※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジョナサン・ジットレイン
『インターネットが死ぬ日
──そして、それを避けるには』
(ハヤカワ新書juice)

 >
少なくとも、本書を読まずしてネットを残念がるのはあまりに残念なことだし、「バカと暇人のもの」と決めつけるのは、あまりにバカで暇人的な行為である。
 <

●404 Blog Not Found:生み出す力の源泉 - 書評 - インターネットが死ぬ日 
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51230841.html

目次


目次

  • イントロダクション
  • パートⅠ 肥沃なネットの興亡
    • 第一章 箱の戦い
    • 第二章 ネットワークの戦い
      • 既存のネットワークを使ってさまざまなネットワークを構築する
      • 独自規格ネットワークモデル
      • パソコンによる草の根ネットワーク
      • インターネットの登場
      • 設計時の選択とインターネットの雰囲気
    • 第三章 サイバーセキュリティと生み出す力のジレンマ
      • 穏やかな自己免疫反応
      • 肥沃なトレードオフ
      • 現状維持を続けることは不可能
      • 分水嶺シナリオ
      • 穏やかなシフト
      • バグの向こう側──生みだす力のジレンマ
      • パソコン対情報アプライアンス
      • パソコンの情報アプライアンス化
  • パートⅡ 失速後の世界
    • 第四章 生みだす力のパターン
      • 生みだす力を持つシステムの特徴
      • 肥沃なシステムと不毛なシステムの比較
      • 生みだす力とその兄弟分
        • ●フリーソフトウェアという哲学
        • ●アフォーダンス理論
        • ●コモンズの理論
      • 肥沃なシステムの強み
      • 生みだす力の出力──革新
        • ●生みだす力を持たない革新の限界
      • 生みだす力の源泉となる特徴
      • 生みだす力、そして各種革新モデルのブレンド
      • 生みだす力の入力──参加
      • 集団と生みだす力──肥沃なツールから肥沃なシステムへ
      • 技術からコンテンツ、そして社会という循環
      • 生みだす力のパターン
    • 第五章 ひも付きアプライアンス、サービスとしてのソフトウェア、そして万全なる執行
      • 遠くまで及ぶテキサス州マーシャルの力
      • 管理性とひも付きアプライアンス
      • 「万全なる執行」の種類
        • ●予防
        • ●個別の差し止め命令
        • ●監視
      • 万全なる執行の評価
        • ●基礎となる実体法に対する反対
        • ●法律というルールのない場所への移植性とそこにおける執行力
        • ●間違いの強化と固定化
        • ●政府に対する堤防
        • ●黙認された使い方のメリット
        • ●行動ルールと裁定ルールの崩壊の不幸
      • ウェブ2.0の登場と生みだす力の終焉
    • 第六章 ウィキペディアに学ぶ
      • ウィキペディアの興隆
      • 成功の代償
      • ネチズンシップの価値
  • パートⅢ 対策
    • 第七章 インターネットを死なせない──肥沃なインターネットの安定
      • 赤と青
      • 情報に基づく実験
      • 防壁への支援要請──生みだす力という原則、そして、エンドツーエンド中立性の限界
      • 肥沃な問題を解決する法律以外のインセンティブ──ウィキペディアからMAPS、ストップバッドウェアまで
    • 第八章 肥沃な未来を実現する戦略
      • ひも付きアプライアンスとウェブ2.0の世界における保護
        • ●データのポータビリティを確保する
      • ネットワークの中立性と生みだす力
        • ●ネットワーク中立性からAPI中立性
      • ソフトウェアのサービス化が進む中でプライバシーを保護する
      • 肥沃なシステムと不毛なシステムのバランス
        • ●もつれ合うコード
        • ●もつれ合うコンテンツ
      • 肥沃なシステムに対する規制当局の容認を維持する
        • ●技術による付託よりも個別責任の追及
      • 法律の向こう側
    • 第九章 生みだす力のリスクに対応する──プライバシー2.0
      • プライバシー1.0
      • プライバシー2.0
        • ●センサーが安い時代
        • ●ピアプロダクションの動力学
        • ●プライバシーと口コミ
      • プライバシー2.0の問題を解決する
        • ●コードにバックアップされた規範の力
        • ●コードにバックアップされた規範をプライバシーに適用──データの系譜
        • ●口コミ更正を可能にする
      • 情報を減らすのではなく増やす
      • ジェネレーションギャップ──情報プライバシーの向こう側
  • まとめ
  • 謝辞
  • 訳者あとがき

関連ページ



関連リンク