チーム編成例

基本的にはシンクロ天候適性援護等を考慮して編成すればOK。




紅魔館チーム

1番目 レミリア 
2番目 美鈴orフラン
3番目 パチュリー
4番目 小悪魔
5番目 咲夜orフラン

紅魔館編成は天候が霧に変化するので、レミリアが本来の性能を発揮出来、強力なチームになる。
余りの強さにシンクロ呪力修正値がパッチで0にされるほど強い。

壁とアタッカーを兼ねるレミリア。
援護役の咲夜、美鈴。
射撃役のパチュリー、サポートの小悪魔。
メンバー同士による多重援護。
等など、必要以上の要素が揃っている。
アイテムによる補強が整えば、開幕ロイヤルフレアで敵を瀕死にして、
後はじっくり料理する。ずっと咲夜のターンで攻勢維持。といった応用も可能。
シンクロ条件は紅魔館の六人中五人なので美鈴や咲夜等とフランを入れ替えてもOK。
セコンドで残りの一人を呼び出せばパーフェクト紅魔館の誕生。

パチュリーのロイヤルフレアを使うなら本人に早苗人形を必ず装備させること。
レミリアとフランは元々光に弱いので日傘を装備しても大ダメージは避けられない。

ただし、呪力修正が小悪魔の8以外にないので呪力には何時も悩む事になる。
(フランを入れた場合は更にレミリアとのシンクロ「吸血鬼」で呪力+2があるが…)
アビリティで補うか諏訪子をセコンドで呼び出すなどすること。

ドアノブ一派チーム

1番目 レミリア 
2番目 フランドール
3番目 幽々子
4番目 紫
5番目 橙又はパチュリー

戦場が初めから雪か晴の場合は使えないが上記の紅魔館チームより補正呪力が高い。
最初の四人は高耐久力で更にシンクロで呪力が22も上がる。
セコンドが使える状態であればで輝夜か萃香を呼び出すことで得意の月や霧に変更できる。
また五番目が橙の場合、藍をセコンドで呼べば本人の呪力6追加+能力強化。
五番目がパチュリーの場合は子悪魔を呼んで呪力8追加+サポート。

ムーンライトチーム

1番目 慧音 
2番目 フランドール
3番目 レミリア
4番目 輝夜
5番目 ルーミア

天候が月になることで本領発揮する編成。
月以外なら適当な相手に輝夜の「蓬莱の樹海」を当てると天候が月なる。
輝夜、ルーミア、慧音は天候適正S。レミリアとフランドールも適正A。
固定砲台の輝夜はアイテムとアビリティーと天候で移動が並みの4になる。
慧音も変身により通常攻撃が三連撃になり邪馬台の国が強力なネクストヒストリーに変化する。
この編成の呪力はシンクロボーナスの+2とルーミアの5と輝夜の4合計で11なので(天候:月で若干上昇)
呪力が不足ならルーミアを諏訪子に代えるかアビリティで補うか、呪力の高いキャラをセコンドで呼び出すこと。

氷結チーム

1番目 ルーミア
2番目 大妖精
3番目 チルノ
4番目 神奈子
5番目 ミスティア

チルノのマイナスKを使って美鈴、咲夜、椛、文、霊夢、魔理沙、妖夢、早苗、慧音、
パチュリー、レミリア、フランドール、ミスティア、幽香、燐、空
リリーホワイト、ブラックリリー、橙、紫、リグル、諏訪子を弱体化させる戦法。
呪力は単体の2+4+5+8とシンクロの+4の合計23と呪力妨害の-4と獲得ポイント+10%
大妖精はシンクロやミサイルマイトの遠距離攻撃に加え、妖精ゾーンで冷耐性を減少させる。
ルーミアとミスティアはチルノやお互いにスペルで援護できる。暗闇と歌で強敵を弱体化することも可能。
ただしミスティアは雪Bなので霊夢人形を装備させるなどしよう。
神奈子は他のキャラでも良いが高体力やコピーロボットでの囮、
威圧での敵の牽制、神の歩かれた御神渡りが妖精ゾーンで強化される等の理由で編成。
弱点は決定的なアタッカーがいないこと。
セコンドがあれば映姫など(霊夢人形さえあれば他でも構わない)を呼び出そう。


永夜抄チーム

1番目 慧音or妹紅
2番目 鈴仙
3番目 てゐ
4番目 輝夜
5番目 永琳

補助重視のテクニカルチーム。呪力はシンクロの12と輝夜とてゐ単体の4+4。
輝夜が月に変更できるが、しなくても慧音以外は全天候A以上。
一度ゲームをクリアしてゲームに慣れた人向けの編成。

輝夜は壁。慧音の為にも適当なタイミングで「蓬莱の樹海」を使い天候を月にする。
待ち受け戦法なら移動力を捨て残機と体力を補強。コピーロボットを持たせるのも良い。

鈴仙は強敵を混乱とスペカの破壊。命中率は一ターン犠牲に狙うを使うか攻撃力を捨て
命中力を優先させる(この場合は永琳の能力も上げる)。
混乱に関しては輝夜・永琳への援護でも撃てるので、彼女らの射程を上げると有効。

てゐは範囲攻撃はおまけ程度に考えて回復と必殺の確率を上げるサポート役。
他のキャラが大技を使うときはできるだけ必殺を上げておくと良い。
鈴仙人形を装備させると必殺が+100になるので一気に強くなる。
また、射程を上げると幸運の有効範囲も広がる。

永琳は体力と残機回復。強敵を毒殺することも考えても良い。
鈴仙人形で残機回復効果と毒の効果が倍になりこちらも一気に性能アップ。
余裕があればオモイカネブレインで攻撃に参加しても良い。
デフォルトで射程+1があるため、望遠鏡×2+射程UP+望遠で射撃が1-9、オモイカネが1-8になる。
この状態で鈴仙にオモイカネの援護をさせると、鈴仙が突っ込まなくても混乱させられる。
指令の範囲も広がる。

妹紅を1番目にしてセコンドで慧音を呼び出すようにすると、壁役が1人増えて戦いやすい。
呼び出し役はてゐが適任か。
妹紅・慧音が先発隊として雑魚掃討しつつ、輝夜・永琳が遠距離攻撃を仕掛けるのがよいだろう。
てゐ・永琳の射程を上げると幸運・指令の範囲も広がり、先発隊の2人が強力になる。

八雲一家と妖精

1番目 紫 
2番目 橙
3番目 藍
4番目 チルノ
5番目 大妖精

シンクロ効果が8+4、単体の呪力が8+6+4で合計の呪力補正は30。
更に呪力妨害-4と獲得ポイント+10%がついている。
紫と橙は雪に弱いのでチルノはマイナスKを使えず
完全にお荷物になるので呪力要員か高残機による囮と割り切って使おう。
しかし撃破されるとシンクロが切れてしまうのでその辺は注意。
大妖精は高残機で通常攻撃の妖精ミサイルマイトも優秀なので
元の能力が低くても呪力アップ以外は全て能力系のアビリティーをつけて
後方から射撃することによりそこそこの戦力にはなる。
橙と藍も妖怪の式の能力により性能がアップする。
セコンドで諏訪子を呼び出せば更に呪力が16も上がるので
同じ人数では恐らく最高クラスの呪力補正になる。
問題は通常のシナリオでは紫の加入が遅いこと。
天子編では前半は通用するが後半は下の二名は外すことになる。

魔法使いと妖精

1番目 魔理沙 
2番目 アリス
3番目 パチュリー
4番目 チルノ
5番目 大妖精

シンクロ効果が8+4、単体の呪力が8+4+2で合計の呪力補正は26。
更に呪力妨害-4と獲得ポイント+10%がついている。
セコンドが二つ以上あると強い組み合わせ。
まず、早苗人形を装備したパチュリーがロイヤルフレア雑魚を壊滅させる。
次にセコンド二つとBCPCを装備したアリスがセコンドや囮用の人形を
一ターンで連続的に呼び出す。
その間魔理沙はロイヤルフレアで残りそうな敵を呪力を
節約しながら攻撃しアリスの召還作業が終わったら全力でボスを攻撃する。
高い呪力修正と雑魚の殲滅力と素早い召還による汎用性を併せ持つ。
更にセコンドを所持していたら咲夜を援軍のセコンド召還要員として使おう。
彼女は咲夜の世界で二連続で呼び出し→一回行動ができる。


W神社チーム

1番目 神奈子 
2番目 萃香
3番目 早苗
4番目 霊夢
5番目 諏訪子

呪力は早苗の+1、諏訪子の+16、シンクロ+16、合計+33にもなる。
更に[種族強化:神]で守矢組の攻撃力アップといった凶悪な支援効果が得られるチーム。

壁&アタッカーの神奈子が前線に陣取り、威圧で敵の進撃を阻み、
更に霊夢が前に出て、囮として相手の攻撃をかわし続ける。
そこに早苗がスペルで敵を一掃し、ユニークを萃香や神奈子が始末する。
更に霊夢と早苗は対妖怪特攻スペル持ちなので、大半の相手には優位に立てる。

スペルの回転もよく、相手の行動を制圧しやすく使いやすい隙の無い編成。
神奈子や諏訪子が呪力許容量増大を装備すればスペルもガンガン使える。
全員の移動力が3~4とまとまっているので足並みも揃いやすい。

欠点は誰か撃破されるとシンクロ効果が切れてしまう事。
特に諏訪子が撃破されると呪力補充が半分以下になる。
囮役の霊夢と神奈子にその役割を最大限果たしてもらう様にしよう。

更に天候が晴以外の時は注意すること。
特に雪になると諏訪子の能力が激減し、早苗・霊夢も晴以外だと弱体化する。(霊夢はアビリティで補えるが)
萃香の濛々迷霧で天候を霧に出来るので雪の場合は変えてしまおう。

巫女+神チーム

1番目 神奈子 
2番目 空
3番目 早苗
4番目 霊夢
5番目 諏訪子

W神社チームと使い方に大差は無いが、こちらは合計呪力+35、[種族強化:人・神]と更に強力なチーム。
呪力消費の大きい空もこのチームでは動かしやすく、ミラクルIFFを付けた早苗と、
早苗人形を付けた空で敵の大半を蹂躙可能である。

運用の仕方・欠点はW神社チームと同様で大丈夫だろう。
苦手な天候を、空のスペルで晴れに出来る点も大きな利点である。

JAKQチーム

1番目 任意 
2番目 空
3番目 輝夜
4番目 萃香
5番目 衣玖

シンクロ効果はスペカ使用回数+1。衣玖&輝夜で呪力4+4。残りの1名を勇儀or霊夢or美鈴にするとシンクロで呪力+4。
このチームを組むメリットは全てのキャラが大抵一度しか使えない上級スペカが複数使用できる点。
また、使用回数が増えるのでその分能力系のアビリティを多く装備できる。
空は元々使用回数が多い上、消費が激しいので恩恵は少ないが…。
ただ折角回数が増えても呪力が乏しいので
セコンドで諏訪子、映姫、小悪魔、大妖精等の呪力要員を複数呼び出すことが必要不可欠。
セコンドで呼び出したメンバーもシンクロ効果によりスペカ使用回数が+1されている。

援護の達人チーム

1番目 ルーミア 
2番目 美鈴
3番目 ミスティア
4番目 衣玖
5番目 諏訪子
補欠  咲夜

援護により最大4回連続攻撃ができるチーム。
ルーミアとミスティアはナイトバードと夜雀の歌でお互いをスペルで援護。
強敵は暗闇と射程低下で弱体化することもできる。
美鈴は待機コマンドの防御で物属性を無効化できる。
衣玖は「羽衣は空の如く」で数ターン回避100になるので攻撃が激しい時は囮になれる。
補欠の咲夜は「咲夜の時間」で一気にセコンドを二人同時に呼び出したり敵の行動値を減らしたりできる。
また美鈴、衣玖、咲夜は全てのキャラを呪力1で援護できる。
諏訪子は呪力要員。呪力容量拡大と呪力アップを装備して
敵から離れコピーロボットがあれば分裂して更に呪力を増やす。
ルーミアは晴の天候適正がBなので場合によっては霊夢人形装備推奨。
セコンドで補欠の咲夜を呼び出せば最大5回連続スペル攻撃ができるようになる。
場合によっては咲夜を衣玖の代わりに出しても良いが
この場合は羽衣での囮が使えないので先手必勝が必要になる。


先制ロイヤルフレアチーム


霊夢
パチュリー

諏訪子
(余り1)
順不同

高威力装備の開幕ロイヤルフレアで雑魚削り&天候を晴れ(霊夢A)にする構成。
大方の雑魚が1ターンで消滅するため戦闘のペースが速い。
挙げた4人だけではシンクロの発動はない、その代わり諏訪子で呪力をカバーしている。

霊夢・紫は待機アビリティ「結界」を行うことにより魔属性の耐性が100にできる。

諏訪子は呪力要員。裸状態にするぐらいなら、コピーロボットやセコンドなど装備させておく
ロゼッタスターor日傘を装備してシールド待機するとロイヤルフレアのダメージを無効にできる。

要員が一人余るが、小悪魔を入れてロイヤルフレア後のパチュリーを活かすか
神奈子を入れて更に呪力容量拡大&威圧と射程で妨害に特化させるか (セコンドで呼び出しでも可)
ロイヤルフレアで回復の幽香、空、妹紅、を入れるか (メインアタッカーは霊夢と紫だが)
メディスンと燐も日傘orロゼッタスター1つで
輝夜はスペルのサラマンダーシールドで
ロイヤルフレアのダメージを無効にできるので彼女達も候補の一つ。

この編成を組むメリットはパチュリーに早苗人形ではなく四倍剣を装備させて
超強力な開幕ロイヤルフレアが打てること。