※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目次

平城弘通
『日米秘密情報機関 「影の軍隊」ムサシ機関長の告白』

目次

  • はじめに──日米秘密情報機関は生きている
  • 第一章 陸軍士官学校と臨死体験
    • サムライの血
    • 起業した父から仕送りが絶える
    • 広島高師附属中のデモクラシー
    • 同級生・阿川弘之のこと
    • 弁論大会で「逆賊のために弁ず」
    • 陸士を不合格になった理由
    • 理科教室助手をしながら受験勉強
    • 「軍縮」ではなく「粛軍」だった陸士
    • 陸軍幼年学校出身者と中学出身者
    • 区隊長の徹底教育
    • 小隊長の多くが戦死したため陸士では
    • 剣道・銃剣大会で優勝
    • 観兵式予行演習でトラックに轢かれる
    • 繰り上げ卒業で中国大陸に
  • 第二章 悪夢の支那戦線
    • 日本軍の戦車は棺桶
    • 租界のなかを隠密裡に偵察
    • 飢餓戦線
    • 我に五倍する敵を逃散さす
    • 雨中の難行軍
    • 左腕に被弾す
    • 窒息死した二0名の捕虜
    • 苦力を射殺した理由
    • 一時帰国、母の死、そして結婚
  • 第三章 日本軍と情報
    • 少年戦車兵学校
    • 古参兵のいじめに耐えるため
    • 朝鮮籍の生徒に対する指導は
    • 密かに米軍放送を聞き戦局を知る
    • 終戦の日、東京に偵察行
  • 第四章 空襲と敗戦
    • 防空壕で死んだ父
    • 離婚の危機
    • 喧嘩両成敗で修理工場長に
    • 労働組合の役員となる
    • 会社一の営業成績
    • 不良営業所の立て直しにスカウトされて
    • 貨物列車と衝突寸前
    • ドッジ・ラインの影響
    • 警察予備隊入隊
  • 第五章 荒涼たる警察予備隊
    • 警察予備隊総隊学校
    • 第三大隊第一二中隊長に着任
    • 甚だしかった規律の紊乱
    • 円匙を振り上げて飛びかかってきた士長
    • 「中隊長のところは酒屋だ」
    • 警備地誌作成で本部情報調査部長からお褒め
  • 第六章 自衛隊の頭脳「陸幕二部」
    • 配属先はソ連情報係
    • 国際情報の第一人者
    • ロシア語との格闘
    • 調査学校ロシア語課程に入学
    • 中央資料隊第一科長
    • 隊長と衝突し陸幕二部に
    • ソ連情報のレベルが向上した理由
    • 電波傍受でソ連の政変を察知
    • ソ連の招待に易々と応じた幹部たち
    • デモ隊が国会構内に乱入した日
    • 未来戦争の研究
    • 日米の信頼感を高めた会議とは
    • 幹部学校卒業者の優遇人事の影響
    • 上官に昇任を集団直訴した者たち
  • 第七章 戦車大隊長
    • 富士学校機甲科の苦い思い出
    • 問題児ばかりで幕僚を構成
    • 日本一の大隊を目指して
    • 訓練用に「ソ連小部隊の戦法」を編纂
    • 戦車砲による三000メートル射撃の効用
    • 誤報記事に断固抗議
    • アイヌ会館落成式で型破りの挨拶
    • 将官まちがいなしの成績
  • 第八章 ムサシ機関長
    • 野猿峠の野宴で上司に物申す
    • 適任者は「自分」
    • 「別班」と「ムサシ機関」
    • 朝霞のキャンプ・ドレークにて
    • ムサシ機関が公にならなかった理由
    • 秘密情報活動の実態とは
    • 防衛庁長官のお墨付き
    • 日米の資金分担は
    • 機関長として見つけた問題点
    • アメリカ側の不信感を除去するためのゴルフ
    • ムサシ機関の資金源
    • 「小金井機関」とは何か
    • 情報勤務者の資質
    • 実名で工作することはあるのか
    • 金大中事件でかけられた疑惑
    • ムサシ機関その後
  • 第九章 痛恨の第二三連隊長
    • 連隊長が憧れの的となるわけ
    • 仰々しい出迎え
    • 左翼をなだめて市内をパレード
    • 「菊演習」とは何か
    • レンジャー訓練で死んだ四人
    • 総監の配慮
    • 「七0年安保」で荒れる日本
  • 第一0 治安出動計画と三島由紀夫事件
    • 全学連や反戦団体の研究
    • 東方二部の組織とは
    • 覆面部隊「東部方面特別調査班」の創設
    • 直轄班の活動
    • 機動隊を訓練
    • 新宿騒乱事件から安田講堂落城まで
    • 絶たれた治安出動の夢
    • 不発になった国際反戦デー
    • 赤軍派の一斉逮捕
    • 東方二部特別調査班の活動
    • 三島由紀夫との出会い
    • 日経連トップの深謀遠慮
    • 二将軍は果たして裏切ったのか
    • 三島に大局観を教えなかったがために
    • 三島事件回想録の中身
    • なぜ機動隊を呼んだのか
  • 第一一章 四六統合図上演習──禁止された研究の再興
    • 統合幕僚会議に、行きたくなかったわけ
    • 陸海空統合図上演習を準備して
    • 内局運用課長の制服組首脳への暴言
    • 画期的な成果をあげた演習
    • 突然、統幕学校へ左遷
    • 「飼い殺し」にして定年退職に
    • 誤れるシビリアン・コントロール
    • さらば陸上自衛隊
  • 終章 宮永元陸将補スパイ事件
    • 部下は公安の部下だった
    • ソ連に渡された重大情報の中身
    • 裁判では秘匿された情報
    • 女性にだらしなかったがために
    • 自衛隊二分論とは何か
    • 情報に捧げた九0年の人生
  • あとがき──情報マンとして生きた九0年の結論

関連ページ




関連リンク









関連書籍