※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ポスト・匿名/実名論


目次

 ネットでの発言は匿名か実名かの二者択一ではなく、履歴を持つハンドル名も選択肢に入れるべきだし、どれか一つを選ぶという問題でもない。実名/ハンドル名/匿名、自分が何種類の名前を持つのか、どこでどの名前を使うのか、それは個人の自由でいいじゃない?

「名前」は一つでも複数でも良いじゃない?


mametanuki
まめ狸
激しく同意!最近ぼんやり考えてる"ポスト実名・匿名論" http://goo.gl/4xyjR と通じる。幾つの名義を持つかは、ハードディスクのパーティション分割と同様、個人の自由であるべき! / 最近のインターネット - 実名匿名関連… http://htn.to/xfWcQJ
(2011/02/05 09:11:38)
link

mametanuki
まめ狸
ウェブ上での実名/匿名問題は、二者択一に留まると発展性が無い。名義のパーティションと捉えるべき。名義を分割すればする程、リスクは低下する。ただし、名義をまとめればまとめる程リターンは大きくなる。そういうウェブ空間を目指すべき。 http://htn.to/TGovi2
(2010/09/11 10:17:24)
link

mametanuki
まめ狸
IDすら表示されない匿名掲示板での書き込みや、ブログのコメント欄での匿名な「とおりすがり」書き込みは、最も小さく名義を分割した状態。ゆえに、その発言力というリターンも最小となるし、なるべき。 http://htn.to/TGovi2
(2010/09/11 10:23:09)
link

mametanuki
まめ狸
ウェブ上で自分の名義をいくつに分割するかは、時と場合に応じ、そのリスクとリターンを考慮し、個々人が判断し選択できるウェブ空間でありたい。 http://htn.to/TGovi2
(2010/09/11 10:25:54)
link

「名前」に紐付く「履歴」が信頼性の判断根拠


mametanuki
まめ狸
たしかに不毛な実名/匿名二元論には終止符を打つべき。ジャロン・ラニアー http://goo.gl/R7Mxk はその名前の継続利用による因果応報の無い「一過性の匿名性」が残念を生むと語ってた(p119)。 / どうして本名を名乗らない… http://htn.to/Q3hxsP
(2011/07/03 10:11:01)
link

mametanuki
まめ狸
@mametanuki だから、実名/非実名を問わず、因果応報を恐れない"無敵の人" http://goo.gl/eLWBL を如何に排除/予防する設計・運営をするかが荒れないコミュニティサービスの肝のような気が http://htn.to/Q3hxsP
(2011/07/03 10:11:54)
link

mame-tanuki
web/
2005年記事。自分の実名匿名論 http://goo.gl/FX1Hj に近いかも→「信頼度は名前に対して割り当てられる属性」「名前を使い分けることはむしろ当然の事かも」
(2011/08/02 )
link

mame-tanuki
web/
同意。「実名至上主義者に欠けているのは、その該当人物が現在に至るまでにどのような活動を行ってきたかを調べて判断する能力」
(2011/02/24 )
link

mame-tanuki
Web/
名前なんて飾りです。偉い人にはそれがわからんのです。実名か非実名かを問わず、その名前から確実にトレース可能な履歴を判断材料にすべきだよね。
(2011/02/19 )
link

mame-tanuki
web/
激しく同意!判断すべきは実名か非実名かではなく、その名に明確にヒモ付く履歴。履歴のトレース不能な"自称実名"は匿名と同じ。
(2011/02/05 )
link

「人とのつながり」は「名前」に紐付く

 情報の検索性と永続性が高いネットで「人とのつながり」を複数に仕切るためには、「名前」を複数に分けるしかない。

mametanuki
まめ狸
村長的総括。オープンのウザサとクローズドの停滞感との中間、波長の合う人とだけオープンになりたいという"挑戦/甘え"が、無断リンク禁止や晒し等騒動を生むんだろうなぁ。 / 2010年代の「銀河通信」を考える - ARTIFACT@ハテナ系 http://htn.to/foPpzn
(2010/11/16 08:05:08)
link

mametanuki
まめ狸
ネットとリアルに限った話ではないけど、名義を分けるというのは人とのつながりも分けるという事だと気付く。 / ネットとリアルを融合していく人と分けていたい人 - 北の大地から送る物欲日記 http://htn.to/6Bjg72
(2010/12/03 21:18:38)
link

mame-tanuki
Web/ブログ/
今回の実名・匿名論争で一番しっくりきた記事。「繋がりがメリットにもなり、繋がりがデメリットになる。それは立場に拠るものもあれば、考え方に拠るものもある。」ネット上でも対人距離は各自お好みでチューニング
(2009/10/08 )
link

mame-tanuki
web/
リアルの実名とネットのハンドル名の活動領域が、パーティションを切りながらリアルとネット双方に拡張。ウェブ時代でも名義を幾つに分割するかは個人の自由。その実例として頑張って欲しい。
(2011/02/18 )
link





関連記事


Google+での実名、非実名問題


分人主義(ディヴィジュアリズム)


リンク集





関連本