top

レシピ目次

・ 春

肉魚


その他
・ 夏

肉魚


その他
・ 秋

肉魚


その他
・ 冬

肉魚


その他




いつでも > > チキンカレー(インド)


●材料

  1. 鶏肉・・・600g
  2. たまねぎ・・・ 250g
  3. トマト・・・300g
  4. にんにく・・・40g
  5. しょうが・・・50g
  6. サラダ油・・・150cc
  7. 水・・・800cc
  8. パプリカ・・・45cc
  9. ターメリック・・・20cc
  10. カイエン・・・5cc
  11. ガラムマサラ・・・5cc
  12. 塩・・・20cc
:::::::::::::::::::::::::::::::::

●作り方

①鶏肉は食べやすい大きさに、たまねぎ、にんにく、しょうがはみじん切りにする。トマトはあらみじんに切る。
②鍋を強火にかけサラダ油を熱し、にんにくの香ばしい香りが出るまでよく炒める。
③にんにくが色づいたら、たまねぎを加えやわからくなるまで炒める。
④しょうが、トマトも加え炒める。更にスパイス(パプリカ・ターメリック・カイエン・塩)を加えて炒める。
⑤肉を加え水分がなくなるまで炒める。
⑥水分がなくなってきたら水を加え煮込む。火をとめる直前にガラムマサラを加える。

:::::::::::::::::::::::::::::::::

●ワンポイントアドバイス

①サラダ油の量
 サラダ油の量が多いと思われるかもしれませんが、インド料理としては少なめな設定となっています。とりあえずはこの量で作ってみてください!
②にんにく
 にんにくを炒めるのは重要な工程です。生ではおいしくできませんし、コゲでしまってもダメです。もしもコゲてしまった時はもったいないですが、もう一度やり直しましょう。キレイなキツネ色にするのがポイントです。
③たまねぎ
 カレー作りでよく「たまねぎを茶色く小さくするまで1時間ほど炒める」という作り方がありますが、その必要はありません。好みによりますが、むしろ「ちょい生」ぐらいの方がおいしいと思います。たまねぎはやわらかくなればOKです。
④お肉の量
 お肉の量。ちょっと多いですよね。ご家族の人数が少ない場合は困りますね。でも肉の量が少ないとものすごく味の濃いカレーができあがります。たぶん食べられません。600gより少ないお肉で作る場合は、肉を減らした分、他の材料も肉と同じ割合で減らしてください。鶏肉を炒めるときに、鶏肉に味が入ります。そのバランスで考えたレシピです。
⑤火加減
 煮込み以前の火加減に関しては、スキルによってことなります。失敗しないためにはまず焦がさないことなので、初めての場合は控えめな火加減にするのかオススメです。慣れてきたら中火でいけると思います。でも煮込みの際は「強火」で。これポイントです。火加減が弱いと、油分と水分が分離してしまうことがあります。煮込み時間が長すぎると肉が硬くなります。短いと味の深みが不足します。何度かチャレンジしてみるとタイミングがつかめると思います。ふたはしないでくださいね。
⑥アク
 アクをとる必要はありません。アクがなくなるまで煮込みます。煮込み時間はアクがなくなるまでを目安にするといいかもしれません。



出展:
インド家庭料理ラニのシェフのHP
http://raani.org/recipe/chicken.htm

このページを編集    ■更新日時: 2012/05/06 13:10:19    ■登録タグ:    

  • 辛いので、カイエンヌペッパーは半分でいいかも。。 -- (Ban) 2012-05-06 22:01:32
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る








更新履歴

取得中です。