※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

熱い視線


翌日 花屋の店先にて。

謙太郎「……」
利枝「あら…あなた、如何したの? さっきからきょろきょろと……」
謙太郎「……変な視線を感じる」
利枝「あらあら、ひょっとしてあなたのファンなのかしら? だったらサインを書く準備をしてあげないと……」

??「……(パイプを咥えた枯れ枯れの狼のオジさん。
   あのハードボイルドな雰囲気、落ち着いた物腰……ああ、何てダンディなの!
   あれが妻帯者じゃなければもっと良かったのに!)」
卓「……(多分、その変な視線の主はあの人間の女店員なんだろうけど……。
  何処かで見た憶えはあるんだけどな? う~ん、全然思い出せないや……)」


こんなワンシーンがあったとかなかったとか。