既出ジャンル「下ネタ姉」まとめ&保管庫 看護編・その6

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

診察その1 茄

弟「そそ、そそれでは!なな、ナース服をはだけてください!」
茄「はいっ♥」
しゅる・・・くぃい!!
弟(うはぁ・・・つ、ついにはだけちゃった・・・ブラが・・ブラが丸見え!!)
弟(ピンクのブラ!おっぱいは大きくないけど、セクシーなブラだから、これでも十分色っぽい!)
茄「先生・・・その・・・じろじろ見ないでください・・・恥ずかしいです///」
弟「Σ (゚Д゚;)す、すすすすみません!」
茄「本当に、いやらしい目で見てないですか?」
弟「そ、そんなことはないです!そ、それでは始めます!」
弟(姉ちゃん達、怒る様子もないな・・・これはこれで不気味で怖いよ!)
3人(うふふふふ♪・・・)
弟「では、胸板から・・・」
すちゃ・・・
茄「あんッ♥」
弟「ど、どうされました!?」
茄「ん!ちょ、聴診器が冷たくて、ちょっとびっくりしただけです///」
弟「は、はあ、それでは続けますね」
トクン・・・トクン・・・トクン・・・トクン・・・
弟(こ、これが茄さんの音・・・トクントクンしている・・・)
弟(それにしても、はだけたナース服といい、ブラといいそして何より白い素肌が色っぽいよ)
弟(肌理細やかで、すべすべしてそうだ・・・それに手のひらに収まりそうなおっぱい・・・たまんない!)
弟(おっと!興奮しちゃダメだ!興奮したら、俺の愚息が!)

茄「先生・・・鼻息が荒いようですが?」
弟「!!!?そ、そんなことありません!」
茄「ほ、本当にですか!?あたしの体見て診察じゃなくて、いやらしいこと考えていませんか?
  診察と偽って、いやらしいこと始めませんよね?」
うるうる・・・うるうる・・・
弟(その濡れた瞳で見つめられると、体がのぼせちゃうよぉ!)
弟「だから、そんなことしませんよ!」
茄「し、信じていいんですね?それじゃあ、先生・・・ここも苦しいんで見ていただけますか///」
ふにょん♥
弟「!!!!?そ、そこは!そこは無理ですって!」
茄「でも、ここ・・・乳腺も苦しいのに・・・出来ないってことはどういうことですか?」
弟「だって!誤って手で触れてはいけませんから!!」
茄「ひどい!先生はわざとおっぱい触れる気なんですか!?ひっく・・・先生を信じていたのに!」
茄「巨乳なら、触れちゃうかも知れませんが、あたしぐらいの大きさなら、わざとでない限り触れないのに」
3人「ピクッ!」
茄(!・・・)
弟「な、茄さん落ち着いてください!僕の言い方が悪かったです!」
弟「ただ、乳腺と聞いて慌てただけですから!」
茄「ひっく・・・ぐすっ・・・分かりました・・・先生、信じますから///」
弟「そ、それでは、乳腺を診察いたします!」
茄(・・・大体読めたわ、あなた達のたくらみ・・・うふふ!やはりお子様ね!)
  (そんな作戦だけで、弟君がなびくかどうかなんて、決まらないのにね☆)
  (ま、とにかく楽しみだわ♥)

弟「し、失礼します!」
ふにょん♥
弟(っっっっ!!や、やわらかい!)
ふにょふにょん☆
茄「・・・あっ!・・・うぁ・・・あん!」
弟(うわぁ・・・茄さん、色っぽい声出し始めちゃったよ・・・こ、興奮しちゃだめだ!)
ふにょふにょ・・・つつー・・・ふにょにょん
茄「う・・ぁ・・・ぁっ・・・あっ・・・ぁん♥ はぁ!はぁ!」
弟(こ、この声って・・・つ、突っ込んでおくべきか・・・?)
弟「な、茄さん!先ほどから苦しい声出していますが、いかがされました!?」
茄「はぁ・・・はぁ・・・そ、その///お・・・おっぱいが変な気分になったからです///」
茄「そ、それより、せ、先生・・何だか・・・聴診器の動きが・・・いやらしいです・・・
  おっぱい嘗め尽くしてるようで」
弟「そ、それは気のせいですよ!乳腺の音聞くんですから、ある程度の動きは仕方がないですって!」
弟(ううう・・・普通に動かしているだけなのに、なぜか茄さんが変な声上げるんだよな・・・)
弟「そ、それでは、左側を・・・」
ふにゅふにゅ!ふにゅふにゅ!つつつつーーーー・・・・
茄「んあ!?・・ぁっぁっぁっ♥・・・・・ふぅぅぅっ!!」
弟「(や、やっぱりこれって喘ぎ声だよ!声が、か、可愛い過ぎるよぉ!)
弟(息使いが荒くなってきたし、白い素肌がほんのり赤みを帯びてきてる・・・)
弟(こ、これって感じてるってこと!?と、とにかく色っぽいすぎる!!!!)
弟(ましてやとびっきりの美人だから、こ、興奮しちゃう!!!)
弟「(*´Д`)ハァハァ・・・」
茄「・・・せ、先生!はぁはぁしないでください!やっぱり、イヤらしいことを考えていらしたのね!」
弟「Σ (゚Д゚;)そ、そんなことはありません!ど、どこにそんな根拠が!」
茄「しらばっくれないでください!先生のパジャマのズボン、ものすごく盛り上げっています!」
弟「あっっっっ!!!!!!ぐ、愚息が!!!!!」

茄「あたしの裸想像して、おちんちん膨らませるだなんてひどぃ!」
弟「や!だ、だって!な、茄さんがいやらしい声上げるから!!」
茄「あたしのせいにするんですか!?いやらしく聴診器を動かしたくせに!」
弟「そ、それはだから診察のたm」
茄「あたしは乳腺を調べてっていったのに、先生はわざと感触を確かめるようにしてました・・・」
茄「あれは、もう痴漢行為です・・・ひっく!ぐすっ!」
弟(わわわわ!な、茄さんいつもと様子がおかしいよ!と、とにかく何とか誤魔化さなきゃ!)
弟「ちちちちち違うんです!!!こ、これはわざとああやって、動かす必要があったんです!」
茄「!!じ、自分のやった行為を正当化するきですかっ!?」
弟「お、落ち着いてください!茄さん、あなたは胸がキューとなるといいました!」
弟「特に乳腺が苦しいと、おっしゃりました!」
茄「そ、それがどうかしたんですか!?」
弟「今は苦しいですか?」
茄「な、何を!そ、そんなこと言ったって騙されはs・・・あれ・・・そういえば苦しくない?」
弟「ほっ!つまりは、そういうことですよ。」
茄「よ、よく分かりませんが?」
弟「茄さん、あなたの症状は、典型的な恋の病なんです!」
 (うわぁ・・・つい、のりで言っちゃったよ!く、くさすぎるよぉ)
3人「な、なんだってー?」
弟(そこ、のり良すぎ!)
弟「あなたは、彼氏と別れ、最近になって気になる男の子が出来たといいましたよね?」
弟「あなたは、その男の子のことを好きになったんですよ!」
弟「けど、その傷みを取るには、その子に告白するのがいいんですが、
  応急処置として、痛みを取ったんですよ!」
弟「乳腺をマッサージして、少しでも恋の病を和らげたんです!」
茄「・・・・・・先生・・・・」
弟(て、適当にでっちあげたんだけど、ど、どうなるのかな?)

茄「・・・くっ・・・」
弟「ごくっ!」
3人「・・・くっ」
弟以外「ぷっ!!!あっはっははっはは!!!!も、もうダメェ~!!!!」
弟「え!?え!?み、みんなどうしたんだよ!?」
茄「あっははははっははははっっっ!!!!お、おかしいよぉ~!!!!ぷっ!あっ!あっはっははは!」
姉「あはははは!!!!!!お、弟~!なにマジになってんのよぉ~!!!!!
  お姉ちゃん笑い転げちゃったじゃない~!!!!」
A「あんなにドギマギするだなんて、ホント可笑しいぃ~~!!!!」
B「本気にするところが、またかっわいい!」
弟「ど、どういうこと!?」
茄「もう!弟君!君って本当に面白すぎ!お姉さん、ますます惚れちゃったわ!」
姉「あのねぇ、これはお医者さんごっこなんだよ?さっきのは演技に決まっているじゃない♥」
A「それなのに弟君、ちょっと脅されたぐらいで、あたふたするんだから☆」
B「それに恋の病~?ぷっ!よくそんなくさいこと、言えたわねぇ♪」
弟「そ、そんな!みんな分かっていただなんて!ひ、ひどいよ!」
茄「ひどいも何も、君が遊びだってこと忘れているのいけないのよ♪」
3人「そうそう!」
茄「そ・れ・に♥気になる子に告白したら直る、だなんて言ってたけど・・・
  あたしの気になる子のことは、当然知っているわよねぇ♪」
弟「な、何が言いたいんです?」
茄「ふふ!もうわかってるくせにぃ!もちろんあたしが弟君が好きって言ってあるんだから
  さっき言ったことは、裏を返せば・・・告白されたいってこと、だよね~♪」
弟「!!!ちちちち、違います!!!あ、あれはとっさに出た思いつきというか!」
弟「つ、都合のいいように解釈しないでください!」
茄「だ~め!お姉さん、本気にしちゃったもんねぇ!てことで、弟君!付き合ってください♥」
弟(わわわ!どうしよう!?そ、そういえば、姉ちゃん達、何で怒らないんだ?)
弟「ね、姉ちゃん達!茄さんが告白したんだよ!?な、なんで怒らないの!?」

姉「その質問待ってました!弟!でかしたわ!」
A「茄さん、弟君は告白したら直るといっただけで、付き合ったら直るとは言っていませんよ」
B「それに、最初に出会ったときから告白しているんですから、そもそも診断結果はおかしいんですよ?」
茄「ふふ!分かっているわよ!また、弟君をからかっただけよ?あなた達、当然分かっていたわよね?」
姉「うぐっ!も・ももももちろんですとも!ね、ねぇ!?」
A「え、ええ!も、もちろん、それぐらい分かっていましたよ!!!」
B「ちょっと、か、確認したまでですよよよ?」
弟(・・・姉ちゃん達・・・相手は茄さんなんだよ・・・)
3人(くぅ!!!茄さんをギャフンと言わせれると、思ったのにぃ!)
茄(あは!ホント可愛い!あれしきのことで、鬼の首取った気になるんだから☆
  甘いわね♪そんな咄嗟の思いつきで、あたしを倒すだなんて無理よ♥)

茄「あはは~♪面白かった♪」
弟「あうぅ・・・」
茄「先生☆これで診察は、終わりですか?」
弟「えっ!・・あ、はi」
A「お待ちください、先生。カルテの欄に、身長体重などが抜けていますので、それを測ってください」
姉「項目は、身長体重、それに・・・スリーサイズ!」
弟「すりーさいず・・・!スリーサイズッ!ぶほっ!!!!!(;´Д`)ハァハァ」
茄「あら///スリーサイズだなんて、恥ずかしい///とくに男性に測ってもらうだなんて///」
B「でも、必要事項ですから♪」
茄「し、仕方ないですね。先生、よろしくお願いしますね?」
弟「は、はいっ!(す、スリーサイズ!スリーサイズ!)」
茄(・・・なるほどね・・・確かにこれはあたしを最初にして、静観しておいてよかったんだ)
茄(スリーサイズ測るのは、あくまで作戦の一部のようね)
茄(それで、その後に攻撃を仕掛けるつもりだろうけど・・・何するか、大体見当ついちゃった!)
茄(この後の展開が読まれるようじゃ、まだまだね♪)
弟「(;´Д`)ハァハァ スリーサイズ(;´Д`)ハァハァ」

姉「はい、先生!このメジャー使ってくださいね!」
弟「Σ (゚Д゚;)は、はい!(今回は本当におかしい!姉ちゃんが怒らないだなんて!)
3人(ふっふっふ!第1作戦開始よ!これは勝てる!)
茄(あらあら、もう勝った気になっちゃってる♪)
A「あ、その前に身長体重は測れませんから、覚えている範囲でお答えくださいませんか?」
B「あ。体重は嫌でしたら、別に答えなくてもいいですよ。」
茄「ほっ!良かった。体重は知られたくないですから」
弟「そ、そんなものなんですか?それに、太ってなんかいないですよ!」
A「もう!弟君!女性が自分の体重を言うのって、恥ずかしいんだよ!」
B「そうそう!個々の身長とかで違うのが分かっていても、他人より重いとやっぱりショックなんだよ!」
姉「弟のばか!」
弟「け、けど!」
茄「もう!もうちょっと女の子について、お勉強してよね!なんなら、あたしがおしe」
姉「おっほん!!それじゃ、身長をどうぞ!」
茄「うふふ!・・・えっとね身長は158.5cmよ。小柄な部類よ」
A「それじゃ、先生。スリーサイズを」
茄「じゃあ、上、脱ぎますね///」
弟「ちょっと待ってください!ふ、普通は服の上から測るんじゃないんですか!?」
茄「けど、それじゃあ、正確に測れないじゃないですか。」
B「先生、正確に測らないとダメですよ?」
弟「で、でもそれじゃあ (;´Д`)ハァハァ」
茄「良いんです!先生になら、見られても///それに、さっき見たじゃないですか」
弟(あああ!やっぱり色っぽい!!!)
弟「わ、分かりました!では上をはだけてください!」
しゅる・・ぱさ・・・
弟(うっはーーー!上半身ブラジャーだけ!!!!ま、またやばくなってきた!)
弟「そ、それでは・・・胸からは、ははは測りますすすすすっ!!!」
茄「はい///」

くるっ!・・・
A「先生。それじゃあ大まかに巻いただけです。もっときゅっとして下さい」
弟「け、けどそんなことしたら、ぶ、ブラに触れちゃうう!」
B「先生。そんなこと考えるほうが、いやらしいんですよ?」
弟「わ、分かりました・・・それじゃあ・・・」
きゅ!
茄「あん♥先生、きつ過ぎます!実際より小さくするなんてひどいです!」
弟「す、すみません!は、初めてなものでして!つ、次こそ!」
しゅる・・・
弟((*´Д`)ハァハァ・・て、手に!指先にブラが当たってるよぉ!)
弟「//////え、えーと・・・」
姉「あらあら、先生!照れていないで、早くしてね☆」
弟「!!えっと・・・82.4cmですね・・・」
茄「うんうん!正確に測れたね。あたしバストはずっとその値よ!」
3人(!!!!!良し!!!これで勝機は見えた!!!)
茄(うっふっふ!勝った気でいるようだけど、あたしね、この勝負勝つ気ないのよねぇ♪)
茄(『この勝負』は♪)
姉「それじゃあ、次はウエストを!」
しゅる・・・
茄「ひゃ♥くすぐったい!」
弟(うはぁ・・・茄さんのおなかに触れちゃった///やわらかすべすべ///)
弟「えっと・・・55.5cmです・・」
3人「へぇ~結構ほそーい!すごーい!」
茄「そう?ありがとう!」
  (やはり、バストのときほど、反応が薄いわ!これはもう、あたしの読みは決定的ってわけね♪)
姉「それじゃあ、先生最後にヒップを♪」
弟「ごくッ!わ、分かりました。では、失礼いたします!!」

弟(な、茄さんの小ぶりで引き締まった、お、お尻が!!!)
弟(・・・それにしてもこの病院、スカート丈短いよ!これってもうミニだよ!!)
弟(ふ・・・ふとももがたまんない!!!!!)
弟「そ、それでは!!」くるっ!
茄「先生!何でその状態で測るんですか?」
弟「へっ!?な、何か問題がありました!?」
茄「問題ありです!!なんでスカート履いた状態で測るんですか!?」
弟「えっ!!?な、なんでって、それは・・・」
茄「もう!だから、スリーサイズは正確に測る必要があるって言ったじゃないですか!」
茄「そのままで測るだなんて、酷いです!」
弟「えっええ!で、でもそれだと・・・ぱ。パンt」
茄「とにかく!先生、スカートをずらして、測ってくださいね♥」
弟((;´Д`)ハァハァ て・・・てことは、ぱ、パンティが拝くぁwせでrfthyじゅいこ!)
弟「そ、それじゃ、す、すすスカート、ずっずずらしてくだs」
茄「何言っているんですか!?スカートは・・・先生がずらすんじゃないですか///」
弟「!!!ななんあな、なんですとぉ!!!!!
  う、うれしい申し出ですが、て、手がふさがるから、無理です!!!!」
茄「もう、先生♥ こういうのって測る人がずらすのですよ?」
弟「(*´Д`)ハァハァ ほ、本当!!」
茄「ええ♥(本当は嘘に決まっているけど☆ 弟君、我を忘れちゃってる♪)」
茄「それに・・・女の子がここまでしているんですから・・・恥をかかせないで///」
弟「(*゚∀゚)=3ハァハァ わ、わかった!!全力でズラしますから!!!」
弟「せ、先生に任せてください!」
茄「ええ///よろしくお願いします」
茄(きゃー♪すっごく興奮してる!!スカートずらして、パンツ見るだけで、すごく興奮してる!)
茄(ああ、、あたしも興奮してきちゃった☆)

弟「そ、それでは!ず!ずらします!」
茄「もう先生♪そんなに力いれちゃイヤです♥」
3人(静観、静観♪)
茄「・・・ゆっくり・・して・・ください・・ね///」
弟「は、はい!そ・・・それでは・・(つ、ついに!!!!!!!!)」
ず・・・ずる・・・ずるう!!!!」
茄「・・・やぁ♥しょ、ショーツ・・・見られちゃった///」
3人(へえ・・・あの年頃だとあんな下着、履くんだ。結構似合うなぁ)
弟((;゚∀゚)=3うあっははははあああぁあ!!!!!!!)
弟(つ、ついに!ついにパンティとご対面!!!!!!!)
弟(し、白のレースのパンティ!!!!!せ、セクシーだなぁ!!!!!)
弟(姉ちゃん達のも見たことあるけど、可愛い系だもんな)
弟(あれもあれでそそられるけど、こっちはこっちで興奮しちゃう!)
弟(な、茄さん、こんなの履いていたんだ・・・こんな姿で夜迫ってこられたら!!!)
茄「///せ、先生!そ、そんなにショーツ、じろじろ見ないでください/// は、恥ずかしいです///」
弟「!!!す、すみません!!!つ、つい!!!」(でも見ちゃう!ビクビクッ!)
弟(あ、あの薄布の向こうに、茄の秘所が!!!!!)
弟「(;´Д`)l \ァ l \ァ l \ァ l \ァ l \ァ l \ァ」
茄「ぁ・・・やぁ♥ せ、先生・・・い・息を荒げない・・・やん♥」
茄「息が・・先生の息が・・・あ・・あそこに! ひゃあ♥」
弟「!!!も、申し訳ない!」
茄「先生・・・女性のパンティ見て興奮しているんですか?・・・
  お医者さんなら裸見ることもあるのに、興奮しているんですか?・・・スケベです///」
弟「いや!あのっ!あのっ!こ、これは!その!な、茄さんが美人だから!つい!」
茄「まぁ、美人だなんて/// 先生お上手ですね☆」
弟「いやぁ・・・テレテレ///」
姉「うおっほん!先生!無駄話はそれくらいにして、早く測定してくださいませんか?」
弟「!!も、申し訳にない!それでは測定します!」
姉(静観のつもりだったけど、ちょっと我慢できなかったよぉ!)

弟「じゃあ・・・楽にしてくださいね?」
弟(な、茄さんのお尻、キュートだなぁ・・・
  スカート越しから見てても、いい形だなってわかっていたけど、スカートがないと良くわかる!!」
くるっ
茄「んっ♥」
弟「・・・目盛りあわせ・・・と」
茄「・・・!!?ひゃん!?」
弟「!!す、すみません!(お、お尻のお肉が出てる部分に触れちゃった!や、やわらかい!」
茄「せ、せんせい・・・き、気をつけて下さいね///」
弟「え、ええ・・・では気を取り直して・・・」

ぷにゅん!
茄「ひゃあ!?せ、先生!い、今確かに触れましたね!?」
弟「わわわわああわ!わ、わ業とじゃないです!ふ、不可抗力です!」
弟「ていうか、どうやっても触れてしまいますって!!!」
茄「そ、そうですよね・・・せ、先生の手が触れても、今度は我慢しますから///」
弟「は、はい!(が、我慢!?て、てことは、あからさまに触っても、何も言われないってこと!?」
弟(ど、どうしよう!!?お、俺の天使と悪魔が!!)
弟天『こら!俺!痴漢行為は犯罪!姉ちゃん達もいるんだぞ!姉の前で性犯罪者になるつもりか!!?』
弟悪『けっけっけ!俺!そんなの気にせず揉みしだけよ!
   だって我慢するんだし、何より俺に好意ずっと示してきたんだから、襲っても返って喜ぶだろうぜ!』
弟天『おい!悪魔!男女関係はな!健全であるべきなんだよ!手をつないぐことから、始めるべきなんだよ!!』
弟悪『おいおい!? 女が迫ってきたなら、本能の赴くままに、めちゃくちゃにしたらいいじゃねぇか!
   何なら、この場全員で一緒にくんずほぐれつするべきだ!
   弟!AB姉とも一緒にいやらしいこと、したいよなぁ!?』
茄「・・・?先生・・・またあたしのパンティ見て、ぶつぶつ言ってます!」
弟「Σ (゚Д゚;)す、すまない!そ、それでは今度こそ、計ります!」
茄「ええ、『少々』のことは我慢、しますから///」
弟(俺の出した答え・・・それは・・・間とっていたずら程度に済ます!)
弟(これなら、天使も悪魔も納得!)
3人(と、とめたい気分だけど、作戦のために我慢我慢!)
茄(うふふふふふ♪)

ぷにゅん
茄「ぁっ!」
弟「えっと、支点はここ・・・っと!」
ぷにぃ!
茄「や、やん♥ せ、先生///」
弟「我慢ですよ!我慢!」
茄「は、はい///(うふふ!いい顔!もっと大胆にしてほしいなぁ♪)
弟(や、柔らかあったかい!!!!ぷにぷにしてて、触れるたびに尻肉がぷるぷる震えてたまらない!)
弟(はあはあ!つ、次はあれを見てみたい!!!!よし、作戦実行!)
ぽとっ!
弟「あ、すいません、落としてしまいました」
ひょい!・・・くん!するん!
茄「ひゃあん♥ せ、先生!今指で!!?」
弟「おや、拾い上げた拍子に、指がお尻の割れ目をなぞり上げてしまったようですね」
弟((*´д`*)ハァハァ パンティの食い込み見れた!!!たまらん!!!!!!」
3人(ちょっと、業とらしいよぉ!!!何よ、あんなにハアハアしちゃって!)
茄(あっはは!この子いやらしぃ~♪食い込みパンツ見たかっただなんて♪)
茄(あは!ほんと、童貞らしい行為ね♪お姉さん、ますます童貞奪いたくなっちゃった♥)

茄「いや~ん、先生!ショーツが喰いこんだところ、じろじろ見ないでぇ!」
茄「ただでさえ、パンティ見られるのって恥ずかしいのぃ///」
ごそごそ
弟((´・ω・`) ああ、茄さん、パンティもとの状態に戻しちゃった)
弟(それなら・・・別の方法で!!)
弟「あ、茄さん、やはりもう一度パンティを喰いこませます!」
茄「ええ!先生どういうことですか!?やっぱり、エッチなことを考えていらしたのね!?」
弟「いえいえ、先ほど『正確に』とおっしゃいましたよねぇ・・・
  だからちょっとでも、下着のダボつきがあってはいけませんからね・・・」
弟「だから、少しでも下着を、ピッチリさせる必要がありますよねぇ!」
茄「い、言われて見れば!せ、先生ごめんなさい!先生を疑って!」
弟「いえいえ!良いんですよ!(よしっ!)
茄(ぞくぞく~♥ 本当にエッチな子で体が震えちゃう♪)
茄(あのいやらしい顔、たまんない♥)
姉(・・・・・・・プルプルっ!!!)
A(落ち着いて!姉!ここは耐えて!これは想定内でしょ)
B(!というか、茄さんに先にエッチな行動させるのも、作戦のうちなんだから!)
姉(わかってるわよ!!でも弟めぇ~!いやらしく鼻の下のばしおってぇ~!!!)
茄(あらあら♪そんな様子で本当に作戦がうまくいくかしらね☆」
弟(はぁはぁ!け、けつ!喰いこみケツ!た、たまらん!!!!

弟(ど、どうやって食い込ませようかな・・・良し決めた!!」
弟「そ、それじゃぁ!ぱ、パンティを食い込ませます!(;´Д`)ハァハァ」
すぃぃぃっ~~~・・・
茄「んっ!!!!」
弟(えへへ~!う、上から下へゆっくり動かしてみました!)
弟「ん~?ま、まだ食い込みが足りませんねぇ!」
ぷにゅんぃぃっぃ~~~!
弟(っっっぅぅぅ~!!!し、下のほうは柔らかい!!!!)
茄「あぅ・・・やぁん♥」
弟「どうされました?」
茄「s、先生/// な、何でもありません///」
  (やだ、この子指使いが上手いよ///)
姉「イライラ~!!!せ、先生!もう十分ですよね!!?」
弟「いや、まだたるんでいる部分があります。ですので、こうなったら指で一箇所ずつ、押し込んでいきます!」
姉「#!!!そ、そそそそうですかっ#########」
弟「ええ!たるみはいけません!たるみは!(*´Д`)ハァハァ」
A(あちゃあ・・・弟君、姉の怒りに気づいていない。)
B(姉!何があっても我慢するっていったんだから、約束、守りなさいよね!!!)
姉(うっぅぅうぅぅ~~~~!!!!# チンポ勃起させといて、何がたるみはいけませんよ、だぁ!!!)
姉(思いっきり、お尻触りたいだけじゃない~~!!!!!」
弟「そ、それじゃあ、丁寧に押し込んでいきます!!」
茄「はい///お願いいたします///」
茄(ふふ!あんなにはぁはぁしちゃって!おちんちんも遠慮なく勃起させてるし☆)
茄(あの顔、食い込ませるのを口実に、あたしのお尻をもっと弄くる気の顔だわ!)
茄(あぁ♥いやらしい顔!普通男の子のいやらしい顔って下品で、いやになっちゃうんだけど
  弟君のいやらしい顔って、下品じさを感じない! もう最高ね!)
茄(わくわく!どんな風に触ってくれるのかな☆)

弟「(*´Д`)ハァハァではっ!!!!!!!!!」
がしぃぃ!!!
茄「やん!?せ、先生!?」
姉「!!!な、なんで左腕で太もも、抱え込むのよぉ!!!?」
弟「なんでって?動かないように固定しているだけですよ?」
さすりさすり♥
茄「やぁん♥ 先生ったら!」
弟「おっとっと☆手が滑ってしまいました」
姉「っっっっ#############!!!!!」
A(・・・や、やばいよ!姉がヤバイよぉ!!)
B(弟君、我を忘れちゃって・・・ちょっとくやしい!!!)
茄(太ももも触りにくるなんて!!!本当に素質があるわ☆」
弟(くぅ~~!!太もも!!!すべすべ!!!よぉし!太もも触りつつ、お尻つんつんしちゃう!)

弟「では!」
すりすり、ずぶっ!
茄「ひゃあん♥あ、ああ♥」
弟「我慢してくださいよ!!我慢!!(くはぁ!!尻肉の柔らかさが伝わる!!!それに・・感じている!?)
すりすり!ずぶ!すりすり!ずぶ!!!・・・・すりすり・・・すりすり・・・
茄「ひゃあ!!?・・あんっ!あぁ・・・・・んん♥」
弟「ん~・・・今のところこれでいいかな・・・」
すりすり・・・すりすり・・・・・すりすりすりすりすりすり・・・・すりすり・・・
茄「ん・・・・くっ♥・・・・あ・・・あぁ・・・せ、先生・・・つ・・次は・・んあ!」
弟「ちょっと待ってください。今これでいいか、観察していますので」
すりすり・・・すりすりすりすりすりすり・・・・・・すりすり!
茄「せ、せんせい!・・ふ、ふとももは、何で・・・なでて・・・
  そ、それに先生の・・鼻息がお、おしりに・・・ひゃっ♥」
弟「今さすっているのは、緊張を解すためです!カチカチになっていましたからねぇ!!」
弟「それに鼻息は申し訳ない!凝視しすぎたみたいで!」
弟(むっはぁ!!!!!た、たまんないっ!!!!!こんな美人の太ももさわりまくれるだなんて!!!)
弟(すべすべしてて弾力があって!!!お尻も形がいいし!!も、もっと触って触りまくって、観察しちゃう!!!)
茄(あああ♥ 太ももあんなにうれしそうにさする男の子、初めて♥)
茄(手つきがいやらしすぎて、太ももなのに感じちゃう!)
茄(それにお尻を凝視して・・・あたし今まで、いやらしい目で見られるのって嫌いだったけど、
  弟君ならなぜか平気になるなんて!)
茄(ああ、もう視姦ね!見て!もっと見て!興奮させて!!)
茄(あたし、こんなにエッチだったんだぁ♥)
姉「ブツブツ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
AB(あ、姉が怖いよぉ!!!!!)

弟「はあ!はあ!」
茄(うふふ!おちんちんもパンパンにしちゃって!昨日も朝もあんなにだしt)
すりすり!ずぶぅぅう!! 
茄「!!っっひゃあああ!?い、いきなり!!!!ゆ、指がっっっ!お、お尻にぃ♥」
弟(あああ!指がお尻に挟まれちゃった!!あ、あったかやわらかい!!!)
弟(よぉし!このまま!!!!)
ずぶ!!ずぶっ!!ずぶっっ!!!!!!すりすり!すりすり!
茄「んあ!?・・・くぅぅ!!!あ・あぅぅ!!!!」
茄(ゆ、指が食い込むたびにっ!!1か、感じちゃう♥)
弟(くぁwせdrftgyふじこ!!こ、この感触!!!病み付きになりそう!!!!)
弟(太ももも良い!良すぎる!良すぎるよぉ!!!!では、もっといくぜ!!!)
ずぶっ!!ずぶっ!!!ずぶぅぅぅぅぅ!!!!
茄「きゃああ!?そ、そこは!!!?」
弟(こ、これは!!?ここはもしかして・・・なら!)
弟「ここはお尻通しの溝が深いから、もっとパンティが入るようですね」
ちょんちょん!ちょんちょん!
茄「ひゃあ!?あん♥s、せんせいそ、そこはダメェ!!」
弟「どうしたんです?」
茄「せ、せんせい!そ、そこは・・ひゃん!?そこは・・・やめてぇ・・・」
弟「そこってどこです?それに何故やめて欲しいんです?」
茄「やぁ!!s、せんせい!そんなこと言わせない・・・あっ!!!?」
弟「ほらほら、言わないと分かりませんよ?」
茄「せ、先生のいじわるぅ!」
A(お、弟くんが言葉攻め!ちょっと意外!)
B(け、けど、これはこれでそそられるわ!)
弟(こ、言葉攻めってこ、興奮する!!!)
茄(やぁ♥と、年下の癖に言葉責めだなんて・・・で、でも感じちゃうビクビク!)

姉(くぅぅ!!な、茄さんうらやましい!!)
A(姉!?しょ、正気にもどったの!?)
姉(うん!普段マゾの弟が、あんな積極的でいやらしくなるなんて、初めてみるから、怒が吹っ飛んじゃった!)
姉(それに『例の作戦』のためには、怒りなんて我慢しなきゃいけないし!)
B(確かに弟くんのSっ気なんて、そうそう見られるもんじゃないしね!)
A(けど姉、今確かうらやましいって言っt)
姉(!!!?ぶんぶんぶん!そ、そんなこと言ってないと!!)
B(ん~・・まぁそういうことにしといてあげる☆)
姉(と、とにかく、今は見守るわよ!)
B(そうね!つまらないこと言っている場合じゃないわ!)
A(そうそう・・・あたし達はこれを見届けなくちゃいけないからね!)
姉(ふふ!・・・そう、あたし達は『これ以上』の行為しなければ、ならないからねぇ☆)

弟「ほらほら!言ってください!どこがどういけないんです!?」
ちょんちょん・・・ちょんちょん・・・
茄「あっ♥あっ♥い、いいますから、いいますから!て、手を休めてぇ!」
茄「はぁはぁ・・・あ、あのっ///あ・・あなr///い、いや!え、え~っと・・お、おしr・・のあnが///」
弟「なになに?聞こえませんねぇ!!」
茄「お、お尻の穴、ゆ、指で弄くらないでください////へ、変な気分になるんです///」
弟「おやおや、お尻の穴を攻めていましたか。それにしても、あなたさっきアナルって言いかけましたね?」
茄「いや!そ、そんあエッチな言葉、言っt」
ずぶっ!!!
茄「あっ!!!!」
弟「ふふふ!嘘はいけません!確かに言いかけました!・・・
  それにあなた、アナル弄られて感じていたんですね!」
茄「いや!いやぁ!そ、そんな言葉使わないで!そ、それに感じてなんか!!」
弟「でも、ここ弄ると、いやらしい声が漏れていますが?」
ちょんちょん、ちょんちょん!ずぶ!」
茄「あっ!あっ!いやぁ!!あん♥お、お願いやめてぇ!き、汚いのがついちゃうう♥」
弟「おや!?ということは、大便したあt、きちんと拭いていないってことですか?不潔ですねぇ!」
茄「そ、そんなことないです!ちゃ、ちゃんと拭いてます!!!」
B(s、すごぉい・・・こ、興奮してきちゃった)
A(せ、責めるのも上手いだなんて!)
姉(一緒に暮らしている、あたしも驚いたよ・・
  これは、エッチのときにお母さんを殺しかけた、お父さんの血もあるってことなんだ・・・)
http://www19.atwiki.jp/hutati/pages/49.htmlの一番下
茄(そ、そんな!お、弟くんが、こんなに責め上手だなんて!)
茄(こ、これは嬉しい誤さn・・・あんっ!さ、さっきからアナルばかり♥)
茄(それに絶え間なく、太ももすりすりもしているし・・・こ、これはやばいかも♥)
茄「はぁっはぁっ!!!!!っっっ~~~!!!!んんんっ♥」
弟(s、凄い!凄い凄い凄い!)

ちょんちょん!ちょんちょん!ずぶ・・・ずぶ・・・
茄「んぁあ!んあ!!!!はぁっ!はあ♥」
茄(んあぁ!あ、あたしアナル弄られて感じちゃってる!!お尻の穴弄られて感じちゃってる!)
茄(アナルは弄られたことないし、趣味じゃないのに!ビクビクッ!でも感じちゃう!)
弟(い、息が荒くなってきた!!そ、それなら!)
ずぶ、ずぶ・・・ちょん・・・・ちょん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・茄「ひゃあ♥あっ♥・・・・・・・・?せ、せんせい?な、なんで・・・やめたんです?」
姉(じ、焦らす気?・・なの?)
A(だとしたら、やるわね!)
B(そういう素質も、ありってわけね)
弟「なんで?だってやめてって言ったじゃないですか。だからやめたんですよ♪」
茄「そ、そんな・・・」
茄(ど、童貞の癖に、じ、焦らすなんてぇ♥)
もじもじ!もじもじ!
弟「そんなにもじもじして、どうしたんです?やっぱりさっきはアナル責められて、喜んでいたんですね?」
茄「そ、そんなこと!!!」
弟「ちゃんとおねだりすれば、もう一度やってあげますよ?」
茄「!!っ!~~~・・・・お、おね・・・がいし・・ます・・も、もう一度・・・ゆ、指でさ、・・・触ってください!」
茄(あ、あたしが、このあたしがマゾ行為させられるだなんてぇ♥)
茄(Mッ気ないと思ってたのに・・・こ、こういうのも良いよぉ♥これがMの気持ち・・・)
弟「・・・・・・・・・・・・」
茄「せ、せんせい!?」
茄(ど、どうしたの!?・・・そ、そうか、もしかしてこの後、変態的なこと言わせるかな)
茄(wkwkw!!!!!く、屈辱的行為なのに!こ、興奮してきちゃった!)
茄(ああ♥あたし、M開眼したかも♪)

弟「・・・・・・」
3人(どきどき・・・wktkwktk!)
茄「せ・・・せんせぇ///(いやぁ!早くなにかしてぇ!お、おかしくなtty)
ずるぅぅぅんっ!!!
茄「んひゃぁぁぁっぁあああ!!!?」
  (う、上から割れ目を、一気になぞりあげた!!?)
弟「そんな、切ない声上げるだなんて・・・いやらしい看護婦ですねぇ・・・」
弟「ほら、そんなにいいなら、今度はしたからなぞりあげてあげます!」
ずぶっずるるるるるっぅ!
茄「んんんんんっっっっ~~~~!!!!!」
茄(や、やばいよぉ!これだけなのに、なぜか感じちゃってるよぉ!)
弟「ふぅ・・・ようやく、良い食い込みになりました♪」
茄「へっ!?も、もう終わり?」
弟「ええ、だって本来の目的は、パンティの食い込みですから、これだけ食い込めばもう十分です」
茄「そ、そん・・・!!ぶんぶん!や、やっと終わった!せ、先生のエッチ!」
弟「ふふふ・・・残念そうに感じられましたが♪」
A(それにしても、茄さんのお尻・・・い、いやらしい///)
B(ええ・・・女の人のお尻なのに・・・こ、興奮しちゃうなんて///)
姉(パンティが食い込こみって、あんなにいやらしいんだ・・・)
茄(こ、ここでやめるだなんてぇ!ここは責めできなのにぃ!)

茄(そ、それに何でアナル責めないのよぉ!)
茄(普段Sなあたしなんだから、ここは嫌がるあたしをマゾの喜びを味わせたいと、思わないのぉ?)
茄(汚い言葉言わせて、焦らして、そしてアナルにショーツごと指を突っ込みたい、思ってよ!)
茄(馬鹿ね弟君。あたし、アナル嫌だけど、開眼しそうだったのに・・・
  弟君が未知の領域、無理やり開こうとしてたんだよ?
  でも中途半端に終わっちゃったから、アナルの開眼はなくなったよ・・・チャンス無くなったんだよ!)
弟「それでは・・・お尻の喰いこみはおわりましたが・・・ここも食い込ませたほうがよさそうですねぇ☆」
茄「ここって・・・・クロッチ?」
弟「そう!ここも指でなぞって、割れ目にパンティを食い込ませます!!はぁはぁ!!!」
3人(そ、そこまで!!!い、いやらしい!)
茄「・・・嫌です・・・」
弟「へ!?今なんと?」
茄「嫌といったんです!先生!やはりいやらしいことが目的でしたのね!」
茄「クロッチ部分をなぞりたいだなんて、言い換えれば、あたしの性器に触れるってことですよ!」
弟「い、いやこれは、ヒップを測るのに正確にするt」
茄「嘘はやめて!先生!自分の下半身をみてください!おちんちんが勃起しているじゃないですか!」
茄「あたしに触れて、いやらしいこと想像しまくってたんじゃないですか!」
弟「い、いや!こ、これは!あのね!な、茄さんもいやらしい声d」
茄「あたしのせいにしないでください!そもそも先生がやるって言い出したんですよ!
  言い訳は聞きたくないです・・・ひっく!先生信じていたのに・・・劣情を催すだなんて・・・ぐすっ!」

めそめそ・・・
弟「!!!ごごごごめんなさい!ちょ、ちょっと調子に乗りすぎたから!と、とにかくごめん!」
茄「ひっく!・・・うぐっ!・・・良いですよ・・許してあげます・・・考えたら、あたしも原因がありますから」
弟「ほっ!よ、よかった・・・(ああ!調子に乗っちまったよぉ!)
姉(んふふ~!弟!でかした!自らチャンスつぶすだなんて!)
A(よかったぁ!茄さんが嫌がってくれて!)
B(ふふふ!茄さんも自らあたし達に、選択肢を広げる結果にしてくれたし♪)
茄(めそめそ・・・なーんてね♪本当はやらせてあげてもいいんだけど、引くのも作戦の内♪)
茄(弟君には、お仕置き☆あそこで責めなかったから!あたしのマゾ・アナル開発やめたから!)
茄(弟君・・・あそこでやめるだなんて、ただの屈辱行為だわ・・・やるならとことんやって、新境地開かせなきゃ)
茄(だからあたし、しばらくはMにはならない!弟君、やっぱりあなたはSより、Mのほうがお似合いよ♥)
茄(ふふ!覚悟しといて!この恨み今日の夜、晴らしてあげるからね♥)
茄(苛めて苛めて、お姉さんのおもちゃにして、自分がマゾってこと思い知らせてやるんだから♪)
茄(あたし好みの、変態マゾにしてあげるわ☆)
茄(それと、お姉さん達・・うふふ!あたしが嫌がったら安心したわね!)
茄(あたしがわざとやめたのに気づいていない☆
  うふふ!どうせ、あたし以上の行為をする気でしょうけど、
  それだけじゃあ決まらないってこと、教えてあげる☆)

弟「うう・・それでは・・・ヒップ測ります・・・」
くる・・しゅる・・・
茄(あらあら、そんなに落ち込まなくてもいいのに。
  どうせ、お姉さん達が、いやらしいことさせてくるんだから♪)
弟「え・・・っと、83.7cmですね」
A「てことで、まとめますと
身長:158.5cm
  B:82
  W:56
  H:84
A「という風に、なります。身長以外は四捨五入です
B「へぇ、バランスが良いですねぇ!」
姉「うらやまし~!」
茄「ふふ!ありがと☆(あらあら、お世辞いっちゃって☆うふふ!この娘たちも苛めがいがあるわ星)」
弟「そ、それでは診察を終わります」
茄「ふう!終わったぁ!あ~楽しかった!あっ!弟君!さっき怒ったのも、半分演技だから、気にしないでね?」
弟「そ、そうなんですか?で、でも半分は怒ってたってことですね」
茄「いいのいいの!あたし、細かいことは気にしないから☆」
弟「よ、よかったぁ(でも少し残念)
茄(うふふ!なーんてね!あたしは女の子らしく、根に持つタイプよ☆覚悟、しといてね♪)
弟(それにまだ一人目なんだよなぁ。・・・疲れた・・・後3人、残ってるんだよなぁ・・・)
弟(おれのチンコ、おかしくなりそうだ)
姉(よぉし!これで茄さんは終わったぁ!辛かったぁ!)
A(ええ!いよいよあたし達の作戦が、始めれるわね!)
B(うん!茄さんよりエッチなことをさせて、弟君をメロメロにさせる作戦が!)
姉(それに弟の大好きな、学園服のコンボ!これは成功させる・・いや絶対成功するに決まってる♪)
A(あは!今から、茄さんの悔しがる姿が目に浮かぶわ♪)
B(そうそう!これは茄さんより『ナイスバディ』なあたし達ができる作戦だしねぇ!)
3人(あはははははは♥)
茄(いよいよね♪お手並み拝見~!ああ!あなたたちまであたしを楽しませてくれるなんて♪)

戻る 次へ