※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

みんなのLudwing Mies van der Rohe(ミースファンデルローエ)情報
みんなでLudwing Mies van der Rohe情報サイトを作成・編集することが出来ます。ページ上の「このページを編集」もしくは、下メニューの「編集」を投下し、書き込み後、「投稿」ボタンを投下して下さい。詳細は、みんなのブランド情報作成方法へ。


自由に記述して下さい。(※ 不適切な記述を発見した場合は、管理者により削除させて頂く場合がありますので予めご了承下さい)

ミースファンデルローエ
ル・コルビジェ、フランクロイドライトなどと並び、近代建築の20世紀の3大巨匠のひとりミース・ファン・デル・ローエ。1886年、石工職人の息子として生まれ、家具デザイナーのブルーノパウルや建築家ベーレンスのもとで設計を学びます。1921年全面ガラス張りの「フリードリヒ街オフィスビル」構想案を発表。それは天賦の才能がある者だけが描ける建築の未来の予言でした。その後、29年近代建築の代表作として有名なバルセロナ万博ドイツ・パビリオンを手掛けます。その建築に合わせ「バルセロナ・チェア」「スツール」を製作。それまでの大量生産を目的としたスチール・パイプ家具とは対照的に、細部にわたる完璧さと技術を要するバルセロナ・チェアは、現在でも近代デザインの象徴となっています。フランソワーズ邸、シーグラム・ビルなど、モダニズムの名建築を残しました。。