※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

黒井文太郎
『謀略の昭和裏面史
──知られざる対外インテリジェンスの全貌』
(宝島SUGOI文庫)


目次


目次

  • まえがき ニッポン現代史の地下人脈
  • 昭和裏面史の見取図
  • 序章 昭和裏面史の読み方
    • 昭和を知るキーワード ━━旧軍特務機関と右翼人脈で読む日本の裏面史
      • 「戦前・戦中」裏面史のキーワード
        • 満州国
        • 関東国
        • 大陸浪人
        • 特務機関
        • 日中戦争
        • 参謀本部
        • 特高警察
        • 憲兵隊
      • 「占領期」裏面史のキーワード
        • G-2
        • CIC
        • A級戦犯
        • 公職追放
        • 逆コース
      • 「独立回復後」裏面史のキーワード
        • 55年体制
        • 右翼
        • フィクサー/黒幕
        • 公安警察
        • 日本共産党
        • KGB
        • 安保闘争
  • 第1章 関東軍の大謀略
    • 謀略のルーツは「大陸浪人」と「帝国陸軍」━━大日本帝国の大陸進出を陰で支えた男たち
      • 頭山満、玄洋社、黒龍会
      • 陸軍情報将校と大陸浪人・川島浪速
    • 「張作霖爆殺」の陰謀━━戦乱の出発点となった関東軍の暴走
      • 満州軍閥を謀殺
      • 大陸進出の野望が挫折した大正期日本
      • 中国政策をめぐる日本政府と関東軍の軋轢
      • 軍を追われた河本大佐の意外な「出世」
    • 仕組まれた戦争「満州事変」━━参謀たちのシナリオどおりだった満州占領
      • 謀略に賛同していた陸軍幹部
      • 陰謀劇だった「上海事変」
      • 溥儀擁立と満州国建国
      • 2人の主謀者、運命を分けたもの
    • 満州の黒幕━━土肥原賢二と甘粕正彦━━傀儡国家を陰で操った2人の謀略家
      • 土肥原賢二▶陸軍きっての"謀略のプロ"
      • 上海の謀略組織「土肥原機関」
      • 甘粕正彦▶謎に満ちた満州の"黒幕"
      • 阿片密売にも関与した「甘粕機関」
      • "影の存在"がなぜ出世できたのか?
    • 「盧溝橋事件」と特務機関の暗躍━━日中の"交戦"を扇動した「茂川機関」
      • 退けられた不拡大路線
      • 軍事衝突を策謀した茂川機関
  • 第2章 テロ&クーデター
    • 「桜会」クーデター未遂事件━━陸軍秘密結社の暴走とその黒幕
      • 青年将校の過激組織「桜会」
      • 3月事件
      • 10月事件
      • 過激派のリーダー・橋本欣五郎
    • 浜口首相狙撃事件と血盟団事件━━「右翼テロの時代」へ突入した日本
      • 未曾有の不況に見舞われた昭和初期
      • 浜口首相銃撃事件と佐郷屋留雄
      • 「一人一殺」の血盟団事件
      • 戦後も活動した血盟団員
    • 「5・15事件」と血盟団人脈━━昭和を揺るがせたテロ事件の主謀者たち
      • 血盟団に呼応した青年将校
      • 受け継がれたテロ人脈
    • 軍部の内紛だった「2・26事件」━━「統制派VS皇道派」の暗闘が生んだクーデター
      • 辻政信の士官学校事件
      • 永田軍務局長斬殺事件と2・26事件
      • 処刑された北一輝と西田税
    • 戦前・戦後を貫く右翼テロリスト人脈━━神兵隊クーデター未遂から東条英機暗殺計画まで
      • 戦後大物右翼の原点=神兵隊事件
      • 神兵隊の残党が起こした「勤王まことむすび事件」
      • 東条首相暗殺計画
  • 第3章 大陸の特務機関
    • 上海「松機関」の偽札作戦━━蔣介石政権の経済攪乱を狙った謀略
      • 麻薬密売から偽札工作へ
      • 偽札工作首謀者3人の特異な経歴
      • 知られざる香港「興亜機関」人脈
      • 陸軍登戸研究所
    • 「梅機関」と南京傀儡政権樹立工作━━汪兆銘担ぎ出しの黒幕は参謀本部直属の特務機関
      • 影佐機関(梅機関)の正体とは
      • 陸軍のスパイ・マスター=影佐禎昭
    • 「里見機関」のアヘン工作━━民間人を使い、麻薬ビジネスに手を染めていた陸軍
      • 陸軍のダミー商社「昭和通商」
      • 上海の阿片密売総元締め「里見機関」
      • 謎の「村井機関」
    • 大陸浪人集団「児玉機関」━━海軍の物資調達を担った児玉誉士夫グループ
      • 児玉機関のコワモテ人脈
    • 「上海特務機関」&「G機関」の謎━━上海に張りめぐらされた極秘のスパイ網とは?
      • 海軍の通信傍受機関「X機関」
      • 海軍のスパイ諜報網「G機関」
    • テロ組織「ゼスフィールド76号」━━共同租界を血に染めた「藍衣社」とのテロの応酬
      • 梅機関の別動隊だった中国人テロ組織
      • 血塗られたテロ機関の末路
    • 白系ロシア人部隊と蒙古人部隊━━浅野部隊と磯野部隊の知られざる「対ソ連謀略」
      • 哈特諜
      • 悲劇の白系ロシア人部隊「浅野部隊」
      • 蒙古人部隊「磯野部隊」
      • 不首尾だった少数民族工作
    • ユダヤ人工作「河豚計画」━━満州にアメリカのユダヤ資本を誘致しようとした日本
      • 発案は日産グループ総裁
      • 挫折した河豚計画
  • 第4章 太平洋戦争「謀略」秘史
    • 特務機関のビルマ・インド独立波工作━━「南機関」「F機関」「岩畔機関」「光機関」
      • 南機関のビルマ工作
      • マレー工作、インド工作に活躍したF機関
      • 自衛隊情報部門を育てたF機関長
      • 怪傑ハリマオ
      • 岩畔大佐、再登場!
      • インド工作の光機関
      • 安機関とベトナムの"ラストエンペラー"
    • 戦場に流れた「謀略ラジオ」━━ジャワを無血降伏させたニセ放送
      • 伝説の「東京ローズ」
      • 偽放送で敵の降伏に成功
    • 世界に放たれた日本のスパイ━━「星機関」「立石機関」「小野寺機関」「東機関」
      • ベルリンの「星機関」
      • イスタンブールの「立石機関」
      • 握りつぶされた「小野寺機関」の情報
      • 藤村海軍中佐のスイス工作
      • スペイン経由の「東機関」情報
    • ゾルゲ事件━━諜報団VS特高警察━━いまだに謎が残る昭和最大のスパイ事件
      • 近衛文麿側近グループに浸透
      • 第1の謎▶ゾルゲを操っていたのは誰か?
      • 第2の謎▶ゾルゲ諜報団はなぜ露見したのか?
    • 731部隊と516部隊━━GHQとも取引した細菌戦部隊、謎の毒ガス戦部隊
      • 戦争犯罪を免責された731の隊員
      • 毒ガス戦教育専門機関=陸軍習志野学校
      • 毒ガス研究の第516部隊
    • 吉田茂を監視した「ヤマ機関」━━偽装して要人邸に入り込んだ陸軍省防諜班の特別チーム
      • ヤマ機関の要人監視スパイ
      • ヨハンセン(吉田茂)工作
      • コーゲン(近衛文麿)工作
    • 広田弘毅・近衛文麿に暗殺計画!?━━和平工作阻止に、毒殺工作まで準備した軍部強硬派
      • 和平に動いた2人の元首相
      • 陸軍の和平反対派が元首相の毒殺を準備していた!?
  • 第5章 「焼け跡」の陰謀
    • 終戦クーデター計画━━「宮城事件」と中野学校出身者たちの「本丸計画」
      • 意外に少なかった終戦時の混乱
      • 皇族を潜伏させる「本丸作戦」
    • 毛沢東暗殺計画━━アメリカ情報機関の要請でテロを画策した元特務機関員グループ
      • 二重スパイとなった元日本軍特務機関員
      • 暗殺団の流転
      • 中島証言をめぐる謎
    • 消えた日銀ダイヤとM資金━━日銀地下金庫に集められたダイヤモンドの謎
      • ダイヤをネコババしたGHQ高官
      • M資金の謎
    • 「帝銀事件」陰謀説の正体━━平沢貞通に罪をかぶせる「権力の意思」はあったのか?
      • 事件前に発生していた2件の「未遂事件」
      • 平沢貞通は「冤罪」だったのか?
      • 支援者が喧伝した「陰謀論」
      • 捜査線上の旧軍関係者
      • 事件幕引きのウラに米軍の影
    • 反共工作に暗躍した元軍人たち━━「有末機関」「河辺機関」「服部機関」とGHQ
      • ウィロビーのブレーンだった「有末機関」
      • 反共工作に動いた「河辺機関」
      • 日本再軍備に暗躍した「服部機関」
      • 吉田茂とGー2を繋いだ辰巳機関
      • 知られざる「竹松工作」
      • 中国に米軍情報を密かに流していた有末機関
      • 服部機関のクーデター計画
  • 第6章 日本の黒い霧
    • 「キャノン機関」の地下人脈━━政界・警察トップも関与していたGHQの工作組織
      • 表沙汰になったキャノン機関
      • 米ソ対立の影響
      • 左翼弾圧の時代へ
      • キャノン機関の内幕
      • CIAに吸収されたキャノン機関
      • 傘下の日本人エージェント
      • 密輸工作に関与
    • 謀略の「昭電疑獄」━━疑惑追及の理由はGHQの内紛にあった
      • ケーディス民政局次長のスキャンダル
    • 謎の勢力「ジャパンロビー」━━「逆コース」仕掛け人の狙いと、その日本人人脈とは?
      • ジャパンロビーと手を組んだ吉田茂
    • 下山事件、三鷹事件、松川事件の謎━━戦後の三大未解決事件はGHQの策謀だったのか?
      • 不可解なことだけの「下山事件」
      • 冤罪の可能性が残る「三鷹事件」
      • 左派労組を陥れようとした「松川事件」
      • 下山事件の新説
    • 国共内戦、朝鮮戦争に参戦した日本人━━台湾義勇兵、白団、山西野戦軍、中尾飛行チーム
      • 台湾軍を指導した「白団」
      • 山西野戦軍
      • 朝鮮戦争に参加した日本人
      • 日本人戦死者もいた
    • 共産党VS公安警察━━白鳥事件の謎と菅生事件の陰謀
      • 白鳥事件
      • 菅生事件
      • 潜入警察官のヤラセだった爆弾テロ
    • CIAのエージェントだった自民党最高幹部━━機密解除文書に見る戦後アメリカの対日工作とは
      • 「児玉は単なるプロの詐欺師…」
      • CIAのエージェントだった法務大臣
      • 岸信介はCIAが首相にした!?
  • 第7章 高度経済成長の舞台裏
    • 55年体制を作った「黒幕」の系譜━━「保守系政治家」「財界」「フィクサー」の談合が決めた日本国のかたち
      • GHQとの関係を利用したフィクサー
      • 辻嘉六と児玉誉士夫の政界資金
      • 保守合同と日韓交渉の陰で動いたフィクサー
      • 自民党が計画した暴力団・右翼の組織化
      • 財界フィクサーの系譜
    • 「昭和の妖怪」岸信介を支えた反共/満州人脈━━元A級戦犯容疑者の宰相の周囲に集まった2つのネットワーク
      • 「昭和の妖怪」の周辺に集った反共人脈
      • 満州人脈による経済再建
    • 賠償ビジネスに群がったフィクサー━━「巨額利権」をめぐって暗躍した政商たち
      • 暗躍する政商
    • 戦後の裏外交を歩いた「昭和の参謀」瀬島龍三━━『不毛地帯』の主人公は何をやってきたのか
      • 防衛装備ビジネスで暗躍
      • 日韓問題で歴代総理の密使に
    • 日本の"原発の父"正力松太郎の野望━━「総理大臣への野望」の切り札としての原子力導入
      • 米政府の意を受けた読売の原子力キャンペーン
      • 総理大臣になるために掲げた原子力導入
      • 原発を民間事業にした正力
      • 中曽根康弘も原発導入に尽力
      • 自民党の巨大利権と化した原発
  • 第8章 冷戦下の謀略戦
    • 反共抜刀隊&関東会と児玉誉士夫━━右翼と暴力団の仕切り役となった戦後最大のフィクサー
      • 計画で終わった「反共抜刀隊」
      • 児玉に暴力団結集を依頼した自民党
      • フィクサーの要件
    • 右翼タブーの誕生━━浅沼稲次郎刺殺、中央公論社社長宅襲撃、経団連襲撃
      • マスコミの右翼タブーを作った「中央公論社長宅襲撃」事件
      • 新左翼の登場
    • 三無事件は自衛隊クーデター未遂か!?━━仲間には大物議員から現職の陸幕長までが…
      • 自衛隊の不気味な内通者
    • 三島由紀夫と自衛隊「青桐グループ」━━三島クーデター計画に関与していた自衛隊反共人脈
      • 三島のバックにいた警備公安警察と自衛隊幹部
      • 三島を訓練した自衛隊調査学校
      • アメリカも知っていた三島のクーデター計画
      • 自衛隊内の極秘グループ
      • 金大中事件秘話━━KCIAの依頼で金大中を監視していた自衛隊情報機関OB
      • 真相解明されずに「政治決着」で幕引き
      • 工作船を追跡した謎の航空機
      • 金大中を監視していた調査会社
      • 調査会社代表の証言
    • KGBの日本人エージェントは誰だったのか?━━平和な日本に浸透していたソ連諜報網
      • レフチェンコ少佐の爆弾証言
      • ターゲットは産業情報
      • 持ち出されたKGB機密資料
      • エージェントではなかった鈴木宗男
      • 防衛駐在官がKGBエージェントに
      • 共産党幹部宅盗聴スキャンダル━━30年以上も隠されていた公安警察ウラ舞台
      • 内閣調査室は日本版CIAか
      • 共産党幹部を盗聴していた「サクラ」
  • 第9章 フィクサーの亡霊
    • ロッキード事件━━児玉ルートの謎━━軍用機汚職疑惑が捜査されなかった理由
      • ロッキード疑惑の政界工作は"3ルート"あった
      • なぜか捜査されなかったP3C疑惑
      • ダグラス・グラマン事件
      • 昭和33年の戦闘機疑惑
      • アメリカ陰謀説とは?
      • 最大の疑惑は「児玉ルート」
      • 奇怪な日系2世人脈
      • 検察庁が事件にフタをしたのか?
    • 「ニセ電話」鬼頭判事補の右翼人脈━━松本明重、藤原岩市、京都産業大グループほか
      • 背後に広がる反共ネットワーク
    • 「笹川良一」と「統一教会」のタブー━━韓国情報機関、世界反共連盟がリンクする謎のネットワーク
      • 日本の首領=笹川良一
      • 統一教会の庇護者だった笹川
      • 世界反共連盟と国際勝共連合
      • 自民党に浸透した統一教会
    • 中曽根康弘のウラ人脈研究━━児玉誉士夫から元血盟団員の「指南役」まで
      • 河野一郎ラインで繋がった児玉誉士夫、渡邊恒雄
      • 陽明学の権威・安岡正篤との関係
      • 元血盟団員・四元義隆に師事
  • 参考文献リスト

関連ページ



関連リンク