※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スレ2>>925 続・白衣'sのケミストリー


「結局のところ“自発対称性の破れ”ってのはなんなんスかねぇ」
「解説しましょうか?」
「お願いしまス」

「例えば、常温の部屋に氷を放置すれば解けて水になってしまうでしょう。それと同じで、
超新星爆発で生まれた宇宙の素になった物質も、空間に存在するうちに平衡状態を保てなくなってしまうんです。
本来対称性を保っている物質はまだ未発見の物質とぶつかり対消滅して無に帰るわけなんですが、
それが出来ずに何割かの物質が残る。自然に平衡が崩れるというその現象を自発対称性の破れと言うんです」

「へーそうなんスか」
「……本当に聞いてました?」
「はい。今ので小林益川理論の解説を聞いても理解出来なそうって事がわかったっス」
「そうですか。僕にとっちゃ化学より物理より生物の方がよっぽどややこしく感じますけどね。酵素とかわけ分かんなくなりません?」
「えーでも面白いんスよ?分子標的薬剤による癌治療とか聞くとゾクゾクしません?」
「僕は医療の進歩ってむしろ怖いです。だって死因No.1の癌まで治せるようになっちゃったらもう人間死にませんよ?
“メトセラの子ら”みたいな長寿人類が“ソイレントグリーン”をむさぼる世の中になりそうで」

「はは、多分そこまで僕ら生きてないっス。でも癌のみについて言えば根治なんてすぐでスよ?
腎不全治療で研究されて来たHGF(肝細胞増殖因子)が癌細胞の成長を促す物質だってわかってから、
実際に分子標的薬剤開発が始まってますから。5年以内に新薬発表らしいっス」
「……今度はこっちがついて行けませんでした」
「ん、医療の話か?コーヒー淹れてやるから私も混ぜてくれよ理系インテリの諸君」