※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

みんなのMarcel Breuer(マルセルブロイヤー)情報

みんなでみんなでMarcel Breuer情報サイトを作成・編集することが出来ます。ページ上の「このページを編集」もしくは、下メニューの「編集」を投下し、書き込み後、「投稿」ボタンを投下して下さい。詳細は、みんなのブランド情報作成方法へ。


自由に記述して下さい。(※ 不適切な記述を発見した場合は、管理者により削除させて頂く場合がありますので予めご了承下さい)

マルセルブロイヤー
1902年ドイツ生まれ。造形学校バウハウスの第一期生で卒業後は同校の家具部門を指導。
グロピウスに招かれ渡米し1937年にアメリカ・ハーバード大学の教授に就任する。
機能性と量産化を追及するデザイン理論で知られバウハウスを代表する建築家のひとりである。

初期の作品には布張りの木製のもので「アフリカン チェア」がある。やがて、幾何学的で水平と垂直を意識したシンプルな形のデザインへ変わっていく 1925年に自転車のフレームからインスピレーションを得て、家具にスチールパイプを使いはじめる。1928年までデッサウのバウハウスで教えた後、3年間ベルリンで建築とインテリアデザインに取り組んだ。このころの作品に「デ・フランチェスコ・アパート」「ラウム邸」がある。