※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

みんなのAlvar Aalto(アルヴァ・アアルト)情報

みんなでAlvar Aalto情報サイトを作成・編集することが出来ます。ページ上の「このページを編集」もしくは、下メニューの「編集」を投下し、書き込み後、「投稿」ボタンを投下して下さい。詳細は、みんなのブランド情報作成方法へ。


自由に記述して下さい。(※ 不適切な記述を発見した場合は、管理者により削除させて頂く場合がありますので予めご了承下さい)


アルヴァ・アアルト

1898 年 フィンランド中西部のクオルタネに生まれる。測量技師であった父からの影響、母方の祖父が営林職員であったことなどから、小学校入学前から建築家になることを夢見ており、1916年、ユバスキュラの高校を卒業後、ヘルシンキ工科大学に進学した。卒業後ユバスキュラ市で「建築・モニュメンタルアート事務所 アルヴァ・アアルト」を開設。1924年には同じく建築家であるアイノと結婚する。
1929-33年設計のパイミオのサナトリウムによって、短期間に彼の建築家としての地位を確立した。また、このサナトリウムのプロジェクトによって、彼の本格的な家具設計が始まった。特にサナトリウム用に作られたアームチェアは、成形合板を使った斬新な座面により「材料革命」と評され、家具デザイナーとしても彼の名を一躍有名にした。
その後一連のスツールを次々にデザインし、自作の家具を国内外に販売するために、1935年に、妻:アイノ・アアルト、マイレ・グリクセン、ニルス・グスタフ・ハールとでartek社を設立するに及ぶ一方、建築家としても地位を不動のものとして、1943年にはフィンランド建築家協会の会長に選任された。
第2次大戦後、1950年台に入ると、「赤レンガの時代」と呼ばれる、地方に伝統的に存在する建築表現を継承・洗練させた、赤レンガを多用する作風に変わるが、1955年にフィンランド政府からフィンランド・アカデミー会員に選任され、1963~68年にはその会長職を務めるなど、晩年まで多忙の人であった。(yamagiwaから抜粋)