※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目次

グーグルとウィキペディアとYouTubeに未来はあるのか-―Web2-0によって世界を狂わすシリコンバレーのユートピアンたち-

  • 著者
    • アンドリュー キーン(Andrew Keen)
  • 原題:The Cult of the Amateur: How blogs, MySpace, YouTube, and the rest of today's user-generated media are destroying our economy, our culture, and our values


    
     ネット民 
     ∩___∩         |
     | ノ\     ヽ        |
    /  ●゛  ● |        |
    | ∪  ( _●_) ミ    『Web2.0氏ね』本 
   彡、   |∪|   |        J
  /     ∩ノ ⊃  ヽ
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /
  
  • 20080722日報 - そっと××

目次

  • はじめに
  • 第1章 大いなる誘惑
    • 民主化の代償
  • 第2章 高貴なアマチュア
    • 市民ジャーナリスト
    • リキッド・ライブラリー
    • すべての人の手にブリトーを
  • 第3章 真実と嘘
    • 信じられるだろうか?
    • 9.11の真実
    • スキャマーとスパマー(不正と迷惑)
    • セックスと嘘とインターネット
    • ロンリーガールとソックスパペット
    • ブログ世界とバザール
    • バベルの図書館
    • ViToとティーパーティ
    • 群集の英知
  • 第4章 音楽が死んだ日 side A
    • おまけのオモチャ
  • 第5章 音楽が死んだ日 side B
    • 危機にあるハリウッド
    • 印刷インキも赤字で赤くなる
    • 儲けはどこにあるのか?
    • 神は死んだ
  • 第6章 モラルの混乱
    • あなたのものは私のもの
    • すべてを賭ける
    • いたるところにセックスが
    • オンライン中毒
    • セカンドライフ
  • 第7章 『1984年』version2.0
    • 誰もが知っている
    • 究極の検索エンジン
  • 第8章 ソリューション
    • シティズンディウム
    • 罪と罰
    • すべての家庭に
    • 最後に
  • 謝辞
  • 出典
  • 訳者あとがき
  • The Cult of the Amateur 日本版発刊に寄せて(川畑正大)


関連リンク

書評記事



関連記事