※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中田整一
『トレイシー
日本兵捕虜秘密尋問所』
(講談社文庫)


目次




目次

  • プロローグ 丸裸にされた日本列島
    • 第一節 爆撃目標としての「皇居」
    • 第二節 暗号名「トレイシー」
    • 第三節 アメリカは捕虜から何を聞きだしたのか
  • 第一章 秘密捕虜尋問センターの罠
    • 第一節 ロンドン
    • 第二節 ワシントン
    • 第三節 私書箱651、トレイシー、カリフォルニア
    • 第四節 海軍日本語学校
    • 第五節 ある尋問官の回想
    • 第六節 エンジェル島
  • 第二章 空母「飛龍」と潜水艦呂号第61の男たち
    • 第一節 捕虜第一陣
    • 第二節 ミッドウェーの敗者たち
    • 第三節 潜水艦乗組員の悲劇
    • 第四節 太平洋艦隊司令長官ニミッツの訪問
    • 第五節 真珠湾の零戦操縦士
  • 第三章 A-airシリーズと爆撃目標情報
    • 第一節 サイパン陥落
    • 第二節 合同攻撃目標グループ(ITG)
    • 第三節 記憶で描かれた詳細なスケッチ
    • 第四節 狙われた航空機製造工場
  • 第四章 陸軍省日本資料会議
    • 第一節 集結した「日本の専門家」たち
    • 第二節 日系二世の語学兵に下された密命
  • 第五章 ワシントンの日本人捕虜第一号
    • 第一節 知りすぎた男、海軍大佐沖野亦男
    • 第二節 「フォート・ハント」での尋問
    • 第三節 最高位将校の天皇観
    • 第四節 よくしゃべる捕虜たち
    • 第五節 「打ち首」事件と「誤れる優越感」
  • 第六章 ブロッサム
    • 第一節 サイパン・ブラックラジオ
    • 第二節 グリーンズ・エリア
    • 第三節 「こちらは新国民放送局であります」
  • 第七章 硫黄島の秘密
    • 第一節 最激戦地からの生還者
    • 第二節 明かされた最高機密
    • 第三節 ウッダード大尉とリフェルダッファー中佐
  • 第八章 盗聴された大島浩大使
    • 第一節 ベルリンからワシントンへ
    • 第二節 緊迫した国際情勢のもとで
    • 第三節 収容所を揺るがした「原爆投下」
    • 第四節 Uボートの「戦陣訓」
    • 第五節 捕虜が予言する占領後の日本
  • 第九章 それからの太平洋戦争
    • 第一節 厚生省援護局からの照会
    • 第二節 牧野一則上等兵曹はなぜ射殺されたか
    • 第三節 門内義雄の「長い旅」
    • 第四節 フィッツシモンズ陸軍病院の真実
  • エピローグ 尋問長官ウッダードと靖国神社
    • 第一節 過去を消した情報将校
    • 第二節 靖国神社の存続は誰が決めたのか
  • あとがき
  • 文庫版あとがき
  • 主要参考文献・資料
  • 取材・資料協力者
  • 解説 加藤陽子



関連ページ



関連リンク