※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目次

マルセル・ローゼンバッハ、ホルガー・シュタルク
『全貌ウィキリークス』


目次

  • プロローグ
  • 第1章 「国家の敵」ウィキリークス
    • 逮捕前日のジュリアン・アサンジ
    • ウィキリークスの登場が投げかける問い
    • 情報は権力である
    • 憤怒に狂うアメリカ政府
    • 無視された米軍のウィキリークス・レポート
    • 「僕は、大物たちのもくろみを台なしにするのが大好きなんだ」
  • 第2章 ジュリアン・アサンジとは誰か
    • 「あの頃はトム・ソーヤみたいだった」──オーストラリアでの子供時代
    • 幼年期の終わり──継父との闘い、カルト教団との闘い
    • 天才ハッカー誕生
    • NASAをハッキングした少年
    • 結婚、逮捕、裁判
    • ウィキリークス構想の芽ばえ
    • 暗号戦争──アメリカに勝利したハックティビリストたち
    • 「政治活動1.0」では世界は変わらない
  • 第3章 ウィキリークス誕生
    • 発足──拠点もなく、仕組みもなく
    • アサンジがひた隠す、「中国パッケージ」の秘密
    • 本格オープン前の焦り
    • ケニア──初めての成功にして汚点
    • スティーブ・ジョブズはHIV陽性?──リークの真偽と提供者の秘匿
    • ユリウス・ベア銀行の失敗──隠すほどに広まる秘密
    • ダニエル・ドムシャイト=ベルク──ナンバー2になる男
    • つきまとう資金問題
    • ウィキリークスは右派か左派か?
  • 第4章 「コラテラル・マーダー」ビデオの公開、マニング上等兵の背信
    • 超弩級の素材、破られた鉄則
    • ジャーナリズムの聖地、アイスランドへ
    • 「プロジェクトB」──イラク民間人爆撃ビデオ公開への道
    • アサンジの猜疑心
    • ワシントンでの記者会見
    • 反響
    • ブラッドリー・マニング上等兵の孤独
    • 米国史上最大のデータ窃盗
    • 「こんなふうに何でもしゃべっちゃって、自分が信じられない」
    • ウィキリークスの情報源が初めて割れる
  • 第5章 大手メディアとの協働、アフガン戦争記録のリーク
    • マニング逮捕の衝撃
    • ロンドン──報道機関とタッグを組む
    • 素顔のジュリアン・アサンジ
    • 進行する極秘プロジェクト
    • アフガン戦争日誌、一斉公開
    • オバマの反応
    • アフガン文書のリークは何を意味するか
  • 第6章 内部崩壊の危機、イラク戦争日誌四0万件公開の衝撃
    • アサンジ告発──スウェーデンの二人の女性
    • ウィキリークス内部に走る動揺
    • ドムシャイト=ベルクの失望
    • 相次ぐ主要メンバーの脱退
    • 「ウィキリークス、イラク戦争日誌四0万件を一挙公開」
    • 世界が驚愕したイラクの真実
    • 「私にとってウィキリークスは内部告発の未来です」
  • 第7章 世界が震えたアメリカ外交公電流出
    • ヒラリー・クリントンが戦慄した日
    • 「ニューヨークタイムズ抜きで行こう」
    • 「ウィキリークス自体がリークされたわけです」
    • 紳士協定成立、「プロジェクト8」始動
    • 公電が物語る米国政府の真意
    • 国連をスパイせよ──ヒラリーの極秘指令
    • 各国の反応
  • 第8章 包囲されたウィキリークス
    • ブラッドリー・マニングの逮捕
    • 強まるウィキリークス支持者への圧力
    • アサンジに迫る当局の手
    • サイバー包囲網
    • サーバー遮断──圧力に屈したアマゾン
    • 送金ストップ、アクセス遮断
    • インターネットの支配者は誰か──蜂起する支持者たち
    • アサンジ、国際指名手配へ
    • 逮捕
  • 第9章 ウィキリークスの未来、世界の未来
    • 権力、メディア、ウィキリークス
    • ジャーナリストのジレンマ
    • 機密文書の公開は民主主義をおびやかす?
    • すべての情報を公開すべきか──ウィキリークスと伝統的ジャーナリズム
    • アサンジの反論
    • ウィキリークスの誤算
    • 「国境なき危機の時代」における、ウィキリークスとメディアの課題
  • エピローグ
  • 謝辞
  • 原注

関連ページ



関連リンク


著者へのインタビュー記事