※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はてなブログ


目次





関連ページ



はてなブログ検索

Loading


はてなIDから、はてなブログを探す



Myはてなブログ



略称は?


yasuhiro_onishi
Yasuhiro Onishi
略称は 「はてブロ」推奨 の構えです
(2011/10/17 16:45:36)
link

amatanoyo
Sekai Amata
はてなブログが公開された時、略称をどうするかなんて言われていたけど、そもそもたった6文字の言葉を略そうと考えるのは頭おかしいとしか。
(2011/11/08 14:03:58)
link


関連記事




公式リンク

はてなブログ開発ブログ
  • 投稿完了画面から、はてなブックマークに記事を追加できるようにしました
    • はてなブログでは、記事の投稿完了画面 (PC版) から、はてなブックマークに記事を追加できるようにしました。これにより、はてなブックマークを通して記事の更新を知らせたり、多くの人に記事を読んでもらえるよう働きかけたりすることができます。どうぞご利用ください。 記事を投稿した際に利用すると、記事をはてなブックマークに追加できるだけでなく、TwitterやFacebookと連携して各サービスにシェアすることができます。設定方法は、はてなブックマークのヘルプを参照してください。 外部サイト連携機能 - はてなブックマークヘルプ なお、ご利用状況に鑑みて、mixiとはてなハイクにシェアするボタンをそれぞれ削除いたしました。ご了承ください。 はてなブックマークとは はてなブックマークは、オンラインにブックマークを保存・公開できる、ソーシャルブックマークです。はてなブックマークを利用すると、多くの人と記事の感想をシェアできます。自分の書いた記事をブックマークすることで、より多くの人に記事を読んでもらえることが期待できます。 はてなブックマークって? - はてなブックマーク ※はてなでは、「自身が運営するウェブサイトを自身のアカウントでブックマークする行為」については特に問題としていませんが、「特定のサイトに対し、メインアカウントとサブアカウントで複数のブックマークをする行為」などは、スパム行為として禁止しています。詳細は、はてなブックマークのヘルプを参照してください。 はてなブックマークにおけるスパム行為の考え方および対応について - はてなブックマークヘルプ
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • はてなブログProをはてなポイントで購入する場合に、自動リチャージできないなどの不具合がありました(修正済み)
    • 平素は、はてなブログをご利用いただきありがとうございます。 2017年7月10日(月)にはてなブログProで 新しい決済システムを開始 した際に、旧来の決済システムではてなポイントの自動リチャージが正常に動作しなくなる不具合がありました。これは決済代行業者との連絡に不備があったためで、7月27日(木)までに解消されています。 対象となったユーザーの皆様には、ご迷惑をおかけしてたいへん申し訳ございません。今後、再発防止に努めてまいります。 対象となったユーザー様と不具合の詳細 不具合の対象となったのは、7月10日までにはてなポイントではてなブログProを申し込まれたことがあり、はてなポイントを自動リチャージで購入するよう設定されているユーザー様です。 発生した不具合は以下のようなものでした。 自動リチャージされるはずのタイミングになっても、リチャージが行われない 自動リチャージ設定を解除できない 自動リチャージのために登録したクレジットカードで、はてなポイントを購入できない 自動リチャージが解除できないなどの問題でお問い合わせをいただいたユーザー様には、こちらで設定を解除するなどの対応を取り、個別にはてなサポートより返信のメールを順次お送りしています。ご確認ください。 また、不具合により期間中に自動リチャージされなかったユーザー様については、不備が解消されたことにより、7月28日未明に自動リチャージが行われています。 この不具合に関連してご不明の点や、はてなポイントのリチャージでお困りのことがございましたら、お手数ですが お問い合わせ窓口 よりはてなサポートにご連絡ください。よろしくお願いいたします。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • サイドバーの記事一覧モジュールで、本文として「記事の概要」を表示するようにしました
    • はてなブログでは、サイドバーに追加できる「最新記事」などの記事一覧モジュールを改修し、本文として記事の概要 (description) を表示するようにしました。 最新記事モジュールの表示例 なお、はてなブログではデフォルトで本文の冒頭が概要になるため、とくに編集オプションの「記事の概要」を設定していない記事では、これまでと同じように冒頭が表示されます。 編集オプションで「記事の概要」を設定していれば、ブログカードやTwitterカード、Facebookシェアなどと同じようなスニペットで表示します。 記事一覧モジュールで本文を表示するには 記事一覧モジュールでは、記事のタイトル、アイキャッチ画像、更新日時などとあわせて、本文の一部を表示することができます。 ブログのサイドバーに表示するモジュールは、ブログの管理画面の デザイン設定 画面の「カスタマイズ」ページで「サイドバー」を開き、モジュールごとの「編集」ウィンドウで設定できます。 記事一覧に本文を表示するには「最新記事」や「注目記事」モジュールにおいて、記事ごとの「本文を表示する」欄で、表示する文字数を設定してください。0にすると本文を表示しません。 記事一覧モジュールの設定画面 関連するヘルプ項目 編集オプションの設定とOGP サイドバーに「最新記事」を表示する
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • スマートフォン版のカテゴリー別記事一覧でも、カテゴリー名をタイトルや説明文に表示するようにしました
    • はてなブログでは、デフォルトのスマートフォン表示の カテゴリー別記事一覧ページ でも、PC版 (レスポンシブデザインのスマートフォン表示を含む) と同じように、カテゴリー名をタイトルや説明文に表示するようにしました。 スマートフォンでも、特定のカテゴリーの記事一覧を目立たせたり、カテゴリーごとのおすすめ記事を冒頭に表示したりといった、カスタマイズ性の高い表現が可能になります (はてなブログPro) 。どうぞご利用ください。 タイトルと説明文はカスタマイズできます(はてなブログPro) 今回の修正は、この5月にPC版のカテゴリー別記事一覧ページで実施した機能修正を、スマートフォンにも適用したものです。 カテゴリー別記事一覧で、ページのタイトルや説明文をカスタマイズできるようにしました(はてなブログPro)(追記あり) - はてなブログ開発ブログ 上記の記事にあるように、有料プラン「はてなブログPro」をご利用の方は、ダッシュボード (PC版) の「カテゴリー」画面で、カテゴリー別記事一覧のタイトルと説明文をカスタマイズできます。スマートフォンでもPCと同じ内容を表示します。 ※カテゴリー別記事一覧のタイトルや説明文のカスタマイズはスマートフォン版の管理画面では用意していないため、上記の告知記事を参考にPC版の管理画面から行ってください。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • 記事一覧ページおよびトップページの一覧形式で、表示されているサムネイルの画像サイズを大きくしました
    • はてなブログでは、記事一覧ページやトップページの一覧形式で、記事ごとにタイトルや本文概要とあわせてプレビュー表示されているサムネイルの画像サイズを大きくしました。これまでは転送量を抑えるためデザインテーマにあわせて120ピクセル四方としていましたが、本日からすべてのサムネイル画像を500ピクセル四方で配信しています。 公式テーマをはじめとして、サムネイルの表示サイズを固定しているデザインテーマでは見かけ上の大きさは変わりませんが、実際の画像サイズは大きくなっているため、独自にスタイルを調整することでより大きくレイアウトできます。 また、解像度の拡大に合わせてサムネイル画像のファイル形式をJPEG形式に統一しました。これまでは元のファイル形式がそのまま適用されていましたが、解像度の拡大によって画像の容量も大きくなり、ページの表示速度が遅くなることへの対策のためです。 記事一覧のプレビューに表示されるサムネイル(赤く囲った画像) 1カ月ほど前にブログのトップページを一覧形式にできる機能 (はてなブログProの利用者向け) をリリースしたことから、一覧形式のトップページをそれらしくレイアウトしたいという要望をいただいておりました。今回の変更により、とくにデザインテーマを作成いただいている方に、より広がりのあるカスタマイズをお試しいただけます。どうぞご利用ください。 関連リンク トップページの一覧形式については以前の告知をご参照ください。 ブログのトップページを「一覧形式」で表示できるようにしました(はてなブログPro) - はてなブログ開発ブログ 記事ごとのサムネイルの詳細については、ヘルプ「 アイキャッチ画像(記事のサムネイル) 」を参照してください。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • 過去に投稿された記事で、一部の「絵文字」が文字化けする不具合がありました
    • はてなブログにこれまで投稿された一部の記事中の「絵文字」が ? (クエスチョンマーク) になってしまう不具合が、2017年6月7日(水)にありました。はてなで調査を行い *1 、影響があった記事のうちほとんどを、7月6日(木)までにバックアップより復旧しました。 しかし、文字化け後にユーザーご自身で記事を編集されているなど、バックアップの状態に戻せなかった記事が300件ほどありました。復旧できなかったユーザー様には、ご登録のメールアドレスに、対象となる記事のURLをお送りしています。お心当たりの方は、はてなからのメールをご確認ください。受信された方はメールに沿ってご対応ください。 不具合の原因は、データベース作業時に文字コードに関連する指定が十分でなかったことによるものです。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけして申し訳ありません。今後、再発防止に努めてまいります。また、お問い合わせ等でご報告いただいたユーザーの皆さま、ありがとうございました。 なお、メールをお送りしていないユーザー様のブログでは、さらに何かご対応いただく必要はありません。ご不明の点などございましたら、 お問い合わせ窓口 よりはてなサポートにご連絡ください。 *1 : 2017年1月30日までに投稿された記事で発生しており、それ以降に投稿あるいは不具合が発生するまでに再編集された記事は問題ありませんでした。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • はてなの参加する「Advanced Hosting Meetupプログラム」の経過報告と新しい参加企業について
    • はてなは、Googleが主催する Advanced Hosting Meetupプログラム に参加しています。本プログラムは、健全なウェブのエコシステム構築を目指すもので、ホスティングサービスを運営する他の企業と共同で、スパムサイト対策に取り組んでいます。 本プログラムについて、 前回の報告 から1年が経過しました。この間、参加メンバーも増え、スパムサイト対策にもさまざまな進展がありました。そこでこの1年間の活動と、新規参加企業についてご報告いたします。 2016年のAdvanced Hosting Meetupプログラム 昨年1年間を通して、スパム対策手法の情報交換やスパムサイト情報の相互共有にとどまらず、共同でスパム手法の分析やスパムサイト対策を実施するなど、参加メンバーの力を合わせてさまざまな対策を実施しました。その結果、それぞれのサービス単独では実現できないような成果が、それぞれのホスティングサービスや、Googleの検索結果上で確認できました。 個々の取組みについてはスパム対策の都合上、詳細をご紹介することはできませんが、参加企業が運営するブログサービス上ではスパム行為はやりにくくなっており、そして、今後も共同でのスパム対策を継続していきます。 新規参加企業のご紹介 前回の報告以降、エキサイト株式会社、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社、LINE株式会社の3社が新たに参加されました。そこで改めて現在の参加企業をご紹介します。 ※プログラム参加企業一覧 (敬称略・50 音順、カッコ内は主な提供サービス名) エキサイト株式会社( エキサイトブログ ) NTTレゾナント株式会社( gooブログ ) 株式会社サイバーエージェント( Amebaブログ 、 Ameba Ownd ) シーサー株式会社( Seesaaブログ ) GMOペパボ株式会社( JUGEM 、 ロリポップ!レンタルサーバー ) ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社( So-netブログ ) 株式会社はてな( はてなブログ 、 はてなダイアリー ) ピクシブ株式会社( pixiv ) ヤフー株式会社( Yahoo!ブログ ) LINE株式会社( ライブドアブログ 、 LINE BLOG ) 楽天株式会社( 楽天ブログ 、 楽天市場 ) Googleとプログラム参加企業は、情報を探す検索ユーザーと情報を発信するウェブマスターのどちらにとってもより良い、より健全なウェブエコシステムの維持、発展を目指して、Advanced Hosting Meetup プログラムを2017年も継続して実施していきます。 詳細は、Googleウェブマスター向け公式ブログの記事をご覧ください。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: Advanced Hosting Meetup プログラム、その後の経過報告と新規参加企業のお知らせ
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • はてなブログProを新規で申し込む際に、はてなポイントを介さず、クレジットカードで直接決済できるようにしました
    • はてなブログの有料プラン「 はてなブログPro 」を新規でお申し込みいただく際に、利用料金を直接クレジットカードでお支払いいただけるようにしました。 これにより、はてなブログProのお申し込みにあたっては、「クレジットカード決済」と従来通りの「はてなポイントを介したお支払い」を選択いただけるようになりました。詳細は「 はてなブログProに新規でお申し込みされる方へ 」の項目をご確認ください。 なお、現在はてなブログProをご利用中の方がはてなポイントを介したお支払いからクレジットカード決済への変更を希望される場合は、今後はてなブログProの継続時にクレジットカード決済に切り替える機能追加を予定しておりますので、そのリリースをお待ちください。詳細は「 はてなブログProをご利用中の方へ 」の項目をご確認ください。 はてなブログProに新規でお申し込みされる方へ お申し込み時にクレジットカード決済が選択できます 新しくはてなブログProの各コースにお申し込みいただく場合、お申し込み画面ではあらかじめクレジットカード決済が選択されています。はてなポイントを介してのお支払いを希望される場合は、お申し込み画面内のリンクから選択できます。 クレジットカード決済でお申し込みいただくと、最初の30日間は無料でご利用いただけます クレジットカードで直接決済いただいた場合に限り、1つのはてなアカウントにつき1回のみ、最初の30日間は無料ではてなブログProをご利用いただけます。30日経過した後、選んだコースに応じた料金が自動的に発生しますのでご注意ください。30日経過する前に解約した場合、料金は発生いたしません。 クレジットカード決済のお支払いが発生するタイミングについて はてなブログProのご利用は、コースごとに定まった利用期間単位となります。クレジットカード決済の場合、期間中に解約手続きを行わない限り、利用期間満了時にご利用中のコースが自動更新されます。 クレジットカード決済でお申し込みいただいた場合、ご利用開始時(初月無料対象者を除く)および自動更新時に、各コースの料金のお支払いが発生します。引き落とし時点でご登録のクレジットカードが無効となっている場合は、7日間の支払い猶予期間を経て、はてなブログProの機能は利用停止(解約扱い)となります。 はてなブログProをご利用中の方へ 引き続きはてなポイントでのお支払いを希望される場合 はてなブログProをご利用中の方で、引き続きはてなポイントでのお支払いを希望される場合は、何かお手続きいただく必要はありません。ご利用いただいているコースの利用期間が満了した際は、これまでと同様に更新の処理が行われます。 クレジットカード決済への変更を希望される場合は、今後の機能追加をお待ちください はてなブログProをご利用中の方がお支払い方法を変更される場合、現時点では、一度はてなブログProをご解約いただき、再度お申し込みいただく必要があります。解約後に再度お申し込みいただく場合の方法や条件は、はてなブログProに新規でお申し込みされる場合と同じです。 今後、一度解約することなくお支払い方法を変更するための機能追加を予定しております。お支払い方法の変更をご希望の方にはご不便をおかけいたしますが、機能追加をお待ちください。機能追加を待たずに、一度はてなブログProを解約してお支払い方法を変更したいという方は、以下の注意点をご確認ください。 <一度はてなブログProをご解約いただく場合の注意点> はてなブログProの解約を申し込むと、残っている有効期限が経過した後に解約が実行されます。有効期限内の途中で解約し、お支払い方法を変更することはできません。 また、はてなブログProで「独自ドメイン」を設定されている方は、解約すると一時的に独自ドメインでブログにアクセスできなくなってしまいます。解約を検討される際は、十分ご注意ください。独自ドメインに関して少しでもご不安がある場合は、機能追加をお待ちいただいてから、お支払い方法を変更してください。 クレジットカード決済の場合に限り、コースごとの利用期間の日数が固定となります はてなポイントを介したお支払いでは、月・年ごとの日数の違いに伴って各コースの利用期間が変動いたしますが、クレジットカード決済では日数の違いによる変動はありません。1ヶ月コースは30日間、1年コースは365日間、2年コースは730日間で固定です。 今後もはてなポイントでお支払いいただく場合は、利用期間の計算方法に変更はございません。従来通り月・年ごとの日数の違いに応じた期間でご利用いただけます。 【8月2日追記】デビットカード等の扱いについて 新しい決済は、現在のところ日本で発行されたクレジットカードのみに対応しており、クレジットカード発行会社によるものでもデビットカードやプリペイドカード、海外で発行されたクレジットカードには対応しておりません。ご要望もいただいておりますが、対応できるかを検討している段階であり、今後についてはあらためてお知らせいたします。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • 固定ページを作成できるようにしました(はてなブログPro)
    • はてなブログでは、有料プラン「はてなブログPro」利用者向けに、独立した 固定ページ を作成できる機能を追加しました。投稿した順に時系列で扱われる通常の記事とは別に、ある固定のURLのみで表示される特別なページを作成できます。 「お問い合わせ」や「自己紹介」「注意事項」「リンク集」といった静的なコンテンツを用意したいときに便利です。どうぞご利用ください。 固定ページの作成 固定ページは、ブログの ダッシュボード に新しく追加した「固定ページ」メニューから「 ページの管理 」画面を開いて、作成・管理できます。 ページを作成するには、まずその「URL」を指定します。URLは、はてなブログの通常の記事のカスタムURLと同じように指定できますが、記事の配信ディレクトリー (デフォルトでは entry ) を含まないパスを自由に作成できます。 ※はてなブログのシステムで使用している about や archive といったパス名の固定ページを作成することもできますが、表示する際にはシステムのパスが優先されます。 ページの編集・更新 「URL」を入力して「ページを作る」ボタンをクリックすると、ページ編集画面が開きます。 ページ編集画面では、通常の記事編集画面と同じようにページを作成・更新できます。編集サイドバーや入力補助ツールバーも使用でき、編集モードも切り替えられます。ページ編集画面の左下にある公開・更新ボタンを押すと、ページが公開されます。下書き保存もできます。 作成した固定ページは、トップページや記事一覧ページ、サイドバーの新着記事モジュールなどにも掲載されず、フィード (ATOMおよびRSS) でも配信されません。どこからも動線のないページとなるため、サイドバーの「リンク」モジュールなどで明示的にリンクしてください。 ページの管理と注意点 公開または下書き保存した固定ページは、ページの管理画面の下部に一覧表示されます。「編集」ボタンをクリックして、ページを再編集・更新・下書きに戻すなどができます。通常の記事と同じように編集履歴を確認することもできます。 ページを削除するには、ページ編集画面を開いて、右下にある削除ボタンをクリックしてください。 そのほか、以下の点に注意してください。 ページのURLは、編集オプションの「カスタムURL」で変更できます。 ブログメンバーもページを作成・編集できます (寄稿者権限のメンバーは下書き保存のみ可能です) 作成できるページ数に制限はありません また、次のような制限があります。 カテゴリーを設定することはできません ページの公開日時は指定できず、予約投稿もできません IDコールは通知されません 下書き共有URLは取得できません その場編集はできません ページのレイアウト 固定ページは、通常の記事ページから、時系列の記事に特有の要素を除いたレイアウトになっています。 具体的には、公開日時、執筆者、コメント欄、ソーシャルパーツ、「記事上」「記事下」のカスタマイズ (HTMLの自由記述欄) 、関連記事、はてなによる広告 (非表示にしていない場合) 、本文上の日付、カテゴリー、パンくずリスト (詳細設定で設定できるもの) などを表示しません。 さらに「編集オプション」の「レイアウト」欄で、サイドバーの有無を選択できます。 レイアウト 説明 記事レイアウト 通常の記事と同様のレイアウトで、サイドバーを表示します。 ヘッダ・フッタレイアウト サイドバーを表示せず、タイトルと本文のほか、ヘッダ・フッタが表示要素になります *1 。 スマートフォンでのレイアウト スマートフォンのデフォルト表示では、固定ページはPC版に準じたレイアウトになります。本文下の「プロフィール」「注目記事」などスマートフォン版に特有の要素は「記事レイアウト」では表示し、「ヘッダ・フッタレイアウト」では表示されません。 デザイン設定で「レスポンシブデザイン」を有効にしている場合には、スマートフォンでもPCと同じレイアウト、同じデザインテーマで表示されます。 ページのデザイン 固定ページに特有のデザインを施したい場合は、デザイン設定の「デザインCSS」で、ページごとの body に付与される次のクラスを使ってスタイルを記述できます。 XXXX 部分は、ページのURLになります。 static-page- XXXX *1 : 詳細編集でヘッダとフッタを非表示にしていれば、タイトルと本文だけになります
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • 記事の編集履歴から、編集した差分を確認できるようにしました
    • はてなブログでは、 記事の管理 画面 (PC版) から確認できる「編集履歴」で、ひとつ前の履歴との差分を表示するようにしました。それぞれの更新ごとに、どこをどう編集したのかを行単位で確認できます。どうぞご利用ください。 ※見たままモードでは、文章のみを差分の対象としています。画像の追加や文字装飾の変更は差分に表示されません (はてな記法モード、Markdownモードでは文字装飾なども差分の対象になります) 。ご了承ください。 編集した差分の詳細を確認する 編集履歴の一覧画面では、それぞれの差分のダイジェストが表示されています。履歴ごとの「詳細を見る」をクリックすることで、その更新での差分を詳しく確認することができます。 差分では、編集前の行が赤い背景で、編集後の行が緑色の背景で表示されます。赤い背景だけがあればその行は削除されており、緑色の背景だけがあれば追加された行です。色がついていない行は変更されていません。 「編集履歴」機能とは 編集履歴は、記事の管理画面で各記事の「編集」ボタンから「編集履歴を見る」を選択することで確認できます。記事ごとに最新の5回分 (はてなブログProをご利用の場合は50回分) の更新が記録・表示されます。詳細は、今年4月に機能追加した際の告知記事をご参照ください。 記事の管理画面から編集履歴を確認し、以前の状態に戻せるようにしました 自分が行った編集の履歴を確認して、過去のバージョンに戻す参考にするのはもちろん、ブログメンバー機能を利用して複数人で記事を編集しているときにも、便利にご利用いただけます。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • スマートフォンのカテゴリー別記事一覧ページで、パンくずリストを表示するようにしました。あわせて広告枠の追加に関するお知らせ
    • はてなブログでは、スマートフォンのカテゴリー別記事一覧ページ (レスポンシブデザインを使用していないデフォルト表示) で、カテゴリー名をパンくずリストとして表示するようにしました。PC (レスポンシブデザイン使用時のスマートフォンを含む) では、当初よりカテゴリー別記事一覧ページでパンくずリストを表示していましたが、これによりスマートフォンでもPCと同じように表示されます。 スマートフォンの記事一覧ページに広告枠を追加します カテゴリー別記事一覧ページを含むすべての記事一覧ページで、ブログタイトルの下 (カテゴリー別記事一覧ページでは追加したパンくずリストの下) に、はてなによる広告を新たに表示することにいたしました。これはサービスの拡大に対応し、PCでもスマートフォンでも利用しやすいブログとして安定した運営・開発を続けていくためのものです。ご理解いただければ幸いです。 はてなによる広告は、はてなブログProに加入し、ダッシュボードの 詳細設定 で「はてなによる広告を表示しない」にチェックを入れてあれば、表示されません。 なお、はてなによる広告を表示する位置については、状況に応じて調整することがあります。あらかじめご了承ください。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • はてなブログにつながりにくくなる障害がありました(復旧済み)
    • 2017年6月13日(火)22:50ごろから翌14日(水)0:07ごろにかけて、はてなブログのすべてのページにつながりにくくなる障害が発生しました。原因はデータベースサーバーのネットワーク障害によるもので、現在は復旧済みです。 ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけして申し訳ありません。今後、安定運用に努めてまいります。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • 記事下に「関連記事」を表示します
    • はてなブログでは、記事ページ (個別記事のパーマネントリンク表示) の本文下 (ソーシャルパーツを表示していればその下) に、 関連記事 を表示するようにしました。そのブログに投稿された記事から、表示中の内容に関連するとみられるものを最大5件まで、一覧形式で表示します。 これにより、ある記事に興味のある読者が同じ傾向の記事を次々と読み進んでくれることが期待できます。関連記事は、PC (レスポンシブデザインを含む) とスマートフォンのどちらにも表示します。どうぞご利用ください。 ※本機能はリリース日 (2017年6月13日) 以降、これから更新される記事で有効です。なお、導入の関係で過去5日程度の記事についても表示されていることがあります。 関連記事を表示しない 記事下の関連記事は、すべてのはてなブログで デフォルトで表示 する設定になっています。 デザイン上などの理由で表示したくないときには、 デザイン設定 画面 (PC版) の「カスタマイズ」ページと「スマートフォン」ページで、それぞれPCとスマートフォンの表示・非表示を切り替えることができます。 関連記事についての注意点 記事下の関連記事では、本文の内容から類似するとみられる記事を選出しています。類似する記事がないときに「関連記事」欄そのものが表示されないことがあります。記事の選出方法は、今後も状況により調整することがあります。 上記の注意書きの通り、関連記事の表示はこれから更新される記事に限定しています。今後は、より多くの記事で表示できるよう仕組みの改善を検討していきます。なお、過去の記事であっても、新たに更新したものについては関連記事が表示されます。 【2017年6月20日、追記】過去に更新された記事の「関連記事」について 6月19日より、新規に更新された記事に加えて、過去に更新された記事についても、条件 (それぞれのブログで相応のアクセスがあるなど) によって一部に「関連記事」を表示しています。表示の条件は、状況に応じて徐々に調整していきます。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • はてなダイアリーの新規開設受付停止、はてなカウンターのサービス終了に伴い、はてなブログProのメニューを変更します(7/3 変更済みの追記あり)
    • ※【7月3日】はてなブログProのメニューを変更しました。はてなカウンターの「全期間の日にち別アクセス数」ダウンロードとあわせて詳細を記事末に 追記 しましたのでご参照ください。 平素は、はてなブログをご利用いただきありがとうございます。 はてなでは、はてなダイアリーの新規開設の受付終了と、はてなカウンターのサービス終了をこの夏に予定しています。これに伴い、はてなブログの有料プラン「はてなブログPro」のメニューを見直し、現在はオプションに含まれている「はてなダイアリープラス」および「はてなカウンター」を、2017年7月3日(月)をもってメニューから外します。 それぞれの終了の詳細は、各サービス日記の告知をご確認ください。 はてなダイアリーの新規開設受付を2017年7月3日をもって終了します - はてなダイアリー日記 はてなカウンターを2017年8月7日に終了します - はてなカウンター日記 - 機能変更、お知らせなど これにより、はてなカウンターを用いたアクセスの計測などができなくなります。お使いいただいている皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。 はてなダイアリーの新規開設受付終了とはてなダイアリープラスについて はてなブログProのメニューには「はてなダイアリープラス」が含まれておりましたが、7月3日(月)にはてなダイアリーの新規開設の受付を終了するため、はてなダイアリープラス自体を、はてなブログProのメニューに含めなくすることとしました。 はてなダイアリーおよびはてなダイアリープラスのサービスそのものは今後も提供を続けるため、7月3日の時点ではてなブログProを申し込みいただいており、はてなダイアリーを開設している方は、はてなブログProの有効期間内 (次の更新日まで) は「はてなダイアリープラス」の機能を利用できます。 それ以降は、はてなダイアリープラスを個別にお申し込みいただくことで、はてなダイアリープラスの機能を利用できます。はてなダイアリープラスの詳細は、はてなダイアリーガイドの記事をご参照ください。 はてなダイアリープラス(有料オプション)でもっと充実! なお、「はてなカウンター」がサービスを終了するため、これを利用している「アクセス解析」機能については、はてなダイアリープラスのメニューから外れます。 はてなカウンターの提供終了とそれに伴う代替サービスなど はてなカウンターは2004年から提供しているアクセスカウンターですが、古いサービスということもあり、HTTPSに対応していないなどの不便さがありました。 現在、はてなブログProの一部としてはてなカウンターによるアクセス計測をご利用いただいている場合は、はてなカウンターのサービスが終了する8月7日(月)をもってアクセスが記録されなくなり、レポートページにもアクセスできなくなります。サービス終了までは、 はてなカウンターのサイト でのレポートの確認や、直近3ヶ月のアクセスログのダウンロードができます。 はてなブログでサポートしている代替サービスとしては、 ダッシュボード の「 アクセス解析 」ページで簡易な計測値を確認できるほか、 詳細設定ページ の「解析ツール」欄で、Google AnalyticsのトラッキングIDを設定できます。Google Analyticsの詳細は公式サイトをご参照ください。 Google アナリティクス公式サイト - ウェブ解析とレポート機能 – Google アナリティクス はてなブログProの現在と今後について はてなブログでは「はてなブログPro」の機能として、記事編集画面のHTMLモードや、カテゴリー別記事一覧のカスタマイズ機能、AMPのベータ機能をこの1年間に追加してきました。 はてなブログPro カテゴリーの記事一覧 - はてなブログ開発ブログ 今回の終了により2つのメニューが削除されますが、引き続き積極的に新しいPro向け機能を追加し、より充実した内容で有料オプションをご利用いただけるよう、開発を進めてまいります。 また、HTTPSに対応していない「はてなカウンター」終了後には、はてなブログのHTTPS化について検討し、状況に応じて開発を進めていく予定です。今後とも、はてなブログProならびにはてなブログをどうぞよろしくお願いいたします。 【2017年7月3日 追記】メニュー変更の実施と「全期間の日にち別アクセス数」のダウンロードに関するお知らせ 本告知でお知らせした通り、2017年7月3日(月)をもって「はてなダイアリープラス」および「はてなカウンター」は有料プラン「はてなブログPro」に含まれなくなりました。これ以降、はてなブログProに加入されても、はてなダイアリープラスはご利用いただけません。 はてなブログProをすでにご利用の方は、はてなダイアリープラスは次の更新日までご利用いただけます。更新日以降もはてなダイアリープラスをご利用の場合は、はてなダイアリーの設定画面より別途ご加入ください。はてなカウンターは、サービス終了の8月7日までご利用いただけます。 なお、はてなカウンターではサービス終了に先立ち、「全期間の日にち別アクセス数」をダウンロードできる機能を用意しています。詳細は、はてなカウンター日記をご参照ください。 「全期間の日にち別アクセス数」がダウンロード可能になりました - はてなカウンター日記 - 機能変更、お知らせなど 【2017年8月7日 追記】はてなカウンターの提供を終了しました 本告知でお知らせした通り、2017年8月7日(月)をもって「はてなカウンター」の提供を終了いたしました。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • ブログのトップページを「一覧形式」で表示できるようにしました(はてなブログPro)
    • はてなブログでは、有料オプション「はてなブログPro」利用者向けに、各ブログのトップページ (PC版 *1 ) を表示するときに「全文形式」と「一覧形式」を選択できるようにしました。これまでのように記事の全文を表示するだけでなく、コンパクトに記事の概要のみを一覧で表示することができます。どうぞご利用ください。 トップページの表示形式を変更するには トップページの表示形式は、ブログの管理画面から 詳細設定 ページで設定できます。「トップページの表示形式 (PC版) 」を「全文形式」と「一覧形式」から選択してください。デフォルトは「全文形式」です。 トップページに表示する記事数 各ブログのトップページには、同じく詳細設定ページにある「トップページの記事数 (PC版) 」で指定した数だけ記事を表示します。これまでの「全文形式」でも、新しい「一覧形式」でも同様です。 一覧形式はどのように表示されるか これまでの「全文表示」と新しい「一覧形式」は、それぞれ次のような特徴があります。 形式 説明 全文形式 掲載する記事数だけ本文をすべて (続きを読む記法を使用していればその直前まで) を表示します。デフォルトの表示形式です。 一覧形式 記事のタイトル、概要、アイキャッチ画像などをコンパクトにまとめて、一覧で表示します。 一覧形式のトップページは、次のような表示イメージになります (見栄えはテーマやデザインCSSにより異なります) 。 記事それぞれの本文が長い場合や、トップページでたくさんの記事をコンパクトに表示したいときなどにご利用ください。 一覧形式のデザイン・レイアウトについて 一覧形式では、記事一覧ページ( /archive )と同様のHTML構造で、記事の投稿日時、タイトル、カテゴリー、概要、アイキャッチ画像、はてなブックマーク数、はてなスターを、記事ごとにコンパクトにまとめて表示します。このため、一覧のレイアウト・デザインも、デフォルトでは記事一覧ページと同じになります。 ただし、ページ全体のHTML構造については記事一覧ページとトップページで異なるため、デザイン設定の「デザインCSS」などを利用してトップページのみのデザイン・レイアウトを適用させることもできます。 *1 : レスポンシブデザインのスマートフォン表示を含む
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • 記事編集画面の編集タブで「HTML」モードを選択できるようにしました(はてなブログPro)
    • はてなブログでは、記事編集画面の左上にある「編集」タブ (PC版) で選択できる編集モードとして、新しく「HTML」モードを追加しました。編集画面に入力されたテキストすべてを、そのままHTMLとして解釈し、表示します。有料プラン「はてなブログPro」ユーザーが利用できます。 これまでも「見たまま」モードの「HTML編集」タブでは、記事をHTMLとして編集することができました。しかし、「見たまま編集」タブでの操作などにより、さまざまなHTMLタグが自動で挿入・置換され、必ずしも執筆者が意図する通りのHTMLで表示されないことがありました。 「HTML」モードでは、 GUI (WYSIWYG) エディタも、はてな記法やMarkdownといった簡易記法もなく、記述したHTMLをインデント等も含めてそのまま保存し、そのままレンダリングして表示します。 いちからHTMLで執筆した記事がすでにある場合や、HTMLの細部にまで思い通りに記述したいときなどにご利用いただけます。 HTMLモードご利用時の注意点 HTML編集モードは、他の編集モードとは異なり、基本設定ページでデフォルトの編集モードとして選択することはできません。PC版の記事編集画面を開き、編集タブから選択してください。 ※編集タブで編集モードを選択すると、テキストエリアをリセットするため、執筆中の本文はすべて消去されます *1 。 HTMLモードでは、入力補助ツールバーは表示されません。見出しや文字装飾には、プレビューで確認しつつHTMLタグを記述してください。 ※目次記法、脚注記法、続きを読む記法など、はてな記法を前提とした一部の機能は、HTMLモードでは利用できません。 *1 : ブラウザの機能として、リセット後のテキストエリアに消去前のドキュメントがフィルインされることがありますが、はてなブログとして以前の内容が残ることを保証するものではありません。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • カテゴリー別記事一覧で、ページのタイトルや説明文をカスタマイズできるようにしました(はてなブログPro)(追記あり)
    • はてなブログでは、カテゴリー別記事一覧 (PC版 *1 ) において、ページのタイトルや説明文を自由にカスタマイズできる機能を、有料プラン「はてなブログPro」利用者向けにリリースしました。特定のカテゴリーを目立たせたり、おすすめ記事を冒頭に表示したりといったリッチな表現が、カテゴリー別記事一覧ページで可能になります。どうぞご利用ください。 カテゴリー別記事一覧ページは、URLのパス部分が /arvhive/category にカテゴリー名が続く以下のような形をしており、記事のタイトル下などに並ぶカテゴリー名をクリックしたときに表示されます。 カテゴリー別記事一覧の例: http://staff.hatenablog.com/archive/category/新機能 カテゴリー別記事一覧のタイトルと説明文をカスタマイズするには ダッシュボードの カテゴリー 画面を開くと、そのブログで使用しているカテゴリー名が記事数順に一覧表示されています。カテゴリー名の右側にある「編集」ボタンをクリックすると、カテゴリー名を変更することができますが、この「編集」ウィンドウで、カテゴリー別記事一覧のカスタマイズもできます。 編集ウィンドウでは「カテゴリーの説明」欄のほか、「カテゴリー別記事一覧のタイトルを設定する」にチェックを入れると「カテゴリー別記事一覧のタイトル」という設定項目が表示されます。それぞれ次のようなカスタマイズができます。 設定項目 説明 カテゴリー別記事一覧のタイトル 指定した文字列が、そのカテゴリーの記事一覧でパンくずリストの下に表示される見出し( h2 要素)と、ページタイトル( title 要素)になります。デフォルトでは、カテゴリー名がそのまま表示されます。 カテゴリーの説明 見出し( h2 要素)の下に、指定した説明文を表示できます。説明文には、HTMLタグを使用できます。カテゴリー別記事一覧が2ページ以上になる場合、説明文は1ページ目のみに表示されます (タイトルは2ページ目以降も表示されます) 。 はてなブログProに加入していない場合、説明文はなく、見出しとタイトルにはカテゴリー名がそのまま使われます。 ※本機能を利用中に「はてなブログPro」を解約した場合、説明文は非表示になり、見出しとタイトルはデフォルトのカテゴリー名になります。はてなブログProに再び加入すると、以前に設定した内容がそのまま表示されます。 カテゴリー別記事一覧ページのHTMLについて カテゴリー別記事一覧ページの冒頭の見出しと説明文は、以下のようなHTMLで表示されます。CSSでカスタマイズする際の参考にしてください。 < h2 class = "archive-heading" > タイトル名 </ h2 > < div class = "archive-description" > カテゴリーの説明 </ div > .staff-bordered-screenshot { text-align: center; margin: 3em auto; } .staff-bordered-screenshot img { border: #ccc 1px solid; vertical-align: middle; } 【5月29日追記】タイトルと説明文を非表示にするには ダッシュボードの 詳細設定 画面から、タイトルと説明文の表示・非表示を切り替えられるようにしました。チェックを外すと、タイトルと説明文を非表示にできます。 なお、はてなブログProに加入していない場合にも、カテゴリー別記事一覧ページにはタイトル (カテゴリー名) が新しく表示されるようになっています。この設定項目のチェックを外すと、タイトルを非表示にできます。 *1 : レスポンシブデザインのスマートフォン表示を含む
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • はてなブログの「ガイドライン」を改定しました
    • はてなブログでは本日、はてなブログ利用上の「 ガイドライン 」において、次の項目を追加しました。 法人による利用について(法人利用ガイドライン) はてなブログは、多くの企業・団体の皆様に、技術交流や活動報告の場としてご活用いただいております。 これまでも「 はてな利用規約 」および上記ガイドラインに沿ってご利用いただいておりましたが、従来のガイドラインでは主に個人の利用を想定しており、企業や団体による利用を定義するには不明瞭な内容となっているところがありました。 今回、新たに「法人による利用について」の項目を追加することで、企業や団体の利用可能な範囲を明らかにし、はてなブログを安心してご利用いただけるよう整備したものです。 本ガイドラインに関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。 はてなブログ - お問い合わせ - はてな
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • 記事の管理画面から編集履歴を確認し、以前の状態に戻せるようにしました
    • はてなブログでは、記事を再編集したときに以前の状態を確認できる「編集履歴」機能を、記事の管理画面に追加しました。公開または下書き保存済みの記事について、記事編集画面で「記事 (下書き) を更新する」ボタンを押して保存するたびに履歴が記録され、履歴の一覧からその状態に戻すことができます。 編集履歴は、記事ごとに最新の5回分が記録されます。はてなブログProをご利用の場合は、記事ごとに最新50件の履歴が記録されます。 うっかり記事の一部を消してしまったときにも元のバージョンに戻すことができ、さらに安心してブログを編集いただけるようになりました。とくに、ブログメンバー機能を使って1つの記事を複数人で編集するときなどに便利かと思います。どうぞご利用ください。 編集履歴を確認して以前の状態に戻すには 編集履歴は、 記事の管理 画面 (PC版) にある各記事の「編集」ボタンに追加されています。編集ボタンをクリックすると、現状の記事編集画面を開く「編集」メニューと、「編集履歴を見る」メニューが表示されます。 ※ブログメンバー機能を利用しているとき、寄稿者は自分が編集可能な記事の履歴のみを閲覧できます。 メニューから「編集履歴を見る」を選択すると、記事ごとの編集履歴が一覧表示されます。それぞれの履歴では、本文の冒頭、作成者、保存時間が表示されます。 履歴の右側にある「この履歴から編集」ボタンをクリックすると、その時点で記録されていた記事編集画面が再現されます。内容を確認し、問題なければ記事を編集して「記事 (下書き) を更新する」ボタンをクリックすると新しい編集履歴が記録されます。 ※編集履歴に記録されるのは、記事の本文とタイトルです。概要やアイキャッチ画像などの編集オプションや公開状態は最新の記事のものが引き継がれます。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • サイドバーの記事一覧モジュールで、変数を用いた高度なカスタマイズをできるようにしました
    • はてなブログでは、サイドバーに追加できる「最新記事」「関連記事」「注目記事」の各記事一覧モジュールにおいて、変数を用いた高度なカスタマイズをできるようにしました。タイトルや投稿日時などの表示順を変更したり、任意のHTMLを記述したりできます。 ※高度なカスタマイズは、HTMLやCSSの知識を持っており、デフォルトの記事一覧のスタイルがわかる方を対象としています。はてなブログでは、デザインやレイアウトのカスタマイズに関してサポート対象としておりませんのでご了承ください。 記事一覧モジュールで高度なカスタマイズを利用するには デザイン設定 画面の「カスタマイズ」ページで、「サイドバー」の項目から「最新記事」「関連記事」「注目記事」の各モジュールの設定ウィンドウを開き、「高度なカスタマイズを使う」のチェックボックスをチェックします。 それぞれのモジュール編集画面で「高度なカスタマイズ」にチェックを入れる デフォルトでは、アイキャッチ(サムネイル)画像、投稿日時、記事タイトル、はてなブックマーク数、記事のカテゴリー、本文の6つの項目について、記事ごとに表示するかどうかをチェックボックスで選択します。高度なカスタマイズを使っているときには、デフォルトの設定項目が無効になり、以下の変数を用いてHTMLのテンプレートを記述します。 高度なカスタマイズで利用できる変数 高度なカスタマイズでは、次の変数を利用できます。モジュールの設定ウィンドウで「利用可能な変数」をクリックするとその場で確認できます。 変数 説明 {Title} 記事タイトルに置き換わります。 {Permalink} 記事のパーマネントリンクのURLに置き換わります。 {Date} 記事の投稿日時に置き換わります。 {BookmarkCount} 記事のはてなブックマーク数を表す画像 ( ※1 ) に置き換わります。 {CategoryLinks} 記事に設定されたすべてのカテゴリー ( ※2 ) に置き換わります。 {EntryBody} 記事の本文冒頭の50文字に置き換わります。 {ImageURL} 記事のアイキャッチ ( ※3 ) を200px四方にトリミング・リサイズした画像のURLに置き換わります。 ※デフォルトのモジュール設定では、記事タイトルおよび記事本文の表示文字数を設定できますが、高度なカスタマイズを用いる場合にはタイトルは全文、本文は50文字で固定となります。 それぞれの変数は、基本的に表している内容の文字列に置き換わり、タイトルが付けられていなかったときなどにはデフォルトと同様に処理します。ただし、HTMLに展開される変数もあり、以下のヒントを参考にしてください。 ※1 はてなブックマーク数( {BookmarkCount} )のヒント はてなブックマークが提供する API を用いてブックマーク数を画像で取得し、記事のエントリーページへのリンクとして次のように展開します。 <a href="http://b.hatena.ne.jp/{エントリURL}"> <img src="https://b.hatena.ne.jp/entry/image/{エントリURL}"></a> ※2 記事に設定されたカテゴリー( {CategoryLinks} )のヒント 記事に設定されたカテゴリー名を、次のようにカテゴリー別記事一覧ページへのリンクとして展開します。複数のカテゴリーが設定されている場合には、設定された順にすべて並べて表示します。 <a class="urllist-category-link {モジュールの種類}-category-link category-{カテゴリー名}" href="http://{ブログURL}/archive/category/{カテゴリー名}">{カテゴリー名}</a> ※3 記事のアイキャッチ( {ImageURL} )のヒント 記事にアイキャッチ画像が設定されていない場合は、ブログごとに設定されたアイキャッチ画像を表示し、それもなければはてなブログのデフォルトアイキャッチ画像を表示します。サイズを調整したい場合には、CSSでスタイルを設定してください。 アイキャッチ画像について詳しくは、ヘルプ「 アイキャッチ画像(記事のサムネイル) 」をご確認ください。ブログごとのアイキャッチ画像については、ヘルプ「 ブログの詳細設定ページ 」で解説しています。 HTMLテンプレートの記述サンプル デフォルトの記事一覧と同じ順序で、6つの項目すべてを表示するHTMLテンプレートのサンプルは、以下のようになります。 <a href="{Permalink}" class="urllist-image-link"> <img src="{ImageURL}" alt="{Title}" class="urllist-image"> </a> <div class="urllist-date-link"> <a href="{Permalink}"><time>{Date}</time></a> </div> <a href="{Permalink}" class="urllist-title-link">{Title}</a>{BookmarkCount} <div class="urllist-categories-link">{CategoryLinks}</div> <div class="urllist-entry-body">{EntryBody}</div> これを「最新記事」モジュールの設定ウィンドウで「高度なカスタマイズを使う」の下のテキストエリアに記述して保存すると、ブログのサイドバーの記事一覧は次のように表示されます。 サンプルコードを入力した場合のイメージ (見栄えはテーマやデザインCSSにより異なります) ※修正履歴 【2017年4月12日】HTMLテンプレートのサンプルで、誤って Categories と記述していた箇所を CategoryLinks に修正しました。 関連項目 最新記事や注目記事についての詳細は、ヘルプ「 サイドバーに「最新記事」を表示する 」や「 サイドバーに「注目記事」を表示する 」をご確認ください。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • ブログメンバー機能で、編集者および寄稿者の権限でも自分をメンバーから削除できるようにしました
    • はてなブログでは、複数人でブログを編集・管理できるブログメンバー機能において、編集者もしくは寄稿者として参加しているブログでも、自分をメンバーから削除できるようにしました。すでに記事を書いていないブログをやめるなど、参加ブログを整理できます。どうぞご利用ください。 編集者・寄稿者がブログメンバーをやめるには 編集者もしくは寄稿者で、メンバーになってるブログの管理画面を、ダッシュボード( blog.hatena.ne.jp )から表示します。「ブログの概要」ページにある「ブログメンバー」欄で、「 このブログの編集者 (寄稿者) をやめる 」ボタンをクリックすると、確認ダイアログが表示され、メンバーをやめることができます。 なお、管理者もしくはオーナーのとき、このリンクは「このブログのメンバーを管理」になり、クリックすると「ブログメンバー」画面を表示します。管理者は、ここで自分自身をメンバーから削除できます。 ※編集者または寄稿者が自分を削除したあと、再びブログのメンバーになるには、オーナーもしくは管理者に改めて追加してもらう必要があります。 ※ブログメンバーは、メールやメッセージなどでコンタクトが取れる関係で利用することを前提としています。自分自身を削除する場合を含め、メンバーを追加・削除する際に、ブログのオーナーや管理者、あるいは対象となるメンバーに通知はされません。相互に連絡を取り合ってご利用ください。 関連リンク ブログメンバー機能の詳細や各メンバーの権限に関しては、ヘルプ「 複数人でブログを編集・管理する(ブログメンバー) 」を参照してください。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • AMPに適用するCSSを設定できるようにしました
    • はてなブログでは、AMP(Accelerated Mobile Pages)用のCSSを設定できるようにしました。AMPで記事が配信される際のデザインをカスタマイズできます。 ※はてなブログのAMP配信は、有料プラン「はてなブログPro」に加入しているユーザー向けのベータ版機能です。詳細は関連ヘルプなどをご参照ください。 記事をAMPで配信しているブログの「 デザイン設定 」画面では、「スマートフォン」タブの「詳細設定」に「AMP用CSS」欄が表示されます。ここにCSSを直接記述してください。 AMPでの表示は、記事編集画面(PC版)の「プレビュー」タブで、「スマートフォン(AMP)」を選択して確認できます。詳細は下記の関連ヘルプや プレビュー機能のリリース告知 をご確認ください。 ※AMPのCSSにはいくつかの制限があります。本機能はAMPおよびCSSの知識を持っている方を対象しており、デザインやレイアウトのカスタマイズに関してははてなブログのサポート対象としておりません。下記の関連リンクなどを参考にしてください。 関連ヘルプ AMP(Accelerated Mobile Pages)を使用する 記事編集画面の「プレビュー」タブ 関連リンク 体裁とレイアウトを変更する – Accelerated Mobile Pages Project Supported CSS – Accelerated Mobile Pages Project https://github.com/ampproject/amphtml/blob/master/spec/amp-html-format.md#stylesheets
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • FacebookとのOAuth連携において、新規認証および再認証に失敗する不具合が発生していました
    • 2017年3月27日(月)から29日(水)11時58分頃まで、はてなブログなど、Facebook連携を利用しているはてなの各サービスにおいて、新規認証および再認証に失敗する不具合が発生していました。原因は、FacebookのAPIの仕様変更による不具合で、現在は解消されています。 はてなブログと外部サービス連携の状況を確認するには下記の設定ページをご覧ください。また、一度アカウント認証に失敗したユーザー様につきましては、下記のページから再度認証を行っていただく必要がございます。 http://blog.hatena.ne.jp/-/config/external ご利用の皆様にはご不便をおかけし誠に申し訳ございません。再発防止につとめて参ります。今回の問題に関連してFacebook連携の動作に不明な点などがありましたら、下記ページよりお問い合わせください。 http://www.hatena.ne.jp/faq/q/blog はてなブログ以外の各サービスに関しては、はてなの日記等をご参照ください。 http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatena/20170329/1490717330
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • 更新フィード(AtomおよびRSS)を経由したアクセス数を、カスタムキャンペーンとしてGoogle Analyticsで計測できるようにしました
    • はてなブログでは、ブログごとの詳細設定画面で「解析ツール」欄に「 フィード用のパラメーター 」設定を追加しました。「 フィードで配信するリンクにパラメーターを付加する 」にチェックを入れると、更新フィードからブログへの流入をGoogle Analyticsで計測できるようになります。どうぞご利用ください。 このオプションを有効にすることで、自動的に配信される更新フィード(AtomおよびRSS)中の記事リンクに、カスタムキャンペーンのパラメーター「 utm_source=feed 」を次のように付加します。 http://sample.hatenastaff.com/entry/2013/03/14/220415 ?utm_source=feed カスタムキャンペーンの計測方法などについて、詳しくはGoogle Analyticsのヘルプをご確認ください。 カスタム キャンペーン - アナリティクス ヘルプ *アクセスをGoogle Analyticsで計測するには「Google Analytics埋め込み」などでトラッキングIDを設定してください。 はてなブログで配信している更新フィードについては、ヘルプ「 更新フィード 」などを参照してください。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • ブログメンバー機能を利用しているとき、記事を公開したユーザーが連携しているTwitterアカウントでもツイートできるようにしました
    • はてなブログでは、複数人でブログを編集・管理できるブログメンバー機能で、オーナー以外のメンバーが記事を公開した際に、そのユーザーが連携しているTwitterアカウントでも記事をシェアできるようにしました (PC版) 。 これまで、ブログのオーナーがはてなIDとTwitterアカウントを連携していると、ブログメンバーが記事を公開しても、投稿完了画面からツイートする際にはオーナーのTwitterアカウントが常に使用されていました。今回、記事を公開したユーザーがTwitter連携しているときには、投稿完了画面でツイートするアカウントを選択できるようにしました。 これにより、各メンバーが公開した記事を自身のTwitterアカウントでシェアしやすくなりました。どうぞご利用ください。 投稿完了画面から「Twitterに投稿」をクリックすると、アカウントを選択できる ブログのオーナーもしくは公開したユーザーのどちらか一方がアカウントを連携しているときには、連携されているアカウントのみが選択できます。 *記事を作成したユーザー (寄稿者権限などで最初に下書き保存した投稿者) にかかわらず、ブログのオーナーもしくは記事を公開したユーザーが連携しているアカウントを選択できます。 どちらもアカウントを連携していないときには、Twitter公式のツイートダイアログがポップアップし、記事を公開したユーザーがそのときそのブラウザでログインしているTwitterアカウントに記事をシェアできます。 *ツイートするアカウントは、手動で記事を公開したときの投稿完了画面で選択できます。予約投稿では、これまで同様にオーナーがアカウント連携しているときのみツイート予約できます。また、Facebookシェアのアカウントは選択できません。 ブログメンバー機能の詳細や各メンバーの権限に関しては、ヘルプ「 複数人でブログを編集・管理する(ブログメンバー) 」を、Twitterアカウントとの連携については「 外部サービス連携 」を参照してください。また、ヘルプ「 記事投稿時のソーシャルメディア通知(Twitter連携など) 」も参照してください。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • はてなフォトライフの画像を貼り付けるときに、フォトライフ記法でaltとtitleを指定できるようにしました(はてな記法モード、Markdownモード)
    • はてなブログでは、はてなフォトライフに投稿した画像を表示するはてな記法 (fotolife記法) を拡張し、画像 ( img 要素) の title 属性と alt 属性を指定できるようにしました。 編集サイドバーの「写真を投稿」などを使ってはてなフォトライフにアップロードした画像を、はてな記法モードもしくはMarkdownモードで記事編集画面に貼り付ける際に、よりアクセシビリティを考慮したマークアップを実現することができます。どうぞご利用ください。 *見たままモードでは、はてな記法ではなくHTMLでそのまま貼り付けるため、HTML編集タブから書き換えることができます。 フォトライフ記法と、titleおよびaltを指定する方法について はてな記法モードおよびMarkdownモードでは、編集サイドバーから「写真を投稿」したときに、次のような fotolife記法 で画像が貼り付けられます。 [f:id:hatenablog:20170217161727j:plain] この記事を公開すると、記法そのもの ( f:id:hatenablog:20170217161727j:plain という文字列) が、画像の title 属性と alt 属性のデフォルト値として設定されます。 新しく拡張されたfotolife記法では、 title オプションと alt オプションを追加し、次のように記述できるようにしました。 [f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=パンダ:alt=アドベンチャーワールドで見たパンダ] これで次のような画像が表示され、それぞれ等号の後に指定した文字列が属性値になります。 上の画像にPC環境でマウスを重ねると、 title 属性の値がツールチップで表示されます。また、画像を表示できない環境で閲覧したり、画像を選択してキーボードショートカットなどでコピーすると、 alt 属性の値が代替テキストとして使用されます。 オプションを記述する際には、 title と alt のどちらを先に書いてもかまいません。オプションを省略すると上記のデフォルト値が指定されますが、次のようにオプションを指定して等号の右側を省略すると、属性値を空にできます (*等号まで省略しないよう注意してください) 。 [f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=] ※fotolife記法の title オプションおよび alt オプションは、はてなブログ独自の拡張です。はてなダイアリー、はてなグループなどでは利用できません。 fotolife記法の詳細は、ヘルプ「 はてなフォトライフの写真を貼り付ける(fotolife記法) 」や、関連する「 はてなフォトライフを使う 」および「 記事に写真や画像を貼り付ける(編集サイドバー「写真を投稿」) 」などを参照してください。 関連リンク title 属性と alt 属性の仕様や意図については、HTML標準に関するドキュメントなどを参照してください。とくに alt 属性は、画像の代替となるテキストとして必要とされており、WHATWGによる最新のHTML標準およびW3CによるHTML5の勧告を以下で参照できます。 HTML Standard 4.7 Embedded content — HTML5 それぞれ日本語訳を提供しているサイトもいくつかあり、たとえば次で読むことができます。 HTML Standard 日本語訳 4.7 埋め込みコンテンツ — HTML5 日本語訳
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • ブログアイコン(favicon)を高精細ディスプレイに対応するなど、見やすく表示されるようにしました
    • はてなブログでは、ブログを閲覧しているときにWebブラウザのタブなどに表示されるブログアイコン(favicon)を見やすくしました。より大きな画像を配置することで、高精細ディスプレイ (AppleのRetinaなど) でも明瞭に表示されるようになりました。 また、設定された画像が正方形でないときには、画像の中央を内接する最大の正方形にトリミングして配置するようにしました。 いままでのブログアイコン 新しいブログアイコン ブログアイコンを設定するには Webページのダッシュボード (PC、スマートフォンともに) では、設定画面の 基本設定 ページからブログアイコンを設定できます。 ダッシュボードの設定画面でブログアイコンを設定できる iPhone・iPadアプリでは、歯車アイコンで「設定」を開き「基本設定」をタップしてください。 ブログアイコンのサイズなど 新しいブログアイコン(favicon)は、最大64×64ピクセルの正方形で表示されます。これより大きな画像を設定している場合には、自動でこのサイズに切り替わります。 ※Webブラウザや配信上で古い画像がキャッシュされているときなど、切り替わるまで数日かかることがあります。その場合、ブログ管理画面から同じ画像を設定し直すと、すぐに切り替わります。 「基本設定」でブログアイコンとして設定した画像は、Webブラウザのfaviconのほか、スマートフォンのホーム画面にショートカットを作成する際などにも利用されます。詳細は、ヘルプ「 プロフィールの設定とaboutページ 」を参照してください。ここでは、192×192ピクセルより大きな正方形の画像を使用するようおすすめしています。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • 記事に表示するソーシャルパーツにおいて、一部ボタンのデザインおよび仕様を変更しました
    • はてなブログでは、本日より新しくなったはてなブックマークボタンに対応しました。これに伴い、記事に表示するソーシャルパーツは、各サービスが公式に提供するものをそのまま採用することとし、Twitterのツイートボタンなどを変更しています。 一部ソーシャルボタンのデザインと仕様を変更 ツイートボタンは、これまで独自に付けていた「list」バルーンを廃止し、公式で配布されているデザインにあわせました。また、「LINEで送る」ボタンの最新仕様に対応し、スマートフォン版だけでなく、PC版でも表示するようになりました。 はてなブックマークのソーシャルボタンリニューアルに関しては、下記のはてなブックマーク開発ブログをご覧ください。 bookmark.hatenastaff.com ソーシャルパーツの設定を変更したい場合は ソーシャルパーツの表示/非表示は、各ブログのサイドバーから「 デザイン 」(PC版)を開き、「カスタマイズ」→「記事」→「ソーシャルパーツ」で設定できます。 ご自身でソーシャルパーツをカスタマイズしたい場合は、「デザイン」→「カスタマイズ」→「記事」→「記事上下のカスタマイズ」をご利用ください。 ソーシャルパーツについては、以下のヘルプもご参照ください。 記事ごとにブログパーツやソーシャルボタンを配置する - はてなブログ ヘルプ 記事ごとに任意のブログパーツなどを配置する - はてなブログ ヘルプ
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • はてなフォトライフにおいて、画像のアップロードに失敗する不具合が発生していました(復旧済み)
    • 2017年2月15日(水)16時44分ごろより17時9分ごろまで、記事編集画面からはてなフォトライフに写真を投稿しようとすると、画像のアップロードに失敗する不具合が発生していました。原因は、アプリケーションの不備によるもので、現在は復旧済みです。 なお、不具合発生中にアップロード操作を行った画像については保存されておりませんので、お手数ですが、再度アップロード操作をお願いいたします。 ご利用のみなさまにはご不便をおかけして申し訳ありません。再発防止に努めてまいります。ご報告いただいたユーザーの皆さま、ありがとうございました。 はてなフォトライフにおいて、画像のアップロードに失敗する不具合が発生していました(復旧済み) - はてなフォトライフ日記 - 機能変更、お知らせなど
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37
  • 公開済みの記事を再編集する際に、投稿日時を未来に変更できない不具合がありました(修正済み)
    • 2017年1月30日(月)11:07ごろから2月9日(木)16:19ごろまで、公開済みの記事を再編集し、投稿日時を現在より未来に変更した場合に、記事編集画面の左下にある公開・保存ボタンが「記事を更新する」から「予約投稿する」に変わってしまい、そのままボタンを押すと公開済みの記事が (予約投稿された) 下書き記事に戻ってしまう不具合がありました。原因は、アプリケーションの実装上の不備によるもので、現在は修正済みです。 ご利用のみなさまにはご不便をおかけして申し訳ありません。再発防止に努めてまいります。ご問い合わせ等でお知らせいただいたユーザー様、ありがとうございました。 はてなブログでは、記事の公開時に投稿日時を自由に設定でき、公開後にも変更できます。また、新規公開時に未来の日時を設定したときには、その日時で予約投稿するか、その場で (未来の日時の記事を) すぐに公開するかを選択できます。これまで、未来に予約投稿するつもりですぐに公開してしまったり、日時が未来になっていないのに予約投稿してすぐに公開されてしまうという報告やお問合わせをいただいておりいました。これを防ぐため、今回の不具合修正と関連して、未来の記事はデフォルトで予約投稿になって、ラジオボタンで「すぐに公開」も選択でき、また未来でないときには予約投稿できないというように修正しております。 投稿日時や予約投稿の詳細ついては、ヘルプ「 記事の公開と更新、下書き保存 」および「 日時を指定して予約投稿する(編集オプション) 」をご参照ください。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:37



はてなスタッフ ブログ

大西ブログ
  • 編集チーフになってやったこと
    • はてなでサービス・システム開発本部長をやっている id:onishi です。 この記事は「 はてなディレクターアドベントカレンダー 」の5日目の記事として書かれました。前の記事は id:AirReader の「 サポートからディレクターになって - 日直地獄 」でした。 さて、僕の本業は本部長なのですが、この半年ほど暫定的に編集チーフという仕事をやっていて、12/1付で後任者に引継ぎをしました。その引継ぎのために、自分がやってきたことをまとめたものをアドベントカレンダーにしたら 安上がり 知見をオープンにできて良いと思ったので書いてみます。 以下は、この半年ちょっとで考えたことややったことを時系列ではなく構造的に整理したものです。また僕自身は編集職としてのキャリアは無かったので、これまでの他職種でのチーフなどの経験を活かしてやってきました。一人で考えたものではなく、シニアエディターやその他いろいろな人と相談しながら作ってきたものです。後任のチーフや、組織をマネジメントする人のお役に立てれば幸いです。 チーフとは 専門職グループの存在意義 技術が好き 編集グループのミッション 編集グループのミッション かみ砕いて言うと シニアエディター チーフの役割 シニアの役割 メンタリング、コーチング、ティーチング 活動場所 会議体の組織 編集シニア会 編集会 専門目標 編集チーフをやってよかったこと おわりに チーフとは はてなのサービス開発は「ブックマークチーム」とか「ブログチーム」のようなサービスを軸にしたチームで構成されています。それとマトリクスを描くように「技術グループ」「デザイングループ」「編集グループ」といった専門職種によるまとまりも存在します。チーフはその専門職グループのリーダーです。 専門職グループの存在意義 はてなは技術の会社です。はてなで働く人に大事にしてもらいたい価値観「 はてなバリューズ 」の中でもこのように言っています。 技術が好き ひとりひとりが持っている技術にこだわりをもとう 自分の専門領域を常に貪欲に学習しトッププレイヤーを目指そう 技術を使って生まれる価値を大切にしよう チームとしてサービスを開発し、会社の業績に貢献することは大切ですが、それと同時に自分の専門領域を向上させるというのを大切にしています。 専門職グループを置いてマトリクス組織にしているのは、その技術の研鑽についての責任をもつという現れです。 専門技術を向上させるための、専門職グループの活動は主に以下のものに集約されます。 採用 そもそも専門技術を有する、あるいは向上を望めるメンバーを採用する、その選考に責任を持つ 教育 採用したメンバーの技術向上のための研修の仕組みづくり、個人の目標立案の補助、メンタリング、コーチング、ティーチング 評価 半期に一度行われる評価のタイミングで、専門スキル評価を行う 対外プレゼンス向上 対外発表することによる専門技術の向上、ブランディング、社会への貢献 対外アウトプットについては、 はてなのエンジニアに期待する「アウトプット」 というエントリがありますが、これはエンジニアに限らず、専門職種全般に言えることだと考えています 編集グループのミッション グループの存在意義がわかったところで、あらためて「編集グループが目指す方向」を考えました。判断に迷ったとき、ミッションに照らして、我々が目指す方向に合致しているかを考える基準になるものになるといいですね。僕が考えた編集グループのミッションは具体的に以下のものです。 編集グループのミッション 「インターネット上における表現活動を編集の力で最大化する」 かみ砕いて言うと はてなから発する表現(自社メディア、告知、ヘルプ、規約、自社サイト、サービス上の文言など)を正確でわかりやすいものにする ユーザーから発する表現(ブログなどはてなのサービスを利用した表現活動)を後押しし、はてなから良質なコンテンツが生まれる土壌を育てる インターネット上の表現活動を編成・編集などによって後押しし、インターネットにおいて良いコンテンツが正当に評価され、より多くのクリエイターにより優良なコンテンツであふれる状態とする 「 はてなのビジョン 」に書かれているこの部分 当社は、インターネットにおいて良いコンテンツが正当に評価され、より多くのクリエイターにより優良なコンテンツで溢れる状態となることを望みます。 これはまさに、編集グループが目標におくべきことなので、ほぼそのまま活用しています。「文章」という言葉を使わず「表現」としたのは、インターネット上の表現手段やメディアは多様化しており、テキストだけでなくあらゆる表現活動をよりよくしていくことが編集の仕事だと考えたからです。 シニアエディター もともとシニアエディターという役職はあって、編集職の中で指導的な立場をとってもらっていたのですが、その業務範囲を明確にし、チーフ(僕)との役割分担をしました。 チーフの役割 グループの方向性/ミッション 編集シニア会を開催する 編集会を開催する シニアの役割 (複数のメンバーがいるので実際は具体的な分担も決めています) 採用 書類選考 その後の面接、可否判断に参加 教育 研修ドキュメント整理 評価 目標設定面談 定期面談 期末評価 ブランディング向上 編む庭(ブログ・イベント) その他 社内編集タスクの巻き取り チーフ不在時の代理 専門職スキルを有しないチーフ(僕)と有するシニアで、僕は型を作ってシニアに執行してもらうという体制をとりました。 メンタリング、コーチング、ティーチング シニアとそれ以外のメンバーでメンター・メンティーの関係を設定しました。 月一回、月報提出とメンター面談を実施し、専門目標の達成状況や業務、キャリアに関する相談の場としています。 活動場所 編集メンバーの活動のための場所を作りました。 はてなグループ 自社製グループウェアです。はてなでは、チーム毎、専門職グループ毎に一つずつはてなグループを作るのが一般的です トラックバックで業務上のやりとりをする他、編集技術に関する知見も積極的に投稿するように呼びかけています Slackチャンネル 社内Slackに編集メンバー全員参加するチャンネルを作りました。編集メンバーだけでなく、編集や文章についての相談もできるように Public チャンネルにしています。 #editors 社内の方はお気軽に join してください 会議体の組織 編集シニア会 上記編集シニアとチーフ(僕)が話す会です。目的は「編集グループ」をちゃんと組織化すること。 GitHub Enterprise の issue でやることを管理して、この記事に書いているような決めごとをしたり、個別のメンバーについての相談をしたり。 そんなに話す事もないだろうと油断していて、当初は毎週だけど徐々に頻度は減らしていこうって言ってたのですが、結局任期の間ずっと毎週やっていました。 編集会 編集グループ所属メンバーが全員集まる会です。目的はメンバーの情報共有です。 はてなは東京・京都と二つの拠点があり、編集メンバーは地理的にも離れているほか、自社メディアの運営と、他社オウンドメディアの運営補助、記事広告など編集といっても様々な業務があるので、チームやオフィスを跨がった情報共有を大事にしています。 こちらは参加メンバーも多くコストがかかるので基本は隔週開催。アジェンダは以下のようにしています。 近況報告(全員) 3行で今やっている仕事の内容を共有、職務上の悩みがあったらそれも話します。その場で軽くディスカッションになることも 知見共有 はてなグループ上に投稿されたエントリを確認し、知見を共有します はてな編集部ブログ「編む庭」 企画会議 編集メンバー持ち回りで「編集」に関するさまざまな記事をお届けするブログです 次の記事の企画、書かれた記事の振り返りなど 新しい登場人物 自社メディアでも他社オウンドメディアでも、ブロガーさんに寄稿をお願いすることがあります。「こんどこのブロガーさんに記事執筆をお願いする」という情報を共有しておくことで、各媒体の運営がスムーズになります この人にあれを聞きたい 編集、とくにウェブ編集者は、たとえばHTML/CSSに造詣が深い、画像処理ができる、動画が作れる、ソーシャルメディアに詳しい、などなど必要なスキルが多岐にわたってきています。この人に具体的にこのスキルについて聞いてみたい、というスプレッドシートを全員で共有し、情報交換の促進を促しています 専門目標 はてなにおける評価項目(転じて目標軸)は3軸あり、「成果」「行動スキル」「専門スキル」の3つです。専門職グループは、「専門スキル評価」とそのための「専門スキル目標」にコミットします。 成果目標に対して専門スキル目標は、個別具体的な技術向上の目標になったりしがちですが、会社やチームの方向性は不変ではないので、ともすれば業務と専門スキル目標を両立することが難しかったりします。 そのため、専門スキル目標の位置づけは以下のように定義し、目標立案をお願いしています。 専門スキル目標は、達成・未達成が評価に直結するものではなく、専門スキル向上のための「成長目標」と捉えてください 「今期はこれを頑張ります・伸ばします」というマニフェストと考えるとわかりやすいと思います 目標達成のために努力した結果が専門スキル評価向上というかたちで反映されるはずです メンターと相談しながら、職種専門スキルを伸ばすための目標を「必ず1つ以上」立ててください 専門スキルを伸ばすことは本人にとってプラスである、個々人が専門スキルを高めることが会社に還元される、という正の循環を作っていきたいですね。 編集チーフをやってよかったこと という感じでいろいろやってみて、なんとなく形になってきたかなというところです。編集職スキルを有しないチーフとしては型を作るまでが仕事で、実際にこれに則ったりもっと良くしていったりして、実際的に編集職のメンバーを伸ばしていくのは後任にお任せしたいと思います。後任のチーフは編集畑の方なので、大いに力を発揮してもらえると期待しています。 編集職を育てていく環境もより整備されていくと思いますので、ウェブ編集の仕事に興味のある方は是非 ご応募ください! もともとエンジニアとしてやってきて、チーフエンジニア、ディレクター、プロデューサー、本部長、編集チーフ、と職種を変えたり増やしたりしてきたのですが、変えるたびに何をやっていいかわからず、ゼロから積み上げる不安な気持ちになってきたものでした。 しかし、最近は特に業務の変化が多く発生するなかで、培ってきた経験やスキルが他職種でも生きるという気づきをたくさんしています。エンジニアのチーフから編集のチーフは、同じチーフなのでそれがわかりやすく感じられたのがよかったです。 先日、 デブサミ関西でも発表した のですが、エンジニアがマネージャになることって地続きの部分もあるなと思っています。サービスを作るのも組織を作るのも、結局は問題を発見して仮説を立てて改善し…というPDCAサイクルを回すのは一緒ですし。 専門職種の人間が一人で上げられる成果、に上限は無いと思います。1つのライブラリが世界中で便利に使われることもあります。そういう追求もあるし、専門職種やチーム全体の向上に力を割くこともまた面白いな、と感じています。自分の考えた仕組みでうまくいってなかったチームがうまく回り出した、自分一人で到底なし得ないような大きな成果をチームがなし得た、と感じた時にチーフやディレクターをやってよかったと思ってきました。 おわりに というわけで、編集チーフとしてやってきたことをまとめつつ、チーフやディレクターというマネージャ職について僕が考えていることを書かせて貰いました。なんとなくディレクターアドベントカレンダーの体はなしたのではないでしょうか。 はてなディレクターアドベントカレンダー、次回は id:riko さんです!
    • 1970/01/01 (木) 09:33:36
  • 好きなものについて語る難しさ
    • はてなスタッフアドベントカレンダー2016 を始めます! advent.hatenablog.com 今年のテーマは「好きなもの」ということで、これは書きやすいテーマだなと思って決めたものの、改めて自分の好きなものって何だっけ…と考えると意外と何も無い気もしてきました。 好きなもの、を聞かれると控えめに「アニメ、マンガ、ゲーム、映画、SF、ミステリ」と言っているのですが、年々声が小さくなっている気がします。何でかというと、これらのジャンルはそれぞれ深く精通している人がいるので、生半可な知識で好きとか言えないという意識が働くからです。さらに家庭を持ち趣味に使う時間も減っていくので尚更です。 アニメ好きと言っても最近のアニメは毎期数本見てるくらいで、会社のアニメ好きと会話してもついていけない事が多いです。はたしてアニメ好きと言えるのか…と自問自答してしまう。 一番最近見たアニメの話をすると、先週末に家族で金沢に車で旅行した往復に、子どもたちに 未来少年コナン のDVDを見せました。 コナンといえば『未来少年コナン』の愛称として定着していたが、日本テレビ系アニメ『名探偵コナン』の登場により事情は変わった。今やコナンといえぱ『名探偵コナン』の愛称として定着しており、『未来少年コナン』をイメージするのは若くない証拠なので要注意。 (はてなキーワード 未来少年コナン より) この通りで、「今日はコナンのDVDだよ」って言って再生したら「これ違う」とびっくりしてたのですが、数話見せたら完全にハマってしまい、上の子が何話か見た後「最初の頃より最近のほうが1話の時間が短くなってない?」とまさに狙い通りのコメントをしてくれて嬉しかったです。良いものは年月を超えて愛されると思って(おっさんくさいですが)、車の長距離移動の際は「世界名作劇場」とか古い名作をよく見ています。 好きなものについて人力検索で質問したことがあったなーと思い出して質問履歴を紐解いてみたところ、10年も前にありました。 q.hatena.ne.jp 沢山回答いただけて嬉しかったし、読んだことの無かった面白い本を沢山紹介してもらえました。 思い返すと、「SF小説が好きだ」と思ったのは高校生の時、インターネットも無く、専門誌を読むでもなかった当時に本屋でたまたま手に取った小説がベイリーの「時間衝突」で、それがものすごく面白くて、「たまたま手に取った本がこんなに面白いSFすげー」と思って、SF小説のことを好きになり、大学に進学したとき「もっとSFのことを詳しい人に聞きたい」と思ってSF研究会というサークルの門を叩いたのでした。 単なる知識だけでなく「好き」が伴った情報は圧倒的に面白いというのはブログサービスを運営していてもすごく思うところです。 好きなものについて語るのは気恥ずかしさを伴いますが、勇気をもって声を出してみると同好の士から有益な情報が得られて嬉しい、という体験を何度かしてきたので、好きなものについて話すのも聞くのも大好きです。今回のアドベントカレンダーで同僚が「好きなもの」について熱く語るのを読むのが楽しみです。 アドベントカレンダー次回は id:daiksy さんです。よろしくお願いします!
    • 1970/01/01 (木) 09:33:36
  • エンジニアの働きやすい職場を求めていろいろ回ってきました
    • 最近の私は、5ヵ月に渡り、ITスタッフィングさんの ITスタッフィング エンジニアスタイル で「エンジニアの働きやすい職場って?」を聞いて回る連載をしていました!先日公開された第5回で一旦連載終了です。 リクルート マーケティングパートナーズさん 池澤あやかとはてな大西がリクルートマーケティングパートナーズの竹迫さんに「エンジニアの働きやすい職場って?」と聞いてみた。 - itstaffing エンジニアスタイル クックパッドさん 池澤あやかとはてな大西がクックパッドの小川さんに「エンジニアの働きやすい職場って?」と聞いてみた。 - itstaffing エンジニアスタイル スマートニュースさん 池澤あやかとはてな大西がスマートニュースの前田さんに「エンジニアの働きやすい職場って?」と聞いてみた。 - itstaffing エンジニアスタイル ヤフーさん 池澤あやかとはてな大西がヤフーの村上さんに「エンジニアの働きやすい職場って?」と聞いてみた。【前編】 - itstaffing エンジニアスタイル 池澤あやかとはてな大西がヤフーの村上さんに「エンジニアの働きやすい職場って?」と聞いてみた。【後編】 - itstaffing エンジニアスタイル ソニー さん 池澤あやかとはてな大西がソニーの上野さんに「エンジニアの働きやすい職場って?」と聞いてみた。【前編】 - itstaffing エンジニアスタイル 池澤あやかとはてな大西がソニーの上野さんに「エンジニアの働きやすい職場って?」と聞いてみた。【後編】 - itstaffing エンジニアスタイル 「エンジニアの働きやすい職場とは」ということで、オフィス環境に留まらず、仕事の進め方、評価と キャリアパス など、突っ込んだ質問をしていく記事となり、自分の関心分野とも合致していたので非常に興味深い話を毎回聞けて楽しい連載でした。 毎回一緒にオフィス取材に行ってくださった 池澤あやか さんとはこの連載が初対面でした。可愛らしいのは記事をご覧の通りですが、エンジニアとしても活躍されているだけあり、質問パートも鋭い質問をしていただき盛り上がりました。実際この連載僕要らなかったんじゃ、と何度も思いました…。 取材を引き受けていただいた皆さんも、エンジニアとして尖った方ばかりでしたし、自分と同じような、開発のマネージャーだったりエンジニアの キャリアパス を考える立場だったり、という方の話を聞くことができて、同じような悩みに共感したり、問題を解決するための仕組みに感心したり、学びのある話ばかりでした。同じような問題意識を持っていらっしゃる方に読んでいただければ幸いです。 各社を回り、「エンジニアの働きやすい職場」のやり方はたくさんあるけれども、成長機会がある、ということが非常に重要だと改めて感じました。エンジニアの成長と 事業 の成長をきちんとリンクさせられるのが一番だと思います。エンジニアが(それ以外の職種もですが)楽しく働けてかつ成長実感があり、それが 事業 の成功や会社の成長につながっている、そんな会社に弊社もしていきたいですね。 私は普段は京都に引っ込んでいるので、こういう機会があるのは本当にありがたいです。経営、マネジメント、エンジニアの評価・ キャリアパス ・採用などについてお話しする機会があれば飛びつきますのでご一報ください。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:36
  • 喰らえ10年鍛えた俺の test.pl !!
    • こんにちは、2011年くらいにディレクターになってめっきり Perl 書かなくなった id:onishi です。 この記事は Perl5 Advent Calendar 2015 18日目です! 書き捨てのコードを test.pl という単一ファイルに __END__ と共に上に追加し続けて10年。3万行超に成長した俺の test.pl から厳選したコード群を喰らえ、という主旨の記事です。 今日のお品書きはこんな感じです。 list() fotolife wq punycode statuscode 結びの言葉 ( [PR]この目次は はてなブログの目次機能 で自動生成しています ) ちなみに、書き捨てのコードから良いものは、プロジェクトの リポジトリ に入れたり、~/bin/ に置いたりしています。今日は ~/bin/ に移った厳選処理も紹介しますね。 とにかく test.pl にいろんな処理が書かれているので、日付処理したい、とかメール送りたい、とか思ったらそれっぽい単語でファイル内を検索すると適切な コードスニペット が見つかるので業務効率に繋がっています。 list() ORM使うほどでもないけどさくっとDB引きたい時の簡易 DBI ラッパーです。 use DBI; my $host = { user => [ 'host1' , 'user' , 'pass' ], blog => [ 'host2' , 'user' , 'pass' ], }; sub dbh { my $dbname = shift ; DBI->connect_cached( sprintf ( 'dbi:mysql:database=%s;host=%s' , $dbname , $host->{$dbname}->[ 0 ] , ), $host->{$dbname}->[ 1 ] , $host->{$dbname}->[ 2 ] , ) } sub item { my $list = list( @_ ) or return ; $list->[ 0 ] ; } sub list { my ( $dbname , $sql , @bind ) = @_ ; my $dbh = dbh( $dbname ); my $sth = $dbh->prepare_cached ( $sql ); $sth->execute ( @bind ); return $sth->fetchall_arrayref ({}); } こんだけ書いておけば list() と item() で以下みたいなコードが書けます。 my $user = item( user => 'SELECT * FROM user WHERE name = ?' , 'onishi' ); my $entries = list( blog => 'SELECT * FROM entry WHERE user_id = ?' , $user->{ user_id } , ); print map { $_->{ title } . " \n " } @$entries ; 数クエリで済みそうな集計を雑にしたい時に使ってます。 fotolife フォトストレージサービス はてなフォトライフ に簡単にファイルをアップロードするコマンドです。 Config::Pit で username, apikey, folder を指定しておきましょう。 $ fotolife ファイル $ fotolife URL 第一引数にファイルパスかURLを受け取り、自分の フォトライフ にアップロードし、アップロード結果を出力します。 結果はこのように、 はてなブログ 用記法、 はてなダイアリー 用記法、 フォトライフ permalink 、画像permlinkをまとめて出力する親切設計です。 $ fotolife some-file.jpg [f:id:onishi:00000000000000p:plain] [f:id:onishi:00000000000000p:image] http://f.hatena.ne.jp/onishi/00000000000000 http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/onishi/000000/00000000000000.png #!/usr/bin/env perl use strict ; use warnings ; use Config::Pit; use FileHandle; use LWP::Simple 'get' ; use XML::Atom::Entry; use XML::Atom::Client; my $file = shift ; my $type = $file =~ / ( png|gif|bmp ) $ /i ? lc ( $1 ) : 'jpeg' ; my $t = substr ( $type , 0 , 1 ); my $ext = $type eq 'jpeg' ? 'jpg' : $type ; $type = "image/ $type " ; my $image ; if ( $file =~ m{ https ? :// } ) { $image = get( $file ); } else { local $/ ; # slurp mode my $fh = FileHandle->new( $file ) or die "cannnot open $file : $! " ; $image = $fh->getline ; } my $config = pit_get( "hatena.ne.jp" , require => { username => 'username' , apikey => 'apikey' , folder => 'folder' , }); my $username = $config->{ username } ; my $apikey = $config->{ apikey } ; my $folder = $config->{ folder } ; my $PostURI = 'http://f.hatena.ne.jp/atom/post' ; my $api = XML::Atom::Client->new; $api->username ( $username ); $api->password ( $apikey ); my $entry = XML::Atom::Entry->new; $entry->content ( $image ); $entry->content->type ( $type ); $entry->title ( '' ); my $dc = XML::Atom::Namespace->new( dc => 'http://purl.org/dc/elements/1.1/' ); $entry->set ( $dc , 'subject' , $folder ) if $folder ; my $EditURI = $api->createEntry ( $PostURI , $entry ) or die $api->errstr ; $EditURI =~ / (\d+) / or die $EditURI ; my $fototime = $1 ; my $initial = substr ( $username , 0 , 1 ); my $date = substr ( $fototime , 0 , 8 ); print "[f:id: $username : $fototime$t :plain] \n " ; print "[f:id: $username : $fototime$t :image] \n " ; print "http://f.hatena.ne.jp/ $username / $fototime \n " ; print "http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/ $initial / $username / $date / $fototime . $ext \n " ; 長い。あと、WSSE認証使ってますけど最近はOAuthでも書けます。 はてなフォトライフAtomAPI wq みんな大好き、 Web::Query 。 jQuery ライクに scraping できます。 #!/usr/bin/env perl use strict ; use warnings ; binmode STDOUT , ':utf8' ; use Web::Query; my $url = shift or die ; my $selector = shift or die ; my $limit = shift || 0 ; my $i ; wq( $url )->find( $selector )-> each ( sub { printf ( "%s \n " , $_->text ); $limit && ++ $i >= $limit and exit ; } ); こんな雑な スクリプト を wq という名前でPATHが通ったところに用意しておくと、URLと セレクタ を引数にこんな感じで簡易 スクレイピング コマンドとして使えます。 $ wq http://www.hatena.ne.jp ' ul#servicelist li ' 5 ブックマーク ネット上にお気に入りを保存できるサービス。ネット上の旬な話題がすぐわかる ブログ 書き残そう、あなたの人生の物語。だれでも使いやすく簡単に書ける、はてなの新しいブログ B!KUMA “がんばる私”に、ちょっと一息。恋愛、レシピ、おしゃれ、育児など女性が気になる話題をお届け ニュース ネットで旬な話題を分かりやすく紹介。地元発の京都情報、ひとこまマンガも楽しめるニュースサイト 人力検索 調べたいことを誰かが自分の代わりになって調べてくれる人力検索サービス ( はてな トップページから「 はてな のサービス」を5件取得する例) セレクタ 指定して取得した数字を別のサービスに投げたりすると便利なんじゃないでしょうか。 punycode 日本語ドメイン でイラッとすることが多いので punycode の自動変換をします。 #!/usr/bin/env perl use strict ; use warnings ; use IDNA::Punycode; use Encode; binmode STDOUT , ':utf8' ; idn_prefix( 'xn-' ); my $word = shift ; if ( $word =~ / ^xn- / ) { print join ( '.' , map { decode_punycode(Encode::decode( 'utf-8' , $_ )) } split ( / [.] / , $word )) . " \n " ; } else { print join ( '.' , map { encode_punycode(Encode::decode( 'utf-8' , $_ )) } split ( / [.] / , $word )) . " \n " ; } こんな感じ。 $ punycode xn--wgv71a119e.jp 日本語.jp $ punycode 日本語.jp xn--wgv71a119e.jp イラッとしなくなりました。 statuscode 任意の ステータスコード を返すサーバーをさっと建てたいこと、ありますよね!(無い) #!/usr/bin/env perl use strict ; use warnings ; use HTTP::Daemon; use HTTP::Status; use HTTP::Response; my $d = HTTP::Daemon->new( LocalPort => shift || undef ) || die ; print "Please contact me at: " , $d->url , " \n " ; while ( my $c = $d->accept ) { while ( my $r = $c->get_request ) { if ( $r->method eq 'GET' and $r->url->path =~ m{ / (\d+) } ) { my $code = $1 ; my $header = HTTP::Headers->new( 'Content-Type' => 'text/html' ); my $message = status_message( $code ) || '' ; my $res = HTTP::Response->new( $code , $message , $header , "<title> $code $message </title><h1> $code $message </h1>" ); $c->send_response ( $res ); warn " $code $message \n " ; } else { $c->send_error (RC_FORBIDDEN) } } $c->close ; undef ( $c ); } $ statuscode Please contact me at: http://localhost: 53812 / サーバーが立ちます。 http://localhost:port/200 のように任意の数字をパスに指定するとその数字の ステータスコード を返します。なんか便利ですね! 結びの言葉 10選くらい挙げたかったのですが、意外と仕事のコードと密なコードが多すぎて紹介できなくて飽きてきたのでここらへんで終わります。 1ファイルを眺めるだけで10年の歴史が眺められて面白かったです。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:35
  • 僕とはてなと開発合宿
    • はてなスタッフ アドベントカレンダー 2015 を始めます! はてなスタッフアドベントカレンダー2015 - はてなスタッフアドベントカレンダー というわけで初日は私、 id:onishi がつとめます。今日から25日間、スタッフによりなんからの「 はてな 」に関するエントリーが続く予定ですのでお楽しみに! 初日ということで何を書こうかなと思いましたが、今日は「僕と はてな と開発合宿」について書いてみます。 はてな の開発合宿の歴史 はてな で初めて開発合宿は2005年の事でした。皆さんご存じ「 はてなブックマーク 」は合宿で産声を上げました( ここ らへんに詳しい)。 その後数年は、「少人数で新サービスを作る合宿」というのを行っていました。当時の新サービスは合宿ドリブンで作られたものが多いです。 最近の はてな は開発者の人数も増えたため、たくさんの人数で出かけるイベント型の合宿を行っています。チームを組んで2泊3日で、各チームの成果を発表するという流れです。 去年行われた合宿をもとに、合宿の企画・運営について記事を書きましたので、そちらに詳しいです。 サービス開発合宿 - Hatena Developer Blog また、合宿の参加者の記事も書かれたのでぜひご覧ください。 開発合宿でのチームの回し方 - Hatena Developer Blog 開発合宿で何を考えてどう作ったか - Hatena Developer Blog 僕と開発合宿 最初の、 はてなブックマーク の開発合宿にも参加し、その後もほとんどの開発合宿に大なり小なり関わってきました。 最近でこそマネジメントっぽいことをしていますが、僕はもともとは長い間エンジニアをやってきました。長くやっていたため、どちらかというとレガシーなサービスを任されることが多く、開発合宿は普段できないような開発をする絶好の機会となっていました。 そのため開発合宿では異常にテンションが上がり、夜中までコードを書きまくるという体験を心から楽しんできました(夜中まで書かなきゃいけないってことは全然無く、寝る人は寝てます)。 その後、ディレクター、プロデューサー、今の開発本部長、とやれることは増えていったのですが、「合宿好き」の血は体に刻まれてしまい、今はもっぱら合宿を企画する、という形で合宿に参加しています。 今は業務でコードを書く事はほとんど無いのでそういう意味でも合宿は自分にとって貴重な機会になってきました。 今年の合宿も(なんと)明日から始まります。去年は約40人参加でしたが、今年は約50人の参加を予定しています。無事合宿が成功し、来年も実施できるようにがんばります!参加者の人も楽しんで、目的意識をしっかりもって取り組んでください!! というわけで、なんか真面目な感じになってしまいましたが、次は新入社員の id:stefafafan です!楽しいエントリ期待!
    • 1970/01/01 (木) 09:33:35
  • お菓子工場の夢
    • 久しぶりに 夢日記 を書く。 お菓子を作る工場を見学している。巨大な機械の中を縫うようにベルトコンベアが走り、その上を低い円柱状のお菓子が流れていく。 行程が進み、成形され、ミントブルーにコーティングされたお菓子たちは、あるものはさざ波のような、またあるものはお城のような、不思議に動きをもっている。 やがてパッケージにつめられたその箱には「12のうごき、12のあじ」と書かれていた。 色は一色なのに動きと味にバリエーションがあるのが新しい!と思って目が覚めた。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:35
  • ブログを始めたきっかけ
    • 今週のお題 「私がブログを始めたきっかけ」に参加します。 もともとはgeocitiesで ウェブ日記 を書いていた。HTML 手書き で友達だけが見てるような。という話は以前「 僕のオープンインターネット - 大西ブログ 」で書いた。 その後、 はてな に入って 人力検索 サイトを運営していたわけだけど、そのサイトの中に「スタッフ日記」というコーナーを作った。簡単な日記を書ける仕組み。入社して独力でやった初めての新規の機能だった気がする。diary. cgi 。. cgi かよって感じだけど当時は社内に フレームワーク もなく、 Apache + CGI で動かしていた。その後 mod_perl (もちろん1) 導入して、 cgi を Apache ::Registry で動かすようにして(use strictを学んだ)、その後 フレームワーク が作られた。 話が逸れた。 2001年8月から開始したスタッフ日記コーナーは当時のスタッフ3人で更新していた。その後2003年に はてなダイアリー というサービスを作って、スタッフ日記はそれぞれの日記にインポートした。 これが最初のエントリ。今読むと緊張感がある。 はてなの使い方提案 - 大西日記 - はてなダイアリー はてなに入社 して最初の仕事が日記の仕組みを作ることで、その後何年にもわたって日記(ブログ)システムをエンジニアとして運用して、その後 はてなブログ というサービスをディレクターという立場で作ることになるのであった。 ブログサービスを始めたきっかけでした。こちらからは以上です。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:35
  • 仰げば尊し!田んぼの学校 恵み編に参加してきました
    • 宝酒造 さんが主催している「 田んぼの学校 」!最終回である第4回、「恵み編」のレポートです。5月から始まった田んぼの学校も7ヶ月を経てついに卒業式です。 (この記事は、 宝酒造 提供による はてな PR企画の一環です。後日 DigiStyle京都 で参加レポートがまとめられる予定です。) 田んぼの学校とは 宝酒造 「田んぼの学校」では、お米(もち米)づくりを体験しながら田んぼ周辺の生物を観察するほか、お米から本みりんができるまでの流れも学習します。これら体験を通して、自然の恵みと命のつながりを学びます。 宝酒造 田んぼの学校 | 環境活動 | 宝酒造株式会社 第1回: 米づくり/田植え編 第2回: 米づくり/草取り編 第3回: 米づくり/収穫編 第4回: 恵み編 全4回のイベントもついに最終回。自分たちの手で植え、草を取り、収穫したもち米やそれを原料にしたみりんを使って料理をしたりみりんや おせち料理 について学びます。 今回もこれまで同様、 id:chris4403 さん一家と一緒に参加してきました! 始業式 12月も半ばになり、こないだ収穫したと思ったら季節はもう冬。いつもはドライブで出かける田んぼの学校ですが、最終回は「ラ・ キャリエール クッキングスクール」でした。 京都市 役所を見下ろせる素敵なロケーション! 結婚式場にも使えそうなスクール内のホールで最終学期の始業式です。いつも通り校長のご挨拶から始まります。 1時間目 みりんの楽校(がっこう) 1時間目の授業は大人と子どもに分かれて受けます。大人は「みりんの楽校(がっこう)」。みりんや 清酒 の料理に及ぼすちからを学びます。 みりんが出来るまで。みりんがどうやってできるのか考えたことも無かった…。 そして、「本みりん」と「みりん風調味料」は全然違うものだった! 本みりん アルコール分が含まれているので酒税がかかる 複雑な糖類による味、アルコールによる生臭みを消す効果や味のしみこみ、煮崩れ防止などの効果がある みりん風調味料 アルコールを入れずに作るので酒税がかからない アルコールや糖類の効果が無い 全然違う!びっくりしました。 というわけで利きみりん。「本みりん」と「みりん風調味料」を比べてみましょう、というコーナーですが… これが、匂いを嗅ぐだけで全然違うものでした。甘い中にも 清酒 のようなよい香りのする本みりんに比べて、人工的な甘い匂いと酸っぱい匂いが混じったみりん風調味料。 そして、調理したものを食べ比べても差は歴然でした。本みりんで作った方が 歯触りが全然違う。本みりんでは柔らかく、みりん風の方は堅さが残っている 甘さがまろやかで不自然さがない。みりん風の方はべたっとした甘さ 良くしみこんでいる。噛むと中から汁がほとばしるような感じ 右が「本みりん」だったのですが、食べた後も差は歴然。しっかりと汁が吸い込まれているのがわかります。 本みりんのすごさは 宝酒造 さんのサイトにも詳しく載っていました。 タカラ本みりん | 調味料 | 商品紹介 | 宝酒造株式会社 そして、みりんだけでなく、「 清酒 」と「料理酒」にも違いがあるんですね。料理酒も、みりん風調味料と同様に酒税を免除するために塩分を入れて不可飲処理をしているそうです。なるほどー、そりゃ本みりんや 清酒 の方が美味しいわなーと納得。 お酒調味料のつぼ | タカラ「料理のための清酒」 | 調味料 | 商品紹介 | 宝酒造株式会社 と、親たちがアルコールを摂取しながら本みりんについて学んでいる間に、子どもたちは田んぼで作ったもち米から作ってもらえる「本みりん」のラベルを手描きで作っていました。どんなラベルにしたの?って聞いても「絶対内緒」と教えてくれません。本みりんが届くのが楽しみです。 2時間目 料理教室 2時間目はメインイベント、「料理教室」です。まずは講師の先生の見本を見ながら全体の指導を受けます。 今日一日でこんなに作ります! こんなテレビの料理番組みたいなセットで手元を拡大してもらいながら詳しく説明してくれます。下の子は「これテレビでやるの?」って勘違いしてました。 説明を熱心に聞いてる下の子。 聞きながらだんだん変なポーズをし始める下の子。 ひとしきりの説明を受けて、用意してもらったエプロンに着替えて張り切る子どもたちです。 3つの教室に分かれて、家族ごとに一つのアイランドキッチンを借りて(贅沢!)調理開始です。 白みそのお雑煮 一品目は白みそのお雑煮。本当は 複数 の料理を段取りよく作ったのですが、時系列だと混乱するので料理ごとにまとめてみました。 まずはお雑煮の具になる人参と大根を 短冊 切り。左手は猫の手!子供用包丁は使ったことあったのですが大人用の包丁でおっかなびっくり、でも上手に切れました。 京風に白みそ仕立てです!白みそは大量に入れるので鍋に入れる前に溶いておきます。 椀の底に茹でたお餅を入れて、白みそ汁を入れて仕上げは三つ葉。センスの見せ所ですね。(煮てる時の写真撮り忘れた) お雑煮できあがり! 若鶏のきじ焼き 鶏もも肉を下ごしらえ。余分な脂身や皮を切り落として軟骨を取り除きます。 塩こしょうで下味をつけます。「高いところから塩をふると満遍なくふれます」と教えられるも、背の低い下の子はこれが限界。 フライパンで焼きます! いい色!美味しそうに焼けました。この後オーブンでさらに焼きます。 醤油、みりん、お酒を大さじ2杯ずつ、味付けの準備をしておきます。慎重に計量しています。 オーブン調理後は、先ほどつくった調味料を絡めてさらに焼きます。 焼けたら、少し冷まして食べやすい大きさに切って、 盛りつける!焼き汁を上からかけるとそれっぽい。 若鶏のきじ焼き、できました!つけ合わせはししとう! 大豆入りのごまめ 三品目は「ごまめ」。田作(たづくり)とも言いますね。 おせち料理 の定番です。炒り大豆も入ります。 ごまめを炒めて水分を飛ばした後、 調味料を粘り気が出るまで煮詰めて、炒り大豆と合わせます。 炒め上がったら、バットに並べて熱を冷まして、 皿に取り分けます。 出来上がり!簡単なのにこの照りはみりんの効果か!みりん万歳! 出し巻き 四品目は出し巻き玉子!これ上手に巻けたらプロっぽいやつ! 卵割る下の子。卵を割るのに異常な執着を見せて、料理始まった瞬間から「卵先に割っとく?僕割るけど?」って言い続けたけどようやく割れました。上手に割れて良かった。 だし汁と混ぜた卵を四角いフライパンで焼く!そして巻く!お姉ちゃんはさすがに上手。一人で上手に巻けました。 下の子は僕と一緒に。いい焼き色がついて美味しそう。こちらも上手にできました。 巻き簀に巻いて冷ましたあと、切り分けます。 下の子も。 出し巻き、出来ました!斜めに切ったのは上の子のセンスです。 みたらし風だんご 最後にデザート。みたらし風団子。 白玉粉 から団子を作るところまではあらかじめできていました。 フライパンで白玉団子を焼く。くっつくやすいから注意してください、と言われたけど確かにくっつくくっつく。細心の注意をはらって焼いてます。 上の子とバトンタッチして、たれと絡めます。 またバトンタッチ。たれとよく絡んだら、つぎは配膳。 上手にできました!照りっ照り。これもみりんの力か。 というわけで… 全部の料理が完成しましたーー。なにこれオシャレじゃないですかー。 「いただきます」と言うやいなや、料理にかぶりつく子どもたち。自分で作った料理は格別ですね。結構ボリュームあったのに残さず完食しました! 「ごまめ上手にできたから、おばあちゃんの家でも作ろうよ」とか会話も弾みます。 3時間目 お正月をもっと楽しもう! 満腹満足で迎える3時間目は、「お正月をもっと楽しもう!」と題して、 おせち料理 について学びます。 おせち料理 に込められた意味、はいはい知ってます!と思ったら・・・ 出たーーーー!!!お節かるた!!!!「込められた意味」を上の句よろしく詠んで、対応する絵札を取るという斬新なかるたです! うちの子のテーブルは異常に盛り上がり、これだという絵札にテーブルの子どもたちが同時に手を伸ばし「 ちはやふる 」もかくやという熱戦が繰り広げられました。同着の全員がお手つきというシーンも何度も…。 卒業式・終わって 楽しかった「田んぼの学校」も全ての授業が終わって、卒業式です。えっもう?という気分でいっぱいです。 chris4403一家の背 中越 しに卒業証書授与。本物の学校の卒業式よろしく、一家族ずつ名前が呼ばれ、校長先生から卒業証書を手渡しされます。 もう人生で手にする事も無いと思っていた卒業証書。 おみやげには、 スパークリング清酒「澪」 、できたばっかりのお餅!そして3時間目の授業でも出てきた「 節句 かるた」! お餅はしゃぶしゃぶ用の薄いのと太いのと二種類いただいたので、早速その日の夜は鍋にして薄い方のお餅をいただきました!肉より餅が人気の鍋になりました! 節句 かるたは、正月に実家に帰ったら おせち料理 と一緒に両親と子どもと遊ぼうと楽しみにしています。 いただいたものはそれだけでなく、調理実習で使った「タカラ本みりん」「料理のための 清酒 」のエプロンとバンダナを家族4人分いただいて帰りました!企業グッズ好きの我が家にはこれも嬉しいプレゼント。今度家族で料理するときは全員でまたこれを着たいです。 おまけ テレビ取材が入っていたので、その日の夕方の KBS のニュースをチェックしたら、うちの子がアップで映ってました。ちょっと嬉しい。 まとめ というわけで、7ヶ月間全4回の田んぼの学校が無事に終わりました。農作業体験を行える、という気軽な気持ちで参加したのですが、単に農作業を行うだけでなく、 里山 の自然に触れ、生き物に触れ、その生き物が田んぼを育むという事を全身で実感しました。 また、そこから米がぐんぐん成長したのを自分の目で見届け、それがさらにみりんやお酒になり、調理に使われることで食べ物の魅力を何倍にも引き出す、という壮大な手間の果てに美味しいご飯を食べれるということを学びました。 家族で一緒に汗を流して作業する楽しさに加え、沢山の発見と学びを与えてくれた「田んぼの学校」、そしてそれを運営されている 宝酒造 さんに感謝して、この4回のレポートを締めくくろうと思います。ありがとうございました!! 「田んぼの学校」過去の記事 [第1回: 米づくり/田植え編] 田んぼの学校で田植え体験してきました - 大西ブログ [第2回: 米づくり/草取り編] 今度は草とりだ!田んぼの学校第2回に参加してきました - 大西ブログ [第3回: 米づくり/収穫編] 生命賛歌!田んぼの学校収穫編に参加してきました - 大西ブログ div.photo-center { text-align: center; margin: 2em auto 0.2em auto } div.vertical img { width: 300px } div.photo-center img.photo-twice { max-width: 48% }
    • 1970/01/01 (木) 09:33:34
  • 文学フリマ大阪とモジノオトカフェの感想
    • 第二回文学フリマ大阪に、はてなブログが参加します。ブースを出展し、文学フリマとともに「書き手」を応援していきます - 週刊はてなブログ はてなブログ では、文章を書いて発表する場としてブログと シナジー があると考え、 文学フリマ に初めて参加いたします。ブログをはじめとする多くの「書き手」を、ネットだけでなくリアルの場でも後押ししていければと考えています。 はてなブログ と「 文学フリマ 」をよろしくお願いいたします。 というわけで、9月にあった 第二回文学フリマ大阪 を応援しつつ参加してきました。 やったこと ブース出展 文フリなので何か薄い本を用意したかったのですが準備不足でTシャツなんかを売りました 醤油手帖さんの本も置かせてもらいました はてな でブログを書いている参加サークルさんを紹介 第二回文学フリマ大阪開催迫る! 参加するはてなブロガーさんをまとめてみました 【Part 1】 小説カテゴリーのサークルたち - 週刊はてなブログ 第二回文学フリマ大阪に参加するはてなブロガーさんをまとめました 【Part 2】 「詩歌」「ノンフィクション」「評論」のサークル - 週刊はてなブログ 合計で30サークル紹介させていただきました。総サークル数が300くらいだったので、約1割が はてな でブログを書かれているということになります。親和性ある! 文学フリマ トピックを用意 トピック「はてなブログも文学フリマ大阪に参加します」 - はてなブログ 設営・撤収のお手伝い 文学フリマ のサークルカタログに はてなブログ の広告を掲載 設営なう@文フリ大阪 pic.twitter.com/wORWC4lWLT — 大西康裕 (@yasuhiro_onishi) September 14, 2014 整いました@ 文学フリマ 大阪 pic.twitter.com/jkgRiyXp7n — 大西康裕 (@yasuhiro_onishi) September 14, 2014 始まりました!入場すぐの はてなブログ ブースでは、 はてなTシャツ 他、 はてな ブロガー醤油手帖さんの本とシールも売ってます。 はてな シールは無料配布中。気軽にお声掛けください #bunfree pic.twitter.com/CK1juxqxCM — 大西康裕 (@yasuhiro_onishi) September 14, 2014 文学フリマ 大阪に参加してみての感想 コミケ 参加経験はあるのですが、 文学フリマ は初参加。いやー思ってたより(失礼)盛り上がってましたね。主催者様の発表によると、300ブース、来場者は1500名ほどだったらしいですが、すごく賑わっていて良いイベントでした。 はてな でブログを書いている参加サークルさんが30サークルほどあって、全体の一割が はてな !ということで、ブログと文フリ、親和性あるんじゃないかと思って応援を決めて参加したのですが、思っていた通りだなと感じることができました。参加サークルさんにも私や別のスタッフがご挨拶させていただきましたが、気持ちよく会話させていただきました。ありがとうございます。 文学ということで、小説や詩が多いのかなと思っていましたし実際そうでしたが、それ以外のものも沢山あり(自分が文学と思えば何でもいいそうです)、面白い本やグッズが沢山あって、純粋に個人としても楽しめました。 モジノオトカフェ その後、文フリに参加した感想を モジノオトカフェ で発表させていただきました。 文学フリマ の中の人や、サークル参加されてる方、こんど連載開始を控えた漫画家さんやアニメーション作家さんなど個性的な面白い方々の前で、 文学フリマ の感想の体を借りた はてなブログ の宣伝をしてきました。 ブログには、同人サークルさんにも便利に使っていただける 複数のメンバーで一つのブログを管理する機能 や、ときには ひっそりとブログを運営するモード があったり、そもそも SEOがとても優れているのですよ 、といった話をさせていただきました。 興味深く、活発に質問を交えながら聞いていただき、ますます今後もブログをいろんな「書き手」の方に使っていただこうという思いを強くしました。 今後の はてなブログ と 文学フリマ というわけで、今後も はてな は、「 文学フリマ 」やその他「書き手」のみなさんを後押ししていきたいと思います。 株式会社はてな様より「第一回文学フリマ金沢」へのご支援が! - 文学フリマ金沢事務局通信 4月にある 文学フリマ金沢 も、大阪同様に応援していきますし、本家の 文学フリマ (東京)とも何かしていきたいです! はてなブログ ・ はてなダイアリー をご利用中のみなさまにおかれましては、雑誌・Webマガジンへの執筆や連載、書籍の刊行、テレビ・ラジオ等への出演、イベント・トークショー等のご予定などありましたらご連絡ください。検討のうえ、有用な情報は はてなブログのツイッターアカウント その他で宣伝にご協力させていただきます。 ご連絡はこちらまで! https://docs.google.com/forms/d/1uqA-h-vldqCV3c3KwhHtBVznIDzvND9HCfuO5gWsKbU/viewform
    • 1970/01/01 (木) 09:33:34
  • 母校 #地元発見伝
    • ガソスタの奥に見える、登 城ヶ丘 の上に微かに見えるのが 四日市 南高等学校。ここで jkondo と出会ったおかげでいまここでこうしている。 「記憶に残る風景」 #地元発見伝 四日市市, 三重県 ちなみにこの学校、校歌が 谷川俊太郎 作詞、 武満徹 作曲。「この空は宇宙へ続く。新しい答えを待って」ってあたりがイカす。 http://www.4nan.jp/kouka/kouka.html 地元の魅力を発見しよう!特別企画「 地元発見伝 」
    • 1970/01/01 (木) 09:33:34
  • Slack で LimeChat 風に未読チャンネルに移動する
    • 最近会社で Slack 使ってて便利だけど、未読チャンネルへの移動が Option + Shift + Arrow なのでちょっと辛い(カーソルキー使いたくない)。 LimeChat みたいに Ctrl + Tab / Shift + Ctrl + Tab で未読のチャンネルに移動したい! というわけで Karabiner の設定書いて解決。 Slackのチャンネル移動をキーボードで簡単に出来るようKarabinerのprivate.xmlを書いた - Glide Note - グライドノート を参考にさせていただきました。 ~/Library/Application Support/Karabiner/private. xml に以下を追加。 角利産業(KAKURI) アルミカラビナ 6mm 黒 出版社/メーカー: 角利産業(KAKURI) 発売日: 2012/03/08 メディア: スポーツ用品 購入 : 1人 クリック : 1回 この商品を含むブログを見る
    • 1970/01/01 (木) 09:33:34
  • 髭剃りの電池を替えた
    • 2年半くらい使って電池がヘタってきたので交換した。 新機種に買い替えなかったのは父の遺品だから。特別な思い出があるわけではないけど父が入院していた病院の売店で購入したもの。「結構高かったけどまだ買って間もないし勿体ないからあげる」という母の言葉と共に突然だった父の死を今でも昨日の事のように思い出す。そうだ当初は高い髭剃りを購入するような長期の療養を想定していたのだった。 結構高かったというので型番をググったら確かに高級機だけどその時点でも2年くらい古い型のものだった。もちろん病院の売店の髭剃りのラインナップに期待しているわけもないので不満もない。父は機械が好きで僕が小さいころからビデオレコーダーとかいち早く導入していた。その前は 8ミリフィルム のカメラも持ってた。デジカメも何台も買い替えてた。記録メディアが一杯になるたびにフィルムのように毎回新しいのを購入していてよく僕が勿体ないって文句言ってたけど Panasonicのイベントで阿部さんが「イベント毎にSDカードで管理する」って話してた のでいつの間にか時代が父に追いついてたみたいだ。文句言って悪かった。 そんな事をつらつら思い出しながら髭剃りの電池を替えて、こういうのもいいもんだなと思った。大事に使おう。毎朝髭をそりながら父のことを思い出せる髭剃りは他に無いので。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:34
  • 生命賛歌!田んぼの学校収穫編に参加してきました
    • 毎度おなじみ、 宝酒造 さんが主催している「 田んぼの学校 」!ついに米づくり編最終回である第3回、「収穫編」です!5月後半に植えた稲が4ヶ月ちょっとで実がなって収穫できるなんて自然すごいなー。 (この記事は、 宝酒造 提供による はてな PR企画の一環です。後日 DigiStyle京都 で参加レポートがまとめられる予定です。) 田んぼの学校とは 宝酒造 「田んぼの学校」では、お米(もち米)づくりを体験しながら田んぼ周辺の生物を観察するほか、お米から本みりんができるまでの流れも学習します。これら体験を通して、自然の恵みと命のつながりを学びます。 宝酒造 田んぼの学校 | 環境活動 | 宝酒造株式会社 第1回: 米づくり/田植え編 第2回: 米づくり/草取り編 第3回: 米づくり/収穫編 第4回: 恵み編 全4回のイベントもついに折り返し、田植え、草とり、と進めてきた米づくり編は今回でおしまいです。 今回もこれまで同様、 id:chris4403 さん一家と一緒に参加してきました! 黄金の野 からっと綺麗に晴れた秋の日。 前回 までに取りたかった免許もついに取得。念願の自分の運転で、 南丹市 園部町 にやってきました。そこに待っていたのは… 黄金色に輝いた田んぼ!すごい!こんなに大きくなってる! と言いつつ、実は免許をとっていてもたってもいられず、9月の頭にもこっそり様子を見に来てました。 こっそり見に来た、9月初めの田んぼの様子です。たわわに実り頭を垂れ、色づき始めた稲が嬉しかったです。 刈り入れが終わり、真っ黒な田んぼもありました。稲刈り後に藁や籾殻を焼いて来年の土にするのだそうです。 やってきました我らが母校「田んぼの学校」。すっかりいい色に育った稲が待っててくれていました。 唐突4コママンガ「田んぼくん」 (1)田植え - (2)草とり - (3)稲刈り前 - (4)稲刈り後 です。オチはない。 始業式〜室内授業 いつものように校長先生の挨拶から始業式が始まります。 午前中は「自然かんさつ」スクール。じっくりみてみよう! 今回も観察のための顕微鏡が各家庭に配布されます。季節が変わり、生きものも草花も変わった秋の自然を観察してみます! Vixen 双眼実体顕微鏡 ミクロボーイ 30倍 2122-00 出版社/メーカー: ビクセン 発売日: 2011/04/11 メディア: Camera クリック : 3回 この商品を含むブログを見る 双眼顕微鏡欲しい(毎回言ってる)。 魚とか、 エビと貝とか、 熱心に眺めてます。顕微鏡の使い方も、もう3回目でだいぶ慣れてきたなー。一人で綺麗にピントも合わせてます。 観察した結果はフィールドノートに記録します。まじでうちの子絵がうまいなー。 柿の種を割ると子葉(ふたば)が!胚の中でもうかたちづくられているんですねー。米の胚との比較とかを学びました。 とりあえず食べ物と見るや舐める子…。 自然観察〜昼ごはん 室内の観察授業の次は野外に出て自然観察です。 自然の先生に引率されて、いきもの発見のツアーにでかけます。 アワとコメと何が違うのか。野生種と 栽培 種の違いを教えてもらいました。 自然観察で見つけたいきものたち。 コオロギ、 オンブバッタ、 ヒシバッタ、 オナモミ 。子どもの頃はひっつき虫って呼んでたなー。 というわけでたっぷり自然に触れた後はお弁当!! あんぐり。 稲刈り 午後はついに稲刈りです! 教室で授業を受けてから… 田んぼに到着!身長近くまで伸びてました。 みんな自分が植えて草刈りしてきた持ち場があるので、一斉に並んで稲刈り開始! なかなかしっかりとした腰つきで着実に稲を刈る上の子。 しゃがむと稲に隠れちゃう下の子もしっかり刈ってました。 上手に刈れました。おもわずにんまり。 稲刈りしてると、どんどん住処を追われたいきものたちが出てきました。カエルに、 カマキリも。一歩足を動かすと何匹も小さな生き物が跳ねる。田んぼはこんなに沢山の生き物を受け入れているんだと実感できました。 豊作の図(僕です)。 あっという間に稲刈りタイム終了。最初はぎこちなかったのですが慣れるとさくさくと刈れて、物足りないくらいでした 下の子はこの日の日記に「いっしゅんでかれるようになった」って書いてたけど正直そこまで上手じゃなかった(笑)。でも、短時間で上達曲線を体験してもらえると次に繋がりそうで非常に良い体験になったと思います。 稲刈りに続いて 脱穀 体験も。教科書で見たことある千歯こきで 脱穀 。ちゃんと籾が取れててすごい 綺麗に刈り取られた田んぼを後にして。 今日の楽しかった事をふりかえりシートに記入! 下の子もふりかえりシートに記入! ちなみに僕のふりかえりです。 植えた時は13cmだった苗が2ヶ月で40cmにも伸び、今日は90cmにもなっていました。 最初の授業で、「 田植えは3-3-2拍子 」って習って植えた3本の稲が、分けつして収穫した今日数えたら21本にもなっていました。 その一本の稲についた籾の数を数えたら、87粒ついていました。 21本 × 87粒 = 1827粒 「3本の稲 = 3粒の籾」から育った稲が1827粒の籾を実らせた。実に609倍の成長。 稲を刈っていたら、住処を追われた生きものがたくさん出てきました。 第2回の授業で出てきた「いのちのピラミッド」、そして「田んぼは生命のスープ(もしくはリゾット)」というフレーズを思い出さずにはいられませんでした。 食物連鎖 における、たくさんの命のピラミッド、そのピラミッドのいろんなレイヤーの命をあつめて田んぼという生命のスープがあり、その命をうけて600倍にも成長した稲があり、それを食べて我々は生きてるんだ・・・。この5ヶ月の体験を通して、そんな気持ちになることができました。食べ物を、生命を大事に行きていこう。 稲刈り済んで日は暮れて おみやげにもらった稲の束!家で手作業で 脱穀 ・精米してみようと思います! さらば 南丹市 園部町 。すごくいい場所でした。また遊びに来ます!! 今回も、 園部町 の方、 宝酒造 の方、 NPO の方、大学の先生や学生の方などなど沢山の方のサポートに支えられ、楽しく勉強になる素晴らしいイベントになりました、ありがとうございました! 次は今日刈り取った米や、それからできたみりんで料理体験です。もう最後なんて残念ですが次回も精一杯レポートします! 「田んぼの学校」過去の記事 [第1回: 米づくり/田植え編] 田んぼの学校で田植え体験してきました - 大西ブログ [第2回: 米づくり/草取り編] 今度は草とりだ!田んぼの学校第2回に参加してきました - 大西ブログ div.photo-center { text-align: center; margin: 2em auto 0.2em auto } div.vertical img { width: 300px } div.photo-center img.photo-twice { max-width: 48% }
    • 1970/01/01 (木) 09:33:34
  • YAPC::Asiaで開発合宿について発表してきました #yapcasia
    • 今年も YAPC ::Asiaで発表してきました!採択ありがとうございます。 2005年から始まった はてな の開発合宿について昔話から、これから開発合宿をする人に参考になるような情報を盛り込めたらと思って資料を作りました!ご参考ください!
    • 1970/01/01 (木) 09:33:34
  • 執行役員、サービス開発本部長に就任しました
    • 本日、8/1付けで 株式会社はてな の 執行役員 とサービス開発本部長に就任しました。 同時に、 はてなブログ ディレクターを退任しました。 「 はてなブログ 」は2011年8月1日に制作を開始し、丸3年ディレクターとして手がけてきたサービスで思い入れも深く、新しいディレクターの id:matsu_nao に引き継ぐことは、娘を嫁に出したような複雑な心境です。 はてな 社内のサービス開発を牽引するようなサービス・チームを作ろうと心がけて、ある程度は実現できたように思っています。 最近は、ダイアリーの頃に十分できなかった はてな ブロガーさんとの寄稿やイベントなどの取り組みなどが増えてきて、機能開発中心のチームからブログメディアやビジネス向けのサービスとしての側面も強化していて、エンジニア出身の自分から企画系ディレクターに良いタイミングでスイッチできたと思います。 まあ今日は、僕が 執行役員 になったとかよりもビッグなニュースがあったわけですが。 株式会社はてなの代表取締役会長に就任いたしました - jkondoのはてなブログ 株式会社はてなの代表取締役社長に就任しました - chris4403のはてなブログ 創業からずっと一緒にやってきた jkondo が経営執行から離れるのは感慨深いものがあります。 本部長として、 はてな のサービス全体を見ていく立場になりますので、新しい社長の右腕となりサービスの発展・業績向上に貢献したいと思います。 エンジニアから、ディレクター、プロデューサーと職を変えてきたわけですが、良い意味で現場感を持って経営にも参画できたらと思います。chris体制で、これまでよりもスピード感をもって経営・サービス開発をしていけると期待しています。頑張りましょう! 新しい体制の はてな に興味のお持ちの方はぜひ! 京都だけじゃなく東京でも積極採用中です! とりあえず飯でも食おうというお誘いも歓迎です! 採用情報 - 株式会社はてな 宴会タスキ 宴会部長 出版社/メーカー: クリアストーン メディア: おもちゃ&ホビー クリック : 4回 この商品を含むブログを見る
    • 1970/01/01 (木) 09:33:34
  • 今度は草とりだ!田んぼの学校第2回に参加してきました
    • 宝酒造 さんが主催している「 田んぼの学校 」!前回の 田植え から40日あまりが過ぎ、いよいよ待ちに待った第2回、「草取り編」です!今回は見どころも多く写真も沢山です。 (この記事は、 宝酒造 提供による はてな PR企画の一環です。後日 DigiStyle京都 で参加レポートがまとめられる予定です。) 田んぼの学校とは 宝酒造 「田んぼの学校」では、お米(もち米)づくりを体験しながら田んぼ周辺の生物を観察するほか、お米から本みりんができるまでの流れも学習します。これら体験を通して、自然の恵みと命のつながりを学びます。 宝酒造 田んぼの学校 | 環境活動 | 宝酒造株式会社 第1回: 米づくり/田植え編 第2回: 米づくり/草取り編 第3回: 米づくり/収穫編 第4回: 恵み編 4回に渡り、米を育てたり収穫したり、できたお米から料理をしたり、という1年間にわたるイベントです!今回は第2回目! 今回も id:chris4403 さん一家と一緒に参加してきました! 眩しい緑がお出迎え 前回に続き、家族で車で縦貫道で行きました 南丹市 園部町 ! 実は最近週末に教習所に通って 普通自動車 免許を取得しようとしていて、うまくすれば今日に間に合う予定でしたが、残念ながら先週末の卒検に落ちてしまい…今日も妻の運転で来ました! 園部で僕らを待ち構えてくれたのは、青々とした田んぼ!!川辺も山も、田んぼも何もかも緑色。草の匂い、カエルの鳴き声、あたりの様子が全く変わっています。 我々の母校、田んぼの学校もすっかり綺麗な緑になってます。 ちなみにこれは40日前の写真。全く見違えてます。 前回植えたのはあのあたりかなー。 そしてカエル!この写真では小さくてわからないかもしれないので… 拡大!ぎゃーーたくさんいる!!! 早速カエルをつかまえて満足気な下の子。 始業式〜教室での授業 学校なので始業式があります。さしずめ二学期というところですね。 まずは授業から。田んぼの命のつながり、「いのちのピラミッド」を学びました。この後実際に自然や田んぼに出ると本当にいのちに沢山出会えます。 観察セット。双眼顕微鏡、ルーペ、ケース。実際に生きてるサンプル(朝とってきてくれたそうです!すごい!)をケースに入れて観察できます。 こんな風にサンプルがまわってきます。 スプー ンで観察ケースに移してルーペや顕微鏡で観察します。 双眼顕微鏡は立体感をもって拡大視できて楽しい!家にも欲しい! Vixen 双眼実体顕微鏡 ミクロボーイ 30倍 2122-00 出版社/メーカー: ビクセン 発売日: 2011/04/11 メディア: Camera クリック : 3回 この商品を含むブログを見る カエル! (足が生えてきた)オタマジャクシ! キリギリス! コオイムシ ! ヘビを飲もうとしてるヘビ! トノサマガエル! フィールドノートにイラストと共に観察結果を記録します。上手にかけてるね!(親ばか) 自然観察〜昼ごはん 室内授業の次は次は野山に出てフィールドワークです。 グループごとに自然の先生がついてくれて、草花や生き物の話をしてくれます。至るところに何かある生き物の宝庫。 chris家とうちの下の子の男の子トリオ。めっちゃカエル探してます。手の届くところにおらず断念。 このあぶくみたいなの何だかわかります?カエルのたまごですって! トノサマバッタ (イナゴ?)に ショウリョウバッタ 。野外でもケースとルーペ持参で捕まえては覗き込み! 個人的に面白かったのは アザミ の花。受粉のため、ハチがとまると花粉が出て白くなるそうです。さっそく指で触ってみました。 確かになんか白いの出てきた! マルハナバチ が アザミ にとまる様子を至近で撮影できました( マルハナバチ は刺さないって先生に教えてもらったので安心)。 指で触るより顕著に花粉が出て白くなってるのがわかります。 野外でもテントでの授業を用意してもらってました。匂いをしたり刺を生やしたりして自らを守る植物の工夫について、触って・嗅いで勉強できました。 そこから取ってきたサンプル!臨場感ある。 その他野外で見つけたものを写真で紹介します。 巣の中心で獲物を待つクモ。 卵からクモが孵化した直後。「蜘蛛の子を散らす」の語源だそうです。 まだ青い柿の実。 というわけで充実しすぎてる午前中を終えて昼ごはん!!! 子どもって本当にお腹空いてるときにご飯食べると無表情になりますね。 草取り お昼ごはんの後はいよいよ田んぼに入ります!その前にまた授業。 草取りだけじゃない!抜いた草をそのまま泥に埋めて栄養にしたり、泥をかきまぜて新しい酸素を泥の中にたっぷり含ませてあげる。この「草取り」「草埋め」「泥まぜ」の3工程を意識して行います。 草取りマシーン「田打ち車」。昭和25年くらいまでは実際に使われていたそうです。今はもっと近代化してるんですね。 さあ、生きものがいっぱいの田んぼへ出かけよう! 今回も地元農家の田んぼのせんせいが草とりの方法を丁寧に教えてくれます。 ぞろぞろと割り当ての田んぼに入っていきます。田植え、草とり、稲刈り、ずっと自分用の区間を手入れするんです。おかげで愛着がわきます。 全部の 雑草 を埋めてはだめ。繁殖力の強いヒエやイグサは田んぼから出す。 って言われても、ヒエとイネの違いが全くわからないんですけど!!! まっすぐ植わっているものはイネとして、変なところから生えてるのは全部抜くくらいでいいそうです。 いよいよ我が家も 進水式 。前より深い。40日ぶりの泥はやっぱりきめ細かくて気持ちいい。 割り当ての田んぼ。大西様って書いてある。植えた時はあんなに小さかったのにこんなに…ちょっと感激! 前回書いたフィールドノートと今回の比較。12cmくらいだった稲が40cmに伸びてます。3本ずつ植えた稲も分けつして20本にもなってます。40日でこの成長はヤバい。 気温は28℃から34℃に上がってるのに、水面・水中温度はあまり変わってないところもチェックポイントですね。 さー草を抜くぞー。 転ぶ。 とにかく草を抜く!多い! 転ぶ。 軍手が泥まみれでマスコットキャラ風になりました。 たくさん取れました!これ本当にヒエなのかな… 田打ち車も体験させてもらいました。 草とりすんで日が暮れて 草とりの途中で雨が降ってきたりで、急いで草とりを終え、教室に戻って今日のふりかえりシートを書きました。子どものやつは恥ずかしがって写真撮らせてくれなかったので自分のを。 前回に引き続き、あっという間の一日でしたが、田植え編よりもさらに盛りだくさんでした。 今回印象的だったのは、最初の授業で教えてくれた「田んぼは生命のスープ」というのを身をもって実感できたこと。田んぼに限らず、6月末の野山の自然にはあらゆる生命が吹き出していました。5月との周囲の環境の差にもびっくりしたし、その中で自分が植えたイネが3倍以上に成長していることに感動を覚えました。 今回も、 宝酒造 の方、 園部町 の方、 NPO の方、大学の先生などなど沢山の方に支えられ、気持ちよく、楽しく一日を終えました。こんなにしてもらって申し訳ないと思うくらいです。 次回は少し日が空いて稲刈りですが、その間に是非(免許を取って)植えたイネの成長を見に来たいと思います。 「田んぼの学校」過去の記事 [第1回: 米づくり/田植え編] 田んぼの学校で田植え体験してきました - 大西ブログ div.photo-center { text-align: center; margin: 2em auto 0.2em auto } div.vertical img { width: 300px } div.photo-center img.photo-twice { max-width: 48% }
    • 1970/01/01 (木) 09:33:34
  • 田んぼの学校で田植え体験してきました
    • 宝酒造 さんが主催している「 田んぼの学校 」に参加させていただきました! 家族4人で張り切って参加してきましたのでレポートします。 (この記事は、 宝酒造 提供による はてな PR企画の一環です。後日 DigiStyle京都 で参加レポートがまとめられる予定です。) 田んぼの学校とは 宝酒造 「田んぼの学校」では、お米(もち米)づくりを体験しながら田んぼ周辺の生物を観察するほか、お米から本みりんができるまでの流れも学習します。これら体験を通して、自然の恵みと命のつながりを学びます。 http://www.takarashuzo.co.jp/environment/komesake/ 第1回: 米づくり/田植え編 第2回: 米づくり/草取り編 第3回: 米づくり/収穫編 第4回: 恵み編 の4回に渡り、米を育てたり収穫したり、できたお米から料理をしたり、という1年間にわたるイベントです! 縁あってこちらに参加させていただけることになり、 id:chris4403 さん一家と揃って参加してきました。 chris4403さんとは子どもの年齢も一緒で、行く前は「クリスさんちの子も来るの!?」と楽しみにしてた我が家の子どもたちですが、いざ目の前にいると緊張するのかなかなか打ち解けられない…内弁慶は親に似たんでしょうね…。 出発〜到着 良い天気に恵まれ、家族で車に乗り込み出発です。縦貫道で 南丹市 園部町 まで1時間ちょっと。心配で早く出たら集合時刻よりも30分も早く着いてしまいました。 園部町 はこんな感じ。既に田植えも始まってますね。綺麗な水田に植えたばかりの稲の苗が綺麗に並び、まわりからは蛙の声がゲコゲコ。子どもたちのテンションもあがります。 集合の前にさっそく寄り道…。虫を見つけたら放ってはおけません。 じゃじゃーん!田んぼの学校専用田んぼ!ここで1年間お世話になるんですね!立派な看板に気分が奮い立ちます。 入学式 いよいよ入学式です。校長先生(学校なので先生もいます! 宝酒造 の取締役の方)の挨拶からはじまります。 生徒手帳兼フィールドノートをもらいました。こういうのもテンション上がります。フィールドノートには自然観察で見つけたものを記録します。 自然観察 自然観察は、まず草花で名刺づくり。今朝摘んできた園部の草花を名刺に スプー ンで押し付けて色をつけます。 説明をしっかり聞く上の子と、既に飽きて遊んでる下の子。完全に性格が出ますね。ちなみに下の子は僕似です。 こんな草や花で名刺を作ります。 スプー ンで軽く押さえても全く色はつかないので子どもたち必死で押し付けてました。 色とりどりの花を選んで、名刺に色をつけていきます。 こんな感じ。なんか地味ですね…。これは綺麗な色の花は子どもたちにあげた優しさによるものです! できたら名刺交換!おっさん同士がノリノリで名刺交換する一方、上の子同士照れながらさっと交換してました。もう異性を意識する年齢になったか娘よ(涙) 名刺交換の後は野外で自然観察。先生に教わりながらいろんな草花や昆虫を見つけてフィールドノートにメモをとります。ノートに書くの夢中で先生の話そっちのけになってました。 バッタ!!草むらを必死で捕まえまわり、二人とも成果をあげていました。下の子はここでススキの葉で手を切ってテンションだだ下がり。僕も子どもの頃ススキでよく手や指切ったなー。痛いんですよねこれが。 テンションだだ下がって、お母さんに抱っこしてもらってベソかいている様子です。 進捗です。 途中で見つけた蜘蛛の巣です。中央にトンネル状の部分がありその中に蜘蛛が身を潜めてました。 そして昼食。テンション回復!!無心に食べてあっという間に完食。いつもはゆっくり食べる子なのに…。 田植え 午後から田植えです。米づくりだけでなく、自然観察なども含め、「自然の恵みと命のつながりを学ぶ」のを大事にしているというだけあって、午前中だけでも相当充実していましたが、いよいよ本番です。 地元の農家の方に植え方を習います。「田植えは3-3-2拍子」だそうです。 3本の苗を 3cmの深さに 20cm間隔で みなさんスムーズに植えて見せてくれます。簡単そう? ゾロゾロ大行進。田んぼに入るのが初めての子も多かったみたいで嬌声が上がります。 苗の束をいただきました!植えるぞーーー! 我が家は最後尾。二重に履いた靴下で泥濘んだ田んぼにいざ出撃。 二人ともなかなか器用に泥の中を歩いていきます。つま先から入ってかかとから上げるのがコツ、だそうです。どっちか絶対転んで泥だらけになるだろうなーと変な期待をしていたのですが、二人とも転ばずに済みました。とはいえはねた泥で泥だらけにはなりましたが。 田植え開始!苗の束を左手に持ち、右手で3本ずつとって植えていきます。7メートルくらいの距離を各自2列受け持ちます。 下の子。スピードは遅いものの楽しく最後までやり切れました。握りこぶしで苗をつきさす豪快なスタイル。 上の子。器用なのですいすいと家族で一番早いスピードでこなしました。 植えた跡。足あとが大きく残ってます。「できたら足あとも綺麗に均してください」って言われたけど無理でした…。 あとちょっと。最後尾だったこともあり、我が家が一番最後まで田んぼにおりました…。最後の一本を植え終えて田んぼから上がったときみなさんから暖かい拍手をいただいて嬉しかったです。 一日を終えて というわけで、あっという間の一日でした。一番感動したのは田んぼの泥の感触。田舎育ちなので子供の頃にも田んぼに入った体験はあるのですが、何十年ぶりかのその感触は癖になりそうな気持ちよさでした。きめ細かくなめらかで肌に良さそう! 自然観察も田植えも、全身で陽の光を浴びながら草を、虫を、泥を、生命そのものを体験する!という感じで非常に気持よくプリミティブな喜びを感じました。夜は疲れもあってぐっすり気持ちよく眠れました。 宝酒造 の方、 園部町 の方、 NPO 「森の学校」の方、などなど沢山の方が「田んぼの学校」を支えてくれていて、当日もすごく良くしてもらいました。良いイベントにしようという気持ちが伝わるイベントで本当にお世話になりましたし楽しかったです。 次回の第2回草取りは6月末。今から植えた苗がどれくらい成長しているか楽しみです。僕が植えた列だけ倒れてたらどうしよう、と気が気でないです!! div.photo-center { text-align: center; margin: 2em auto 0.2em auto } div.photo-center img { width: 500px } div.photo-center img.photo-twice { max-width: 45% }
    • 1970/01/01 (木) 09:33:34
  • Panasonic W850M でワイプ撮り試してみた
    • サブカメラでワイプ撮りできる新ビデオカメラ、4週間お貸しします! パナソニック「W850M」ブロガーイベント開催 - はてなブックマークニュース こちらのイベント、僕も参加させてもらいました。そして図々しくもビデオカメラもお借りして少し撮影してみました。 お借りしたビデオカメラは Panasonic の W850M。 Panasonic デジタルハイビジョンビデオカメラ 内蔵メモリー64GB ブラウン HC-W850M-T 出版社/メーカー: パナソニック 発売日: 2014/01/22 メディア: Camera この商品を含むブログを見る 最大の特徴は、液晶モニタ横にサブカメラがついている点。サブカメラを使ってワイプ(ピクチャーインピクチャー)な動画を撮影できるんですね。 イベントでは、サブカメラを利用したテクニックの他に、子供を動画撮影する際に失敗しないためのポイントとかも教えてくれて勉強になりました。 動画撮影失敗しない5つのポイント。グリップベルト締める、しゃがんで目線の高さ合わせる、1カット5秒前後で短めに、振り回さない、ズーム多用しないで自分が動く — 大西康裕 (@yasuhiro_onishi) 2014, 2月 22 イベントごとにSDカード、なるほど — 大西康裕 (@yasuhiro_onishi) 2014, 2月 22 左手でパネルを押さえて手ぶれ抑える。これは普段意識してるなー — 大西康裕 (@yasuhiro_onishi) 2014, 2月 22 ワイプ画面も独立してWB、明るさ、フォーカス調整可能。 — 大西康裕 (@yasuhiro_onishi) 2014, 2月 22 というわけでお借りしたビデオカメラで撮影してみました。ワイプ撮りならではの動画を撮影しようと意気込んでみたのですがはてさて。 ワイド&ズーム撮影 サブカメラは 単焦点 なのでワイド固定。メインの方でズームを使って、自転車の練習をする下の子を撮影してみました。ロングとアップを同時に撮影できるので、イベント系の撮影によさそう! 余談ですが、自転車の練習を重ねてきた下の子、この撮影時にようやく乗りこなせるようになって感無量です。 前&となり撮影 ワイプ撮りの中でも一番おすすめと言われた、前&となり撮影。何かを見てる子供の顔と、その対象物を同時に撮影できるので、シチュエーションがつぶさに記録できます。 というわけで、鳩にエサをやる上の子です。エサをやる子どもの表情と、エサをもらう鳩を同時に撮影したのですが、鳩は動き回るのでなかなか難しいですね。 おまけ YouTube の動画編集機能で「手ぶれ補正」してみたら、メイン画面のぶれがなくなった代わりにワイプ画面が面白い動きをしてたのでこれも置いときます。 YouTube の動画編集他にもいろいろできてすごい。これなら古い動画とかもあげたくなりますね。 まとめ 他にも幾つかとったのですが、特に自分のアップは耐えられないので公開できません。マシな奴だけあげときました… 結構使いどころを選ぶなーとは思ったのですが、サブカメラ面白いですね。自転車の動画にあるように、ワイプ画面を途中からインサートしたり逆に途中で消したりもできるので、撮影中に思いついたらワイプを入れるという使い方もできます。 他にも、 wifi があれば単体で Ustream 配信できるとか、機能盛りだくさんなので、高機能デジタルビデオカメラをお探しの方にはおすすめできそうです。 Panasonic デジタルハイビジョンビデオカメラ 内蔵メモリー64GB ブラウン HC-W850M-T 出版社/メーカー: パナソニック 発売日: 2014/01/22 メディア: Camera この商品を含むブログを見る
    • 1970/01/01 (木) 09:33:34
  • はてなブログおみくじ2014
    • はてなブログおみくじ2014
    • 1970/01/01 (木) 09:33:34
  • エンジニアブロガー祭りで話してきた
    • 弊社と日本 マイクロソフト 様の協賛による、 はてな エンジニアブロガー祭り で「エンジニアが今すぐ はてなブログ を使う10の理由」という発表をしてきました。 イベントは2部構成で はてなブログ のご紹介「ブログとエンジニアとはてな」 onishi 「エンジニアが今すぐ はてなブログ を使う10の理由」 hitode909 「 高速にドッグフードを食べる方法 」 パネルディスカッション「ブログとエンジニアと私」 前半パート 同世代エンジニアブロガーでトーク 後半パート ベテランエンジニアブロガーを交えてトーク という充実した内容でした(自分で言うな)。 はてなブログ は、エンジニアが自分たちが使うブログとして作っている側面もあり、エンジニアに向いている機能が数多くあります。今回はそれをいろいろご紹介させていただきました。 登壇直後に声が出なくなるアクシデントもありましたが、まあなんとか言いたいことは言えて良かったです。 続くhitode909の発表も良かったし、何よりパネルディスカッションが盛り上がって一聴衆としても楽しかったです。 パネラーの皆さんにそれぞれ興味深い話を伺い、特に、刺身ブーメランさんにはてな愛を説かれ、t-wadaさんにスター最高と言われ、至福の気持ちでイベントを終えたわけですが、イベントが終わって数日経って感じることは「信頼感」大事だなーと。 イベントの中で僕は「 はてなダイアリー はやめません」と発言し、それをパネルの中でもその後の懇親会でも、その言及を取り上げられました。 素晴らしいユーザーのみなさんに使ってもらっている、 はてなダイアリー ・ブログ、その期待を裏切るようなことはゆめゆめしないようにしようと気持ちを新たにしています。願わくば、期待どおりかそれ以上の素晴らしいサービスに育てたいですね。 イベントに来ていただいたみなさま、ありがとうございました。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:33
  • ISUCON3予選に参加しました
    • ISUCON3 の予選に参加してみました。 結果、 一般枠10位 で、無事予選突破、本戦に進めることになりました。わいわい。 ISUCON1は気付いたら終わってて、2は出ようと思ってたけどスケジュールの都合がつかず、今回が初参加になります。 チームメンバーは id:motemen , id:wtatsuru ダブルチーフ&ダブルタツルのダブル ダブルチーム です。チーム名は Third Party Cookies。 はてなブログ は サードパーティ クッキー受け入れを推奨しています。 撮影 : hitode909 インフラはwtatsuruに任せ、アプリ周りの改修をmotemenと分担。分担と言っても思いついたことを思いついたままにやっていただけなので、もう少し戦略とか考えていくべきだった。事前準備も何もしてなかった。redbull買ったくらい。 以下、自分が何をしたかを適当に書きます。他のメンバーの方が頑張ってた。 markdown 外部プロセス呼び出してるので明らかにネックになってる。最初は ALTER TABLE して formatted_content カラムを追加、markdownを展開した結果を保存、起動スクリプトでも初期データをformatしておくという実装にした。 が、起動スクリプトが重くなると、 ベンチマーク が気軽にできないなーと思い直して、最終的には外部プロセスで実行しないように変更するのと、展開結果をmemcachedにキャッシュするだけに留めた。 クエリ改善 ORDER BY created_at DESC, id DESC は完全に無駄。id は primary key なので 単に id DESC に置き換えた。 recent の深いページの OFFSET の大きいクエリが重いので、id のみを引き、WHERE IN で * を引き直すことに。最初のクエリは id しか引かないことでインデックスで完結するのでクエリは増えるがトータルで速くなる。 セッション users テーブルは通常のページでは id と username カラムしか表示されないし、それらの値は不変(変わるインターフェースが無いから)。だから users テーブルを引く必要は無い。session に id と username を格納するように書き換えた。 最後の方で、ベンチで FAIL しなければ何をしても良い戦略に切り替えて、session にストレージも使用しないようにして、 cookie のvalueに単に id=1,name=onishi という文字列を格納するようにした(ひどい)。 実際の運用でも、 cookie のvalueにデータを格納する事は暗号化すればアリだと思ってる。 セッションでユーザーを復元しても、それは「ようこそ○○さん」の表示にしか使われない、といったことは ウェブサービス でままある。表示に使うusernameは cookie に入れておいて、本当に必要になった時だけ DB を引く、といった戦略は実際のサービスでも有用だと思う。 プロファイリング 拙作、Devel::KYTProf は常時有効にしている。無駄なクエリが発行されてないかとかに注意しながら開発できす。これで stylesheets="/" とかは一瞬で気づけた。 carton exec plackup -s Starman -p 5000 -E prod -MDevel::KYTProf --workers 10 app.psgi ちゃんとしたプロファイリングのためには Devel::NYTProf は必須ですね。 NYTPROF="sigexit=int" carton exec plackup -s Starman -p 5000 -E prod -MDevel::NYTProf --workers 10 app.psgi みたいな感じでDevel::NYTProfでプロファイリング。 Plack アプリのNYTProfでのプロファイリングは tokuhiromさんが昨日書いてたエントリに詳しい。勉強になります。 Devel::NYTProf で Starlet/Starman (Plack) でうごくウェブアプリケーションのプロファイリングをおこなう方法まとめ - blog.64p.org その他 ほかにもこまごまやったけど僕がやった中ではあんまり価値のある情報は無いです。チームメンバーのエントリ参照 感想 準備不足だったなー。ってのが言い訳になっちゃうのでよくない。正直、10位は悔しい結果だった。アクセスログの解析とか、 ベンチマーク とか、デプロイ方法とか、事前に決めておいたり準備しておけることたくさんあった。 社内 IRC に専用のチャンネル作る、社内GitHub Enterpriseに リポジトリ 作る、っていうのは良かった。デプロイは手動 rsync でやってたけどよくなかった。 お昼ごはん食べる暇もなく8時間があっというまだった。頭酷使してすごく疲れたけど充実してて楽しかった。企画・運営のみなさんに感謝です。本戦頑張ります! 参考エントリ #isucon 予選で息も絶え絶えです - wtatsuru's blog ISUCON3 予選 2 日目に参加した(暫定 5 位) #isucon - 詩と創作・思索のひろば (poetry, writing & deep thoughts)
    • 1970/01/01 (木) 09:33:33
  • 夢日記
    • チームのデザイナーのカバンの中から macro.tt というファイルが見つかって、これは隠蔽だ!ガサ入れだ!と問題になるが、調査の結果不要なファイルだったとわかって一安心した。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:33
  • 空気圧
    • 元来ズボラなので、ロードバイクのタイヤの空気圧、これはヤバいくらいまで下がらないと空気入れ直さない。 空気がどんどん抜けていくのにやる気が無いので放ったらかしだ。 やる気が復活すると朝会社行く前にタイヤに空気を入れる。空気圧8〜9とかにするとタイヤもカッチカチで路面のフィードバックが繊細に伝わってくる。やる気ある時はそういうのも楽しめるので良い。逆にやる気ない時は路面の凹凸とか気にせず生きていきたいので低気圧で問題ない。 つまり空気圧はやる気に比例するという話でした。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:33
  • Text::Hatena最新版
    • はてな記法モードで改行の自動挿入を見直し、付加すべきない箇所ではbr要素を挿入しないようにしました - はてなブログ開発ブログ 今日出した最新機能まで入った、 Text::Hatena 最新版を github に上げました。 https://github.com/onishi/Text-Hatena CPAN のもバージョン上げたいんだけど、0.16 と 0.20 でフルモデルチェンジして(インターフェース変わって)混乱を招いたのに、さらに…となってしまうので気後れしています…。いっそ別名にするか…。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:33
  • YAPCで「はてなブログの開発フロー」について話してきました
    • 今年も参加しました! YAPC ASIA TOKYO!今回は40分トークを応募して、 はてなブログ の開発フローについて話してきました。 プロジェクトの 開発プロセス を健全に保つための タスク管理、ワークフロー テスト、CI リリース管理 を中心に、実際にチームで行っている開発フローやさまざまなとりくみについて紹介しました。 開発フローは、作るものやチームにとって最適なものを選ぶべきだと思いますので、この手法が誰にでも使えるものではないと思いますが、何かの参考になれば幸いです。 また、こんな事をやるといいよ、というあなたの工夫もぜひ教えてください!
    • 1970/01/01 (木) 09:33:33
  • Access + Excel + VBA で中古価格決定アルゴリズム
    • Windows/Office武勇伝 <Surface Proが当たる! 開発者グループOPENキャンペーン>参加エントリです photo by Joelk75 10年以上前、中古ゲーム販売店で働いてた時、なんか昇格していって中古ソフトの販売・買取価格の値付けまで任されるようになった。 POSレジの最近の販売・買取実績見て「売れてないし在庫ダブついてきたからちょっと下げよう」とか「販売ペースが買取上回ってるからもうちょい上げて良さそう」とか判断しながら価格つけてたんだけど、これどう考えてもルーチンワークだなーと思って自動化することにした。 POSレジのデータはAccessで読めたので、それをExcelに出力。過去1年/半年/3ヶ月/1ヶ月/1週間/3日/1日それぞれで何本売って買ったか、あと発売日とかいろんなファクター考慮して(詳細は企業秘密!というか忘れた)販売・買取価格を決めるという VBA スクリプト書いて、Excelのワークシート上でボタン一個押すと新価格が決まってAccess経由してPOSに逆反映。価格変動のあった一覧のシートも同時に出来上がるみたいな感じ。 Excelでやれるようにしたのは誰でも触れるように。これで毎週価格変動させてしばらく運用して、大きな問題なかったから価格決めという中古販売店ではかなり重要な仕事がバイトでもできるようになった。 まあこういうのが出来るのも中古の買取・販売の流量がそれなりに大きな店だったからで、そういう店で自由にさせてもらっていい経験になったなー、と今もすごく感謝してる。僕のアルゴリズムで世界が変容する! プログラマ ーの万能感!みたいなのの片鱗(ほんとに小さなものだけど)を味わった感じがした。その後職業 プログラマ ーの道を選んだ。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:33
  • こないだ見た夢
    • はじめて「 あまちゃん 」を総集編で見たためか、その夜は船舶免許を取得する夢を見た。妻は海女だが夫の自分が船舶免許を持っていないため苦労をかけたがようやく取得したこれから一緒に頑張って俺は漁師お前は海女で天下とったるでみたいなところで目覚めた。起きたら普通自動車免許も持っていない自分に気付いた。
    • 1970/01/01 (木) 09:33:33
  • 夏休みの工作
    • 子どもと一緒に夏休みの自由研究に工作を作りました!アクリル ガッシュ で着色したらいい感じに見栄えする感じになりました。道具重要。 夏の写真2013 〈ひと夏の思い出をブログに残そう〉
    • 1970/01/01 (木) 09:33:33
  • 「自己紹介 あなたへ30の質問」に回答!
    • 「 自己紹介 あなたへ30の質問 」キャンペーンにエントリしてみます。 01. みんなから何て呼ばれてる? おおにし 02. 自分の自慢できるところは? ビールを沢山飲める 03. 自分の弱点は? ビール 04. 自分の口癖は? ビール 05. 持ってるケータイの機種は? HTCJ butterfly。iPhone 4Sもサブで使ってます 06. カラオケでよく歌う歌は? J9シリーズ 07. 過去に似ていると言われたことのある芸能人は? 宅八郎 08. 座右の銘は? ない 09. 将来の夢は? お金持ち 10. ブログをはじめたきっかけは? ダイアリーをリニューアルしようと思いました 11. 好きなアニメは? ガンダム、 赤毛のアン 、 あしたのジョー 2 12. 好きなゲームは? 最近は WiiU のマリオUばっかやってます 13. 好きな食べ物は? 麺類 14. 好きな飲み物は? ビール 15. 好きな動物は? 動物にがて 16. 好きな色は? 緑 17. 好きな芸能人は? 宍戸留美 18. 好きなファッションブランドは? UNIQLO 19. 好きな雑誌は? WEB+DB PRESS 20. 好きなスポーツは? サイクリング 21. 昨日晩ご飯に何を食べた? 食べなかった 22. 最近見た夢を教えて! 暗いので教えられないです! 23. 最近読んでおもしろかった本を教えて! ダイの大冒険 読み返したら泣けた 24. 最近見ておもしろかったテレビ番組を教えて! キョウリュウジャー 25. マイブームを教えて! ビールかな 26. 旅行するとしたらどこに行きたい? 北欧行きたい。 フィンランド とか 27. 明日地球が滅びるとしたら何がしたい? 家族で過ごす 28. 自分を一言で表すと? 元おたく 29. 自分の秘密を1つ教えて! ビールが好きです! 30. 次に答えてほしい人を idコール しよう! id:motemen
    • 1970/01/01 (木) 09:33:33
  • xpathからfeedをつくるサービスを作りました
    • 先日の kyoto.pm ハッカソン で、時代錯誤な feed 生成 ツール を作りました。 なんでもRSS とか類似サービスいろいろあるとは思いつつ、scrapeするコード書くの好きだし、 kindle本セール のフィードが欲しかったので作ってみました。完全自動でフィードつくるより、 xpath (もしくは CSS セレクタ )で指定できる方が好みのフィードが作れそうというのが理由です! http://xpathfeed.com/ 使い方は簡単です。任意のURLを入力します。 すると、iframe内にコンテンツが表示されます。 こっから、フィードにしたいアイテムを選びます。Yahooの「主なサービス」のフィードを作ろうと思ったら、 マウスカーソル をフォーカスすると… iframe内右上に xpath がサジェストされます(cho45の jautopagerize のコードをパクりました)。これを参考に、リストアイテム用の xpath を指定すると… ... もう RSS feed が完成しました! xpath だけじゃなくて CSS セレクタ でも指定できます title, link, image, description をそれぞれ指定できます(だいたいはデフォルトのままでいい感じになります) kindle セール本フィード というわけで、 kindle セール本のフィードも作ってみた! こんな設定で 、 こんなフィード ができました。 テーブル内に、商品画像の行と、商品説明の行が別の tr であるので、tr[position() mod 3 = 2] みたいに特定の周期の tr だけを取得したり、こういった細かい指定も xpath ならではです。 技術的な説明 HTML::TreeBuilder::XPath - add XPath support to HTML::TreeBuilder - metacpan.org xpath で スクレイピング といえばこれ HTML::Selector::XPath - CSS Selector to XPath compiler - metacpan.org CSS セレクタ を xpath に変換 HTML::ResolveLink - Resolve relative links in (X)HTML into absolute URI - metacpan.org iframe 用に、 相対パス を全部書き換えます あたりを使ってます。ありふれた感じですね! ソースは https://github.com/onishi/xpathfeed にありますのでご笑覧ください。 外部HTMLの取得後、HTTP::Response をしばらくキャッシュする以外は動的にフィードを作成しているため、ストレージ不要なサービスになっています。自分用に 自宅サーバ などで簡単に立ち上げられると思います。メインのクラス XPathFeed.pm はウェブアプリ以外にも使える感じにしており、 use XPathFeed; my $x = XPathFeed->new; # URL を指定 $x->url ( $url ); # リスト構造のための xpath を指定 $x->xpath_list ( $xpath ); # フィード作成 print $x->feed ; みたいに使えます。 ウェブアプリは Amon2::Lite で app. psgi だけに書いてあるので plackup app.psgi で簡単に起動できます。Amon2::Lite 初めて触ったけど便利ですね! まとめ RSSリーダー ブームにのっかって、フィードを簡単に生成する ツール を作ってみました。 どうぞご利用ください。 http://xpathfeed.com/ img {border: 1px solid #ccc}
    • 1970/01/01 (木) 09:33:34






関連報道




関連リンク


gentledog
犬紳士
はてなブログに招待されたくせに、一日で書かなくなる奴は、それまではチヤホヤしてたくせに彼女になった瞬間、冷たい態度を取るタイプだと思う。
(2011/11/15 15:25:45)
link

レビュー記事



EurekaEureka
はてな/
名前を「はてなアイディアブログ」とかにしたら誰も過剰な期待はしないだろうに
(2011/11/17 )
link






finalvent
finalvent
はてなブログは使わないと思う。
(2011/11/16 21:20:55)
link

Tips (公式ヘルプ



デザインのカスタマイズ


はてな記法(はてな記法一覧 - はてなダイアリーのヘルプ



モバイル




JavaScriptフリー



はてなハイクでの反応



人力検索はてな( 質問一覧 )での反応




キーワード「はてなブログ」を含む新着エントリー

feedreader plugin Error : RSSを入力してください。

はてなブログのFAQ


便利ツール



「はてなブログ」カテゴリのページ一覧