Ensiferum

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Official - MySpace - E-Metallum

Dragonheads


ある時ふと「新作が出たら(今のところ)絶対買うバンドって何があるだろう?」と思って考えてみたところ、咄嗟に出てきたのは Korpiklaani、Symphony X、そしてこの Ensiferum なのでありました。考えてみればこれは不思議で、Korpiklaani はヒッたんが素敵すぎるので当然ですし、Symphony X は以前書いた通り思い出補正がありますが、しかし Ensiferum には特にそういう「何か」が無いのです。にもかかわらず、咄嗟に思いついた「新作が出たら絶対買うバンド」に含まれている。ふしぎ!

それはやはり Ensiferum が素晴らしいバンドであるからと言うより他無いので、みんなもっと Ensiferum を買うべきだと思います。

まぁとにかくそんな風に Ensiferum は素晴らしいバンドである事を自分の中で再確認してみたわけですが、その割に このミニアルバム「Dragonheads」を買っていなかった事に気付きました。ミニアルバムなんてどうせ殆どの曲がその後のフルアルバムに含まれているんだろう…と思っていた事がその理由ですが、しかし調べてみたら「殆どの曲がその後のフルアルバムに含まれている」どころか、全曲ともフルアルバム未収録なんですね。というわけで購入しようと思った時には既に購入していたッ!

Ensiferum のアルバムというと、#1 はインストで、それに滑らかに続く #2 は疾走曲…という流れですが、ミニアルバムということでその流れではなく、一曲目にミドルテンポの漢臭さ全開の渋いタイトル曲を持ってきました。これがまた良いんだ…

#2 はデビュー前の曲の再録ですが、それを感じさせない高完成度の渋い曲です。#4 もデビュー前の曲ですが、こっちはやや荒削りな感も。だがそれがいい!とりあえず咆哮から入るのが高ポイントです。

#3, #6 はフィンランド民謡をアレンジしたインスト曲らしい。これがまた良いんだ… フルアルバムの #1(特に 3rd)などを聴くと、やはりこうした民謡アレンジの上手さを感じます。

ところで 3rd のライナーノーツには「フィンランドはヴァイキング文化との関わりがさほど深くない」とありますが、「Dragonheads」だの「Njord」だの、ヴァイキングや北欧神話系の単語が出てきます。やっぱり Ensiferum は ヴァイキングメタルですよ。

レビュー:猫と重金属


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

最近の更新

取得中です。

メニュー


本家


リンク