※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

けもらじ!第一回


リオ・モエ「せーのっ『けもらじ!』」
モエ「今週から惜しまれながら始まりました『けもらじ!』。パーソナリティを務めるのは、わたし芹沢モエと」
リオ「因幡リオですっ」
モエ「さて、唐突に始まりましたこの番組。創作発表板・獣人総合スレで展開されているシェアードワールド『ケモノ学園』の紹介っていう番組なんだよねー」
リオ「そうそう。初めてこのスレを見て下さっても、おそらく『どこから読めばわけわかめ!』って思ってる方も多いでしょう!」
モエ「わたしのかわいいところを見て欲しいって系!まとめwikiでわたしの活躍が見れるんだから、ちょっとでもきっかけがあればね!」
リオ「2年ほど前からスタートした、『ケモノさんたちの学園物語』を一人でも多くの方に見ていただければ、嬉しいな!」
モエ「では、はじまりはじまりー!」

  ♪

モエ「『しょうかい!』のコーナー!!」
リオ「うわー……。捻りの無いコーナー名だ」
モエ「その方が印象に残るってば!さて、このコーナーでは過去にこのスレに投下された作品に光を当てようって趣旨って感じ?」
リオ「ここではSS、イラスト、マンガって多種多様の作品が投下されてますからねー」
モエ「では、ちょっとここにあるノーパソでまとめwikiを見てみるぞー」

カチャカチャ……

リオ「おおおお!トップページにいきなりイラストが出てきたよ!これは保健の白先生にオオカミの張本くんだね」
モエ「こうして迎えてくれるのは、初めて訪問される方も超喜ぶね!ありがとう、絵師さん!画面左にメニューがあるじゃん?そこから『ケモノ学校シリーズ』を展開すると」
リオ「へえ!登場人物、絵、漫画、SS……って作品の種類別に見れるようになってるんですね」
モエ「あと、下の方にキャラ名タグから作品を見ることもできる系みたいな!」
リオ「って、なんでわたしの名前が大きくなってるの!?」
モエ「ちょーウケる!!」
リオ「うるさいよー!ンモー」
モエ「それじゃあ、まずは絵から入ってみる?絵から入るって手もあるしね!ぽちっ」
リオ「うわあ……。1スレ目、2スレ目……ってどこから見ればいいのかなあ」
モエ「とりあえず、1スレ目をクリック!」
リオ「1スレ目でもこんなに絵が投下されてるんですね!なにこれ!『スク水』『スク水』『体操服ブルマ』って萌える!!」
モエ「はいはい。じゃあ『スク水コレッタ』を見てみよー」

かちっ

リオ「むっはーーーー!」
モエ「初等部のコレッタちゃんですねー」
リオ「コレッタかわいいよコレッタ……、むはあ」
モエ「このイラストがきっかけでみんなでSS書こうってなって『ケモノ学校』シリーズが始まったんだよねー」
リオ「うわーん!『スク水性格悪い子コンビ』もわたしを萌えさせる気なの?」
モエ「ケモロリ恐るべし……。では、次は漫画を見てみる?漫画の1スレ目を」

かちっ

リオ・モエ「ちょ!初の漫画作品は『飛び出せ、変態教師!』」
リオ「おまわりさーん!ここに……」
モエ「おまわりさんはいいから、見てみよーよ」

かちっ

リオ・モエ「おまわりさーん!ここに……」
帆崎「なんだ、騒々しい」
モエ「きゃああ!変態!変態!」
リオ「は、早くザッキーの目を隠すんだ!」
帆崎「なんだお前ら!うわあ!ま、前が!!」

  ♪(ジングル)

モエ「さて、次はSSの紹介をしようかな」
リオ「ザッキーはほっといていいの?てか、平然と進めるなー!」
モエ「では、1スレ目の記念すべきSS第一号『ヌコ小学校』からいってみよう!」
リオ「このころは『佳望(けもう)学園』って名前がなかったんだよね」
モエ「さっきイラストや漫画で登場したコレッタが出てくるって系?もー、かわいす!」
リオ「ケモロリスク水、むはあ!!」
モエ「と、保健医の白先生!お(ピー)さんって呼ぶと、オキシドール攻撃が来るからね!」
リオ「誰も白先生のこと(ピー)ばさんなんて呼んでないって!」
モエ「あんまり、おば(ピー)(ピー)さん言うと、白先生来ちゃう系だよ!」
リオ「でも、コレッタかわいいいよコレッタ。白先生、いいなあ。コレッタを独り占めできて」
モエ「うわー、同類!」
リオ「おば(ピー)と一緒にするなー!」
白「待ってろ。オキシドール持ってくる」
リオ「うわああ!やめてー!」

ばたばた(リオ退席)。

モエ「白先生の声をmpgで録音してて超良かったかな?このコーナーではどんどん作品を紹介しちゃうかもね!このラジオが続けばだけど!」
帆崎「やる気ねーのかよ」
モエ「きゃあ!おまわりさーん!」

  ♪

モエ「さて、お別れの時間になりました!」
リオ「(急いで着席して)で、ちゃんと紹介できたんですかねー。」
モエ「とりあえず、わたしとザッキー、そしてコレッタの名前は覚えておいて損はないって系?」
リオ「うう、わたしが登場するのはまだまだ先なんだよね……」
モエ「あと、白先生の名前も!って感じ!」
リオ「果たして次回はあるんでしょうか?それともわたしたちが呼ばれることはあるんでしょうか?」
モエ「それじゃあ、あるかどうか分からないけど」
リオ・モエ「まったねーー!」

  ♪