※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目次

第1話「救出行」のメモ

 >
魔都と呼ばれた1930年代の上海。雑多な人種や国籍、階層、さまざまな人々が入り乱れる混沌とした、だがエネルギー溢れるその街で、日本人の財閥が誘拐されるという事件が起こる。駐留する日本軍との武器取引を目論む地方軍閥の仕業らしい。人質を救出すべく、軍閥の本拠に潜入する四人の若者たち。葵、葛、棗、雪菜、とそれぞれに花の名を冠し、桜井機関と呼ばれる諜報機関に属する彼らは特殊な能力を持っていた。
 <

旧江海関(上海海関/税関鐘楼/中山東一路13号)

 アバンで葵が、田舎軍閥・劉宗武軍御用達の武器商人と格闘するシーンの最後に写る特徴的な時計台。現在も外灘(バンド)地区のシンボルマーク的建物。


蘇州河

 別名、呉淞江。太湖から流れ出て、上海市内を抜け、黄浦江に注ぐ川。
 上海租界のバンドと呼ばれた一帯の北端にあたる。

憲兵

 1931年当時、上海に日本陸軍は駐屯していないのでは?と思ったが、上海駐在の憲兵は実際に居たらしい。規模は分からないけれど。
 なお上海租界内での治安維持は、上海に租界権を持つ列強各国共同の自治行政組織である工部局配下の上海工部局警察が担当していた。
 また日本は、虹口地区の日本人居留民保護のため、1927年より海軍の陸戦隊を駐留させている。

特務機関

 旧日本陸軍で、組織的な諜報活動を行うセクションとして「特務機関」の呼称が生まれたのは、シベリア出兵中の1919年。その後、1926年にハルピンで特務機関員訓練所が設立されるが、まだ半官半民の私塾的なもの。日本陸軍直属の特務機関員養成施設は、陸軍中野学校の前身「後方勤務要員養成所」が1938年に設立されるのを待たねばならない。
 すると1931年当時は、まだまだ日本における組織的な諜報活動の草創期。「特殊能力者により構成される特務機関」という奇想天外が有り得なくも無い、「歴史の空白期」と言えるかも。

軍閥…「弱小軍閥の例に漏れず、劉宗武軍の…」

 >
当時の中国には、各地域に軍閥と呼ばれる日本でいう戦国大名的なものが割拠しており、彼ら軍閥の中には、表向きは、中国国民党に従ってはいるものの、中国国民党の動きを快く思っていない輩もいたわけです。本作で鏑木会長を誘拐した劉軍閥もそのうちの一つとなります。

当時の中国国民政府は、まさしく各地の軍閥を勢力下におこうとしていた時期でした。劉軍に対して中国国民党が砲撃をおこなったのも、そのためといえます。
 <
第1回|歴史ナビゲーター・金谷俊一郎氏のワンポイントコラム|閃光のナイトレイド

「メキシコ革命が終わってダブついた中古品」

 メキシコ革命では、1924年に元・臨時大統領アドルフォ・デ・ラ・ウエルタの叛乱が鎮圧されたのを最後に、大規模な戦闘は終息した。
 メキシコでの内戦終結の結果、はたしてどんな中古武器がダブついたのかは不明。
 ただしググると、革命が終わった結果ではなく逆に革命が始まった結果、メキシコ政府からの発注を受け大量生産したのに買ってもらえず不良在庫化して世界各地で売りさばかれた、スイス・シグ社の半自動小銃の話は出てくる。

「最新式のドイツ製をもった国民党」

 国民党の中華民国とドイツは協力関係にあった。
 とは言え、あの著名なドイツ人軍事顧問ハンス・フォン・ゼークト が来るのは1933年だし、そもそも再軍備宣言 (1935年)以前のソ連など国外でこそこそ兵器の開発・製造をしていたドイツが、1931年当時の国際的な厳しい視線の中で、はたしてどんな「最新式のドイツ製」を中国に送っていたのか…

劉宗武軍の兵士が、紙の盤と葉っぱの駒で遊んでいるボードゲーム

 中国の将棋、「象棋(下棋)」と思われる。

青天白日旗

 中国国民党、国民革命軍の軍旗。
 なお1928年、張学良率いる北洋軍閥奉天派は、自らが掲げる「五色旗」を下ろし、この「青天白日旗」を掲げて、蒋介石が率いる南京国民政府に恭順の意を表した(=易幟 )。
 これにより蒋介石による北伐は完了し形式的には中国が統一された。(しかしその後、今度は北伐で活躍した軍人らを含む新軍閥が、中原会戦をクライマックスとする、反蒋介石戦争と総称される内乱を次々と起こし、中国国内のgdgdは満州事変の勃発まで続く…劇中の弱小軍閥・劉宗武軍も、そんな「反蒋」を大義名分に掲げた地方軍閥と思われる。)

旧ノースチャイナ ニューデイリーニューズ&ヘラルド社屋(外灘17号/桂林大楼)

 ラストの葵と機関長・桜井元中佐の"反省会"シーンの場所は、以下のポイントから旧ノースチャイナ ニューデイリーニューズ&ヘラルド社屋の屋上と思われる。
  • 屋上の隅2箇所に東屋のような4本柱の塔がある
  • 桜井機関長の背後に時計台(=旧江海関)が見える
  • 葵の背後に特徴的な緑の三角屋根(=旧サッスーンハウス )が見える
 現在の旧ノースチャイナ ニューデイリーニューズ&ヘラルド社屋には、AIGの支社であるアメリカ友邦保険(AIA)が入っており、大きな赤文字の「AIA」の看板が目印になっている。





            / /..::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:rヘ∩ノ>    l
              レ'..::.::._, -─     ─-   .._::.::.::.⊂,,_o。_,.つ辷__l
             }.::.:/                 ̄` く イ ト、)::.::.))::.::.:l
              //   _. -──r‐─-   .._       └ 辷彡::.::.::.::、
.             /  . イ|/│ ヽ::::::.ヽ -\'^\ ̄~:::::::..._        ー-ヘ
            / /::::::::::|-┼-  \:::::.\ ンァ弐トコー-r-=ニー_        、
            / i::::::::::i::j _,ムニ、   \:::::::、 {::::::r'゚}ノ^ | ::::::::::「`ヽ ̄~゙::::ァー-ヽ
         (  i::i:::::::i小ハ {(::ハ     ` ー 弋_こリ、  リ.::::::/::}  }:::::::::/   /
          `'ーい、:::::lハ ゙弋,;リ       ´.    /.::/:::ムノ丿:::::/ /
                \ヽ::::::l: ´.             //::::::/ーイ::::::::/ ̄
               /〉::::lハ     、             /.::::::/ /:::::::::/
             ' ' ::::::l∧                /.:::// /イ::::::::{    
                 {: l:/{:::::::|\   ` ー'      /.::://   从::::::ハ
                 l: ':::::l|   丶           /:/     _」厶 -‐ヘ
                  ':::|:    丶、   _.  /     -‐'^       '.
                    ヽ         `  ´ i   /               '.
                               i /        _, -‐==ニ二⌒^
                             /  _,、 -‐ '^
                          /    ´
                         /