拡張カード

PCIとかPCI Expressに挿してマザーボードに機能を追加する装置


NIC(ネットワークインターフェースカード、LANカード)

ネットワークコントローラーはPC同士でネットワークを組んだりインターネットに接続するのであれば必須。
最近は殆どマザーボードにオンボード搭載されているが、Intel等の良いNICはCPU負荷が低くトラブルに強い。
鯖運用とかネトゲ廃人するならいい回線とあわせて用意したい。
ネットワークインターフェースカードには有線のものと無線のものがあるが、基本的に有線方式の方が通信が安定する上通信速度は速い。
PHSや携帯電話相当の機能があり無線LANが使用出来ない地域でも通信できるデータ通信カード等もあるが、
そういったものはモバイルPC向けで、各キャリアとの契約が必要。最近は殆ど使われないが電話線と接続するモデムカードもある。

→詳細ぺぇじNIC


サウンドカード

サウンドチップが一切搭載されていなくとも PCの起動や動作は可能。
最近のマザーボードにはほぼ間違いなくオンボードでサウンドチップが搭載されているが、仮に搭載されていなければ音は出ない。
マザーボードにオンボードで搭載されているものは音質やCPU負荷の面ではあまり優秀でない場合が多く、外部にサウンドカードを挿すとCPU負荷が下がったり音質が良くなったりする。
で、忘れがちなことだがサウンドカードもしくはチップがあったとしても、スピーカーかヘッドホンをつながないと音が出ないよ。

ここ最近では、PCIやPCI-Expressで接続するものよりもUSBで接続するものが主流になっている。

テレビチューナーカード

テレビ放送を視聴したり録画するためのカード。