと三度目。

ボクには、目指している職業がある。
今のような真似事ではなく、本物になるのだ。
高等部ともなれば進路を決めなくてはならなくなる。
そのために、今日は調べ物に来たのだ。

しかし、ボクはいつも静かなここに入ったことがない。この場所は優等生がいるようなイメージがある。
ボクが入っていくと場違いではないのか。
そう思うと扉を開く勇気はでず、ため息をついて回れ右をするしかないのだった。


変な先入観で図書室に入れない、妙な所で意気地無しな保健委員。
添付ファイル