CPU

CPUとは人間で言う「脳」であり、主な処理を行う。
パーツ選びの際はソフトの「推奨スペック」以上の最新CPUを買えば十分。
詳しいスペックの見方は下記参照。



スペックの見方


用語表だよ!

初心者がまず知るべきスペックと用語。
用語 解説 ひとこと
コア・スレッド数 脳と手の数 4コア(クアッドコア)、
8コア(オクタコア)…
4コアが普通
6コア以上はハイスペ
クロック周波数 頭の速さ 3.2GHz、4.0GHz… 3.0GHz以上が普通
4.0GHz以上はハイスペ
CPUソケット CPUの規格・形状 LGA1151、Socket AM4、
LGA2066、Socket TR4…
マザボと合わせよう!
アーキテクチャ 世代 Kaby Lake、Haswell、Zen(Summit Ridge)…
シリーズ 同世代内の種類 i7、i5、Celeron、Ryzen7… ネーミング!
消費電力 (正確にはTDP・熱設計電力という) 35W、65W、91W、140W… 通常のものならだいたい100W以下!
ハイエンド帯なら100W超!

コア・スレッド数(C・T)

CPUに搭載されている「脳」の数。
これが多いほど多重・並列処理に優れたりする。

また、スレッド数は脳に対する「手」みたいなもの。
通常は1コアあたり1スレッド。
しかし、「ハイパースレッディング」や「SMT」(詳細は後述)によって、1コアあたり2スレッドに増やすことができるCPUも存在する。
これにより、少ないコア数でも、より多くの処理をこなすことができる。

コア数 評価 ひとこと
6(ヘキサ)以上 動画エンコードなどの並列処理には向いているが、
4コア超のマルチコアに最適化されていないゲームがあるので注意※
4(クアッド) ゲームをするなら最低限ここから
2(デュアル) ネット、データ管理、Officeなら困らない
※マルチコア非対応のゲームであっても、将来的にマルチコアに対応する可能性がある。長期的な視野でPCを使うという人は、6コア以上のCPUを買うのが望ましい。


クロック周波数

「頭」の速さ。クロックが2倍になったら速度も2倍。わかりやすい!
どんな用途でも効いてくる。
※ゲームなどで速度に限度がある場合は速すぎても意味なし。逆に速すぎて困ると言えば熱管理がめんどくさくなるぐらい。

CPUソケット

CPUの形状。
CPUとマザボは対応した製品でなければ乗せることすら不可能なので、双方ソケットの一致している物を購入しよう。
メーカー CPUソケット ひとこと
Intel LGA1151 メインストリーム!
LGA2066 新ハイエンド!
LGA2011-3 旧ハイエンド!
AMD AM4 メインストリーム!
TR4 ハイエンド!
FM2 旧・APU用

アーキテクチャ

CPUの世代みたいなの。
IntelならKaby Lake(第7世代)が、AMDならRyzenのZenが最新。

シリーズ

同世代内の種類分け・ネーミングみたいなの。
シリーズごとに大まかな違いがある。
メーカー シリーズ ひとこと
Intel Core i9 10~18コアでHT・OC対応の新ハイエンド!
Core i7 4コアHT対応!OC耐性高!
800/900番代は6コア以上!
Core i5 4コア多し!コスパ良い!(HT無し)
Core i3 2コア上位!HTで4スレッド!
Pentium 2コア中位!(Kaby Lake以降はHT装備)
Celeron 2コア下位!
Xeon サーバー向け安定高出力型!
AMD Ryzen Threadripper 8~16コア、16~32スレッド!
Ryzen 7 8コア16スレッド!
Ryzen 5 6コア12スレッド!or 4コア8スレッド!
Ryzen 3 4コア4スレッド!
Aシリーズ APUのブランド名。
上位のものからA12、A10、A8、A6、A4と続く。
Athlon X4 デスクトップ用製品としては最下位のクラスを担当。
GPUはない。
FX Ryzenの前身。消費電力無視の爆熱製品。

※HT(ハイパースレッディング)…1コアあたり2スレッドで「見かけ上コア数が2倍」みたいな動きをさせる技術。IntelではCore i7/Core i3/Pentium(Kaby Lake以降)に搭載されている。AMDでは同じものが「SMT」と呼ばれる。こちらはRyzen 7/Ryzen 5に搭載。
※OC(オーバークロック)…CPUの高速化。規格外の速さで動かせる。

内蔵GPU

画面出力機能。グラボをつけるならいらない。
Core i9やCore i7 x800/x900番代、Ryzenなど、そもそも搭載されていないものもある。

その他のスペック


型番名注記

Intel Core/Pentium/Celeron
(例) Core i5- 7400
(例) Core i7- 7700 K
(例) Core i3- 6100 U
(例) Core i7- 3630 QM
(例) Core i9- 7980 XE
数字 基本的に大きい方が高性能!
末尾のK・X・XE OC対応!
末尾のC OC対応!(Broadwellのデスクトップ向け)
末尾のT 超省電力!(ただし性能は削られている)
末尾のS 省電力!(ただし性能は削られている)
(Broadwell以降では消滅)
末尾のP 内蔵GPU無し or 内蔵GPUが下位クラス
末尾のU ノートパソコン用通常品
末尾のM 旧・ノートパソコン用通常品
末尾のQ・QM ノートパソコン用4コア
末尾のH ノートパソコン用上位GPU搭載(Irisなど)
末尾のHQ ノートパソコン用上位GPU搭載かつ4コア
末尾のHK ノートパソコン用上位GPU搭載かつOC対応
Intel Pentium/Celeron
(例) Pentium G 4560
(例) Pentium 4405 Y
(例) Celeron J 3355
数字の前のG デスクトップ向け
数字の前が
ブランド名だけ
ノートパソコン向け
数字の前のJ・N タブレット向け(極低性能)
末尾のU・M ノートパソコン用の通常品
末尾のY モバイル用の通常品
AMD Ryzen/Ryzen Threadripper
(例) Ryzen 3 1200
(例) Ryzen 5 1600 X
(例) Ryzen Threadripper 1950 X
数字 基本的に大きい方が高性能!
末尾のX XFRの伸びしろが大きい(+100MHz)
AMD AシリーズAPU
(例) A10- 7800
(例) A12- 9800 E
(例) A8- 7670 K
数字 基本的に大きい方が高性能!
末尾のE 省電力!
末尾のK OC対応!

※XFR(eXtended Frequency Range)…CPUの温度に応じて、最大ブーストクロックを超えて周波数を上げてくれる技術。自動でやってくれる。BIOSから有効/無効を切り替えられる。X型番でなくとも作動するが、この場合は伸びしろが+50MHzにとどまる。
※AMDのRyzenなら全製品でOCに対応に対応している。

キャッシュ
CPUの一時的な記憶領域。
CPUから近い順にL1、L2、L3、…と分けられる。

単に「キャッシュ」とだけ表記してある場合は通常L3(もしくはL2+L3)キャッシュを指す。

(参考)知っておきたい知識OC(オーバークロック)

OCとはCPUやGPUの高速化のこと。
規定以上の速さで動かせる。
マザボ上の機能で行う。

CPUのOCを行う最低条件は基本的に以下2つ
  • マザボがOC向け
  • CPUがOC対応
(IntelならCore i5-6600Kなど末尾「K」「X」「C」のものが対応している。)
(AMDのRyzenなら全製品でOCに対応する。←ココ重要!!)

詳しくはOCの手引きを参照。

(参考)内蔵GPUってあった方がいいの?内蔵GPUでどこまでできるの?

グラボをつけるなら内蔵GPUはいらない。
内蔵GPUでできるのは2Dゲームぐらいまで。

(参考)CPUの総性能はベンチマークでしかわからない

CPUの性能を左右するのは主にコア数、クロック数(GHz)、アーキテクチャ、キャッシュ(MB)である。
しかし、アーキテクチャによる性能が非常にわかりにくいため、CPUの総性能はこれらの総合(ベンチスコア)でしか分からない。
そのため、コア数、クロック数が高くても性能の低いCPUはいくらでもあるので注意。

(参考)動画エンコしたいんだけど、爆速CPU買えばいいの?30万とか高すぎるんだけど…

寝てるときエンコするなら低速CPU(Celeron G3930など)で十分。
一刻を争うなら高速CPU(Ryzen 7 1700などの多コア製品)を買うべし。スレッド数が物を言う。