SSD

早い話が「円盤のディスクでなくて、超高速なUSBメモリみたいなのを使ってHDD代わりにする」と考えてもらえばいい。

具体的なパーツはおすすめパーツリスト参照


容量

お高いからOS用って人→256GBおすすめ。

それ以外の人はどんどん積もう。
HDDなんか窓から投げ捨てろ。


タイプ

SSDにはSLC、MLC、TLCの3タイプがある。

これらによって違うのは主に耐久性と価格。
バランスの取れたMLCと低価格のTLCが最近人気。
タイプ ひとこと 耐久性 価格
SLC 1つのセルに1つのデータが組み込まれる!
MLC 1つのセルに2つのデータが組み込まれる!
TLC 1つのセルに3つ以上のデータが組み込まれる!

読み込み速度・書き込み速度

読み書き速度。
MLCだと500MB/s前後のものが多い。

サイズ

店で見かけるのは、2.5インチの内蔵タイプ+3.5インチ変換マウンタセット。
これを買おう。

ちなみに2.5インチだからノートPCにも積める。

接続規格

SATA

一般的なSSDに使われる接続規格。
マザボとSSD、内蔵HDD、光学ドライブを繋ぐ規格であるためストレージ以外でも重要。
速度ごとにSATA6Gbps(SATA3)>SATA3.0Gbps(SATA2)>SATA1.5Gbps(SATA)と分かれている。
SATA達は接続の互換性はあるけど、最近のマザボもSSDも内蔵HDDも光学ドライブもSATA3で最速規格。
やったね!

ちなみに最大速度の理論値はこんな感じ。
世代 最大速度
SATA 1.5Gbps≒150MB/s
SATA2 3Gbps≒300MB/s
SATA3 6Gbps≒600MB/s

SSDは読み書き速度500MB/s前後なのでSATA3で繋がないと生かせないので注意。


M.2

2015年ぐらいから流行り始めた規格。PCI-Express同様爆速である。
M.2接続でもインターフェース(動作モード)があり、誤解を恐れずに言うとSATAとNVMeがある。SATAだとその名の通りSATAと同じ速度しか出ないため、利点は省スペースなだけであるが、NVMeならその倍以上速い。
価格.comを見るならインタフェースにPCI-Expressと書いてあるものを選ぼう。

PCI-Express

一部の高級SSDに使われる接続規格。
SATAよりもかなり高速であり、グラボの接続と同じ規格である。

数百万円するものも多々あり、一般用途でPCIExpressのSSDを見ることはない。


知っておきたい知識RAID

複数台のSSD、HDDをひとつにまとめて、高速化したり安全性を高める方法。
普通にやれば2倍近く速くなる。
SSDなら1000MB/sとか。
マザボのオンボ機能でだいたいできる。
詳しくはRAID?なにそれおいしいの?を参照。

神パーツのSSDについて

最近PCが重い!起動が遅い!

├ 1.PCを買い換える

│ [まちがい]   
│   確実な方法ではありますが、お金がかかるのが難点です。
│   それよりも別の手段を探してみませんか?
│   ちょっとしたパーツ交換でなんとかなるかも?
│         ↑
│       ココがポイント!

└ 2.SSDを使う

   [せいかい]

…SSDを買うしかない。とにかく買え。信じるものは掬われる(キリッ


SSDを買った感想等

  • SSDを買ったら彼女が10人出来て宝くじが三回当たり一部上場企業に就職が決まったのでカウンタック転がしてウハウハです!(24歳・童貞)
  • SSDを買った次の日からちゃんと皮が剥けるようになりました!(30歳・真性)
  • SSDを買ったら友達が出来ました!激レアエロ同人誌も手に入り、株で山勘が当たって税金の計算に忙しすぎです!未だに信じられません(26歳・童貞)
  • Intel SSD使ってる。先月秋葉行ってパーツ探しに行ったら見た瞬間に即決した。カッコイイ、マジで。速い。電源スイッチ入れると通電する、マジで。ちょっと感動。しかもSATAだから換装も簡単で良い。嘘かと思われるかも知れないけどRAID0にしたらCrystal Disk Markで1000Mbyte/sec位でマジでIntel SSDで抜いた。(22歳・大学生)


何故SSDはネ申速なのか

HDDはデータを読むとき一々ヘッドをシークさせる必要がある。
通常NTFSのクラスタサイズは4kbyteなので、普段は4kbyte毎にシークをしている事になりランダムリード/ランダムライト4kbyte状態である。
この状態では殆どの時間シークに費やしており、読み/書きをしている時間は極々僅かになってしまう。
SSDの場合このシークが無い為に爆速なのである。

SSDの中にもライトキャッシュが無い奴やコントローラーチップやファームウェアが糞なものもあり、こいつらはHDDと大差なかったりHDDより遅いものもある。


SSD限定テク(レジストリ変更による自動デフラグの無効化等)

Windows XP/2003Server向け。他のOSでも同じかも試練が保障はしない


自動デフラグ無効化

XP以降のOSはアイドル時に自動でデフラグするようになっている。
Windows7からはSSDに対しては行われなくなった。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\OptimalLayout]
にDWORD値で「EnableAutoLayout」を作成し、値を「0」にする


プリフェッチ無効化

  • P以降のOSは起動時に読み込まれるシステムファイルやアプリケーションを記録しプリフェッチログを作成、そのログを元にアイドル時にHDDの先頭にそれらのファイルを配置するプリフェッチ機能ががある。
これもSSDでは無用の機能なので無効にする。まずはプリフェッチログ作成を停止する。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management\PrefetchParameters]
の「EnablePrefetcher」は初期値「3」になっている。「0」にするとプリフェッチログは作成されなくなる。

  • 次にプリフェッチログを元にファイルの再配置を行わないよう設定する。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Dfrg\BootOptimizeFunction]
の「Enable」は初期では「Y」になっているので 「N」にすると無効


最終アクセス日時を更新しない

こちらはWindows2000~Windows7やHDDのマシンでも変更すると僅かに快適になる。
最終アクセス日時を利用しない人のみ行う事

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem]
の「"NtfsDisableLastAccessUpdate"」を「00000001」にする事で最終アクセス日時が更新されなくなる。
Vista以降はデフォルトになったのでそのままで良い。



             / ̄ ̄\
             |JMicron.|
             \__/
               |
            /  ̄  ̄ \
          /  \ /  \
         /   ⌒   ⌒   \      よくぞ一番下まで見てくれた
         |    (__人__)     |      褒美としてJM搭載SSDを買う権利をやる
         \    ` ⌒´    /   ☆. 
         /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/
        / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
       / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.     .______
      .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \  /Runcore/|____
      l    _|___|ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ_| ̄ ̄ ̄ ̄_.|/_TFTEC/|
         ./G.SKILL ヽ-'ヽ--'   ./SiliconPower_/|_|____.|/|
        .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|  __| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |/ IODATA ./|/|____
     / ̄ CFD  ̄/|  ̄|___」/_ PhotoFast/| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|/Buffalo./|____
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ KEIAN ̄/| ̄ ̄ ̄ ̄|/ A-DATA /SuperTalent_/|__ ̄|/__    /|
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄OCZ  ̄/| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/UMAX/|  /  |
  / ̄ Patriot/Transcend ̄/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |/ELECOM ̄/ ̄ PQI  ̄/|___|/ /
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/      ./
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄